全国 城のよりみち案内

城のTOP USER
ちぇりさん
801428b1 3038 4abc 8a6e f07e1a0b0aed
Ba45eeae da9f 438c 9c49 28b3793bc207
F160de68 972b 40e9 a5c9 a7c10174e81f
D3c98850 4a13 457b 856a be21a2a2d87d
戦国時代の永正年間(1504〜1520年)、信濃守護家小笠原氏が深志城を築城したものが、松本城の土台となっています。天正18年(1590年)の豊臣秀吉による小田原征伐の結果、徳川家が関東に入府。当時の徳川家家臣の松本城主小笠原秀政は下総古河(現在の茨城県古河市)3万石を与えられ転封。その後、石川数正が入城し、石川数正とその子康長が、天守、乾小天守のある石垣造の近世城郭に改築しました。 現在の黒漆塗りの下見板張りの天守は国宝に指定、城跡は国の史跡に指定されています。 本丸正門の復元された黒門は侵入者が直進できないよう桝形門になっており、一の門が櫓門、二の門が高麗門になっています。
F33b5f14 d7cb 47e9 9fda 120d427d9158
松本城 水面に映る姿が綺麗でした。
5.0
by mizu@チームm4/3
2019年1月1日
松本城の桜
4月中旬
松本城は、室町時代末期の永正元年(1504)、この地方に大きな勢力を持っていた小笠原貞朝が一族の島立貞永に命じて築城。国宝にも指定されている。城内には約300本の桜が本丸庭園内や中央公園、堀沿いの歩道に桜並木が続き、遠く北アルプスを背に咲き誇う。4月中旬には「夜桜祭」が行われ本丸庭園が無料開放される。天守閣のライトアップも美しいが、場内には一本桜として熊本城主加藤清正公が江戸からの帰り立ち寄った際の伝承が残るシダレザクラも有名。城の名前の由来は、小笠原氏が武田信玄によって深志城を追われ、武田氏が一時期ここを信濃を治める拠点とするが、武田氏が滅亡すると1582年に徳川家康の家臣となった小笠原貞慶が、占拠して名を「松本城」へと改めたことで以後、松本城と言われる。
Aff151c0 8e15 49fd a651 5f4e8534bc3f
松本城の紅葉
11月上旬~11月中旬
長野県松本市にある松本城は、国宝に指定されている城です。戦国時代の永正年間に造られた深志城が始まりで、現存する五重六階の天守の中で日本最古とされています。秋になると紅葉の鮮やかな色づきが美しく、黒と白の天守のコントラストが映え素晴らしい景観です。例年11月上旬から11月中旬に見頃を迎えます。通年ライトアップも実施しているので、幻想的な城の雰囲気を楽しむこともできます。
関連記事あり
国宝松本城から草間彌生の作品まで!「長野 松本市」おすすめ観光・名所5選
Ee1e22f7 e4e7 46f2 84e6 947fc7144c81

843a7a9e ed38 4e4a a83a 61ca9c00d848
Af1f58d0 c89c 431d 844d e6169ddaa6c6
F6428a50 c843 4e55 b2fa 586fc83f5b4d
094c3a4f 0863 4f44 8800 d7e6022a3b9d
迫力の本丸御殿 10年の復元作業が終わった、豪華絢爛な本丸御殿です!天守閣はまだ入れませんでしたが、満足!!
