じっぱる感。Vol.02周辺の夜桜

日付指定

日付を指定する
2e1e5311 c474 40a6 b789 00ae291d9a13
7d180063 78b3 466a 8284 13555d34508d
42ce6d34 1901 4f15 94d5 f4388a3ea1a5
春の風物詩として親しまれている、高さ15m・幅20mの大きなしだれ桜は滝のように流れ落ちる花の様子が圧巻です。開園時間を21時まで延長し、しだれ桜はもちろんのこと、松の迫力ある枝振りや石組をライトアップします。幽玄で幻想的な景色が皆様をお迎えします。
六義園
東京都文京区本駒込6丁目16−3 六義園
江戸時代に造られた大名庭園の中でも代表的な庭園とされる六義園。徳川五代将軍 徳川綱吉の信任が厚かった川越藩主 柳沢吉保が元禄15年(1702年)が築園。和歌の趣味を基調とした「回遊式築山泉水」の庭園となっています。六義園は、明治時代に入り、土佐藩出身の三菱財閥創始者である岩崎彌太郎の別邸となり、その後、昭和13年(1938年)に岩崎家より東京に寄付されました。昭和28年(1953年)には国の特別名勝に指定されています。 園内の中央に大泉水を設け、その中央の中の島には妹山、背山の築山が設けられています。また、大泉水を見下ろす形の標高35mの藤代峠、周囲の新緑や秋の紅葉との一体感が美しい渡月橋など、見所が沢山あるのも六義園の特徴のひとつです。 【庭園内の見所】 つつじ茶屋 明治年間、つつじの古木材を用いて建てられたつつじ茶屋が現存しています。秋には周辺のモミジとの景色が大変美しい場所です。 滝見茶屋 滝や石組みなどで作られた渓流があります。日本の和を感じられる景観や渓流の水の音を楽しめます。 石柱 庭園内の88ヶ所に景勝地(六義園八十八境)が設けられており、各景勝地には石柱が建てられています。残念ながら現存している石柱の数は32ヶ所となっていますが、庭園内で見つけてみましょう。 蓬莱島 大泉水の中に浮かぶ蓬莱島。中国の神仙思想を主題とした石組みの一種で、洞窟石組みの島となっています。 藤代峠 紀州にある同名の峠から名付けられました。園内で一番高い築山で標高は35メートルあります。頂上は富士見山と呼ばれ、園内を一望できるスポットです。 妹の山・背山 中の島にある築山。古くは女性のことを妹(いも)、男性のことを背(せ)と呼びました。六義園の中の島は男女の間柄を表現しています。 出汐湊 大泉水の池畔の名のひとつ。右手に中の島、左手に蓬莱島、対岸に吹上浜が望めます。 内庭大門 六義園の正門を入ってすぐの場所にある内庭大門。周辺に満開の時期は大変綺麗な枝垂れ桜の大木が植えられています。
9d3c9c2c 2e02 4be5 b1cd c5e883c6b77c
関連記事あり
東京「後楽園」周辺の桜の名所5選!桜の開花情報から見頃などを紹介!
Cdbc1f8b 1d10 442b 8626 2069d99191c9
57127840 d2f2 4c58 a7a1 0cac58eb17bf
Deafe425 319f 4d1e bb3b 3f5e0264215f
C46dd573 a8b1 429e b096 1948ecf604c2
飛鳥山公園は東京都内でも人気のある桜の名所のひとつです。約300年前に、徳川吉宗が植えたという伝統ある桜の名所です。公園内には、ソメイヨシノ、サトザクラ、カンヒザクラなど、約600本にも及ぶ桜を観賞することができます。また、夜にはぼんぼりが灯るので、ライトアップされた夜桜を楽しむこともできます。場所取りが可能ですが、土日は混雑します。泊まりで場所取りをする方もいるそうなので、大人数で利用する場合は朝7時頃からがおすすめです。3月31日(土)~4月1日(日)には「第21回北区さくらSA*KASO祭り」が開催され、北区のご当地グルメとエンターテイメントステージが楽しめます。
小さなお子さん連れのご家族や、お年を召された方等皆さん上を見ながらお弁当を食べたり、お話したり思い思いに過ごされていました。桜は5部咲き程度でしたが、咲きたての桜は薄く薄く、とてもきれいでした。
by こいたん
2018年3月24日
7cd0f728 d6c5 4dc2 a251 db1d41c68da3
C80e0e83 9bc8 4233 8a7b 310e140e316b
1967fe9a 0b25 4346 8146 c7e51f545d3c
全国的にも有名な桜の名所、皇居西側の千鳥ヶ淵沿い(全長約700メートル)の遊歩道「千鳥ヶ淵緑道」では、毎年桜が見ごろを迎える3月下旬~4月上旬に「千代田のさくらまつり」が開催されます。期間中は、ソメイヨシノやオオシマザクラなど約260本の桜がライトアップされるほか、「千鳥ヶ淵ボート場」が夜間特別営業され、千鳥ヶ淵の水上から幻想的な夜桜を堪能できます。
夕暮れの千鳥ヶ淵緑道から見た桜とお堀がとても奇麗でした。
by Takayasu Sasaki
2018年5月29日
10b298f1 b2f0 49f6 9865 e23c20819a84
江戸東京に鎮座して1300年近くの歴史をもち、江戸時代には「江戸総鎮守」として江戸中を守護してきた由緒正しき神社です。境内には桜の数は少ないですが、見頃の時期にはライトアップが行われ、淡いソメイヨシノが朱塗りの社殿や付近の景観とマッチする光景を楽しむことができます。また、4月にはその年の五穀豊穣を祈願する「春大祭(祈年祭)」が、境内の桜が満開の中行われます。神田明神の桜のビューポイントは、境内奥にある2階建駐車場付近で、屋上が空中庭園になっており、そこから見下ろす景色は圧巻です。
