全国の歴史的建造物・周辺情報

歴史的建造物のTOP USER
ちぇりさん
801428b1 3038 4abc 8a6e f07e1a0b0aed
6aeccf03 284f 4b78 b140 e8aefbadc9dc
1e227b2b 71c4 44a2 be7a 1edb33a50885
118aecae 4bf2 4656 9df8 7ec9760cf44a
葛飾 柴又 寅さん記念館の裏にある山本亭は、趣ある書院造に西洋建築を取り入れた、和洋折衷の建築が特徴の大正末期の建造物です。この建物は、地元ゆかりの山本工場(カメラ部品製造)の創立者である山本栄之助氏の自宅でした。当時は洋風建築を取り入れることが富裕層の間で流行しており、その佇まいを今に残す貴重な建築として、葛飾区が登録有形文化財に指定。昭和63年に買い取り、平成3年4月から一般公開されています。 木造2階建ての建物には、明り取りの窓、違い棚など、書院造の特徴が随所に見られます。1階は120坪の広さがあり、2階が15坪、地下防空壕や土蔵、長屋門で構成されています。土蔵は山本栄之助氏が屋敷跡を取得した当時からあり、正確な築造年は判明していませんが、山本亭内に現存する中で最も古い建造物とされています。 風情ある和洋折衷の建造物で見どころ満載の山本亭ですが、中でも必見は書院造の庭園です。国内外から高い評価を得ており、米国の日本庭園専門誌「Sukiya Living〜ランキング調査(2016年)で、第3位に評価されたほど。縁先に池を配し、背景には広がる常緑樹。耳をすませば、築山から落ちる滝の音が心癒してくれます。
葛飾区の山本亭。寅さん記念館のすぐ側にあります。山本亭は和洋折衷の大正末期の貴重な建築物。庭園も素晴らしく、柴又のおすすめスポットです。
by ちぇりTop user
2018年8月6日