全国 アスレチックのよりみち案内

アスレチックのTOP USER
ちぇりさん
801428b1 3038 4abc 8a6e f07e1a0b0aed
46022083 ed17 4763 a39b 96e29dad2d96
91f498c9 7898 4762 9c83 774e1f0cf35d
8d1c63bc 2570 463a bed6 c77380fb556f
「ハウステンボス」は総面積約152万平方メートルという広大な敷地に、オランダの街並みを再現した滞在型の総合リゾートです。多くの船が行き交っている運河や建物などが忠実に再現されており、日本にいながら外国気分を味わえます。 豊富な種類のアトラクションや、頻繁に開催されているコンサート、ショーをはじめ、年間を通して咲き乱れる美しい花々も人気となっています。園内はいくつものエリアに分かれており、1日では回りきれないほどの多彩な施設やイベントは、子どもから大人、また家族連れやカップルなど、どんな人でも魅了されてしまうほど迫力が満点。 海外旅行はちょっと、という方も気軽に異国の地に来た気分を味わえるテーマパーク。オランダの雰囲気と空間を満喫できるハウステンボスを、ゆっくりと時間を忘れて楽しんでみてはいかがでしょうか。
Eb8071f9 1fb5 4c4a 9178 57043f13debe
光り輝く動物たちがたくさんいます。
4.0
by みず
2019年3月11日
100万本の大チューリップ祭
2019年2月9日(土)〜2019年4月14日(日)
パレス ハウステンボス宮殿内にチューリップで華やかに彩られた「チューリップウォール」や、コントラストが美しい春の花代表の桜とチューリップのコラボ絶景といった、個性豊かなチューリップのスポットが新たに登場します。ほかにも風車が回る田園風景や、生演奏が響き渡るアムステルダム広場、ハウステンボスが誇る最高級ホテルなど、場内の様々な場所が色鮮やかなチューリップで彩られます。 さらに、スペシャルウィーク時には、ガイドツアーや花束作り体験などイベントも盛りだくさんです。「光の王国」など、1年でもっとも贅沢な季節となるハウステンボスへ、ぜひお越しください。
52c7ec14 abf1 42ae af7c 729e540cb12c
ハウステンボス 光の王国 2018
2018年10月20日(土)〜2019年4月21日(日)
長崎県佐世保市 ハウステンボスで行われる「ハウステンボス 光の王国」は、夜景鑑賞士が選ぶ、全国イルミネーションランキング」に5年連続1位入賞を果たし、世界最大の1300万球のという壮大なイルミネーションの世界を楽しむことができます。園内各所にはフォトジェニックなスポットも登場し、個性豊かな光のエンターテインメントを思いっきり満喫することができます。
99765808 79f0 4bca 96d7 073265309f13
ハウステンボス 光の王国 2018
2018年10月20日(土)〜2019年5月6日(月)
1,300万球が輝く夜景 「日本三大イルミネーション」に選出され、「全国イルミネーションランキング」では5年連続1位を獲得した、1,300万球のイルミネーションが輝く「光の王国」。今年はイルミの中に浮かぶ絶景カフェや、音楽に合わせ虹色に輝く巨大ツリー、宮殿の壁一面を舞台にしたマッピングなど、様々なイルミスポットが新登場。場内各所で個性豊かな光のエンターテインメントを楽しめる。
大胡蝶蘭展
2018年12月1日(土)〜2019年2月18日(月)
長崎・ハウステンボスでは2018年12月1日(土)から2019年2月18日(月)まで、国内最多200品種を超える胡蝶蘭が宮殿・パレス ハウステンボスに集結する「大胡蝶蘭展」を開催いたします。今年は昨年よりバージョンアップした「蘭のトンネル」を含む7つのスポットが登場。その他にも部屋全体が蘭で埋め尽くされる空間装飾など、様々な作品が展示されます。 蝶が舞うような見た目から、「幸せを運ぶ」という花言葉を持つ、胡蝶蘭。美しく、そして縁起も良い、様々な胡蝶蘭を間近で鑑賞できる「大胡蝶蘭展」へ、ぜひお越しください。
