じっぱる感。Vol.02周辺の花・自然

日付指定

日付を指定する
江戸時代の巣鴨の染井は植木職人が多く住む地として知られる。当時は庶民の間でも「菊合わせ」と呼ばれる新花の品評も行なわれていた。そんな中で「菊人形」の見世物も江戸時代末期の文化年間に、染井の植木屋から始まる。地域の文化と歴史を通して巣鴨の素晴らしさや、あじわいのある風情を感じてもらえればと平成5年から開催している。毎年11月6日~14日まで真性寺や高岩寺の境内などで開催され、菊の形作りや、大輪約300鉢以上、大作りなどを展示。真性寺会場では模擬店、俳句などの展示も行われるにぎやかに開催される。

4320a5fc 5c7c 42e6 ba4f 7b047f02c678
783964d9 38b1 44c0 b05e f51a5e0706df
9980fe79 49ea 4efd 8de4 32c8264f183b
江戸時代に造られた大名庭園の中でも代表的な庭園とされる六義園。徳川五代将軍 徳川綱吉の信任が厚かった川越藩主 柳沢吉保が元禄15年(1702年)が築園。和歌の趣味を基調とした「回遊式築山泉水」の庭園となっています。六義園は、明治時代に入り、土佐藩出身の三菱財閥創始者である岩崎彌太郎の別邸となり、その後、昭和13年(1938年)に岩崎家より東京に寄付されました。昭和28年(1953年)には国の特別名勝に指定されています。 園内の中央に大泉水を設け、その中央の中の島には妹山、背山の築山が設けられています。また、大泉水を見下ろす形の標高35mの藤代峠、周囲の新緑や秋の紅葉との一体感が美しい渡月橋など、見所が沢山あるのも六義園の特徴のひとつです。 【庭園内の見所】 つつじ茶屋 明治年間、つつじの古木材を用いて建てられたつつじ茶屋が現存しています。秋には周辺のモミジとの景色が大変美しい場所です。 滝見茶屋 滝や石組みなどで作られた渓流があります。日本の和を感じられる景観や渓流の水の音を楽しめます。 石柱 庭園内の88ヶ所に景勝地(六義園八十八境)が設けられており、各景勝地には石柱が建てられています。残念ながら現存している石柱の数は32ヶ所となっていますが、庭園内で見つけてみましょう。 蓬莱島 大泉水の中に浮かぶ蓬莱島。中国の神仙思想を主題とした石組みの一種で、洞窟石組みの島となっています。 藤代峠 紀州にある同名の峠から名付けられました。園内で一番高い築山で標高は35メートルあります。頂上は富士見山と呼ばれ、園内を一望できるスポットです。 妹の山・背山 中の島にある築山。古くは女性のことを妹(いも)、男性のことを背(せ)と呼びました。六義園の中の島は男女の間柄を表現しています。 出汐湊 大泉水の池畔の名のひとつ。右手に中の島、左手に蓬莱島、対岸に吹上浜が望めます。 内庭大門 六義園の正門を入ってすぐの場所にある内庭大門。周辺に満開の時期は大変綺麗な枝垂れ桜の大木が植えられています。
F73aee75 3238 477a 8ab4 3e6f845059f6
太鼓橋の紅葉 今年は特にカラフルに鮮やかな色が出ました。
5.0
by コニタンTop user伝統芸能・大衆芸能
2018年12月10日
六義園のアジサイ
5月下旬〜8月上旬
江戸時代に造られた大名庭園の中でも代表的な庭園とされる六義園。徳川五代将軍 徳川綱吉の信任が厚かった川越藩主 柳沢吉保が元禄15年(1702年)が築園。和歌の趣味を基調とした「回遊式築山泉水」の庭園となっています。六義園は、明治時代に入り、土佐藩出身の三菱財閥創始者である岩崎彌太郎の別邸となり、その後、昭和13年(1938年)に岩崎家より東京に寄付されました。昭和28年(1953年)には国の特別名勝に指定されています。 園内の中央に大泉水を設け、その中央の中の島には妹山、背山の築山が設けられています。また、大泉水を見下ろす形の標高35mの藤代峠、周囲の新緑や秋の紅葉との一体感が美しい渡月橋など、見所が沢山あるのも六義園の特徴のひとつです。 