Banner
素敵に、よりみち

全国の歴史的建造物・周辺情報

歴史的建造物のTOP USER
ちぇりさん
801428b1 3038 4abc 8a6e f07e1a0b0aed

清澄庭園

東京都江東区清澄3丁目3−9
大泉水、築山、枯山水を主体にした「回遊式林泉庭園」の清澄庭園。江戸の豪商・紀伊國屋文左衛門の屋敷跡と言い伝えられています。享保年間(1716年~1736年)に下総国関宿の藩主・久世大和守の下屋敷となり、庭園の原型が造られました。その後、明治11年(1878年)、土佐藩出身の三菱財閥創始者である岩崎彌太郎が、この邸地を含む約3万坪の敷地を取得し、明治13年に「深川親睦園」として開園。社員の慰安や貴賓を招待する場所として利用されました。「深川親睦園」として開園後も造園の工事は進められ、隅田川の水を引いた大泉水をはじめ筑山や、全国から取り寄せた名石を庭園内に配置して、「回遊式林泉庭園」の清澄庭園が完成しました。 岩崎家は関東大震災の翌年の大正13年(1924年)に清澄庭園の東側半分を公園用地として東京に寄付し、現在に至ります。 また、清澄庭園は昭和54年(1979年)3月31日に東京都の名勝に指定されています。 【庭園内の見所】 大泉水 清澄庭園の中央に備わる大泉水。中の島、鶴島、松島の三つの中島を配した広い池です。水面に島や数寄屋造りの涼亭が備わっています。以前は隅田川から水を引いていたため、潮の干満によって池の水量が変わっていたようです。現在の大泉水は雨水を貯めて造られています。 名石 伊豆磯石、伊予青石、紀州青石、生駒石、伊豆式根島石、佐渡赤玉石、備中御影石、讃岐御影石などの庭石が清澄庭園内に据えられています。このほか、敷石や橋、磯渡り、枯滝の石を含め、園内には無数の石が配置され、さながら「石庭」の観を呈しています。 富士山 清澄庭園で最も高い築山。(登ることは禁止)ツツジとサツキが植えられているので毎年5月頃には大変綺麗な色に染まります。 涼亭 池に突き出るようにして建てられた数寄屋造りの建物。明治42年(1909年)に国賓として来日した英国のキッチナー元帥を迎えるために岩崎家が建てたものです。現在では集会所としての利用が可能になっています。 大正記念館 大正天皇の葬儀に用いられた葬場殿を移築したものです。大正記念館も集会所としての利用が可能になっています。
Db659a42 179b 414d 827d d6b51e8cb14e

松代藩文武学校

長野県長野市松代町松代 松代藩文武学校
長野県長野市松代町の松代藩文武学校。松代藩士の学問・武芸を奨励するため、8代藩主・真田幸貴は松代藩士・佐久間象山らの意見を受けて蘭学・西洋砲術などを積極的に取り入れ、藩校としての文武学校の建設を目指しました。9代藩主・真田幸教はその志を受け継ぎ、嘉永6年(1853年)に建物を完成させ、安政2年(1855年)に開校。幕末期の儒学中心の藩校から近代的学校建築への過渡期の建物となっており、文学所、御役所、教室2棟(東序・西序)、剣術所、柔術所、弓術所、槍術所などから構成されています。文武学校では、8歳から14歳ぐらいまでは文芸などの勉強を15歳から35歳ぐらいまでは武芸を習ったと言われています。明治元年(1868年)には、緒方洪庵や佐久間象山らから洋学などを学び、箱館五稜郭の設計を担当した、フランス式の兵制に詳しい武田斐三郎を招き、文武学校の中に兵制士官学校を創設。しかし、明治3年には廃校となり、翌4年には西洋兵学寮士官学校がつくられました。廃藩置県後は、近代の学校として使用され、松代小学校の校舎にもなりました。
長野県松代の旧松代藩文武学校。江戸時代後期に創設された信濃国松代藩の藩校です。藩校自体は明治になると廃止になったそうです。建物の中は広い畳の部屋や小さい複数の部屋にわかれていました。その他、剣術や槍の槍術所も残されています。
by ちぇりTop user
2018年5月19日
8f424a9e 678b 46ff a9db 588293fc5d1c