Ef854d58 7f92 42a6 b790 cb827c3d7524
関連記事あり
”春のヨーロッパの街へ”ハウステンボスで日本最多700品種100万本の大チューリップ祭
5044372b 13a2 4303 94c9 08b563b625d7
関連記事あり
国内最多200品種の蘭がお出迎え!蘭の祭典「大胡蝶蘭展」が長崎・ハウステンボスで開催
17bbb940 5ee3 454e 86ad 6bd9c3185f9a
関連記事あり
【長崎 佐世保】おすすめ観光•名所5選!ハウステンボス、九十九島に西海橋
Ab20209e 76cd 4093 a787 3667d969a669

9091da85 1dd0 4e4e 875e c0c68dfabeeb
1f2de389 7dda 451b 95f6 63505bb1fac8
A5c47aaa 43e6 483c a644 97bd72fb3053
茨城県ひたちなか市のひたちなか海浜公園。 開園面積約200haの広大な園内は、春のネモフィラ(約450万本)や夏(ライトアップ)・秋(紅葉)のコキアの絶景が堪能できる「みはらしエリア」、マツ林が広く分布した「樹林エリア」、公園の中央に位置しイベントなどの開催場所として利用される「草原エリア」、海岸に面した起伏に富んだ「砂丘エリア」、公園のシンボルでもある翼のゲートがある「西口エリア」、泉の広場を中心に紅葉が美しい「南口エリア」、大観覧車やジェットコースター、ゴルフコースなどがある「プレジャーガーデンエリア」の7つのエリアに別れています。
833b3042 92ae 413c bf42 d47a160f016e
海浜公園のコスモスが満開です☺︎
5.0
by しょっぺ〜
2018年10月14日
国営ひたち海浜公園の菜の花
4月中旬〜4月下旬
茨城県ひたちなか市に、国が設置した四季の彩り鮮やかな花々が堪能できる国営公園。公園は大きく4つのエリアに分かれ、その中に個々のアトラクションが設置されている。西口エリアの「スイセンの丘」の北東側には、早咲きで耐寒性が強く、厳寒期に咲く菜の花の品種「伏見寒咲(ふしみかんざき)」 7万5,000本が植えられて2月いっぱい楽しめる。また、春には大草原フラワーガーデンの菜の花は、50万本と圧巻。4月上旬~下旬頃まで草丈60~80cm程の高さに咲き揃った黄色い絨毯を、サイクリングをしながら眺められる。また、みはらしの里からは4月上旬頃に丘の上から里の菜の花畑を見下ろすと、ひたちなか市に縁の深い農作物をデザインした地上絵が浮かび上がる仕掛けがされており、楽しみのひとつ。園内はサイクリングコース(自転車持ち込み可、レンタサイクルの利用は有料)が整備され、広大な敷地を自由に行き来することができる。
2e65066b 979c 4357 a942 071d19c20bf9
国営ひたち海浜公園のチューリップ
4月中旬〜4月下旬
茨城県ひたちなか市のひたちなか海浜公園。 開園面積約200haの広大な園内は、春のネモフィラ(約450万本)や夏(ライトアップ)・秋(紅葉)のコキアの絶景が堪能できる「みはらしエリア」、マツ林が広く分布した「樹林エリア」、公園の中央に位置しイベントなどの開催場所として利用される「草原エリア」、海岸に面した起伏に富んだ「砂丘エリア」、公園のシンボルでもある翼のゲートがある「西口エリア」、泉の広場を中心に紅葉が美しい「南口エリア」、大観覧車やジェットコースター、ゴルフコースなどがある「プレジャーガーデンエリア」の7つのエリアに別れています。
Eaa1f56b ba06 4a80 9478 b9568a277761
国営ひたち海浜公園のネモフィラ
4月中旬〜5月上旬
