Green banner

もずおん周辺の海・プール・水遊び

110a297f 3690 4d4d 8b7c e46d102f1403
247a729f 6296 4407 80a0 cf7842ab9058
Spot noimage
東京の遊園地のなかで最も都心に近い遊園地「東京ドームシティアトラクションズ」。JR「東京駅」から「水道橋駅」まで、約10分で到着です。最大の特徴は、入園料が無料で出入りも自由であること。アトラクションに乗るだけでなく、散歩気分で園内を回るだけでも楽しめます。 エリアは6つに分かれており、それぞれに様々なアトラクションがあります。例えば、シンボルマークにもなっている大観覧車「ビッグ・オー」。世界初の直径60mのリング型観覧車(中央に軸がないタイプ)で、地上80m、東京のど真ん中から絶景を臨むことができます。 そして、その観覧車の真ん中やビルの間をくぐり抜けるジェットコースター「サンダードルフィン」。高さ80mまで上昇してからの急降下、さらに、波打つような形状のレールを駆け巡るさまはまさにイルカ。東京都内最速の爽快感も相まって、最高のスリリングを味わえます。 東京ドームの隣にある東京ドームシティアトラクションズ。スポーツ・ライブ観戦までの待ち時間に楽しんでみてはいかがでしょうか。
丸ノ内線後楽園駅からすぐの東京ドームシティアトラクションズ。東京ドームのとなりの遊園地です。ジェットコースターはビルの中を通過するのでスリル満点‼️また観覧車にはカラオケが付いていたりと色々工夫している都会の遊園地です👍
by ちぇりTop user
2018年2月11日
0dbf9169 b9da 4219 b7ff bd2085c8e83a
D89ca04b d66d 4f90 b2bf 3c5b4edeeaa8
1041502d 9c22 4af9 8041 aa666675e911
同ガーデンプールは、赤坂・六本木という大都会の中心にありながら、アークヒルズの緑豊かな環境を生かし、都会のオアシス’を感じさせるラグジュアリーな雰囲気が特長です。都内ホテルのプールの中では比較的大きめ(全長 20m×幅 13m)で、プールサイドもゆったりとしています。また、ホテルという特性から、ビジネスで滞在中の外国人のお客様なども多く見られ、毎年国際色豊かな雰囲気を醸し出しています。「#MUMMBEACHCLUBマム ビーチクラブ」と冠した今回のコラボレーションでは、このガーデンプールが、マムブランドカラーの赤と白を基調とした華やかな空間に様変わりします。プールサイドには、同ブランドの象徴でもある赤いラインを施したサンベッドや赤やピンクのチェアなどが置かれ、プールにはマムの巨大バルーンが浮かべられます。正面に見える東京タワーが点灯する頃には、ピンクのライトアップも加わり、暑い夏の夜を華やかに盛り上げます。
0e0f1cf7 1ab8 422f 88e7 a00bbf08eaa8
Bb6adf0f 1dfa 4400 85e7 b83eebf4badc
2d410f8d e4f6 44c6 83c7 c2edb6b05b94
夏季限定のとしまえんプール。さまざまなプールがある中で人気を集めるのはスリリングなウォータースライダー「ハイドロポリス」。丸いパイプの中を回転・蛇行・ハイスピードで滑り落ちる「アクアチューブスライダー」、高さ22mから一気に滑り降りる「スピード・スライダー」など5種類のウォータースライダーが楽しめます。他にも子供に人気でワクワクする仕掛けがいっぱいある「からくり水工場」や、家族で楽しめるアトラクションのある「ふわふわウォーターランド」があります。
としまえん
東京都練馬区向山3丁目25−1
西武線「豊島園駅」から徒歩1分で正門に到着。1929年にスタートした「としまえん」は、アトラクションだけでなくプール、温泉も楽しめる東京の遊園地として人気を集めています。アトラクションは30種類以上!園内中央でまず目に入るのは「カルーセルドラド」。1970年にドイツで製作された回転木馬で現役で活躍中。2010年には「機械遺産」にも認定された、歴史的にも価値のあるメリーゴーランドです。絶叫系が好きな方にオススメなのが「フライングパイレーツ」。地上45mを急上昇・急降下しながら、体の底からふわっと持ち上げれる感覚を連続で体験。恐怖に満ちた空の大海原に繰り出しましょう! そのほか、急斜面を滑走してからの2回転宙返りがスリル満点の「コークスクリュー」、地上35mの上空から絶景を楽しみつつ急降下による絶叫も楽しめる「イーグル」もたくさんの利用客であふれています。 さらに、としまえんの隣には天然温泉も湧き出ており、遊園地で遊んで疲れた体を癒すことができます。保湿成分のある軟水で、お肌に優しい泉質。1,200坪の日本庭園を眺めながら、ゆっくりと過ごせます。入園料も大人1,000円とお手ごろなので、隙間時間を埋めるのにもぴったりですよ。
12bc256f 4372 444f 9f7f 4d4d776f558d
関連記事あり
【2018年】東京近郊のおすすめプール8選!屋外レジャープールからリーズナブルなプールまで紹介!
De96dd94 e7f8 4961 adcc de1a61520c49
関連記事あり
2018年東京都内のおすすめプール10選!レジャープールからナイトプールまで紹介!
De2db23f 889f 419d b6ca b2ff78d1b116
C5afdf1b 71c6 4567 861f 4616ccab380f
東京にありながら広がる空と多様な自然が楽しめる都立公園、舎人公園。緑と水に恵まれた敷地は現在、約61.2ヘクタールに及びます。園内には噴水広場、バーベキュー広場、キャンプ場、じゃぶじゃぶ池、野球場、陸上競技場、テニスコ—ト等があり、目的に応じて楽しめる公園です。自然環境に恵まれた舎人公園は動植物の宝庫。園内の北東側にある大池にはガマやアシが自生し、カルガモなどの鳥類をはじめ、さまざまな魚、昆虫たちの格好のすみかになっています。春は桜、初夏には菖蒲など、四季の花が楽しめるのも魅力です。特に春には1,000本以上の桜を見に来るお花見客で賑わい、毎年開催される「舎人公園千本桜まつり」ではイベントや屋台、桜のライトアップなどが実施されます。また、日米友好の証としてレーガン大統領夫人から贈られた「レ−ガン桜」は見どころのひとつです。
人もそこまで多くなく、ゆっくり、広く遊べる公園
by airkingBronze
2017年10月15日