【庭園内の見所】 つつじ茶屋 明治年間、つつじの古木材を用いて建てられたつつじ茶屋が現存しています。秋には周辺のモミジとの景色が大変美しい場所です。 滝見茶屋 滝や石組みなどで作られた渓流があります。日本の和を感じられる景観や渓流の水の音を楽しめます。 石柱 庭園内の88ヶ所に景勝地(六義園八十八境)が設けられており、各景勝地には石柱が建てられています。残念ながら現存している石柱の数は32ヶ所となっていますが、庭園内で見つけてみましょう。 蓬莱島 大泉水の中に浮かぶ蓬莱島。中国の神仙思想を主題とした石組みの一種で、洞窟石組みの島となっています。 藤代峠 紀州にある同名の峠から名付けられました。園内で一番高い築山で標高は35メートルあります。頂上は富士見山と呼ばれ、園内を一望できるスポットです。 妹の山・背山 中の島にある築山。古くは女性のことを妹(いも)、男性のことを背(せ)と呼びました。六義園の中の島は男女の間柄を表現しています。 出汐湊 大泉水の池畔の名のひとつ。右手に中の島、左手に蓬莱島、対岸に吹上浜が望めます。 内庭大門 六義園の正門を入ってすぐの場所にある内庭大門。周辺に満開の時期は大変綺麗な枝垂れ桜の大木が植えられています。
36b05a86 29c8 416e 9c45 7a1cb696a297
六義園の紅葉
11月下旬~12月上旬
東京都文京区にある六義園は、造園当時から小石川後楽園とともに江戸の二大庭園に数えられており、国の特別名勝に指定されました。文学的造詣の深さを反映した繊細で温和な日本庭園で、例年、11月下旬から12月上旬に紅葉の見頃を迎え、イロハカエデ、ハゼノキ、イチョウなど計約560本が庭園を鮮やかに彩ります。夜には庭園がライトアップされるので、幻想的な空間を楽しむことができます。
Cdd44e1b 1054 4097 b15f 9ea16206924f
六義園の桜
3月中旬~4月上旬
春の風物詩として親しまれている、高さ15m・幅20mの大きなしだれ桜は滝のように流れ落ちる花の様子が圧巻です。開園時間を21時まで延長し、しだれ桜はもちろんのこと、松の迫力ある枝振りや石組をライトアップします。幽玄で幻想的な景色が皆様をお迎えします。
03fe541c ecb8 4d69 8e47 63d89c3cb02f
六義園のつつじ
4月中旬~5月上旬
小石川後楽園とともに江戸時代を代表する二代名園に数えられ、造ったのが五代将軍徳川綱吉の側近として絶大な権力をふるった柳沢吉保。将軍より与えられた下屋敷の土地に七年もの歳月をかけて築造したもの。園内は万葉集や古今和歌集に詠まれた名勝が再現され、紀州和歌の浦や渡月橋、吹上浜などがある。名前の由来は中国の古典「詩経」の六儀(賦、比、興、風、雅、頌)に由来するもので、古今和歌集の序文にも出てくる詩歌の心を表現した言葉と伝われている。また、同園は昭和十三年に東京市に岩崎弥太郎氏より寄贈され、のちに六本のシダレザクラが植樹される。季節を通し、初夏の緑、秋の紅葉、冬の雪景色も格別な美しさを見せるが、春の名物となっているのが、正門を入ってすぐのシダレザクラ。樹齢60年で樹高15m、枝張り20m、幹回り5m。ボリューム感があり、その姿にしばし足が釘付けになって立ちつくすほど。満開の時には、枝いっぱいに見事な花を咲かせ、薄紅色の滝のような姿はまさに圧巻。またライトアップされ、園内の緑を背景に、浮かび上がる姿は昼とはまた異なった趣で、その壮麗さをきわだたせている。
C3fc90f0 266c 4bb9 8c1a 724e227f9f7d
関連記事あり
【文京区 観光】おすすめ17選!六義園に湯島天満宮、東京ドームシティ
567f6e16 fbe6 4e3a 83c6 e2780c4bec5e
関連記事あり
「駒込駅発、桜と富士の散歩道」銭湯や商店街など、懐かしい日本の風景との出合いが待っている!