茨城県ひたちなか市のひたちなか海浜公園。 開園面積約200ha(東京ドーム約40個分)の広大な園内は、春になると約450万本のネモフィラが園内のみはらしの丘一面に広がります。「青の絶景」や「空と繋がる丘」として世界中のメディアでも紹介されている絶景ポイントです。晴れた日には、空の青色と地面いっぱいに広がるネモフィラの青色の境界線もわからなくなるほど、素晴らしい光景を目にすることができます。 「ネモフィラ」という名前で親しまれている花は、和名では瑠璃唐草(るりからくさ)と言います。原産は北アメリカで、英語では赤ちゃんの青い瞳を表して「Baby blue eyes」、日本で親しまれている「ネモフィラ」という呼び方は、ギリシャ語で「ネモス(小森)」と「フィレオ(愛する)」の合わさった名称だそうです。 例年、見頃は約2週間程度でゴールデンウィークの時期に見頃を迎えますが、年によってはそれより前後することもあるため、訪れる際には国営ひたち海浜公園の開花情報を事前に調べることをおすすめします。
20ee4079 1724 42fd 9cc1 6c05953726fd
国営ひたち海浜公園のコキア
7月上旬~10月下旬
茨城県ひたちなか市に、国が設置した四季の彩り鮮やかな花々が堪能できる国営公園。公園は大きく4つのエリアに分かれ、その中に個々のアトラクションが設置されている。ナノハナは、西口エリアの「スイセンの丘」の北東側には、早咲きで耐寒性が強く、厳寒期に咲くナノハナの品種“伏見寒咲(ふしみかんざき)” 7万5,000本が植えられて2月いっぱい楽しめる。また、春には大草原フラワーガーデンのナノハナは、50万本と圧巻。4月上旬~下旬頃まで草丈60~80cm 程の高さに咲き揃った黄色い絨毯を、サイクリングをしながら眺められる。また、みはらしの里からは4月上旬頃に丘の上から里のナノハナ畑を見下ろすと、ひたちなか市に縁の深い農作物をデザインした地上絵が浮かび上がる仕掛けがされており、楽しみのひとつ。園内はサイクリングコース(自転車持ち込み可、レンタサイクルの利用は有料)が整備され、広大な敷地を自由に行き来することができる。
9b66839a b73c 4bf2 b43c 3c58d7de1483
関連記事あり
【茨城 紅葉】おすすめ16選!偕楽園、筑波山、花貫渓谷も
8ccbdad9 da65 4028 9dcb 7a9bba6794ac
関連記事あり
ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018 インスタ映えスポット12選!
6a57b1ff 3de8 492d 97f3 6beadcbad729
関連記事あり
【夏フェス】初めてでも大丈夫!ロックインジャパンの楽しみ方
C3c26c8c c0c0 4cd5 8b1c 0657c66df490
関連記事あり
【茨城】アスレチックおすすめ6選!大人も子供も楽しめる
759292f1 6653 498b a2ff 18e660641b3c
関連記事あり
【関東】アスレチック24選!東京近郊で大人も子供も楽しめる
F09b051a 4ce7 4797 ae8e aae08954f0a3

93825956 1170 4abb 8a2e a69e3172808a
B8283819 229b 460c a4bf 4eb9be5845bf
434b116e d2f1 4de2 b2d0 78f435c9e951
こどもの国は都心から約30キロに位置し、多摩丘陵の雑木林をそのまま生かした自然の遊び場です。広さ約100ヘクタール(約30万坪)の園内には、芝生広場、ミニSL、横浜一長いローラー滑り台、湖、ミニアスレチック、せせらぎ、つり橋、サイクリングコース(1.6キロ)などがあり、湖ではボートやドラム缶いかだで遊ぶことができます。 「こどもの国の屋外プール」は夏期のみのオープンいたします。水深の浅い幼児向けから泳ぎ専用の25mプール、2本の滑り台や大人気のチューブスライダーまで盛りだくさん。泳ぎ疲れたら大きな屋根の下で休憩してください。夏の強い日差しをさえぎってくれるから安心!レジャーシートがあると便利です。オムツが取れていないお子様でも水遊び用パンツでプールに入ることができます。プール場内に授乳室もございます。
こどもの国の桜
3月下旬~4月上旬
