Green banner
素敵に、よりみち

全国の自然体験・アウトドア・周辺情報

2ffaa703 0eae 4565 a8c4 c185fcdefa73
9195472a 084e 4e4f 8d8e 1d6e9ce6dbe1
6483210b 6350 4197 bbf6 6a985be644a1
広大な園内には芝生広場、デイキャンプ施設、じゃぶじゃぶ池、野球やサッカーの練習にも使用できるグラウンド(要申込で試合は不可)があり、早朝より散歩やジョギングを楽しむ人が多く見られます。 巨樹や珍しい樹木には一つ一つプラカードがついており、少し立ち止まって見るのもオススメです。春には桜、秋には紅葉と四季を通して楽しめます。 毎年2回、春と秋にはボランティア団体による「林試の森フェスタ」が開催されます。コンサートやお抹茶席、自然体験等多くの人が楽しめる催し満載の祭りとなっています。
B1d37214 d60c 4991 b0a2 dde7f75c469d
4e5ac6ab b630 44b3 929c bea09881c5f9
265c31ad f234 49e0 9e7f 59aca107b79c
(株)モビリティランドが運営する栃木県茂木町のツインリンクもてぎ。敷地内は本格的なサーキットだけでなく、子供も楽しめるモビリティテーマパークとなっています。森を楽しむ「ハローウッズ」ではキャストと一緒に森をまわり植物や昆虫を観察したり、クラフト工房でもの作り体験をしたり、日本最大級(往復561m~)のジップラインを楽しんだり大自然の中で沢山の体験ができます。 2018年にオープンした「森感覚アスレチック DOKIDOKI」は、どんぐりの木をモデルにした地上5階建ての新感覚・木登り型アスレチック。小学生以上が対象で、ボルダリングウォールといった体力が必要なクライムゾーン、勇気が必要な空中ゾーンなど39ヶ所のアスレチックに親子で挑戦することができます。巨大などんぐりの木をモチーフに、地中の根からスタートし、太い幹を登り、枝を渡っててっぺんのゴールを目指します。樹木空間を表現したアトラクション内部にはどんぐりやカブトムシなどといった、植物や昆虫のオブジェが設置されており、まるで森の中を冒険しているかの気分を味わうことができます。 またオートキャンプ場、バーベキュー設備なども充実しています。その他、遊園地「モビパーク」ではミニバイクから本格的なカートまで子供でも沢山の乗り物体験ができ、ツインリンクもてぎは、ファミリー層に人気のスポットです。
家族連れに最適なスポットです。 キャンプ場や幼児向けの遊園地が併設されているので、子供を遊ばせながらカーレースを観戦する事ができます。
by Ryohei Koike
2017年11月11日
A92c7218 e6ab 4942 9c5f a397eca06dc6
7e7baa5a 7cc5 41d2 8bae 1c9cf85ae019
86592b1e 841a 470a ba65 e1bf176b0547
東京都小金井市、小平市、西東京市、武蔵野市にまたがる、都立小金井公園。敷地面積は約80haと都立公園の中でも最大規模で、日比谷公園の4.9倍、上野公園の1.5倍にあたります。公園内には6箇所の広い芝生広場、コナラ、クヌギ、アカマツなどで構成された16haの雑木林、桜の園、子どもの広場、SL(C57)展示、16面のテニスコートなどがあり、誰もが楽しめるお出かけスポットになっています。 小金井公園は「日本さくら名所100選」にも選ばれた、お花見の名所としても有名です。園内には、ヤマザクラ、サトザクラ、ソメイヨシノなどのサクラが約1,700本植えられ、そのうち「桜の園」(2.9ha)では430本が一か月にわたり春を彩ります。また、隣接する玉川上水の堤のサクラ並木はヤマザクラが中心で、当初は元文~寛保年間(1736~1744年)八代将軍徳川吉宗の時代に植えられました。大正13年(1924年)、小金井の桜は国の名勝に指定されています。 その他、園内には広々としたバーベキュー広場やドッグラン、弓道場などもあり、また雑木林を中心に、四季を通じ多くの野鳥が飛来するためバードウォッチングにも最適です。四季折々の草花を鑑賞したり、スポーツで体を動かしたり、バーベキューを楽しんだりと様々な楽しみ方ができます。
紅葉綺麗でした。
by airkingBronze
2017年11月26日