Green banner
素敵に、よりみち

全国の神社仏閣・周辺情報

神社仏閣のTOP USER
ちぇりさん
801428b1 3038 4abc 8a6e f07e1a0b0aed
472ce801 560e 4c2e 921e f868644d0504
0bf294dc 3ff3 42bc 997f 4bee1d891e46
0dac36fc b513 4444 9cba 4d5ed50043ca
ハートの形に見える紫陽花たち♡♡
by asu
2018年6月10日
三室戸寺の紅葉
11月中旬~12月上旬
京都府宇治市にある「三室戸寺」。西国三十三カ所巡礼の十番札所で、あじさい寺として知られている寺院です。隠れた紅葉の名所としても知られ、「三室戸の紅楓」として宇治十二景の一つに数えられています。11月中旬からモミジやイチョウが色づき、11月中旬~12月上旬に見頃を迎えます。特に本堂東側の三重塔を中心とし、美しい赤に染まるモミジと黄金に輝くイチョウの鮮やかな紅葉が見事です。
三室戸寺のつつじ
4月中旬〜5月中旬
三室戸寺は、西国観音霊場十番の札所で、本山修験宗の別格本山。5,000坪の大庭園は枯山水、池泉、広庭からなり毎年6月には「あじさい園」には西洋あじさい、ガクあじさい、柏葉あじさいなど約50種類、1万株のあじさいが杉の斜面の間に咲き誇る。また、夜間はライトアップされて昼間とひと味違う景色が堪能できる。寺は四季おりおりの花も見られるので、一名『花の寺』とも言われており、4月下旬〜5月上旬の「つつじ園」には、20,000株の平戸つつじ、霧島つつじ、久留米つつじ等が咲き誇り、その規模は関西屈指のもの
584ba98d 5ace 4eb7 af63 ffad17a99551
三室戸寺のシャクナゲ
4月下旬〜5月中旬
三室戸寺は、西国観音霊場十番の札所で、本山修験宗の別格本山。5,000坪の大庭園は枯山水、池泉、広庭からなり毎年6月には「あじさい園」には西洋あじさい、ガクあじさい、柏葉あじさいなど約50種類、1万株のあじさいが杉の斜面の間に咲き誇る。また、夜間はライトアップされて昼間とひと味違う景色が堪能できる。寺は四季おりおりの花も見られるので、一名『花の寺』とも言われており、4月下旬〜5月上旬の『つつじ園』には、20,000株の平戸つつじ、霧島つつじ、久留米つつじ等が咲き誇り、その規模は関西屈指のもの
357be034 3178 42a5 a8f3 6e4f69a9742a
三室戸寺のあじさい
6月上旬〜7月上旬
三室戸寺は、西国観音霊場十番の札所で、本山修験宗の別格本山。5000坪の大庭園は枯山水、池泉、広庭からなり毎年6月には「あじさい園」には西洋あじさい、ガクあじさい、柏葉あじさいなど約50種類、1万株のあじさいが杉の斜面の間に咲き誇る。また、夜間はライトアップされて昼間とひと味違う景色が堪能できる。寺は四季おりおりの花も見られるので、一名「花の寺」とも言われており、4月下旬〜5月上旬の「つつじ園」には、20,000株の平戸つつじ、霧島つつじ、久留米つつじ等が咲き誇り、その規模は関西屈指のもの
Ce31b02f 432f 4941 83fe b53a2011d7fd
三室戸寺の蓮
6月下旬~8月上旬
京都府宇治市の「三室戸寺」は、西国観音霊場十番の札所で、本山修験宗の別格本山。四季おりおりの花も見られるので、「花の寺」とも言われており、6月に見頃を迎える「あじさい園」もおすすめです。 6月下旬~8月上旬頃には蓮園が開園。三室戸寺の本堂前は100種・250鉢の色とりどりの蓮が咲き誇り、その光景はさながら極楽浄土のようで「蓮の寺」とも言われる名所です。
84131d05 1aa0 4db7 8924 ecb08019a579
関連記事あり
宇治茶と源氏物語の街「京都 宇治市」おすすめ観光・名所5選
Ad0b04e3 fa3e 4604 9bf8 ac57f788ab14
Eca5b35b 2213 4276 b1bc 01709e7ea001
2bf11a6e cb4f 4515 b8ff d7de3e6d65af
Fc5c3ff5 7ba7 455f a62f 233ddf4a1428
東京都台東区の浅草寺。東京都内最古の寺で645年創建とされている。 東京の観光名所として有名で年間約3,000万人が訪れるそうです。また、表参道入口の門の通称「雷門」はよく知られているが、向かって右に風神像、左に雷神像を安置し正式には「風雷神門」と言います。雷門と本堂をつなぐ「仲見世」は浅草の土産になる雑貨やもんじゃ焼き、浅草名物のすき焼き屋などが並び、多くの人で賑わっています。