5.0
by シャルルTop userバレンタイン
2018年12月16日
名古屋城の桜
3月下旬~4月上旬
金の鯱ほこで知られる名古屋城は、市民のシンボルとして親しまれている。桜の季節は、約1600本 10種類のソメイヨシノやシダレザクラをはじめとした桜が豪華競演。また、夜桜見物では照明に照らされた天守閣とライトアップされた桜の壮大景観で、見事に咲き誇る。この城は、徳川家康が自ら検地して諸大名に命じて築かせたもので、1610年(慶長15年)徳川家康が息子、義直の居城として築城。昔から「尾張名古屋は城でもつ」と謡われているように、名古屋は城とともに発展。規模の大きな名城で国宝たが、1945(昭和20)年に戦災で天守閣などを焼失。戦後に復元され、天守閣に燦然と輝く鯱ほこは、大阪造幣局で造られ金が1272Kgも要した。名古屋城が築かれた1610年からちょうど400年にあたる2010年は、名古屋にとって大きな節目となった年です。
Ad326802 255d 4ad8 ad68 d52d05fac2cc
NIGHT CASTLE OWARI EDO FANTASIA 〜絢爛たる尾張のはじまりをめぐる旅〜
2018年12月1日(土)〜2018年12月16日(日)
名古屋城全エリアで、400年前に芸どころ名古屋の基礎を築き、独自の精神や文化を育ててきたと言われる7代目藩主徳川宗春の頃の尾張(名古屋)の「絢爛豪華な宗春の時代」を、ネイキッドの光と音の演出で表現します。プロジェクションマッピングやライティングアート、音楽、将軍に扮したキャストなどで当時の街並みを表現する城内を歩きながら、江戸時代・尾張の世界を体感する没入型ナイトウォークを楽しめます。
B8552b14 5067 414b 8f7a 9acd05824a54
関連記事あり
【名古屋 観光】おすすめ11選!名古屋城から東山動物園、熱田神社まで
Ae16fffb 36e1 4c73 b7b4 7cfd57ceb1d8

E1e353d3 d791 40b2 b7a9 ccbe024ffb4f
C7017197 4d90 4f56 9a26 9f083c7d9293
09b86b03 2a64 498e 93ea 2c040fffe50c
安土桃山時代に豊臣秀吉により築城され、江戸時代に修築された大阪城。現在の大阪城の天守は築城から三代目のもの。初代は豊臣秀吉が築いた大阪城の天守で五重六階地下二階、黒漆塗りの下見板張り、金箔瓦の望楼型(ぼうろうがた)天守。二代目の徳川秀忠が再建させた大阪城は豊臣時代の城跡に盛土をして建設され、五重五階地下一階、白漆喰塗籠、瓦葺(かわらぶき)の層塔型(そうとうがた)天守。現在の天守は大阪市民の寄付金により昭和6年(1931年)11月7日に竣工したもので五層八階(入口のある一階部分は地下)の造りとなっており、復興天守閣では初層から四層までは徳川時代風の白漆喰壁、五層目は豊臣時代風に黒漆に金箔のものとなっています。 天守の中は「大阪城天守閣」として重要文化財の「大坂夏の陣図屏風」(通称黒田屏風)などの所蔵品を展示しています。 ※望楼型は上下層が一体型ではない構造。層塔型は上下層が一体となっている構造。
075a77ed d667 4dc1 ad1f edfbfbcadc4b
大阪城 1583年 石山本願寺跡地に豊臣秀吉が豊臣大坂城を建築 1615年 大坂夏の陣で、豊臣大坂城は落城 1620年 徳川秀忠が10年かけて徳川大坂城を建築(豊臣大坂城とは全く別の形状) 1868年 新政府軍と旧幕府軍との交渉の最中、場内の数か所から出火し、炎に包まれる 1931年 市民の寄付により鉄骨鉄筋コンクリートの最新型大阪城 という事で今の大阪城は三代目なんですネェ!
3.0
by sudachi
2018年6月15日
大阪城公園の梅
2月上旬~3月中旬
大阪の中央に位置する大阪城公園は、総面積105.6haの広大な公園。天守閣内には貴重な歴史資料、美術品などが展示されている。大阪城二の丸東部分にある約1.7ヘクタールの梅林は、大阪府立北野高校の卒業生(六稜同窓会)が開校100周年事業として、22品種、880本を大阪市に寄付した事で、昭和49年3月に開園。現在では92種1,150本の梅があり、梅林を一望できる城址の高台からは大阪ビジネスパークの高層ビル群を背景に、鮮やかに紅梅、白梅のコントラストが美しい。
4fa557c5 8f80 41f4 bba5 ed9871f8d493
大阪城の桜
3月下旬~4月上旬
大阪市内に残る唯一の史跡公園で、広大な敷地に豊かな緑が広がる。天守閣は豊臣秀吉の築城後、戦火や災害で焼失したが、昭和6年に復元された。園内の西側にある外堀と内掘りに囲まれた西の丸公園を中心に、約4,300本の桜が楽しめる。また、西の丸庭園にはソメイヨシノを中心におよそ600本が植えられている。例年、4月上旬の1週間、「観桜ナイター」としてライトアップが行われ、天守閣を背景に美しい夜桜が楽しめる。
68ca78f4 7976 42d2 9635 83014f8d785e
大阪城公園(大阪城)の紅葉
11月上旬~12月上旬
大阪府大阪市にある「大阪城公園」。13棟の重要文化財をはじめ、多数の史跡や伝承地が点在し、梅林や西の丸庭園が四季折々の表情を見せる都市公園です。天守閣前の推定樹齢約300年の大イチョウ、公園東側の外周園路に約1km続くイチョウ並木、園内各所のケヤキ、モミジ、ハゼなどが例年11月上旬から鮮やかに色づき始めます。
6c03f9c1 d105 4fa3 a09d be5491e89735
関連記事あり
【大阪 クリスマス】おすすめお出かけスポット27選!
