全国 アジサイのよりみち案内

Be17f85f 9f19 4c3d 8b14 f7d8fcb568f3

爽やかな梅雨の花で、咲き始めてから徐々に色が変化していく様子から、花言葉は「移り気」、別名は「七変化」や「八変化」と呼ばれています。次々と色が変化する要因は土壌の酸性度で、酸性なら青、アルカリ性なら赤になると言われています。開花時期は6月上旬から6月下旬で、開花時期に合わせて自然の恵みへの感謝をアジサイに込めて神前に奉献する「アジサイ祭り」が行われる名所も。古くから親しまれているお寺に咲いていることも多く、門をくぐった途端から石段の両脇に咲き誇る姿は圧巻。情緒あふれるお花見を楽しむことができそうです。

日付指定

日付を指定する
95d83757 30c1 4d30 b8f3 fc1c0b51399d
44ee3ae1 c535 4929 95f9 aa29a3633406
B612e92d 2ca6 495b 90ef 449face0b928
多摩川に沿って約750mつづく細長い公園。広大な敷地内には亀山古墳を中心に、自然林の道や展望台、四季の野草園や水 生植物園など、田園調布に残る豊かな自然を生かした見どころが多い。公園の一角にあるあじさい園は、昭和62年4月に水生植物園、野草園とともに開設された。ガクあじさいや西洋あじさいなど約7種類、 3000株のあじさいが南側の園内にいっぱい に咲く。春先はサクラの名所として賑わい、四季折々ホタルブクロ、彼岸花などの花も楽しめる。
82647389 200a 4e45 b822 6aeafd39e22f
駅から近いにもかかわらず、都内とは思えないほど自然に囲まれた公園です。 紫陽花の季節には写真を撮る方、絵を描く方で賑わいます。
4.0
by なっちゃん
2018年7月3日

D43326bd c411 45cd a0be 340453e67f0e
836065c5 af27 4f13 94e0 9e0c2f4185b2
71efd9c8 9750 493f a202 b262f98d362d
神奈川県鎌倉市にある寺院。1160年創建の明月庵を起源とする寺で、境内全域が国指定の史跡となっています。鎌倉で最大級の大きさを誇るやぐらや、北条時頼の墓と伝わる宝篋印塔など、歴史的に貴重な見どころが多い寺院です。明月院は、紫陽花の名所としても有名で、「紫陽花寺」とも呼ばれて親しまれています。澄んだ青色が特徴的な日本古来の品種「ヒメアジサイ」が主に植えられ、「明月院ブルー」と称される約2,500株の紫陽花を見るために多くの人で賑わいます。開花時期は例年5月下旬〜7月上旬。6月中旬頃から下旬にかけて最盛期を迎え、参道を埋めつくすように咲き誇る様子は息を飲む美しさです。
Bee83bf9 bd65 4cf6 93b5 574490eb066c
明月院のあじさい。ステキな色でした。
5.0
by 岳人
2018年6月23日

Cc99935c 750b 4bfa 93b3 8d85d106388e
69394b79 f363 4cb4 a870 d2930deddfb4
Ab689584 0149 46f4 b246 2e70569c22df
武蔵野段丘の南緑の国分寺崖線と呼ぶ段丘崖と豊富な湧水を利用して造られた回遊式林泉庭園の殿ヶ谷戸庭園。昭和4年(1929年)に三菱財閥創業家で三菱合資会社の取締役であった岩崎彦彌太が江口家から別邸として買い取り、津田鑿の設計で洋風邸宅、数奇屋風の茶室(紅葉亭)などを新築し「国分寺の家」として親しむようになりました。庭園の段丘上には芝生地が広がる洋風庭園があり、崖線の傾斜面はアカマツ・モミジ・竹林・クマザサで覆われ、崖線下には湧水の次郎弁天地を中心とした和風庭園が備わっています。 現在では、平成23年(2011年)に殿ヶ谷戸庭園(随冝園)として国の名勝に指定されています。 ※随冝園は岩崎家の前所有者の江口家がつけた別荘の名前です。 【庭園内の見所】 次郎弁天池 地下水が湧出す崖線が敷地内にあり、涌水を利用して造られたものが次郎弁天池。殿ヶ谷戸庭園唯一の池です。周囲にはモミジをはじめとした植物が植えられており、紅葉の時期の池とモミジのシンクロが大変な絶景です。 紅葉亭 数奇屋造り風の高台にある茶室。次郎弁天池周辺の約190本のモミジの紅葉が見下ろせる場所に備えられています。現在では、茶会・句会にも利用できます。 藤棚 5月上旬に見頃を迎える藤の花。岩崎家が当地を保有していた時代から庭園に備わっている藤は大変見事な花を咲かせます。 萩のトンネル 竹で編んだトンネルに萩を沿わせて仕立てたトンネルです。9月中旬頃から見頃を迎えます。 本館 岩崎彦彌太の別邸として昭和9年(1934年)に建てられた洋館です。日本間と洋間が融和した和洋折衷の貴重な建物です。
751f5750 55de 4feb 8274 a281e9b2ad03
公園に寄り道しました 国分寺駅から徒歩のところに紅葉がありました休むスペースがありの眺めが良い記念にりました。 皆さんもいかがですか?
3.0
by りりこ いちご
2018年11月12日

