Banner
素敵に、よりみち

太陽系に愛を叫ぶ者周辺

日付指定

日付を指定する

【演劇を活用して人生を面白くする】社会人向け演劇活用法レッスン

東京都杉並区荻窪5丁目29 初鹿野ビル 2階 i Rego Garage
徒歩6分(497m)
2018年6月24日(日) 19:00〜21:30
〓演劇のレッスンが何の役に立つの?〓 演劇活用法レッスンでは劇的経験を提供しています。 演劇は人生のリハーサルです。 どんなに良い内容が作れても、どんなに上手に話せても、そもそも相手に声が届いてなければ意味がない。 「しっかり声を出しなさい」と言われたことがあっても、しっかり声を出す方法を教えてもらったことがある人は稀です。 音楽の授業で使う歌の為の発声と、日常での発声は違います。 人前でしゃべるには技術がいるのです。 だから「演説(Speech)」や「発表(Presentation)」の為のコミュニケーションスクールはとても多いのです。 ですが「会話(Conversation)」や「対話(Dialogue)」の為のコミュニケーションスクールはとても少ない。 演劇はありとあらゆるコミュニケーションを包括しています。 人生で想定されるシチュエーションをしっかり観客に対して表現する技術が演技術だからです。 演技というと少しハードルが高いような気がしますが、 演劇は遊びです。ごっこ遊びの延長なのです。 極めようと思うとものすごく高いですが、演劇のハードルは決して高くありません。 演劇体験は遊びであり、遊びは人をリラックスさせます。 遊びの中には深い学びがあります。それは繋がる為、よりよいコミュニケーションの為の学びになるのです。 〓10000時間の法則〓 これは心理学者のエリクソン博士が提唱した法則です。 10000時間とは一流と呼ばれた人たちが練習に費やした時間を指しています。 10000時間の練習が一流への道を開くのです。 心理学者のアドラー博士は人間の悩みをこう分析しました。 「人の悩みの99%は人間関係にある」と。 我々は人間関係に何時間費やしたのでしょうか? 計算するまでもなく10000時間越えています。 ならば一流のコミュニケーションができると胸を張って言うことができるはずです。 どうでしょうか? 10000時間以上のコミュニケーションをしているのに、何故コミュニケーションに自負をもてないのか? それは、練習をしていないからです。 スポーツと同じです。 野球の本を何冊読んでもボールは早く投げられない。 実際に動いてみる。そして知識によって改善してゆく。 練習の為には知識と体験が必要なのです。 演劇で遊ぶレッスンは、コミュニケーションにおける知識をその場で体験することができます。 練習法が演劇にはたくさんあるのです。 気負わない空間で人生をより豊かに歩む練習をしてみませんか? ■期待できる効果の一部■ ・自信がつく(自分への想像力) ・人間関係が円滑になる(他人への想像力) ・問題解決能力があがる(世界への想像力) ・感情や身体のコントロールが身につく(自分への表現力) ・内面の魅力を外面として出せるようになる(他人への表現力) ・目的達成能力があがる(世界への表現力)
755f5d18 cf73 4155 b3c7 13a541698a54

【演劇を活用して人生を面白くする】社会人向け演劇活用法レッスン

東京都杉並区荻窪5丁目29 アルファ i Rego Garage
徒歩6分(497m)
2018年6月27日(水) 19:30〜22:00
〓演劇のレッスンが何の役に立つの?〓 演劇活用法レッスンでは劇的経験を提供しています。 演劇は人生のリハーサルです。 どんなに良い内容が作れても、どんなに上手に話せても、そもそも相手に声が届いてなければ意味がない。 「しっかり声を出しなさい」と言われたことがあっても、しっかり声を出す方法を教えてもらったことがある人は稀です。 音楽の授業で使う歌の為の発声と、日常での発声は違います。 人前でしゃべるには技術がいるのです。 だから「演説(Speech)」や「発表(Presentation)」の為のコミュニケーションスクールはとても多いのです。 ですが「会話(Conversation)」や「対話(Dialogue)」の為のコミュニケーションスクールはとても少ない。 演劇はありとあらゆるコミュニケーションを包括しています。 人生で想定されるシチュエーションをしっかり観客に対して表現する技術が演技術だからです。 演技というと少しハードルが高いような気がしますが、 演劇は遊びです。ごっこ遊びの延長なのです。 極めようと思うとものすごく高いですが、演劇のハードルは決して高くありません。 演劇体験は遊びであり、遊びは人をリラックスさせます。 遊びの中には深い学びがあります。それは繋がる為、よりよいコミュニケーションの為の学びになるのです。 〓10000時間の法則〓 これは心理学者のエリクソン博士が提唱した法則です。 10000時間とは一流と呼ばれた人たちが練習に費やした時間を指しています。 10000時間の練習が一流への道を開くのです。 心理学者のアドラー博士は人間の悩みをこう分析しました。 「人の悩みの99%は人間関係にある」と。 我々は人間関係に何時間費やしたのでしょうか? 計算するまでもなく10000時間越えています。 ならば一流のコミュニケーションができると胸を張って言うことができるはずです。 どうでしょうか? 10000時間以上のコミュニケーションをしているのに、何故コミュニケーションに自負をもてないのか? それは、練習をしていないからです。 スポーツと同じです。 野球の本を何冊読んでもボールは早く投げられない。 実際に動いてみる。そして知識によって改善してゆく。 練習の為には知識と体験が必要なのです。 演劇で遊ぶレッスンは、コミュニケーションにおける知識をその場で体験することができます。 練習法が演劇にはたくさんあるのです。 気負わない空間で人生をより豊かに歩む練習をしてみませんか? ■期待できる効果の一部■ ・自信がつく(自分への想像力) ・人間関係が円滑になる(他人への想像力) ・問題解決能力があがる(世界への想像力) ・感情や身体のコントロールが身につく(自分への表現力) ・内面の魅力を外面として出せるようになる(他人への表現力) ・目的達成能力があがる(世界への表現力)
13e2870c e90d 4522 9246 acf4fd70349f