横浜市青葉区と東京都町田市にまたがる多摩丘陵の自然を生かした100万平方メートルの広大な遊び場。さまざまな遊具を配した広場の他、動物園や牧場があり、乳しぼりなどの体験イベントが好評。ファミリーはもちろん、オトナのカップルも楽しめるスポットだ。春にはソメイヨシノをはじめシダレザクラ、ギョイコウなど約40種約1,000本の桜が咲き競うが、なかでも中央広場のシダレザクラが圧巻。また、白鳥湖西側の山全体が桜で、開花期には一面がピンク色に染まる。桜の木の下にシートを広げてお弁当を食べるもよし、2人乗りのサイクルボートや3人乗りのローボートで水面に枝を伸ばすシダレザクラを間近に鑑賞するもよし。広々とした空間で思い思いの花見が楽しめる。
993d0829 a192 489c 8960 b9c46701a908
こどもの国の梅
2月上旬~3月上旬
多摩丘陵の雑木林を生かし、約100万平方mの広大な敷地を誇る自然の遊び場として親しまれている場所がこどもの国。敷地内にある梅は入口から園内を奥へと進み、動物園コーナーに至るまでの坂道にウメが植えられており、約300本の白梅、紅梅、豊後梅がある。2月下旬~3月上旬の花の季節にはウメの香りが辺り一面に漂う。梅まつり2月中旬から3月上旬に開催され、週末には「梅のかざぐるまづくり」「梅林で探そう!スタンプビンゴ」などの各種のイベントを開催。また、敷地内にはウメだけではなく、ロウバイ、ツバキ、ネコヤナギ、カワズザクラ、マンサク、タチツボスミレなど四季を通じて各種の植物が目を楽しませてくれる。その他、動物園や牧場、遊具広場、スポーツ施設も充実し、なかでも無料で楽しめる白鳥湖の「ドラム缶いかだ」は1艘で小学生なら4人位まで一緒乗ることができる人気遊具のひとつになっている。平日シルバー割引もあり、65歳以上の方は免許証や身分証明書などの本人の年齢が確認できるものを提示すると入園料が半額になる。
関連記事あり
【東京近郊】のおすすめプール8選!屋外レジャープールからリーズナブルなプールまで紹介!(2018年)
3049da41 b425 416d bafa 291ed6140aa0
関連記事あり
【行くならココ】横浜 観光おすすめ35選!穴場から定番も
9c3e2807 1cd1 4f59 b0b3 cf236338558d

B1d37214 d60c 4991 b0a2 dde7f75c469d
6c4cb62b 3f55 4211 befc 98e2d8dfb2b9
39d105a8 253a 4c82 a215 d0d5c0ba7492
(株)モビリティランドが運営する栃木県茂木町のツインリンクもてぎ。敷地内は本格的なサーキットだけでなく、子供も楽しめるモビリティテーマパークとなっています。森を楽しむ「ハローウッズ」ではキャストと一緒に森をまわり植物や昆虫を観察したり、クラフト工房でもの作り体験をしたり、日本最大級(往復561m~)のジップラインを楽しんだり大自然の中で沢山の体験ができます。 2018年にオープンした「森感覚アスレチック DOKIDOKI」は、どんぐりの木をモデルにした地上5階建ての新感覚・木登り型アスレチック。小学生以上が対象で、ボルダリングウォールといった体力が必要なクライムゾーン、勇気が必要な空中ゾーンなど39ヶ所のアスレチックに親子で挑戦することができます。巨大などんぐりの木をモチーフに、地中の根からスタートし、太い幹を登り、枝を渡っててっぺんのゴールを目指します。樹木空間を表現したアトラクション内部にはどんぐりやカブトムシなどといった、植物や昆虫のオブジェが設置されており、まるで森の中を冒険しているかの気分を味わうことができます。 またオートキャンプ場、バーベキュー設備なども充実しています。その他、遊園地「モビパーク」ではミニバイクから本格的なカートまで子供でも沢山の乗り物体験ができ、ツインリンクもてぎは、ファミリー層に人気のスポットです。
6ae9ffb2 5156 4c71 8aa1 7f8760877de7
ツインリンクもてぎのアスレチックに行きました!子供が多く最初入るのにためらいましたが、入ってみると意外とハードで大人でも楽しめました!家族連れにぴったりだと思います!
