全国 滝のよりみち案内

滝のTOP USER
平岩蘭さん
90f799c2 68be 4938 9ef4 1542a9df0c99
F79c84bc 9534 4cb2 a828 681d82638356
Dedd781b b6f2 40bf 8d02 694d0e3e76e9
A6660bf6 dc4b 40e2 b38d ee1ef972f340
川俣川渓谷にある「吐竜(どりゅう)の滝」は、落差10m、幅15m。岩間から小さな滝が幾重にもなって流れ、絹糸のように優雅な美しさをたたえています。その神秘的な佇まいから、"竜の吐く滝"と名付けられた吐竜の滝。10月下旬から11月中旬にかけて紅葉の見頃を迎えます。紅葉におおわれた岩間から絹糸のように滝が流れ落ちる様子は、自然が生み出す日本庭園のよう。マイナスイオンを体いっぱいに浴びながら、優美な滝を鑑賞しましょう。川俣川渓谷沿いは遊歩道が整備されているので、トレッキングをしながら紅葉を楽しむのもおすすめです。紅葉の季節が終わったら、ぜひ5月の新緑の季節に再訪してみてください。大河ドラマのオープニングにも使われた、美しい滝を満喫できますよ。
90f799c2 68be 4938 9ef4 1542a9df0c99
吐竜の滝 吐竜の滝へ行く途中にある橋の下から撮りました。ここから眺めも中々いい❣️
4.0
by 平岩蘭Top userスパ・温泉
2018年10月30日

Dd1b7fcd afbf 4868 91ee ca76daf96d6e
Ca51ce9e e2fd 4a60 96b1 5db167ca768a
1934d696 6e03 41d5 a364 d175e5450d44
日本の滝100選にも選ばれた東日本最大落差121mの名瀑鳳凰三山の一つである地蔵ヶ岳を源として流れる石空川(いしうとろがわ)渓谷。その上流、標高1400mには、東日本最大の落差121mを誇る精進ヶ滝があります。深い緑に囲まれた美しい姿から、東日本一の名瀑と呼ばれる精進ヶ滝は、その昔神仏に祈願するためこの滝の水を浴びて身体のけがれを洗い流した故事をその名前の由来としています。駐車場から約40分で行けるアクセスの良さ、春には新緑が、秋には紅葉が楽しめる渓谷の遊歩道から、四季を通じて人気の滝です。遊歩道の途中、道を少し外れると、日本を横断する巨大な裂け目「フォッサマグナ」を間近で観察することもできます。

B4f56f60 2c91 4733 b212 e88a3cf7c020
712dda5c ed57 4a2a ac56 c9179cf4880c
21597202 b4cb 4206 9214 9a0cb0b635c2
長野県軽井沢町の白糸の滝。 高さ3m、幅70mと連なる滝で地下水が岩肌から湧き出し、白糸のように流れ落ちている光景をみることができます。辺りは森の包まれ空気が澄んでいて清涼感に包まれています。例年8月の夜間は滝のライトアップとプロジェクションマッピング(軽井沢・白糸の滝イリュージョン)が開催されており、多くの観光客が観賞に訪れます。秋には紅葉も綺麗なスポットです。
90f799c2 68be 4938 9ef4 1542a9df0c99
軽井沢白糸の滝 マイナスイオンをたっぷりと感じられる美しい地です。
3.0
by 平岩蘭Top userスパ・温泉
2018年8月17日