全国の日本100名城・周辺情報

日本100名城のTOP USER
ちぇりさん
801428b1 3038 4abc 8a6e f07e1a0b0aed

日付指定

日付を指定する
Ba45eeae da9f 438c 9c49 28b3793bc207
F160de68 972b 40e9 a5c9 a7c10174e81f
D3c98850 4a13 457b 856a be21a2a2d87d
戦国時代の永正年間(1504〜1520年)、信濃守護家小笠原氏が深志城を築城したものが、松本城の土台となっています。天正18年(1590年)の豊臣秀吉による小田原征伐の結果、徳川家が関東に入府。当時の徳川家家臣の松本城主小笠原秀政は下総古河(現在の茨城県古河市)3万石を与えられ転封。その後、石川数正が入城し、石川数正とその子康長が、天守、乾小天守のある石垣造の近世城郭に改築しました。 現在の黒漆塗りの下見板張りの天守は国宝に指定、城跡は国の史跡に指定されています。 本丸正門の復元された黒門は侵入者が直進できないよう桝形門になっており、一の門が櫓門、二の門が高麗門になっています。
カラス城 天気は良く、風は少し吹いてたぐらいだったため、水面反射が綺麗でした
by たいまる
2018年8月18日
松本城の紅葉
11月上旬~11月中旬
長野県松本市にある松本城は、国宝に指定されている城です。戦国時代の永正年間に造られた深志城が始まりで、現存する五重六階の天守の中で日本最古とされています。秋になると紅葉の鮮やかな色づきが美しく、黒と白の天守のコントラストが映え素晴らしい景観です。例年11月上旬から11月中旬に見頃を迎えます。通年ライトアップも実施しているので、幻想的な城の雰囲気を楽しむこともできます。
松本城の桜
4月中旬
松本城は、室町時代末期の永正元年(1504)、この地方に大きな勢力を持っていた小笠原貞朝が一族の島立貞永に命じて築城。国宝にも指定されている。城内には約300本の桜が本丸庭園内や中央公園、堀沿いの歩道に桜並木が続き、遠く北アルプスを背に咲き誇う。4月中旬には「夜桜祭」が行われ本丸庭園が無料開放される。天守閣のライトアップも美しいが、場内には一本桜として熊本城主加藤清正公が江戸からの帰り立ち寄った際の伝承が残るシダレザクラも有名。城の名前の由来は、小笠原氏が武田信玄によって深志城を追われ、武田氏が一時期ここを信濃を治める拠点とするが、武田氏が滅亡すると1582年に徳川家康の家臣となった小笠原貞慶が、占拠して名を「松本城」へと改めたことで以後、松本城と言われる。
Aff151c0 8e15 49fd a651 5f4e8534bc3f
832dfa50 1f41 4549 94d2 d6e7a227cea7
6b4aa693 db41 4bb5 a29a 6264e3731788
A57da83c 482e 42e4 96a9 76f70326b762
彦根城 彦根城の天守の写真
by フツカ
2018年9月11日
彦根城の紅葉
11月下旬~12月上旬
滋賀県彦根市にある彦根城。彦根城は、天守が国宝に指定されていて、現存する天守として現存天守12城にも指定されています。彦根城一帯は常緑樹を中心とした深い森に囲まれ、美しい城と四季折々の風景を楽しめます。紅葉は、例年11月下旬から12月上旬に見頃を迎え、特に彦根城の北東に位置し、国の名勝にも指定されている、旧大名庭園の玄宮楽々園が見どころです。例年紅葉シーズンにはライトアップが実施され、多くの人々が訪れます。
彦根城の桜
4月上旬~4月中旬