3a79253e 9972 4de8 8d0d fca1b974714b
D58abd1a 6cc5 4a65 9231 9f5ef3999df2
Ac748391 6246 4071 9e64 f7d42778f27c
隅田川沿いにあり、江戸享保年間に八代将軍・吉宗の命により植栽されたのが始まり。 その後長くお花見の名所として、親しまれてきた。現在の桜は335本(ソメイヨシノが主)。期間中はボンボリの灯りが桜を照らし、「墨堤さくらまつり」を開催。地元を挙げての模擬店や向島芸者による芸妓茶屋が催される。 隅田川の両岸に約1kmにわたり桜並木が続いており、隅田川に沿って咲き乱れる桜はまさに圧巻!東京スカイツリーも近いので、スカイツリーと桜を一緒におさめることができる絶好の写真スポットでもあります。また、屋形船などで水辺からも夜桜が楽しめるなど、昔からの人気が高いスポット。3月下旬から4月上旬にかけては夜桜のライトアップが行われるので、屋形船からゆっくりと夜桜の風景を眺める事もできます。
3/25桜のシ-ズン 隅田公園から見た隅田川夜桜の宴です。
by Takayasu Sasaki
2018年5月28日
としまえんでは、ソメイヨシノや八重桜など約500本の桜が楽しめます。園内各所で咲き誇り、長期間にわたってお花見が楽しめるのも特徴です。「サイクロン」に乗って、桜のトンネルを抜けたり、「イーグル」に乗って地上35m上空からの展望など遊園地ならではの楽しみ方もできます。また、全席お座敷&こたつ付きの宴会場でゆったりとお花見を満喫できる「お花見宴会プラン」は毎年好評です。日中は宴会で盛り上がり、夜はライトアップされた幻想的な桜とイルミネーションのコラボに酔いしれます。15時から入園料が500円になるお得な「サクラナイト」も実施されているので、会社帰りに桜を楽しめるおすすめのスポットです。
としまえん
東京都練馬区向山3丁目25−1
西武線「豊島園駅」から徒歩1分で正門に到着。1929年にスタートした「としまえん」は、アトラクションだけでなくプール、温泉も楽しめる東京の遊園地として人気を集めています。アトラクションは30種類以上!園内中央でまず目に入るのは「カルーセルドラド」。1970年にドイツで製作された回転木馬で現役で活躍中。2010年には「機械遺産」にも認定された、歴史的にも価値のあるメリーゴーランドです。絶叫系が好きな方にオススメなのが「フライングパイレーツ」。地上45mを急上昇・急降下しながら、体の底からふわっと持ち上げれる感覚を連続で体験。恐怖に満ちた空の大海原に繰り出しましょう! そのほか、急斜面を滑走してからの2回転宙返りがスリル満点の「コークスクリュー」、地上35mの上空から絶景を楽しみつつ急降下による絶叫も楽しめる「イーグル」もたくさんの利用客であふれています。 さらに、としまえんの隣には天然温泉も湧き出ており、遊園地で遊んで疲れた体を癒すことができます。保湿成分のある軟水で、お肌に優しい泉質。1,200坪の日本庭園を眺めながら、ゆっくりと過ごせます。入園料も大人1,000円とお手ごろなので、隙間時間を埋めるのにもぴったりですよ。
12bc256f 4372 444f 9f7f 4d4d776f558d
Cca7c9eb b3af 4d48 bb59 3765676c2703
4b091ec6 e206 44bf b34b d35a06346da9
F902977c bfcf 4ec4 b2c0 bad610f878e4
東京スカイツリーの展望デッキ フロア350の窓ガラス横幅約110メートル、高さ約2メートルの巨大スクリーンに仕立てた「SKYTREE ROUND THEATER」では、春の花で演出されたスポットや、春らしいフレームでの景色の撮影ができるフォトスポットなど、春限定の特別映像が上映されます。東京スカイツリータウンや地元の桜の名所を中心にめぐりながら、全7ヶ所のうち4ヶ所以上のスタンプポイントを集めると、特製レジャーシートがもらえるスタンプラリーイベントなど、子供でも楽しめるイベントも開催されます。
天気が良かったので空と一緒に取るととても綺麗に撮れました。またスカイツリー付近では河川敷だったため夕日が反射してとても綺麗に撮ることができました。 満開だったので同じ場所の桜でも箇所によって違う顔を見せてくれました(^^)
by ハピハピ
2018年4月2日
F574915c b8da 483e 9a2f bf5ab4257973
Afd3787d ed43 4996 94ec b8ddf631e4b8
Db417452 e595 4573 9cdd 4fabe1a12b53
池尻大橋から東急目黒線下の亀の甲橋(品川区)までの約3.8kmの川沿では約800本のソメイヨシノが咲き乱れます。目黒川沿いに続く桜を散歩しながら楽しめる人気の高いスポットです。中目黒駅近くでは屋台も出ていて、多くの人々で賑わっています。また、18:00~21:00にはライトアップが行われるので夜桜を楽しむことができます。写真撮影におすすめしたいスポットは山手通りの手前にある「中の橋」です。ここはドラマの撮影でもよく使われる人気スポットです。目黒川では、桜が散り始めても「桜吹雪」と川面をしきつめて流れる「花筏(はないかだ)」を楽しむことができます。花筏を楽しむ際は、目黒駅・不動前駅からのアクセスがおすすめです。
有名な目黒川の桜を、マジックアワーを狙って撮影しました。風流で素敵な夜でした。
by やまぴー
2018年6月27日