白鷺の舞いを初めて見ました
by コニタン
2018年6月28日
7330e0ec 7126 4160 89ff dc5505e5246f
49324c57 54dd 41c3 beb1 52785cf9fc21
63a6a580 c97d 47a2 b765 59bd9e2b1bbf
日本人にとって身近であり、長年人々に信仰を集め続ける「お稲荷さん」。今現在全国30,000社あると言われており、その総本宮がここ「伏見稲荷大社(ふしみいなりたいしゃ)」。稲荷信仰の原点は稲荷山であり、御祭神である稲荷大神様がこのお山に御鎮座されたのは、奈良時代の和銅4年(711年)。その日から数えて、平成23年(2011年)に御鎮座1300年を迎えています。 商売繁盛・五穀豊穣の神様として、厚い信仰を集める伏見稲荷大社ですが、近年では「外国人に人気の日本の観光スポット」で上位にランクインしている影響もあり、外国人観光客をはじめ、多くの参拝客が訪れています。中でも最も有名なのが「千本鳥居」です。朱色の鳥居がどこまでも続く光景は素晴らしく、フォトジェニックだということで若者にも人気があります。平日でもかなりの人で混雑しますので、動きやすく歩きやすい服装で行くことをおすすめします。 また、伏見稲荷大社では他の神社にある絵馬とは少し違い、狐の形をした「願掛け絵狐」に願いを書き込むようになっています。伏見稲荷大社らしく、珍しいので書いてみるのもおすすめです。千本鳥居だけでなく、本殿をはじめ多くの場所が国の重要文化財に指定されているので必見です。
伏見稲荷大社。 もし頂上まで登るのなら、長いスカートやかかとの高い靴はやめた方がいいですw
by へなちょこTop user
2018年6月28日
844e9a94 e5d9 41f5 99e5 3ea3e22ce956
108a5c27 52f0 4bae 9a37 180647ef903a
5e0f2c70 0e81 4ebc 88be d3c87fb0c0e3
東京都文京区の根津神社。 1900年近く前に創建されたと伝えられている歴史ある神社です。楼門は江戸時代に造られたもので、都内で江戸時代の楼門が残るのは根津神社だけだそうです。4月上旬から5月上旬にかけて行われるツツジ祭りは境内約100種3,000株のツツジを存分に観賞することができ、とても綺麗です。 根津神社のご利益は「災厄除け」「縁結び」「商売繁盛」「合格祈願」など言われています。
日本の文化は今やワールドワイドの広がりです
by コニタン
2018年6月28日
根津・千駄木下町まつり
10月
古き良き下町風情が色濃く残る根津・千駄木地区で開催される「根津・千駄木下町まつり」では、地域の活気が感じられる催しが多数行われます。メイン会場は、つつじの名所としても知られる「根津神社」です。境内では、模擬店・物産展やフリーマーケット、和太鼓や地元の小中学校の生徒による演奏などが催されます。サブ会場は、不忍通りふれあい館、藍染大通り、宮永仲通り、根津銀座通り、千駄木二丁目会場、よみせ通り延命地蔵尊、須藤公園および文京区立森鴎外記念館の8会場。サブ会場でも様々な催しが行われ、各会場間を無料シャトルバスが走ります。
根津神社のつつじ
4月上旬〜5月上旬
昔は、根津権現と呼ばれていた神社で祭神はスサノオノミコト、オオクニヌシノミコト、菅原道真など数神。社伝によればヤマノタケルノミコトが創建したというから、その歴史はかなり古い。 現在の社殿は、宝永3年(1706年)に五代将軍綱吉が諸大名に命じて造営したもので、戦火をまぬがれた江戸の名建築がそっくりそのまま楽しめる。境内はつつじの名所だが、綱吉の父で甲府宰相・徳川綱重の下屋敷が、ここにあった時に造られた庭園がすでに「つつじヶ岡」と呼ばれていたというから、花の名所としても300年以上の歴史を持つ。園内には、赤黒色のカラフネや黄色のキレンゲ、米粒みたいな小さい花のウンゼンなど珍しい品種も含めて約50種3,000株のつつじが咲く。いつもは境内の丘に並んだ赤い鳥居が目立つのだが、花どきはつつじの華やかさが勝り、景色の中に静かに溶け込んでいる。また、祭り期間中には骨董市、植木市、露天が並び、土日祭日には箏曲、和太鼓、奉納演芸等、各種行事がが行われる。
93d9f9f5 a1a6 4973 a480 4ec9f4f139bb
関連記事あり
「ここが東京都内?」という写真が撮れそうなスポット5選!
