Banner

じっぱる感。Vol.02から近い関東の富士見百景

テーマ

関東の富士見百景

花菜ガーデン

〒259-1215 神奈川県平塚市寺田縄496-1 神奈川県立花と緑のふれあいセンター 花菜ガーデン
車140分(56.19km)
関東の富士見百景にも選定されている「ひらつか花アグリ」内にある「花菜(かな)ガーデン」。ひらつか花アグリは、園芸や農業を学べるほか、園内の四季折々の花を楽しめる(梅、桜、チューリップ、バラ)「花菜(かな)ガーデン」以外にも、周辺のイチゴ農家による収穫体験農園「湘南いちご狩りセンター」、JA湘南管内の出荷者約300人が採れたての新鮮な野菜を提供している農産物直売所「あさつゆ広場」、見本農園の紹介や農業相談ができる「農の体験・交流館」、市民農園「マイ菜ファーム」の施設など、園芸や農業を体感・体験できるアグリ施設が沢山あります。 花菜ガーデンは約9.2ヘクタール(横浜スタジアムの約3.5倍)の園内は、梅、ハナモモ、桜、チューリップ、バラ、クレマチスなど四季折々の花々が観賞できる「フラワーゾーン」と、田植えや野菜の収穫体験ができる「アグリゾーン」、展示室や調理室、図書室などがある「めぐみの研究棟ゾーン」の3つのゾーンに分かれています。また、花菜ガーデンで四季折々の植物を観賞したあとも、湘南いちご狩りセンターでいちご狩りを体験したり、あさつゆ広場で地産の農産物を購入したりと楽しみ方は沢山。