全国 各種ショー のよりみち案内

99765808 79f0 4bca 96d7 073265309f13
B92225f6 2a44 4f23 b5d5 9dd26374f772
D462b0fe 7bcb 453c ad85 da6a188b43e7
長崎県佐世保市 ハウステンボスで行われる「ハウステンボス 光の王国」は、夜景鑑賞士が選ぶ、全国イルミネーションランキング」に5年連続1位入賞を果たし、世界最大の1300万球のという壮大なイルミネーションの世界を楽しむことができます。園内各所にはフォトジェニックなスポットも登場し、個性豊かな光のエンターテインメントを思いっきり満喫することができます。
382fc442 c93d 44d2 8bc6 ee5311a96e06
ハウステンボス ハウステンボスのイルミネーション。
4.0
by 綾香Top user朝市
2017年11月12日
4ad2d220 051e 4f0c 83f0 0f6ed92dca83
E28f8931 207e 426d a594 22bd2855e8ad
D389e267 c285 4883 9a50 0b2133fb2014
「横浜・八景島シーパラダイス」では、11月9日(金)~2月28日(木)の期間、圧倒的なスケールで繰り広げられる新ナイトショーと神秘的なイルミネーション空間が見どころの冬期ナイトイベント「Mystical Island 2018」を開催します。「Mystical Island 2018」では、夕方16時以降の冬のシーパラを楽しめるコンテンツが盛りだくさん!その1つが大好評のナイトショーのフルリニューアル。プロジェクションマッピングだけでなくレーザーやLED電飾などを新たに導入し、最新技術と難易度の高いイルカ演目にてようやく実現する新しいナイトショー「LIGHTIA」が行われます。また、シーパラ全体を覆うほどの神秘的なイルミネーション空間が島内各所に登場。「アクアミュージアム」前の広場に高さ8mを超えるツリーと、幅24mの光のシャンデリアが一面を彩ります!
B5fcd777 1447 4405 8521 1c25905373d2
海にアトラクション、そしてイルミも 音楽とプロジェクションマッピングも有り。シーパラ全体がキラキラ輝いています。
3.0
by まほTop user味覚狩り
2018年11月23日
7db09db3 7f86 42b4 a2bf 86e6afb6f7df
E123c1ff 3466 4eda 8fbf 7f53c3bba464
5e86056b efd5 47ca bf24 ffab63ae7472
梅小路公園の中にある京都水族館は、人工海水を利用した国内最大級の内陸型水族館です。ペンギンやオットセイなど海の人気者に出会えるほか、開放的な空間が広がる「イルカスタジアム」では、古都の景色とイルカショーと同時に楽しめます。 海の生き物はもちろんですが、京都水族館の一押しは、国の特別記念物に指定されている「オオサンショウウオ」。鴨川の上流を再現した「京の川」というエリアでは、オサンショウウオの生態を学べる大型展示コーナーが設けられています。ほかにも京都特有の希少生物を展示した「山紫水明」エリアや、マイワシの群れが泳ぐ大水槽がある「京の海」エリアなど、京都の海や川にすむ生き物を間近で観察できるような工夫が凝らされています。 棚田や小川が整備された「京の里山」エリアでは、田植えや稲刈りの体験プログラムも開催されています。京都水族館は、生き物を通して京都を学べる貴重なスポット。ご家族で出かけてみてはいかがでしょうか。
52c1aa21 d990 4a2f 966a dac98cc2aa0d
Cb3435a5 e1d9 4796 a64a e6421d3780be
Spot noimage
「海と人、水と人」との新しいつながりをコンセプトに作られたのが、「仙台うみの杜水族館」です。水や自然環境の再生を中心に、力強く未来へ向かう東北を示したいという思いから、「復興を象徴する水族館」として市民に愛されています。 白い外壁や木目調の建物は都会的な雰囲気を演出しているものの、館内は約100基の水槽群を有しているため、豊かな自然を感じさせます。三陸の海をイメージした大水槽や、世界中の個性的な生き物が数多く展示されています。 ペンギンやオタリアなど生き物とのふれあい体験や、イルカやアシカのパフォーマンスなど、イベントも盛りだくさん! また、夏限定でナイトパフォーマンスも開催されます。
Ac45641f 6400 4cd6 b512 fa6b52bc6b13
花やしきのイルミネーション、ルミヤシキ! 冬は、イルミネーションの光に包まれた幻想的な空間でロマンティックなひと時を。春は、さくらの花びら舞うルミヤシキで、さくら浪漫なひとときを過ごそう。日本最古の遊園地『浅草花やしき』が、大人のための夜の遊園地として生まれ変わる。大切な人との時間をより一層楽しく、暖かくするために50万球のイルミネーションが来場者をお出迎え! 新たな見どころとして、光と音楽と噴水のショーやフォトスポットも登場!
浅草花やしき
東京都台東区浅草2丁目 花やしき
東京の遊園地のなかで最も古い「浅草花やしき」。嘉永6年(1853年)、江戸時代の終盤に、造園師・森田六三郎が牡丹と菊細工を展示する花園「花屋敷」として開園。明治時代に入ると遊具施設や珍鳥・猛獣が人気を博し、昭和24年(1949年)に遊園地「浅草花やしき」として再スタートを切りました。世界一狭い遊園地とも呼ばれる浅草花やしきには、19種類のアトラクションがあります。なかでも有名なのは、昭和23年(1953年)に設置された「ローラーコースター」。日本現存最古のコースターとして現役で活躍しています。古いからといって侮るなかれ。民家の真横を走ったり、館内の建物内をくぐり抜けたりと、想像以上のスリリングを楽しめるでしょう。 また、同じく絶叫系の「スペースショット」からは女の子の歓声が響きます。地上60mまで一気に急上昇し、ダウン&アップを繰り返しながら無重力のような浮遊感を楽しめます。そのほか、「江戸時代開園の花やしきで語り継がれる怪談話」をテーマにした徒歩型の「お化け屋敷」も人気です。野外リングで本格的なプロレスを観戦できる「ハナヤシキプロレスリング」やバーベキューを安価に楽しめる「花やしきBBQガーデン」など、アトラクション以外の施設も充実。浅草の下町観光や「東京スカイツリー」の見物の合間に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
772f46a3 da04 4ea9 88d1 5c3ab8b95cb5