Complete東名阪ツアー#06(完)【名古屋公演・プレミアムチケット】周辺の水族館

77796051 a68b 4c48 9850 be9f218a6090
名古屋港水族館は世界の海のさまざまな生物に出会える水族館で、北館と南館の大きく2つのエリアに分かれています。 北館では「35億年はるかなる旅」をテーマに、シャチやイルカ、ベルーガなど鯨類を中心とした海の仲間たちが暮らしています。現在シャチが見られる水族館は、千葉の鴨川シーワールドと名古屋港水族館のみ。北館ではそんな貴重なシャチのトレーニング風景をはじめ、日本最大のメインプールで行われるイルカのパフォーマンスなどを見ることができます。 南館は「南極への旅」をテーマにしたエリア。名古屋から南極に至るまでの海を「日本の海」、「深海ギャラリー」、「赤道の海」、「オーストラリアの水辺」、「南極の海」の5つに分けて紹介しています。南館には、黒潮を再現した巨大な水槽で約3万5千匹のマイワシが群れを作って泳ぎ回る「マイワシのトルネード」やオーストラリア東岸のグレートバリアリーフをモデルとした美しいサンゴ礁を再現した大水槽など、ゆっくり見てまわりたい展示がたくさん! 見どころたっぷりの名古屋港水族館は、一日楽しめるスポットです。

7db09db3 7f86 42b4 a2bf 86e6afb6f7df
E123c1ff 3466 4eda 8fbf 7f53c3bba464
5e86056b efd5 47ca bf24 ffab63ae7472
梅小路公園の中にある京都水族館は、人工海水を利用した国内最大級の内陸型水族館です。ペンギンやオットセイなど海の人気者に出会えるほか、開放的な空間が広がる「イルカスタジアム」では、古都の景色とイルカショーと同時に楽しめます。海の生き物はもちろんですが、京都水族館の一押しは、国の特別記念物に指定されている「オオサンショウウオ」。鴨川の上流を再現した「京の川」というエリアでは、オサンショウウオの生態を学べる大型展示コーナーが設けられています。ほかにも京都特有の希少生物を展示した「山紫水明」エリアや、マイワシの群れが泳ぐ大水槽がある「京の海」エリアなど、京都の海や川にすむ生き物を間近で観察できるような工夫が凝らされています。棚田や小川が整備された「京の里山」エリアでは、田植えや稲刈りの体験プログラムも開催されています。京都水族館は、生き物を通して京都を学べる貴重なスポット。ご家族で出かけてみてはいかがでしょうか。
「私の愛するいきもの展」(京都水族館)
2019年3月15日(金)〜2019年4月21日(日)
ペンギン相関図や、生き物恋愛相談などで話題の、すみだ/京都水族館が、新しい企画『私の愛するいきもの展』を3/15〜開始いたします。 「飼育スタッフに任せたら、その強すぎる愛ゆえ、マニアックな展示が完成しました…。」とのことで、展示される生き物も内容も、他にはないユニークな展示となっています。例えば、動きの遅いクロナマコを24時間タイムラプスで放送したり、ナマコ宛てに書いたラブレターなどを展示しています…。 すみだ水族館では、飼育スタッフ柿崎が愛する「クロナマコ」と坂井が愛する「ナベカ」、京都水族館では、飼育スタッフ神尾・山本が愛する「ニセクロナマコ」と小野地が愛する「カギノテクラゲ」を展示予定。 ●スタッフからの手紙 両水族館で、スタッフに「心から愛するいきもの」に関するアンケートを取ったところ、その強すぎる愛ゆえに、非常にマニアックな回答があり、せっかくなので、その愛を皆さんに見ていただこうというところがこの展示のスタートでした。 ●展示内容 動きの遅いナマコを24時間撮影しタイムラプス形式にて放映したり、あえてうんちの瞬間を撮影・放映、また、いきものへラブレターを書く、一問一答形式で100の質問に答える等、通常の展示ではなかなか味わえないような、強すぎる愛を感じていただける内容となっています。 <すみだ水族館展示> 「クロナマコ」(第1期 3/15〜3/31) 「ナベカ」(第2期 4/1〜4/21) <京都水族館展示> 「ニセクロナマコ」(第1期 3/15〜3/31) 「カギノテクラゲ」(第2期 4/1〜4/21) ●WEBサイト特別対談「クロナマコvsニセクロナマコ」 すみだ水族館と京都水族館、それぞれのナマコ愛の強いスタッフによる対談「クロナマコ vs ニセクロナマコ」も公開。彼らのナマコとの出会いから、人生におけるナマコの存在意義までを語っています。
B4a7f3b4 ecaf 4b43 8b24 e06c17fc2903
関連記事あり
【京都水族館】12月22日~24日の3日間限定 「冬の夜のすいぞくかん」を開催
05e95c42 e54a 4cf4 a40a 2179097478c4