5.0
by みっきーTop user動物園
2018年10月20日

4bc9ca0c b398 4712 b6b3 22859a31925a
6fce6f6d d273 4ddb 96a0 cb027e3e92b6
Afffd72b ec95 4611 a5e6 fa2bca53b459
埼玉県比企郡の国営武蔵丘陵森林公園。東京ドーム65個分の規模を持つ国営公園です。緑豊かな自然の中で、武蔵野の面影を残す丘陵地帯の地形を活かした様々な施設が配置され、お子さまからご年配の方までレクリエーションが楽しめます。そのほか、日本一大きなエアートランポリンぽんぽこマウンテンや沢山のアスレチック施設など、体を使って遊べる施設が盛り沢山。
F73aee75 3238 477a 8ab4 3e6f845059f6
公園は広くてこの乗り物は大変に便利です
5.0
by コニタンTop user祭り
2018年6月29日
国営武蔵丘陵森林公園の桜
3月下旬〜4月上旬
武蔵丘陵森林公園は広さ304haを誇る国営公園で、広大な園内にはヤマザクラなど約1,000本の桜が点在しています。南口ゲートから徒歩で約5分の花木園では、ソメイヨシノを中心とした約500本の桜が咲き誇ります。隣接する野外炊飯広場では予約をすれば花見をしながらのバーベキューが楽しめるのでおすすめです。3月上旬からは寒緋桜、ヤマザクラ、ソメイヨシノ、カスミザクラ、サトザクラなど園内各所で桜の開花リレーが続くのは見所の一つです。
A1b96b10 4427 4b69 b23f d622cd942dc1
国営武蔵丘陵森林公園のネモフィラ
4月上旬〜5月上旬
武蔵丘陵森林公園は広さ304haを誇る国営公園です。東京ドームの約65倍の広さがあり、日本一大きなエアートランポリンのぽんぽこマウンテン、冒険コースのアスレチックコースなどのアウトドアフィールドが充実しているほか、多くの花を観賞できるスポットとしても有名です。園内の西口ひろば花畑では、4月上旬から5月上旬にかけて約10万株のネモフィラが花を咲かせます。青空に広がる空色のネモフィラ畑は圧巻の一言。ゴールデンウィークには園内の西口広場で様々なイベントが開催されるので、ネモフィラと一緒に楽しみたい。
E7dda851 5874 477c 8d54 2097c561776a
国営武蔵丘陵森林公園の紅葉
11月中旬~12月上旬
埼玉県滑川町にある国営武蔵丘陵森林公園の紅葉は、例年11月中旬から12月上旬に見頃を迎えます。
国営武蔵丘陵森林公園の梅
1月下旬~3月上旬
明治百年記念事業の一環として造られた国営武蔵丘陵森林公園は、日本初の国営公園で「森林公園」と呼ばれて親しまれている。南口エリアにある花木園の梅林では、120品種約600本のウメが2月下旬~3月上旬まで中咲き品種から遅咲き品種へと順次開花し、咲き続ける。梅林の足元には約15,000株のフクジュソウも咲き、さらにナノハナ、スイセンなど早春の便りを見ることができる場所でもある。もちろん、ウメ以外にも他の季節にはサクラ、ポピー、オニバス、コキア、サルスベリ、コスモスなどの花で溢れ、花フェスタなどのイベントも開催される。チョウ、トンボなどの生物にも数多く出会うことができる場所でもある。ちなみに、園内は東京ドーム約65個分の広さがあり、日本一大きなエアートランポリンのぽんぽこマウンテンやアスレチックコースなどもあり家族で体を思いっきり動かして遊べる遊具などもあり、子様連れでも十分楽しむことができる施設である。
関連記事あり
【埼玉】アスレチックおすすめ9選!大人も子供も楽しめる
613a4fca 1ab3 46ab b5e0 0581b62518c4
関連記事あり
【関東】アスレチック24選!東京近郊で大人も子供も楽しめる
F09b051a 4ce7 4797 ae8e aae08954f0a3