Banner
素敵に、よりみち

全国の美術館・周辺情報

岡田美術館

神奈川県足柄下郡箱根町小涌谷493−1
岡田美術館は2013年10月、箱根・小涌谷に開館しました。全5階、展示面積約5,000㎡という屋内展示面積としては箱根随一を誇る広大な館内に、日本・東洋の陶磁器や絵画などの美術品を常時約 450 点展示しています。日本で受け継がれてきた美術品を大切に守り、美と出会う楽しさを分かち合い、次代に伝え遺したい、との願いから、美術館が構想されました。美術館の正面を飾るのは、現代日本画家・福井江太郎氏によって描かれた縦 12m、横 30mに及ぶ風神・雷神の大壁画「風・刻(かぜ・とき)」(2013年)です。他にも深見陶治、諸井謙司、樂雅臣といった現代作家の作品が屋内外に展示され来館者をお迎えします。その他付帯施設もお楽しみいただけます。 【大壁画】 琳派の祖ともいえる俵屋宗達の「風神雷神図屏風」をもとに、日本画家福井江太郎氏が現代に甦らせました。構想も含め 5 年の歳月を掛けて制作した大壁画「風・刻」が、皆様をお迎えします。 【開化亭】 昭和初期の日本家屋を改装した風流な飲食施設「開化亭」は、明治半ば、この地にあった外国人向けホテルにちなんで名づけられました。趣ある古いガラス戸の向こうには、2 か所に滝が流れ落ち鯉が回遊する池と、季節によって表情を変える庭園の木立が広がっています。「名物豆アジ天うどん」をはじめ、各種ドリンクなどをご用意しています。 【足湯カフェ】 風神・雷神の大壁画を前にした 100%源泉かけ流しの足湯カフェでは、静岡県産の茶葉を使用した和紅茶や、コーヒー、ビール、おしるこなどをお楽しみいただけます。 【ミュージアムショップ】 「美術館の感動を日常でも楽しめる」をコンセプトに、普段の生活に彩りを添える、温かみのあるオリジナルグッズをご用意しております。定番のポストカードや一筆箋をはじめとする文具、温泉地には欠かせない手ぬぐいや雑貨など、幅広い年代にお使いいただけるラインナップとなっております。
箱根の岡田美術館。2013年に開業した美術館です。こちらは入場料は大人2,800円と他の美術館と値段だけを単に比べると高いのですが、本当に行く価値のある美術館。美術館や開花亭というとても素敵な和の食事処などを体験し、最後に帰る満足感からしたら全く高くありません。作品も日本人が誇るべき日本の素晴らしい作家の作品ばかり。何回も行きたくなる美術館です。
by ちぇりTop user
2018年3月1日
E5efcf3a 592d 4af8 a690 50f941d21793Afda93ed c0c8 402c a7af 725cb8b0ac8f209101f5 cc54 41cd a232 6a1c14910d8a9968dd64 e35a 4d60 8606 b8d631316221

スヌーピーミュージアム

東京都港区六本木5丁目6
スヌーピーミュージアムはアメリカ・カリフォルニア州サンタローザからはじまりました。 その世界初のサテライトとして、2016年、東京・六本木に誕生しました。
スヌーピーミュージアム😍❣️予想以上に大満足👏🏻あまりよく知らなかったけど最後はスヌーピーが大好きになりました🤣❤️これは初期のスヌーピー😼
by ともちゃん
2017年9月16日
展覧会「ともだちは、みんな、ここにいる。」
2018年4月21日(土)〜2018年9月24日(月) 10:00〜20:00
2016年4月に開館し、2018年2月時点で約95万人の方が来場したスヌーピーミュージアムは、2018年9月、予定の期間を終え、閉館を迎えます。2018年4月21日(土)から 2018年9月24日(月・祝) の期間、いよいよ最終回の展覧会「ともだちは、みんな、ここにいる。」が開催します。 「ピーナッツ」を通して作者のチャールズ・シュルツは、ユニークな登場人物が織りなすクスッとおかしく、ちょっぴり切ない人間模様を約50年間描き続けました。塀越しに語り合うチャーリー・ ブラウンとライナスはいつでも一緒。スヌーピーとウッドストックは種族の違いを超えた大の仲良し。けれども、無二の友のはずのスヌーピーと飼い主チャーリー・ブラウンはいつも気持ちがすれ違うし、 チャーリー・ブラウンはフットボールで意地悪ばかりされる天敵ルーシーに、なぜか大事な悩みを打ち明けてしまうのです。最後の展覧会では、みずみずしい筆遣いの貴重な原画約80点と新作アニメ ーション映像などを通じて、ユーモラスで哀愁漂う、ともだち同士のやりとりをお楽しみいただきます。「ピーナッツの真髄」を味わってください。
Ede15c85 1b11 4957 90ab bfdb9d014981
関連記事あり
【麻布十番・六本木】麻布十番駅から六本木までブラ歩き!途中で立ち寄りたいスポット6つ!!
5d0ea9ea 1266 45eb 9201 df66a6ce74ba
関連記事あり
「スヌーピーミュージアム」ついにお別れ!最後の展覧会「ともだちは、みんな、ここにいる。」開催!
B5d53828 6b7b 4b0c 92dc 9da7a2c2f097
0797e756 74f3 40bf ad10 c8131fc878801091b221 d9d5 4519 bc52 2828ab8db520Af74ff85 e933 4057 bd96 1199362b25b7454e74a4 5d18 4c8f 8829 2d96dc70e8ad

クレマチスの丘

静岡県駿東郡長泉町東野クレマチスの丘
三島市と沼津市の間に位置する、駿東郡長泉町にある「クレマチスの丘」。美術館、文学館、レストラン、自然庭園からなる複合施設です。敷地内にある美術館は3つ。 ひとつは、ヴァンジ彫刻庭園美術館。イタリアの彫刻家「ジュリアーノ=ヴァンジ」の個人美術館。2002年に芸術界のノーベル賞とも称される「高松宮殿下記念世界文化賞」を受賞した高貴なる作品たちが並びます。 ふたつめは、ベルナール・ビュフェ美術館。フランスの画家「ベルナール=ビュフェ」の作品を展示。油彩画、水彩画、素描、版画、挿画本など、2,000点以上の作品が収蔵されています。そのほか、現代作家が描いた様々な絵本も自由に閲覧可能。家族連れにも人気です。 3つめは、IZU PHOTO MUSEUM。複数のテーマに応じた写真を企画展示している美術館。シンポジウムやワークショップが定期的に開催され、期間限定で様々な写真芸術と出会うことができます。現代美術作家・杉本博司が手がけた建築空間も必見。また、併設されているショップでは、新・旧の美術書籍やカタログが販売されています。探し求めていた絶版書を見つけられるかもしれません。 そのほか、作家・井上靖の著作や映像作品が展示された「井上靖文学館」、名称の由来にもなっているクレマチスが咲き誇るガーデン、本格イタリアン・懐石料理を楽しめるレストランなど、1日を通して自身の教養やセンスを磨けるスポットです。
敷地が広いので、芝生でのんびりできます。クレマチスをはじめ、色々なお花に囲まれて幸せな気分になれました。また美術とも融合していて、写真展や彫刻展なども楽しめました。
by Sakiho Yokoi
2018年6月19日
01930506 dc15 4a9e be9e 519f8d77b08b20afa28f d400 407a abc7 f331587785b7Ac867f3b b0a8 4768 ace4 8bc2a7dbf73759bfc2df cb25 44b3 9b93 c4c633cdff60