Complete東名阪ツアー#06(完)【名古屋公演・プレミアムチケット】周辺の花・自然

日付指定

日付を指定する
愛知県名古屋市にある「東山動植物園」。約60万㎡もの広大な園内に、約500種類の動物と約7,000種類の植物を展示しています。自然林が茂る植物園エリアでは、イロハモミジ、ハウチワカエデなど約60種類、500本以上の木々が鮮やかに色づき、名古屋随一の紅葉スポットとして多くの来場者が訪れます。11月下旬〜12月上旬にかけて迎える見頃の時期は、日本庭園へと続く散歩道にモミジのアーチができる他、日本庭園から也有園にかけてライトアップが実施され、幻想的な風景を楽しめます。
東山動植物園
愛知県名古屋市千種区東山元町3-70
東山動植物園は動物園と植物園、そして遊園地からなる名古屋屈指の観光スポットです。 動物園エリアでは、キリンやゾウなど約500種の動物に出会えます。展示動物の種類数は日本一、入園者数は東京の上野動物園についで2番目に多く、日本を代表する動物園です。世界のメダカを集めた「世界のメダカ館」、可愛いコアラがいる「コアラ舎」などたくさんの見どころがあります。   動物園エリアの人気者といえば、イケメンゴリラとして有名な「シャバーニ」。シャバーニをはじめとするニシローランドゴリラとチンパンジーは、2018年9月から新しく公開されるゴリラ・チンパンジー舎に引っ越し、オープンに備えているため現在展示休止中。「アフリカの森エリア」につくられたゴリラ・チンパンジー舎では、高さ日本一のゴリラタワーなどが設置され、ゴリラの樹上生活の様子を観察できるようになるそうです。 植物園エリアには約7,000種もの植物が展示され、温室や季節ごとに様々な花を楽しめるお花畑などがあります。植物以外にも昭和 31 年に岐阜県白川村から移築された「合掌造りの家」や、旧尾張藩の武家屋敷から移された門など、趣ある古建築なども見ることができます。 2006年に制定された「東山動植物園再生プラン」に基づき、リニューアル工事が進められている東山動植物園。新しい見どころも増え、ますます楽しみなスポットです。
1283b731 502a 4e3b 9a17 fe88ce9e7ec4