全国 美術館のよりみち案内

美術館のTOP USER
ちぇりさん
801428b1 3038 4abc 8a6e f07e1a0b0aed
46022083 ed17 4763 a39b 96e29dad2d96
91f498c9 7898 4762 9c83 774e1f0cf35d
8d1c63bc 2570 463a bed6 c77380fb556f
「ハウステンボス」は総面積約152万平方メートルという広大な敷地に、オランダの街並みを再現した滞在型の総合リゾートです。多くの船が行き交っている運河や建物などが忠実に再現されており、日本にいながら外国気分を味わえます。 豊富な種類のアトラクションや、頻繁に開催されているコンサート、ショーをはじめ、年間を通して咲き乱れる美しい花々も人気となっています。園内はいくつものエリアに分かれており、1日では回りきれないほどの多彩な施設やイベントは、子どもから大人、また家族連れやカップルなど、どんな人でも魅了されてしまうほど迫力が満点。 海外旅行はちょっと、という方も気軽に異国の地に来た気分を味わえるテーマパーク。オランダの雰囲気と空間を満喫できるハウステンボスを、ゆっくりと時間を忘れて楽しんでみてはいかがでしょうか。
8864a73f 4e87 4531 867f 84843d81bde0
ゆめのまち ハウステンボスのイルミネーションは夢の中にいるように美しく、シャッターを切る手が止まりませんでした。夜景撮影初心者なので難しかったのですが、頑張りました。
5.0
by ミク
2019年3月17日
ハウステンボス あじさい祭
2019年6月1日(土)〜2019年6月30日(日)
70b4a894 5b41 4fa2 b4c8 c475457b9490
九州一花火大会 2019
2019年9月21日(土) 18:45〜21:00
西日本最大級の打ち上げ数!22,000発がハウステンボスに明かりを灯す ヨーロッパの街並みが特徴のテーマパーク「ハウステンボス」で開催される「九州一花火大会」。予選を勝ち抜いた日本代表と海外代表の花火師が腕を競い合うハウステンボスの秋の風物詩となっています。この大会でしか見ることのできない趣向を凝らしたオリジナル花火や圧倒的スケールの尺玉など、観客を魅了するには十分の、約22,000発の花火と音楽の共演がハウステンボスを湧かします。クライマックスでは5分間で約4,000発の大スターマインが打ち上がりハウステンボスの夜空を彩ります。
Ad3c8f56 eed9 46f0 8b4b 3204bb3d4e76
大胡蝶蘭展
2018年12月1日(土)〜2019年2月18日(月)
長崎・ハウステンボスでは2018年12月1日(土)から2019年2月18日(月)まで、国内最多200品種を超える胡蝶蘭が宮殿・パレス ハウステンボスに集結する「大胡蝶蘭展」を開催いたします。今年は昨年よりバージョンアップした「蘭のトンネル」を含む7つのスポットが登場。その他にも部屋全体が蘭で埋め尽くされる空間装飾など、様々な作品が展示されます。 蝶が舞うような見た目から、「幸せを運ぶ」という花言葉を持つ、胡蝶蘭。美しく、そして縁起も良い、様々な胡蝶蘭を間近で鑑賞できる「大胡蝶蘭展」へ、ぜひお越しください。
Ef854d58 7f92 42a6 b790 cb827c3d7524
関連記事あり
【九州 花畑】おすすめスポット5選!
C9d8cc72 4a3b 4e04 bf0a 1c8b26fc73e2
関連記事あり
ハウステンボスで1,250品種が彩る「あじさい祭」開催!
18a1cf98 7b6f 4057 909c f88bb5b4f6d7
関連記事あり
”春のヨーロッパの街へ”ハウステンボスで日本最多700品種100万本の大チューリップ祭
5044372b 13a2 4303 94c9 08b563b625d7
関連記事あり
国内最多200品種の蘭がお出迎え!蘭の祭典「大胡蝶蘭展」が長崎・ハウステンボスで開催
17bbb940 5ee3 454e 86ad 6bd9c3185f9a
関連記事あり
【長崎 佐世保】おすすめ観光•名所5選!ハウステンボス、九十九島に西海橋
Ab20209e 76cd 4093 a787 3667d969a669

