全国 海のよりみち案内

海のTOP USER
ちぇりさん
801428b1 3038 4abc 8a6e f07e1a0b0aed
A1178526 89f3 42dc afa1 ec9b5dac99d0
7d826bbf 0cc6 447c 96ee 23c1f73138eb
Ca6ae993 4d32 405e ae6a 1733e6ec7283
1894年(明治27年)の完成以来、日本の海の玄関として活躍する「横浜港大さん橋 国際客船ターミナル」。世界でも有数の客船ターミナルで、「飛鳥Ⅱ」や「ノルウェージャン・ジュエル」など海外・国内の大型客船が寄港します。現在の横浜港大さん橋国際客船ターミナルは、2002年(平成14年)にリニューアルオープンしたもので、個性的なデザインと斬新な構造が美しい建物です。1階には2,000㎡の大きなホールもあり、各種イベントなどが開催されています。ターミナルは、無料で誰でも入場することができ、屋上広場は24時間オープンしています。屋上広場は天然芝と船の甲板をイメージしたウッドデッキ仕上げで開放的な空間になっていて、訪れる人たちが憩いのひとときを過ごす公園のような場所になっています。目の前に広がるみなとみらいの風景を一日中楽しむことができ、運が良ければ寄港している豪華大型客船の姿も見ることができる、一押しのビュースポットです。 ターミナルの2階にはオーシャンビューのカフェやレストランもあるので、デートにもおすすめ。ギフトショップでは、海上での交信に使う「信号旗」をモチーフにしたグッズや廃版になった海図を再生したステーショナリーなど、海の玄関口ならではグッズを購入することができます。
出初め式の日 横浜市の出初式が行われ、大桟橋から放水の様子をカメラに収めました、ダイナミックな光景に感激です。
by chokoBronze
2018年11月11日
0fb50d01 0c67 48c7 9ea2 20b758ba68ee
4b152dab d6b2 4735 aab1 bc6d694c4c34
2e57d958 93c4 4977 b8e6 56c35daf75fa
東京湾に突き出た観音崎のほぼ全域に広がる、県立観音崎公園。三浦半島の温暖な気候と豊かな海の自然に恵まれた観音崎には磯遊びができる砂浜があるほか、園内の随所から東京湾の海景色が広がり、浦賀水道を行き交う世界の船や、対岸の房総半島を一望することができます。また、日本初の洋式灯台である観音埼灯台や砲台跡などの遺構ものこる、歴史散策にもぴったりのスポットです。   園内のビュースポットは多々ありますが、なかでもおすすめは東京湾や房総半島への眺望が開けた「海岸園地」。現在3代目となる観音崎灯台と海と空を一枚におさめられる、絶景ポイントです。   また、観音崎公園は東京湾への入り口を守る要所として、古くは江戸幕府の命を受け台場が設置された場所。明治に入り、軍により各所にれんが造りの砲台が設置され、今でも明治17年に竣工した北門第一砲台、三軒家砲台などが、当時の原形に近い形で残されています。園内には戦没船員の碑などもあるので、こちらも併せて歴史散策してみてはいかがでしょうか?
観音崎 観音崎の海
by まんでがんTop user
2018年6月2日