花とうつわ 或る佳き日 春の希望のモノガタリ周辺

96a48d09 30ce 4d36 aa85 2a6ae1bdd528
B44b03dd 2b04 4f32 b278 6669d4a06e97
20017813 dbc3 4cb1 a8eb 098339f79ad3
正式名称は「慈照寺」というお寺で、室町幕府第8代将軍足利義政が、祖父の第3代義満の建てた金閣寺に倣い、山荘東山殿を築いたことに始まります。華やかな金閣寺とは対照的に落ち着いた風情が魅力の銀閣寺は、「わび・さび」の美意識に育まれた東山文化の中心となりました。銀閣と称される「観音殿」と、春と秋に特別公開される持仏堂「東求堂」は東山殿造営当時のもので、国宝に指定されています。東求堂の中にある「同仁斎」という四畳半の書院は、茶室の原型ともいわれます。貴重な建物とともに銀閣寺の大きな見どころとなるのが、特別名勝・特別史跡に指定された庭園です。山に沿って上下二段に分かれたお庭には、「銀沙灘」と「向月台」という巨大なアートのような白砂や、数々の名石が配された「錦鏡池」、境内を一望できる展望スポットなどがあり、散策しながら変化に富んだ景色を楽しめます。
Df08cef8 44b5 4af7 97df 7085f719f23e
銀閣寺 銀閣寺は、日本文化の基本ともなった場所だと学び この場所は、人生の晩年になった今だからこそ心の奥深く感じる事ができる場所でした。
5.0
by michan
2018年6月17日