209101f5 cc54 41cd a232 6a1c14910d8a
E5efcf3a 592d 4af8 a690 50f941d21793
Afda93ed c0c8 402c a7af 725cb8b0ac8f
岡田美術館は2013年10月、箱根・小涌谷に開館しました。全5階、展示面積約5,000㎡という屋内展示面積としては箱根随一を誇る広大な館内に、日本・東洋の陶磁器や絵画などの美術品を常時約 450 点展示しています。日本で受け継がれてきた美術品を大切に守り、美と出会う楽しさを分かち合い、次代に伝え遺したい、との願いから、美術館が構想されました。美術館の正面を飾るのは、現代日本画家・福井江太郎氏によって描かれた縦 12m、横 30mに及ぶ風神・雷神の大壁画「風・刻(かぜ・とき)」(2013年)です。他にも深見陶治、諸井謙司、樂雅臣といった現代作家の作品が屋内外に展示され来館者をお迎えします。その他付帯施設もお楽しみいただけます。 【大壁画】 琳派の祖ともいえる俵屋宗達の「風神雷神図屏風」をもとに、日本画家福井江太郎氏が現代に甦らせました。構想も含め 5 年の歳月を掛けて制作した大壁画「風・刻」が、皆様をお迎えします。 【開化亭】 昭和初期の日本家屋を改装した風流な飲食施設「開化亭」は、明治半ば、この地にあった外国人向けホテルにちなんで名づけられました。趣ある古いガラス戸の向こうには、2 か所に滝が流れ落ち鯉が回遊する池と、季節によって表情を変える庭園の木立が広がっています。「名物豆アジ天うどん」をはじめ、各種ドリンクなどをご用意しています。 【足湯カフェ】 風神・雷神の大壁画を前にした 100%源泉かけ流しの足湯カフェでは、静岡県産の茶葉を使用した和紅茶や、コーヒー、ビール、おしるこなどをお楽しみいただけます。 【ミュージアムショップ】 「美術館の感動を日常でも楽しめる」をコンセプトに、普段の生活に彩りを添える、温かみのあるオリジナルグッズをご用意しております。定番のポストカードや一筆箋をはじめとする文具、温泉地には欠かせない手ぬぐいや雑貨など、幅広い年代にお使いいただけるラインナップとなっております。
801428b1 3038 4abc 8a6e f07e1a0b0aed
箱根の岡田美術館。2013年に開業した美術館です。こちらは入場料は大人2,800円と他の美術館と値段だけを単に比べると高いのですが、本当に行く価値のある美術館。美術館や開花亭というとても素敵な和の食事処などを体験し、最後に帰る満足感からしたら全く高くありません。作品も日本人が誇るべき日本の素晴らしい作家の作品ばかり。何回も行きたくなる美術館です。
5.0
by ちぇりTop user体験
2018年3月1日

20afa28f d400 407a abc7 f331587785b7
Ac867f3b b0a8 4768 ace4 8bc2a7dbf737
01930506 dc15 4a9e be9e 519f8d77b08b
三島市と沼津市の間に位置する、駿東郡長泉町にある「クレマチスの丘」。美術館、文学館、レストラン、自然庭園からなる複合施設です。敷地内にある美術館は3つ。 ひとつは、ヴァンジ彫刻庭園美術館。イタリアの彫刻家「ジュリアーノ=ヴァンジ」の個人美術館。2002年に芸術界のノーベル賞とも称される「高松宮殿下記念世界文化賞」を受賞した高貴なる作品たちが並びます。 ふたつめは、ベルナール・ビュフェ美術館。フランスの画家「ベルナール=ビュフェ」の作品を展示。油彩画、水彩画、素描、版画、挿画本など、2,000点以上の作品が収蔵されています。そのほか、現代作家が描いた様々な絵本も自由に閲覧可能。家族連れにも人気です。 3つめは、IZU PHOTO MUSEUM。複数のテーマに応じた写真を企画展示している美術館。シンポジウムやワークショップが定期的に開催され、期間限定で様々な写真芸術と出会うことができます。現代美術作家・杉本博司が手がけた建築空間も必見。また、併設されているショップでは、新・旧の美術書籍やカタログが販売されています。探し求めていた絶版書を見つけられるかもしれません。 そのほか、作家・井上靖の著作や映像作品が展示された「井上靖文学館」、名称の由来にもなっているクレマチスが咲き誇るガーデン、本格イタリアン・懐石料理を楽しめるレストランなど、1日を通して自身の教養やセンスを磨けるスポットです。
2d4cc843 2b27 45ad 94c5 6237d5402cd0
敷地が広いので、芝生でのんびりできます。クレマチスをはじめ、色々なお花に囲まれて幸せな気分になれました。また美術とも融合していて、写真展や彫刻展なども楽しめました。
5.0
by Sakiho716
2018年6月19日

A3ff54ed c227 4dd3 9622 77f56d4f3874
B5e2c060 dd11 4acf 8b92 c1b2ed45eae4
5cebb17f 8d49 44f6 82f2 6311e174cf48
地下鉄御堂筋線「江坂駅」から徒歩15分ほど。全国的にも珍しい近現代彫刻作品のみを収集・展示している美術館「スキュルチュール江坂」があります。 平成9年(1997)に開設した、スキュルチュール江坂。展示されているのは近現代ヨーロッパの彫刻家が手がけた作品たちです。例えば、メダルド・ロッソの『病める子』、ヘンリー・ムーアの大理石彫刻『少女の胸像』など、歴史に名を刻んだ著名な作品を観ることができます。 美術館は利用料金がかかりますが、併設された庭園「リーニュ・ブランシュの庭」は無料開放。都会の中のオアシスと称されることもあって、敷地内には美しく整えられた芝生が広がります。 女流彫刻家・マルタ・パンによって手掛けられた庭園。野外彫刻も展示されており、『モニュメント』『メイズ(迷路)』『フロート(浮かぶ彫刻)』の3点は、スキュルチュール江坂の象徴的存在です。施設内にはカフェも併設されているので、作品を眺めながらの至福な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。