733dcd09 fe29 4673 aaf1 65975d456563
関連記事あり
【大阪 中央区 観光】おすすめ5選!大阪城、なんばグランド花月に道頓堀
3b22bfeb 703b 4f6c 8feb 4c0dc607a240

Ca072c37 2d18 48aa b5ee f129ad641fdd
832dfa50 1f41 4549 94d2 d6e7a227cea7
6b4aa693 db41 4bb5 a29a 6264e3731788
彦根市のシンボル的存在である「彦根城」。大河ドラマ「おんな城主 直虎」の一族である井伊家のお城で、20年という歳月をかけて築かれました。 彦根城は当時の面影を多く残す、保存状態の良いお城。明治時代の廃城令で各地のお城が姿を消していくなか、明治天皇の勅命によって取り壊しを免れました。天守閣・附櫓(つけやぐら)・多門櫓(たもんやぐら)は国宝に指定されています。天守閣からは琵琶湖や彦根市の市街を一望。そのほか、お城の周囲を囲む堀を遊覧できる屋形船も利用でき、春の桜や紅葉を贅沢に眺めることもできますよ。 また、彦根城では「ひこにゃん」に会うこともできます。人気ランキングでも常に上位に君臨するゆるキャラ。1日に3回しか会う機会がないので、公式サイトでスケジュールをチェックしておきましょう。
User default image
鏡面世界 彦根城内の玄宮園のライトアップ時に撮影。庭園内の湖内に反射する浮島と彦根城の天守を同じ構図にきれいに収められる場所を探すのに苦労しました。
4.0
by トッティー
2018年11月29日
彦根城の桜
4月上旬~4月中旬
彦根城は、初代の井伊直政から14代にわたり彦根藩主を務めた井伊氏の居城。天守が現存する12城のうちのひとつで、天守が国宝に指定されている他、重要文化財の各櫓、下屋敷の庭園である「玄宮園」、内堀・中堀が当時の美観を留めていることから、城域一帯は国の特別史跡とされている。城が最も美しい彩りを見せるのが春。内堀、中堀と二重に巡らされたお堀沿いを中心に1,200本ものソメイヨシノが城を包み込むように咲き誇る。天守の最上階からは、桜の海に染まる西の丸とその先に広がる琵琶湖が一望のもとに。夜間はお堀沿いを中心にぼんぼりでライトアップ。夜空に浮かび上がる桜が、櫓の白壁や石垣とともに鏡面のような水面にくっきり映り込む幽玄の美を堪能できる。屋形船や人力車を利用してのお花見もおすすめ。特に、井伊家ゆかりのクラシカルな「御好屋形船」で、枝を伸ばす桜を間近に見る「お堀巡り」は、大名の優雅な気分を味わえて人気。
95ae9f79 498d 49f9 acf8 b14fb3b751c7
彦根城の紅葉
11月下旬~12月上旬
滋賀県彦根市にある彦根城。彦根城は、天守が国宝に指定されていて、現存する天守として現存天守12城にも指定されています。彦根城一帯は常緑樹を中心とした深い森に囲まれ、美しい城と四季折々の風景を楽しめます。紅葉は、例年11月下旬から12月上旬に見頃を迎え、特に彦根城の北東に位置し、国の名勝にも指定されている、旧大名庭園の玄宮楽々園が見どころです。例年紅葉シーズンにはライトアップが実施され、多くの人々が訪れます。
関連記事あり
ひこにゃんに会える?!彦根城に玄宮園「滋賀 彦根市」おすすめ観光・名所5選
Bc3c63e4 0112 4c28 b1fd fcabe3b9f9db

0b35f2ab 49e9 4d58 be83 dfa6b89dae48
Df6de83e 1bc3 4167 a1b6 2afa9fe5c777
E1ebf07f a2ff 4273 a322 b8bc013839ee
