全国 各種ショー のよりみち案内

B9637649 84d2 4373 b3df fb28f468866d
Ca990472 579e 43a6 9ce0 aa1a0cd538d9
Faaced2c 3b9f 4f7c a97d f579c64e5468
「下関市立しものせき水族館」、愛称「海響館」は、2001年にオープンしました。海と深くかかわってきた下関市の歴史から、「海のいのち・海といのち」をコンセプトとしてつくられた水族館です。 関門海峡を再現した水槽や、世界中のフグ100種類以上を展示するなど、下関の特色を生かした展示を行っています。館内では、約500種類、20,000点ほどの魚が展示されているため、見ごたえがあります。 人気のイルカとアシカのショーに加え、スナメリが空気の輪を作る「バブルリング」や、ペンギンが飛ぶように泳ぐ様子が見られる「ペンギン大編隊」など、楽しいイベントが毎日開催されています。
2a2c5db3 326e 4383 9da1 8915e83b2943
海響館 下関海響館です 最後に来たのはいつの事でしたかね😅 とりあえず小さい頃であるとは思うのですが 当時の記憶がほぼほぼなくて フグな水族館のイメージだったのですが 大人になってから行ってみると全然印象と違いますね😲 色々とショーもありしっかりと堪能してきました‼️ 何より印象に残るのは 広島周辺にない普通のイルカショー🐬 それにマンボウの存在ですかね 個人的にはペンギンの見せ方は今までの水族館の中で海響館が1番すごいと思います(中国地方) 他の水族館よりも少し高いのもありますが😅 しっかりと楽しめました🎶 参考までに 営業時間 ・通常 9:30 ~ 17:30 (最終入館 17:00) 休館日 年中無休 入館料 大人(高校生含む)一般2,000円 小・中学生900円 幼児3歳以上400円 駐車場 専用駐車場 最大800円の時間制駐車場 周辺にも臨時駐車場などがあります
5.0
by 頼朝Top user女子
2019年1月17日

99765808 79f0 4bca 96d7 073265309f13
B92225f6 2a44 4f23 b5d5 9dd26374f772
D462b0fe 7bcb 453c ad85 da6a188b43e7
長崎県佐世保市 ハウステンボスで行われる「ハウステンボス 光の王国」は、夜景鑑賞士が選ぶ、全国イルミネーションランキング」に5年連続1位入賞を果たし、世界最大の1300万球のという壮大なイルミネーションの世界を楽しむことができます。園内各所にはフォトジェニックなスポットも登場し、個性豊かな光のエンターテインメントを思いっきり満喫することができます。
User default image
長崎ハウステンボス〜光の教会〜 ろうそくの光がとても素敵でした。
5.0
by おばはる
2018年12月16日

8abfd632 4d21 4512 be52 e60ac3696deb
18e17688 5efd 416c b6ae 41fcadbfacb2
1eb911a5 e484 4f44 a02f 61047fb81e6c
「海と人、水と人」との新しいつながりをコンセプトに作られたのが、「仙台うみの杜水族館」です。水や自然環境の再生を中心に、力強く未来へ向かう東北を示したいという思いから、「復興を象徴する水族館」として市民に愛されています。 白い外壁や木目調の建物は都会的な雰囲気を演出しているものの、館内は約100基の水槽群を有しているため、豊かな自然を感じさせます。三陸の海をイメージした大水槽や、世界中の個性的な生き物が数多く展示されています。 ペンギンやオタリアなど生き物とのふれあい体験や、イルカやアシカのパフォーマンスなど、イベントも盛りだくさん! また、夏限定でナイトパフォーマンスも開催されます。
525abb5d cbfa 4008 b494 6cae9d5679c2
水族館 そんなに大きくはないですけど 綺麗でいいところでした! 手を上げたお客さんに水鉄砲やバケツで水をかけるのには 驚きました。 とっても楽しそうでしたよ^^
5.0
by Saya
2018年8月13日

Ac45641f 6400 4cd6 b512 fa6b52bc6b13
花やしきのイルミネーション、ルミヤシキ! 冬は、イルミネーションの光に包まれた幻想的な空間でロマンティックなひと時を。春は、さくらの花びら舞うルミヤシキで、さくら浪漫なひとときを過ごそう。日本最古の遊園地『浅草花やしき』が、大人のための夜の遊園地として生まれ変わる。大切な人との時間をより一層楽しく、暖かくするために50万球のイルミネーションが来場者をお出迎え! 新たな見どころとして、光と音楽と噴水のショーやフォトスポットも登場!
浅草花やしき
東京都台東区浅草2丁目 花やしき
東京の遊園地のなかで最も古い「浅草花やしき」。嘉永6年(1853年)、江戸時代の終盤に、造園師・森田六三郎が牡丹と菊細工を展示する花園「花屋敷」として開園。明治時代に入ると遊具施設や珍鳥・猛獣が人気を博し、昭和24年(1949年)に遊園地「浅草花やしき」として再スタートを切りました。世界一狭い遊園地とも呼ばれる浅草花やしきには、19種類のアトラクションがあります。なかでも有名なのは、昭和23年(1953年)に設置された「ローラーコースター」。日本現存最古のコースターとして現役で活躍しています。古いからといって侮るなかれ。民家の真横を走ったり、館内の建物内をくぐり抜けたりと、想像以上のスリリングを楽しめるでしょう。 また、同じく絶叫系の「スペースショット」からは女の子の歓声が響きます。地上60mまで一気に急上昇し、ダウン&アップを繰り返しながら無重力のような浮遊感を楽しめます。そのほか、「江戸時代開園の花やしきで語り継がれる怪談話」をテーマにした徒歩型の「お化け屋敷」も人気です。野外リングで本格的なプロレスを観戦できる「ハナヤシキプロレスリング」やバーベキューを安価に楽しめる「花やしきBBQガーデン」など、アトラクション以外の施設も充実。浅草の下町観光や「東京スカイツリー」の見物の合間に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
772f46a3 da04 4ea9 88d1 5c3ab8b95cb5