25e7dec7 b8ce 486b 9673 e911d6d4cc01
832bd513 8930 44a6 8b77 8482beaa5d1d
8449a932 467d 4586 8d48 75892986e997
大泉水、築山、枯山水を主体にした「回遊式林泉庭園」の清澄庭園。江戸の豪商・紀伊國屋文左衛門の屋敷跡と言い伝えられています。享保年間(1716年~1736年)に下総国関宿の藩主・久世大和守の下屋敷となり、庭園の原型が造られました。その後、明治11年(1878年)、土佐藩出身の三菱財閥創始者である岩崎彌太郎が、この邸地を含む約3万坪の敷地を取得し、明治13年に「深川親睦園」として開園。社員の慰安や貴賓を招待する場所として利用されました。「深川親睦園」として開園後も造園の工事は進められ、隅田川の水を引いた大泉水をはじめ筑山や、全国から取り寄せた名石を庭園内に配置して、「回遊式林泉庭園」の清澄庭園が完成しました。 岩崎家は関東大震災の翌年の大正13年(1924年)に清澄庭園の東側半分を公園用地として東京に寄付し、現在に至ります。 また、清澄庭園は昭和54年(1979年)3月31日に東京都の名勝に指定されています。 【庭園内の見所】 大泉水 清澄庭園の中央に備わる大泉水。中の島、鶴島、松島の三つの中島を配した広い池です。水面に島や数寄屋造りの涼亭が備わっています。以前は隅田川から水を引いていたため、潮の干満によって池の水量が変わっていたようです。現在の大泉水は雨水を貯めて造られています。 名石 伊豆磯石、伊予青石、紀州青石、生駒石、伊豆式根島石、佐渡赤玉石、備中御影石、讃岐御影石などの庭石が清澄庭園内に据えられています。このほか、敷石や橋、磯渡り、枯滝の石を含め、園内には無数の石が配置され、さながら「石庭」の観を呈しています。 富士山 清澄庭園で最も高い築山。(登ることは禁止)ツツジとサツキが植えられているので毎年5月頃には大変綺麗な色に染まります。 涼亭 池に突き出るようにして建てられた数寄屋造りの建物。明治42年(1909年)に国賓として来日した英国のキッチナー元帥を迎えるために岩崎家が建てたものです。現在では集会所としての利用が可能になっています。 大正記念館 大正天皇の葬儀に用いられた葬場殿を移築したものです。大正記念館も集会所としての利用が可能になっています。
801428b1 3038 4abc 8a6e f07e1a0b0aed
大江戸線清澄白河駅からすぐの場所にある清澄庭園。広さが小さくもなく、大きすぎずなので気分転換の散歩には丁度良いです。ひとりで来てベンチに腰掛けて本を読んでいる人やランチをしている人をチラホラみかけました。
3.0
by ちぇりTop user体験
2018年10月8日

E18f5b74 d094 4d65 ac91 4cbfea84f42e
763c0e0d 8fe0 4f39 b317 9729de389f53
8628f8cb f7b8 4218 bb17 25e568f29657
東京に残る江戸初期の大名庭園の一つ旧芝離宮恩賜庭園。池泉を中心に庭園の区画や石がバランスよく配置された回遊式泉水の庭園です。 江戸時代の大名・老中「大久保忠朝」(肥前唐津藩第2代藩主)の上屋敷の庭園「楽寿園」が旧芝離宮恩賜庭園の始まりとされています。この地はかつて海面であったそうですが、明暦(1655年〜1658年)の頃に埋め立てられ、延宝6年(1678年)に大久保忠朝が邸地を建てたとされています。 幕末には紀州徳川家の芝御屋敷となり、明治4年(1871年)に有栖川宮家の所有になりました。その後、明治8年(1875年)に宮内省がこれを買い上げ、大正13年(1924年)に昭和天皇のご成婚記念として東京に下賜されました。また、昭和54年(1979年)には文化財指定名勝として国の名勝に指定されています。 【庭園内の見所】 西湖の堤 中国の杭州にある西湖の堤を模した石造りの堤。堤の先にある中島の石組みは大久保忠朝の上屋敷があるころからのものだそうです。小石川後楽園の西湖の堤も中国の杭州の西湖を模したものですので両庭園でそれぞれ見比べるのも楽しみのひとつです。 中島 旧芝離宮恩賜庭園の要となる箇所。池の中央にある中島です。中国で仙人が住み不老不死の池と言われる霊山を模した蓬莱石組となっています。 枯滝 豪快かつ繊細な石組みで造られている枯滝。滝の河床が園路になっており、景観の変化を楽しめます。 大山 庭園内の最も高い築山。頂上から観賞する大泉水は大変綺麗な光景です。 大泉水 庭園の要となる約9,000㎡の池。以前は海水を引き入れた潮入の池でしたが、現在は淡水の池となっています。
User default image
ビルと桜 高層ビルと桜も美しい!!
3.0
by ikko
2019年4月1日