2a2c5db3 326e 4383 9da1 8915e83b2943
福山城あかりまつり 福山城あかりまつりを行なっていて 山門前から福山城前までが竹灯りやイルミネーションで照らされています💡 点灯される頃には雨もすっかり止み 傘をささずに堪能できました また、福山駅前でもツリーやコンテナといった灯りがあり 駅前で大道芸が行われたりもしてました
5.0
by 頼朝Top user女子
2018年12月23日

Ba20e9bc 42ac 4986 aec2 34afa6e5b48c
5f08d57b 86a4 409c a641 2fe6ed635c33
747ebf8b 9966 4d83 8d0b 7ac3bc7f3929
江戸幕府初代将軍徳川家康が、慶長8年(1603年)に京都での宿泊所として築いた二条城。第3代家光が御水尾天皇を迎えるにあたり大規模な整備を行い、今の姿になりました。数々の歴史の舞台となった二条城は、第15代将軍慶喜が大政奉還を発表した場所としても有名です。貴重な歴史的遺構として、城内全域が史跡に指定されているほか、世界遺産にも登録されています。 二条城の一番の見どころは、国宝の二の丸御殿。武家風書院造りの遺構として大変貴重な建物で、各部屋は美しい欄間彫刻や狩野派の絵師たちによる豪華絢爛な襖絵などに彩られ、見ごたえがあります。 ほかにも国の特別名勝に指定された二の丸庭園や,重要文化財に指定された門や櫓など見どころ満載の二条城。ライトアップやイベントにも力を入れていて、何度も訪れる楽しみがあります。 庭園や古建築に歴史に思いを馳せながら、散策を楽しんでみてはかがでしょうか。
396fa66f c5cd 4c19 aa54 b26dd961c5ce
幻想的な世界 二条城のライトアップがとても綺麗でカメラ越しからの風景はカラフルで時が止まったように魅力的でした。
5.0
by なえ🦖
2018年11月23日
二条城の梅
2月中旬~3月中旬
徳川家康が上洛の際に、宿泊のために築いた城。3代家光が増築を行い1626年(寛永3)に現在の規模になる。また慶応3(1867)年には、15代将軍慶喜が大政奉還を発表した場所としても知られている。場内には奥の丸御殿の南西にある梅苑は、昭和29年に植えられた事が始まり。ここには1本の木に紅白の花をつける珍種「源平咲き分け(げんぺいさきわけ)」をはじめ、しだれ梅や紅梅、白梅、は50種約130本 が植えれ、さまざまなウメの花が楽しめる。見ごろは2月中旬~3月上旬頃。梅苑からは内堀や天守閣跡を望むこともできる。ウメの季節が終わると城内はサクラが開花して、吉野、枝垂桜、山桜、里桜など50品種約400本の桜が3月下旬~4月中旬まで人の目を楽しませてくれる。そのほかにも、ツバキ、トサミズキ、サザンカ、サルスベリなど四季を彩る花木に数多く出会うことができる場所となっている。
C7af8eb7 0e7d 4830 a086 eb996ab69f78
二条城の桜
3月下旬~4月中旬
徳川家康が上洛の際に、宿泊のために築いた城。城内にはヤマザクラ、ソメイヨシノ、シダレザクラなど約50種400本の桜が植栽されているが、大半は昭和30年代後半から40年前半に植えられたもの。また、本丸南の桜園には、アズマニシキ、フクロクジュ、シロタエと色々な種類のサトザクラ、ヤマザクラが植樹されている。見頃の時期には、桜と庭園をライトアップし、竹や陶器での光りのオブジェクトなどで幽玄の世界へと誘う。
9bea5ade 5ae9 447a 98c1 45b3aac499d9
関連記事あり
【京都 中京区 観光】おすすめ5選!二条城、六角堂に錦市場
C28356a8 07ef 41bd 8aab 639fd02db9b5