Green banner
素敵に、よりみち

全国の博物館・周辺情報

博物館のTOP USER
ちぇりさん
801428b1 3038 4abc 8a6e f07e1a0b0aed
93780dea f5d7 45f3 888f 82f5b82a0ed3
6079efc4 e81f 4041 8359 ae46258e8cc1
C5469bd4 08d1 4564 b010 940aba8f30bc
2011年9月3日に開館した藤子・F・不二雄ミュージアムは、川崎市に深いゆかりがある漫画家、藤子・F・不二雄(藤本弘)の作品原画やその関連資料を中心に展示する博物館です。開館日(9月3日)は藤子・F・不二雄氏の代表作「ドラえもん」の誕生日であり、施設内の至る所にはドラえもんのキャラクターが隠れています。 3階建てのミュージアムには、「ドラえもん」「パーマン」「キテレツ大百科」など様々な作品のカラー原画を常設展示している展示室Ⅰ、期間限定の企画展を開催している展示室Ⅱのほか、実際にまんがが読める「まんがコーナー」などがあり、まるごと藤子・F・不二雄作品の世界を体感できる場所になっています。 3階にあるミュージアムカフェの窓の外には屋上庭園が広がり、開放感たっぷりのカフェとなっています。ドラえもんのハンバーグやロールケーキなど、作品にちなんだオリジナルのメニューが楽しめます。 また、屋上スペースの「はらっぱ」は、キャラクター達に出会える絶好のフォトスポット。森に囲まれたお土産ショップもあり、ドラえもんの大好物「どら焼き」をはじめ様々なミュージアム限定商品が揃っています。1階のミュージアムショップでも来館記念にお土産を購入することができます。
魔界大冒険。石になったドラえもん
by airkingBronze
2017年10月30日
6d187b99 252a 40ab b45d 5987478f8638
072a0fed 1dd8 4716 9c6a 2196bd7cd8dd
885d785f 5dc4 4773 8117 1ff34c566cc4
JR東日本創立20周年記念事業のメインプロジェクトとしてさいたま市に建設された鉄道博物館。小さな子供からコアな鉄道ファンまでが満足できる施設として人気です。施設内の車両ステーションでは、日本の鉄道の歴史をテーマや時期ごとに紹介しています。鉄道歴史年表や実物の鉄道車両36両の展示など、鉄道の今と昔を知ることができます。科学ステーションは、鉄道を科学的視点で探求する実験型ミュージアムです。鉄道ジオラマ、運転士体験教室、メモリアルフォトスタジオなど体験しながら鉄道を学べます。
B2c8e417 54b0 4658 90e5 407ae5585e9e
46d79de6 49d4 4646 a676 9464147fb79d
C472983c 45dd 44ac bd1b 7b0b79641f48
都立小金井公園内にある江戸東京たてもの園は、平成5年(1993年)に江戸東京博物館の分館として設立されました。江戸東京たてもの園では都内に存在した江戸時代前期から戦後までの文化的価値の高い建造物を復元・展示すると共に、建物の内部では当時の暮らしや商売の道具・商品などを展示し、それぞれの時代の生活の様子を再現しています。 園内は3つのゾーンに分けられ、西ゾーンは武蔵野の農家と山の手の住宅、センターゾーンは格式ある歴史的建造物が並び、東ゾーンは下町の町並みが再現されています。約7haの広大な敷地内には魅力的な展示がたくさんあります。見どころをあげればキリがありませんが、東ゾーンの「子宝湯」は、人気スポットの一つ。「千と千尋の神隠し」に出てくる銭湯のモデルとなっていて、街並みを歩くだけでタイムスリップした様な気分を味わえます。 園内をあちこち歩いて疲れたら、カフェやお食事で休憩しましょう。東ゾーンの下町中通りには店蔵型休憩棟があり、2階はお食事処になっています。また、西ゾーンにある復元建造物「デ・ラランデ邸」の邸内とテラスではカフェの利用や食事ができるようになっています。
武蔵小金井駅からバスで行きました。入場料400円で、土曜でしたが比較的空いていました。広くて結構歩きます。レトロで、雰囲気のいい写真が撮れるので、浴衣とか着物で遊びに行ってもいいかも。タイル貼の銭湯が人気!
by シャルルTop user
2018年6月23日
21c0da87 a384 4103 a94e 2ac476edfe55
6b23d29e 3e30 48ba 88ba 5cfde72dda3e
Edfe7615 d74b 4721 a173 04831acde6db
両国駅からほど近くに、江戸東京の歴史と文化をふりかえり、未来の都市と生活を考える場として平成5年(1993年)3月28日に開館した「江戸東京博物館」。外観は高床式倉庫をイメージした、一風変わった建物となっています。常設展では、徳川家康が江戸に入府してから約400年間を中心に、江戸東京の歴史と文化を実物資料や復元模型等を用いて紹介しています。「江戸ゾーン」と「東京ゾーン」大きく2つに分けられ、それぞれの時代の文化や人々の生活について学ぶことができます。江戸ゾーンでは、精巧に作られたジオラマや、江戸時代の住宅「棟割長屋」の展示、江戸前寿司のレプリカなど江戸時代にタイムスリップしたかのような感覚を味わうことができます。
当初行こうと思っていたところが、土日休みということが発覚し、行先を江戸東京博物館に変更。幼稚園児には歴史関係はつまらないかなっと思っていたのですが、意外に楽しかったみたいです。外国人の方向けに曲芸のパフォーマンスをやっている日で目の前で傘回しなど色々な芸が見れて面白かったです。
by ポムポム
2018年6月2日