彦根城は、初代の井伊直政から14代にわたり彦根藩主を務めた井伊氏の居城。天守が現存する12城のうちのひとつで、天守が国宝に指定されている他、重要文化財の各櫓、下屋敷の庭園である「玄宮園」、内堀・中堀が当時の美観を留めていることから、城域一帯は国の特別史跡とされている。城が最も美しい彩りを見せるのが春。内堀、中堀と二重に巡らされたお堀沿いを中心に1,200本ものソメイヨシノが城を包み込むように咲き誇る。天守の最上階からは、桜の海に染まる西の丸とその先に広がる琵琶湖が一望のもとに。夜間はお堀沿いを中心にぼんぼりでライトアップ。夜空に浮かび上がる桜が、櫓の白壁や石垣とともに鏡面のような水面にくっきり映り込む幽玄の美を堪能できる。屋形船や人力車を利用してのお花見もおすすめ。特に、井伊家ゆかりのクラシカルな「御好屋形船」で、枝を伸ばす桜を間近に見る「お堀巡り」は、大名の優雅な気分を味わえて人気。
95ae9f79 498d 49f9 acf8 b14fb3b751c7
D22489c9 c28f 4c72 a9db 82e655519432
46163527 8b34 4a0e 8a8a 549a04f66785
F1107699 f8ed 4db1 b367 771cd8a86abd
鶴ヶ城は今から約630年ほど前に、その前身ともいえる東黒川館を葦名直盛が築いたのがはじまりと言われ、戊辰戦争では約1ヶ月に及ぶ激しい攻防戦に耐えた名城として、その名を天下に知らしめました。明治7年に取り壊されましたが、昭和40年に再建、平成13年には天守に続く建物「干飯櫓・南走長屋」が江戸時代の工法・技術を用いて復元されました。天守の内部は博物館となっており会津の歴史に触れることができます。平成23年には「赤瓦」へのふき替えが完了し幕末当時の姿を再現し、現存する天守閣では国内唯一の赤瓦の天守となっています。鶴ヶ城公園内は約69,000坪の敷地があり国の史跡に指定されています。
福島県会津若松の会津若松城(鶴ヶ崎城)。会津若松は東北の要として多くの大名が統治してきた場所で、伊達家、蒲生家、上杉家、保科家、加藤家、会津松平家など数々の歴史があります。幕末の戊辰戦争では新政府軍からの責を一手に受けた会津藩は、最後にこの会津若松城で徹底抗戦。数ヶ月の間、新政府軍の攻撃に持ちこたえた名城です。 訪れた際には、お城の1階から最上階まで戊辰戦争にまつわる映像や貴重な資料などが展示されていました。
by ちぇりTop user
2018年9月27日
鶴ヶ城公園の紅葉
10月下旬~11月上旬
福島県会津若松市にあある鶴ヶ城公園は、会津平野を彼方に囲む山々が紅に染まり、幻想的な姿を見せる。10月下旬から色づきが始まり、見頃は10月下旬~11月上旬。紅葉時期にあわせ、平成30年10月19日(金)~11月18日(日) 日没~21:00の期間限定で、鶴ヶ城公園内をライトアップを実施し、より趣深く、色鮮やかに照らし出された紅葉を楽しむことができる。紅葉以外にも、石垣や各所見どころなどがライトアップされ、夜ならではの鶴ヶ城を、陰影や豊かな光の諧調を生かした心地よさを堪能できる。
Ab073545 05fe 4ffa 9303 73b16e2fc53f
鶴ヶ城紅葉ライトアップ
毎年10月中旬〜11月中旬
鶴ヶ城と紅葉の幻想的な美しさ 紅葉時期にあわせ、鶴ヶ城公園内をライトアップする。植栽用の「彩光色」を使用したことで、より趣深く、色鮮やかに照らし出された紅葉を楽しめる。紅葉以外にも、石垣や各所見どころなどがライトアップされ、夜ならではの鶴ヶ城を鑑賞できる。不要な眩しさを抑えた、陰影や豊かな光の諧調を生かした心地よいライトアップを、秋の夜長、深い歴史の蓄層された鶴ヶ城で堪能しよう。
Ee819f04 d21c 4e08 9f48 a222bf63e6bc
会津若松城(鶴ヶ城)の桜
4月中旬~4月下旬
会津若松市のシンボル鶴ヶ城は約600年前に芦名氏によって築かれ、1381年黒川城築城以来伊達、上杉、加藤など戦国大名の居城。戊辰戦争の時に1ヶ月の籠城の末落城。その時の白虎隊の悲話で知られる。現在の天守閣は昭和40年の再建。平成16年3月には天守閣内部がリニューアルされ、会津のシンボルとしての鶴ヶ城で会津の歴史を「学び、遊び、体験」できる「お城ミュージアム」として好評を博している。城内にはソメイヨシノを主に、大小約1,000本の桜が植えられ、春は夜桜見物客で賑わう。