C702beb2 0b4a 4ff5 bdd4 450373cb3dcd

115bb730 c3bb 4502 a776 f6ab50f96c4b
Eb20726a c599 4946 99fe 98a0085e15e2
11a440af bcec 4e0d bf2f 438f62bf4531
旧古河庭園は、大正初期の庭園の原型をとどめる貴重な存在で、和洋の見事な調和を実現した代表的な事例です。現存する近代の庭園の中でも良好に保存されているため、芸術・観賞上価値の高い庭園として、平成18年(2006年)1月26日に文化財保護法によって国の名勝に指定されました。 元は明治の政治家、陸奥宗光の邸地。次男が古河家の養子になった時より古河家の所有となりました。 英国ルネサンス風の洋館と洋風庭園は、鹿鳴館、ニコライ堂、旧岩崎邸庭園洋館などの設計を手がけたイギリス人ジョサイア・コンドル(1852年〜1920年)最晩年の設計で大正6年5月に竣工しました。 日本庭園の作庭者は、京都の庭師・植治こと小川治兵衛(1860年〜1933年)で、洋風庭園にも勝るとも劣らない名園です。 【庭園内の見所】 石造りの洋館(大谷美術館) 英国貴族の邸宅にならった古典様式で、天然スレートぶきレンガ造り。外壁は真鶴産の赤味をおびた新小松石(安山岩)で仕上げられています。洋館1階部分はホール、ビリヤード場、書斎、応接室、ブレックファストルーム、会食場など、2階部分はホール、仏間、ゲストルーム、和室、子供部屋、洋室、トイレ、お風呂などの間取りとなっています。 洋風庭園 テラス式の庭園に植えられたバラは春と秋に見事な大輪の花を咲かせ、洋館の風情と相まって異国情緒を満喫させてくれます。 日本庭園 日本庭園の中心は心宇池。優雅な曲線が心を癒してくれます。大滝、枯れ滝などが周囲の緑に映えて、日本庭園の風情を演出しています。 枯滝 水を使用しないで山水の景観を表現する「枯山水」の道具立てのひとつが枯滝。心字池の州浜の奥の渓谷の水源を模した景観として枯滝石組があります。 心字池 「心」の草書体を形取り、鞍馬平石や伊予青石などで造られた池。池を眺める要となる「船着石」があり、正面には「荒磯」、雪見灯篭、枯滝、石組みなどが設けられています。 大滝 十数メートルの高所から落ちる滝。園内のもっとも勾配の急な所を削って断崖とし、濃い樹林でおおって深山幽谷の趣があります。
User default image
庭園に咲く 洋風な建物と桜を組み合わせてみました。
5.0
by わっきー
2019年3月29日
旧古河庭園の紅葉
11月中旬~12月上旬
東京都北区の武蔵野台地に建てられた旧古河庭園は、国の名勝にも指定されている和洋の見事な庭園です。低地の地形を活かし、北側の小高い丘には洋館が建てられており、現存する近代の庭園の中でも保存状態の良い数少ない文化財です。園内の紅葉は例年11月上旬から12月上旬で、モミジ、ハゼノギ、イヌビワなどの紅葉を見ることができます。
旧古河庭園の桜
3月下旬〜4月中旬
旧古河庭園にはレンガ造りの洋館と洋風庭園、日本庭園が配している庭園です。バラの名所として知られていますが、桜の時期になるとシダレザクラ、ソメイヨシノ、ヤマザクラなどが咲き誇ります。桜の本数は14本と少ないですが、レンガ造りの洋館と桜の共演は、旧古河庭園ならではの眺めです。
72638ea7 a42a 4ca9 82e0 2ae5f43ae98e
旧古河庭園のバラ
4月下旬〜5月下旬
旧古河庭園は、大正初期の庭園の原型をとどめる貴重な存在で、和洋の見事な調和を実現した代表的な事例です。現存する近代の庭園の中でも良好に保存されているため、芸術・観賞上価値の高い庭園として、平成18年(2006年)1月26日に文化財保護法によって国の名勝に指定されました。 元は明治の政治家、陸奥宗光の邸地。次男が古河家の養子になった時より古河家の所有となりました。 毎年4月下旬頃から5月下旬にかけて旧古河庭園内では約100種200株ものバラが華やかに咲き誇ります。洋風庭園と重厚な洋館とバラのコラボレーションは大変美しい光景。また、毎年5月のバラの見頃の時期には「春のバラフェスティバル」が開催されており、「バラと洋館・日本庭園のライトアップ」や「春バラの音楽会」、「春バラ人気投票」、「いけばな体験」など訪れた人も参加できるイベントが企画されています。特に「バラと洋館・日本庭園のライトアップ」は昼間とは違った幻想的な光景が観賞でき、毎年多くの人が訪れます。
0a0edec3 0d73 45eb 8278 4acc6cd9bd2d
関連記事あり
【東京 北区 観光】おすすめ9選!紙の博物館に旧古河庭園、北とぴあ
40462f15 9224 4bca a98a dac1c0a4e025
関連記事あり
「田端駅発、文学と鉄道の聖地をぶらり散歩」鉄道ファンならずとも必見の田端駅の魅力に迫る!
