全国 山のよりみち案内

山のTOP USER
Yuhei Senoさん
8a5dbcfd 305a 4069 819b 7327aef3af1d
0c07519d 2275 45ad 9f19 fe471d81c94d
4e19de6a f5ee 4afa ad4a 97bc1f683c24
E7dc54e2 be7e 4f02 8207 dcf7776c14a9
東京都八王子市の高尾山。 新宿駅から電車で約1時間でアクセスでき、日帰りで登山を楽しむことができる人気スポットです。 京王線「高尾山口駅」からケーブルカー「清滝駅」まで徒歩で約5分、そこから「高尾山駅」までケーブルカーで約6分で到着できます。高尾山駅から頂上までは1時間もあれば到着しますので気持ちの良い山登りが楽しめます。車でもアクセスできますが、紅葉期間中などは渋滞が発生しますので、電車で訪れたいスポットです。
327e8fd2 a274 442b b037 dae55b83d7ec
Mt.Takao 紅葉の高尾山へ向かって走る列車を収めた一枚です
5.0
by みけねこ
2018年11月28日

D9e41849 9325 4744 83f2 8127d071361e
D179f7d5 7027 4e33 8f27 6a89cbaab32b
C984e16d 9566 4206 9ac3 d73106380be1
静岡県伊東市の伊東八景として知られる大室山。伊豆高原のどこからみても、お椀をふせたような柔らかな曲線のシルエットが美しい大室山。標高580mの山頂に直径300mのすり鉢状の噴火口を持つ休火山で、全山カヤにおおわれています。2010年8月5日には、単成火山の典型例として、国の天然記念物に指定されました。 また、リフト(有料)で昇る山頂からは相模湾に浮かぶ大島、伊豆七島から天城連山、富士山、箱根へ続く山並へと360度の大パノラマの眺望をお楽しみいただけます。 噴火口を周回する約1㎞のお鉢めぐり(約20分~30分程度)は、眺望をさえぎるものがない実に気持ちの良い散策コースです。噴火口跡のアーチェリー設備は初心者でも楽しむことができます。
User default image
大室山で空中散歩 ゴンドラに乗って山頂へ!ぐるりと遥かかなたを見渡せる山頂からのパノラマは絶景です!
5.0
by ポソ
2018年10月28日

Ff125548 f9e1 40de 8ef8 63eff4825753
51002278 2b85 45cd 88cf 18547fdf66bd
B098ffa1 152b 490d 930d b78e80e452cb
山梨県北杜市と甲斐市に属する茅ヶ岳は、南の茅ヶ岳、北の金ヶ岳の2峰よりなっています。山頂からは金峰山をはじめとする奥秩父の山々や八ヶ岳、南アルプスの山々など360度のパノラマが楽しめます。八ヶ岳に似ているため「にせ八つ」との異名を持つ茅ヶ岳ですが、近年は「日本百名山」を著した作家、深田久弥氏の終焉の地として注目を集めており、また紅葉スポットとしても人気のスポットです。 初心者におすすめの登山コースは、深田久弥氏を偲んでつくられた「深田記念公園」から森林を散策するコース。巨大な岩「女岩」を迂回してゆっくり進めば茅ヶ岳山頂まで約3時間。往復で5〜6時間、合計6.4kmほどです。茅ヶ岳は春は桜、夏はひまわり、秋は紅葉と一年を通して自然の見どころが満載の場所でもあります。桜の季節におすすめなのは、「千本桜公園」。長い桜のトンネルを楽しむことができ、また展望台からは富士山をはじめとした美しい山々を眺めることができます。夏は茅ヶ岳登山口の近く「明野ひまわり畑」へ。南アルプスの山々を背景に、約60万本のひまわりが辺り一面に美しく咲き誇ります。秋には鮮やかに色づいた広葉樹の中を歩きながら、また山頂から美しい紅葉の景色を楽しむことができます。ぜひ、茅ヶ岳の美しい自然を鑑賞しながら登山を楽しんでみてはいかがでしょうか?
6ae9ffb2 5156 4c71 8aa1 7f8760877de7
標高1704メートル、日本二百名山の山。山頂からは富士山、八ヶ岳、南アルプスが望め最高でした!「日本百名山」の著者深田久弥の終焉の地としても有名です。
5.0
by みっきーTop user動物園
2017年7月2日

204eb9a6 aa38 4430 ae17 423adeaaba26
F8af7691 4409 41fe ae1a 3242b998f43d
87334d66 e4a3 4e5d adaa db01035d49c9
ノコギリのような大小様々な形の岩が切り立つ奇峰。まるでノコギリのような独特のギザギザ頭は今から2万年以上も昔の火山活動の名残で、その大小様々な形の岩が切り立つ山頂は奇峰の名にふさわしく、大小の奇岩にはヤスリ岩、弘法岩、十一面岩などの名前が付けられています。 弘法岩からもわかるように、瑞牆山は弘法大師が修行した山と伝えられ、弘法岩の基部にはカンマンポロン(不動尊大日如来)という梵字のようなものが刻まれているという。これは弘法大師が彫ったものだとも言われるが、実のところは雨による侵食というのが本当らしい。いずれにしても山岳信仰の山である。   深田久弥の名著「日本百名山」(新潮社1991年発行 ISBN4-10-318405-1)の一つにも選ばれ、北杜市のシンボルになっている。秩父連山の西端に位置する標高2,230mの花崗岩山。 【瑞牆山の名前の由来】 みずがきとは、神社の周囲に巡らす垣根のことで、もともとは「瑞垣」とも「瑞塁」とも書く。近くの金峰山と同様に蔵王権現の山岳信仰と結びつき古くから甲州修験道の中心として登拝されていた。