34d17dc1 783d 4bdc a2d6 4fed457c18ee
9108cf82 1f09 4aec a37d 0de9b9426dd6
B82340fe 99c2 42a4 a3bc bb691c80bdef
西武線「豊島園駅」から徒歩1分で正門に到着。1929年にスタートした「としまえん」は、豊富なアトラクションやプール等で人気の遊園地ですが、実は“あじさいの名所”としても知られています。毎年6月に「あじさい祭り」が開催され、多くの来場者を魅了しています。としまえんの「あじさい」の見頃は、例年5月下旬〜6月下旬にかけて。初夏を彩る約150品種1万株のあじさいが咲き誇る姿はまさに圧巻!「あじさい祭り」開催中は、ライトアップの美しい「あじさいナイト」だけではなく、造園スタッフと巡るガイドツアーや写真コンテストなどのイベントも充実しています。
587af585 6cbd 4d38 adb8 a6f4be42a12d
としまえんのあじさい 遊園地で有名なとしまえんですが、あじさいの開花シーズンには例年あじさい祭りが開催され、いろいろな品種のあじさいに出会えます。 毎年訪れたいあじさいの名所です。
3.0
by moonriverTop user夜桜
2018年6月19日
としまえん
東京都練馬区向山3丁目25−1
西武線「豊島園駅」から徒歩1分で正門に到着。1929年にスタートした「としまえん」は、アトラクションだけでなくプール、温泉も楽しめる東京の遊園地として人気を集めています。アトラクションは30種類以上!園内中央でまず目に入るのは「カルーセルドラド」。1970年にドイツで製作された回転木馬で現役で活躍中。2010年には「機械遺産」にも認定された、歴史的にも価値のあるメリーゴーランドです。絶叫系が好きな方にオススメなのが「フライングパイレーツ」。地上45mを急上昇・急降下しながら、体の底からふわっと持ち上げれる感覚を連続で体験。恐怖に満ちた空の大海原に繰り出しましょう! そのほか、急斜面を滑走してからの2回転宙返りがスリル満点の「コークスクリュー」、地上35mの上空から絶景を楽しみつつ急降下による絶叫も楽しめる「イーグル」もたくさんの利用客であふれています。 さらに、としまえんの隣には天然温泉も湧き出ており、遊園地で遊んで疲れた体を癒すことができます。保湿成分のある軟水で、お肌に優しい泉質。1,200坪の日本庭園を眺めながら、ゆっくりと過ごせます。入園料も大人1,000円とお手ごろなので、隙間時間を埋めるのにもぴったりですよ。
12bc256f 4372 444f 9f7f 4d4d776f558d

Fdb097c9 ef62 4cd5 8f32 278159c1594f
20007f00 152f 4601 b404 881816001413
525d6fc6 f5b1 4b6d 8380 abb53f1a81f2
都心で唯一の名所になっている白山神社は、古くから縁結び、商売繁盛、家内 安全、受験、病気平癒、水の神として崇められてきたが、とくに江戸時代には歯痛止めの神として庶民に人気があったよ うだ。境内には青色のヒメあじさい、赤紫系 の西洋あじさいをはじめ、ガクあじさい ウズあじさい、花火あじさいなど約3000株が多彩な色を見せ合う。6月中旬には「あじさいまつり」も催され、各種模擬店が並ぶ他、 お茶接待、 歯ブラシ供養、あじさいコンサートなど、たいへんな賑わいを見せるが、何といっても面白いのは“歯ブラシ供養”という歯の神様ならではの行事が行われる。
F73aee75 3238 477a 8ab4 3e6f845059f6
麻の布のバックにアジサイの絵を描いてしばらく干したら出来上がりです
5.0
by コニタンTop user伝統芸能・大衆芸能
2018年7月31日