187ec34c a649 4f90 afca 5b30801f8247

774c2796 1423 4d1f 87bc ef17c52e9085
6e98aa1b 5474 467e bd87 d4d674005d15
C1417a5c f040 414c b744 f0b7614055d4
東京都文京区の小石川植物園。正式名称は「東京大学大学院理学系研究科附属植物園本園」で東京大学の附属施設として植物の研究が行われています。国の名勝および史跡。園内は約16万㎡の広大な敷地に約4,000種の植物を栽培。実際に訪れてみると、周囲は木々に囲われて、山の中を散策しているようで、都会にいながら自然に触れ合える貴重なスポットです。正門の入口から一番奥に進むと、古くは徳川5代将軍綱吉が幼少の頃住んでいた白山御殿の庭園に由来する庭園と旧東京医学校の本館(明治9年に建築)があり、木々の中とは別の景観を伺えます。
638bdfdf d481 4ff4 bfb8 534f8ec86393
植物と友達になれる植物園 小石川植物園 一日かけて植物の撮影ができます。かなり広い植物園です。珍しいハンカチの木や大ソテツ、つつじ、など。
4.0
by きーやんBronze公園
2019年5月8日
小石川植物園の梅
2月中旬〜3月上旬
数多くの植物が広大な敷地に植えられている小石川植物園。あまり知られてはいませんが、園内には梅の花も植えられています。白梅・紅梅の花が約50本。毎年2月中旬から3月上旬にかけて花を咲かせます。
小石川植物園の桜
4月中旬~4月下旬
同植物園は、正式には東京大学理学部付属植物園。昔は五代将軍徳川綱吉の下屋敷、白山御殿があったところで、後に幕府の薬草園となり、青木昆陽がここでサツマイモの試作を行った史実は有名。明治十年には東京大学の管理となった。ここの入口付近のソメイヨシノの巨木には、この植物園の重みを垣間見ることができる。ソメイヨシノのルーツは、江戸末期から明治にかけて、江戸、染井村の植木職人が売り出したのが最初といわれている。その後、明治三十四年上野公園の桜を開花調査した本草学者、藤野奇命が吉野の山桜との混合を避けるために「染井吉野」と命名。それから約百年たらずで全国の八割を占めるほどになった。この桜のルーツは最新の説だと千七百二十~三十五年頃、将軍家の植木職人伊藤兵衛政武が交配、育成したものと考えられている。この植物園には、明治初年には樹齢百年にも達する老樹があったという。植えられた年代を考えれば現在、確認されているなかで最も古いソメイヨシノといえそうだ。だが、残念ながら枯れてしまい、その子孫が樹齢百二十年を越える巨木に生え変わっている。この桜にソメイのルーツを想い、じっくりと仰ぎ見れば、その美しさに感激もひとしおといえる。
C5a6f80d 4da3 4077 a6e9 fb20d8f55dfc
関連記事あり
【文京区 観光】おすすめ17選!六義園に湯島天満宮、東京ドームシティ
567f6e16 fbe6 4e3a 83c6 e2780c4bec5e

Fdb097c9 ef62 4cd5 8f32 278159c1594f
20007f00 152f 4601 b404 881816001413
525d6fc6 f5b1 4b6d 8380 abb53f1a81f2
都心で唯一の名所になっている白山神社は、古くから縁結び、商売繁盛、家内 安全、受験、病気平癒、水の神として崇められてきたが、とくに江戸時代には歯痛止めの神として庶民に人気があったよ うだ。境内には青色のヒメあじさい、赤紫系 の西洋あじさいをはじめ、ガクあじさい ウズあじさい、花火あじさいなど約3000株が多彩な色を見せ合う。6月中旬には「あじさいまつり」も催され、各種模擬店が並ぶ他、 お茶接待、 歯ブラシ供養、あじさいコンサートなど、たいへんな賑わいを見せるが、何といっても面白いのは“歯ブラシ供養”という歯の神様ならではの行事が行われる。
F73aee75 3238 477a 8ab4 3e6f845059f6
麻の布のバックにアジサイの絵を描いてしばらく干したら出来上がりです
5.0
by コニタンTop user伝統芸能・大衆芸能
2018年7月31日