D76e5f48 d4b1 4c8a 88ad c26dc507cbf1
関連記事あり
【福島 会津若松市】おすすめ観光•名所5選!会津武家屋敷に白虎隊の墓
949164d5 7e1a 4dbd 9ee0 7b31a0715684
C7017197 4d90 4f56 9a26 9f083c7d9293
1f9e1ae7 616a 4c89 8c6a 2c2d7b0c21dd
8c3c37c0 b2c8 4f62 9fc1 f1601c6884f7
安土桃山時代に豊臣秀吉により築城され、江戸時代に修築された大阪城。現在の大阪城の天守は築城から三代目のもの。初代は豊臣秀吉が築いた大阪城の天守で五重六階地下二階、黒漆塗りの下見板張り、金箔瓦の望楼型(ぼうろうがた)天守。二代目の徳川秀忠が再建させた大阪城は豊臣時代の城跡に盛土をして建設され、五重五階地下一階、白漆喰塗籠、瓦葺(かわらぶき)の層塔型(そうとうがた)天守。現在の天守は大阪市民の寄付金により昭和6年(1931年)11月7日に竣工したもので五層八階(入口のある一階部分は地下)の造りとなっており、復興天守閣では初層から四層までは徳川時代風の白漆喰壁、五層目は豊臣時代風に黒漆に金箔のものとなっています。 天守の中は「大阪城天守閣」として重要文化財の「大坂夏の陣図屏風」(通称黒田屏風)などの所蔵品を展示しています。 ※望楼型は上下層が一体型ではない構造。層塔型は上下層が一体となっている構造。
大阪城をバックにパフォーマンスをしていました。
by us-ヒロ
2018年6月27日
32bb7b4d 535d 4e51 a730 964a5cc4f719
D13d00f0 2aae 446b 9543 c5c6ae0432c9
Aff2d5e6 27ac 45d6 bc6d 192686f7d0de
「松江城」は日本国内で天守が現存している12城の内の1つで、2015年7月に国宝に指定されました。別名「千鳥城」とも呼ばれています。 歴史的にも重要な松江城ですが、城山公園内の散歩道では松や竹林、桜や椿、梅などの四季折々の自然や景色を楽しめることでも人気のスポットです。その景観は、周辺を含めて「日本さくら百選」や「都市景観百選」にも選ばれるほど。また、最上階の天守では、壁がなく手スリの巡らされた望楼が広がっているので、その風景や松江市街、宍道湖が一望できる絶景を楽しむことができます。 隣接している松江歴史館に足を伸ばせば、映像や音声などを使った展示で松江の歴史を学ぶことができますよ。
国宝である松江城です。形状など個人的には全国で一番好きな城です。
by youth-k
2018年6月25日
松江城山公園(松江城)の紅葉
11月上旬~11月下旬
島根県松江市にある「松江城山公園」。城山公園として整備されている松江城周辺は、秋になると、多数のモミジが植えられているもみじ谷や、「椿まつり」の開催場所である椿谷などを散策しながら紅葉狩りを楽しむことができます。モミジ、ハゼノキ、イチョウなどが11月上旬から色づき、見頃は11月上旬~11月下旬です。松江城を囲む堀川沿いの紅葉と国宝天守との競演は見応え十分です。また、堀川遊覧船から見る紅葉も、水辺の景観と相まって風情ある光景を楽しめます。
松江城山公園(松江城)の桜
3月下旬~4月上旬
公園内には、ソメイヨシノ、ヤエザクラ、シダレザクラなど約190本の桜があり、満開時には、最上階の望楼から360度にわたる松江城下の街並みとともに桜を楽しむことができ「日本さくら名所100選」にも選ばれた桜の名所。開花期間中はボンボリの点灯やライトアップが実施されるため、夜桜を楽しみに毎年多くの人が訪れている。千鳥城とも呼ばれる松江城は、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の三代に仕えた堀尾吉晴、忠氏の親子によって築城されたが、明治時代の廃城令により天守を除く建物全てが撤去されてしまった。天守閣も売却されることになったが、元藩士など地元有志の働きかけで買い戻され、今もなお当時の天守閣を見ることができる数少ない城だ。国宝の天守閣だけでなく、石垣と櫓も公園全体の勇壮なたたずまいを醸し出し、都市景観100選にも選ばれている美しい景観が評判の城で、その城跡を整備し、歴史公園として多くの人に親しまれている。
11493ada 0413 4796 bce8 a520d59a02a0
松江だんだん夏踊り
2019年8月25日(日) 12:00〜20:00
島根県松江市の松江城で、8月25日に開催される松江だんだん夏踊り。
関連記事あり
【島根 松江市周辺】おすすめ観光・名所5選!玉造温泉に水木しげるロード
Bf158ba1 e518 4915 80e4 08a7bcac4b4c
4ca08400 d618 4b3f ab5f 815be178ee95
5f08d57b 86a4 409c a641 2fe6ed635c33
4d7543e4 e5bc 4bfb b0d9 a957c389f3b9
江戸幕府初代将軍徳川家康が、慶長8年(1603年)に京都での宿泊所として築いた二条城。第3代家光が御水尾天皇を迎えるにあたり大規模な整備を行い、今の姿になりました。数々の歴史の舞台となった二条城は、第15代将軍慶喜が大政奉還を発表した場所としても有名です。貴重な歴史的遺構として、城内全域が史跡に指定されているほか、世界遺産にも登録されています。 二条城の一番の見どころは、国宝の二の丸御殿。武家風書院造りの遺構として大変貴重な建物で、各部屋は美しい欄間彫刻や狩野派の絵師たちによる豪華絢爛な襖絵などに彩られ、見ごたえがあります。 ほかにも国の特別名勝に指定された二の丸庭園や,重要文化財に指定された門や櫓など見どころ満載の二条城。ライトアップやイベントにも力を入れていて、何度も訪れる楽しみがあります。 庭園や古建築に歴史に思いを馳せながら、散策を楽しんでみてはかがでしょうか。
公家の佇まい薫る二条城 武家大名の城とは違う静かな佇まいがすてきです。 街中の行きやすい場所にあるので訪れてみてください。
by Sariana
2018年4月25日
Baf845d0 2005 497a a31e c0578a776744
95d65964 edb6 450e b307 70b7ed502574
Spot noimage
JR「掛川駅」から徒歩約10分の場所にある「掛川城」。 日本初の本格木造天守閣として復元され、「全国名城100選」にも選ばれています。 室町時代、今川義忠が重臣・朝比奈氏に命じて築城。その後、戦国時代には数々の武将が城主となり、大河ドラマ「功名が辻」で取り上げられた山内一豊も入場。大改修を行うと共に、天守閣を築き、城下町も整備されました。 掛川城を訪れてまず目を引くのが「大手門」です。高さ約11.6m、間口約12.7m、奥行き約5.4mの楼門作りで、幕末の地震、明治時代の消失を経て、平成7年(1995)に復元されました。また、冠木(左右の柱を貫く横木)の高さは約4.4mもあり、乗馬したままでも通行できるようになっています。屋根に勇ましく飾られている瓦のシャチの姿と合わせて、大手門の全体像をじっくりとご覧ください。 そのほか、現存する「二の丸御殿」は国指定重要文化財のひとつ。京都の二条城や埼玉県の川越城に並んで希少価値が高く、内部を見学すれば当時の風情を感じられます。また、お城の内部では山田氏や掛川城にゆかりのある品々が展示。天守閣の最上階からは掛川市街を一望できます。
掛川城です。 全て木造で復元されてます。まるで室町時代にタイムスリップしたかの様で、天守閣に登れば天下を取った気分です。是非訪れてみてください。
by さっちゃん
2018年9月3日