D15fe1e3 eeac 457c 9536 423dde4a6253
関連記事あり
「東大前駅発、最高学府のお膝元の散歩道」さすが東大、歴史も景色も超一流!
F2765d72 ea82 4331 9a4b cae40aca75bb
20da5006 2a6e 4329 9e18 0275998c3051
79b66e68 bf05 4222 bcf3 90b9d311601f
16253be2 a39b 4aec b00b 04a8188d7cba
日本を代表する世界遺産「日光の社寺」。その中でももっとも有名な「日光東照宮」は徳川家康がまつられた神社で、現在の社殿群は、そのほとんどが寛永13年3代将軍家光による「寛永の大造替」で建て替えられたもの。境内には国宝8棟、重要文化財34棟を含む55棟の建造物が並び、その豪華絢爛な美しさは圧巻です。全国各地から集められた名工により、建物には漆や極彩色がほどこされ、柱などには数多くの彫刻が飾られています。
東照大権現を祀る日光東照宮 徳川家康(東照大権現)を祀る日光東照宮。全国の東照宮の総本山です。沢山の杉の木に囲まれた敷地内にある建物は、きらびやかで歴史的価値のあるものばかり。東照宮周囲をゆっくり見てまわるなら半日ぐらいかかるかと思います。
by ちぇりTop user
2018年8月17日
E820e6d8 6349 4669 92a1 52e7db6e09bb
37fdb689 c218 4b61 ab90 69b972f5ccc4
14430e8c bb6d 4ef3 b540 2ef33cc71e9b
臨済宗南禅寺派の大本山で京都屈指の観光名所。正応4年(1291年)、大明国師を開山に迎え、亀山上皇の離宮を寺に改めた。応仁の乱などで創建時の建物は焼失し、現在の伽藍のほとんどは桃山時代の再建。琵琶湖疎水の分線にある、レンガと花崗岩で作られた「水路橋」が敷地内を通っており、その風格ある佇まいが純和風な風情に不思議とマッチした独自の景観でも知られている。京都三大門の一つ三門(重文)、方丈(国宝) 。さらに、高さ22メートルの三門に上ったところで眼下に広がるのは、一面薄紅色に染まった京都の町。歌舞伎「楼門五三桐」で石川五右衛門が「絶景かな、絶景かな」と桜を見下ろす名場面を思い描きながら、古都の春を満喫するのも一興だ。
京都南禅寺の南禅寺水路閣。1888(明治21)年にレンガで作られたアーチ型の水道橋です。全長93.2m、高さ9mもあるようです。
by ちぇりTop user
2018年5月9日
南禅寺の紅葉
11月中旬~11月下旬
京都府京都市にある「南禅寺」。臨済宗南禅寺派の大本山で約45,000坪という広大な敷地を有しています。11月中旬から色づき、11月中旬~11月下旬に見頃を迎えると約300本ものカエデが広大な境内を鮮やかに彩ります。日本3大門の一つに数えられる重厚な三門や小堀遠州が作庭した方丈庭園に映える紅葉は圧巻の美しさです。また、ライトアップも実施され、ライトアップ期間中は普段上がることのできない書院から南庭を見ることができます。
南禅寺の桜
3月下旬~4月上旬
臨済宗南禅寺派の大本山で京都屈指の観光名所。正応4年(1291年)、大明国師を開山に迎え、亀山上皇の離宮を寺に改めた。応仁の乱などで創建時の建物は焼失し、現在の伽藍のほとんどは桃山時代の再建。琵琶湖疎水の分線にある、レンガと花崗岩で作られた「水路橋」が敷地内を通っており、その風格ある佇まいが純和風な風情に不思議とマッチした独自の景観でも知られている。知恩院の三門(国宝)、仁和寺の二王門(重要文化財)と並び、京都三大門のひとつ南禅寺の三門(重要文化財)。また、高さ22メートルの三門に上ったところで眼下に広がるのは、一面薄紅色に染まった京都の町。歌舞伎「楼門五三桐」で石川五右衛門が「絶景かな、絶景かな」と桜を見下ろす名場面を思い描きながら、古都の春を満喫するのも一興だ。 さらに、山門と並び、南禅寺の見所である方丈庭園も忘れてはならない。桃山時代建築の国宝建造物「方丈」は一見の価値がある。「方丈」とは禅宗以外では金堂や本堂のこと。大方丈と小方丈から構成されており、大方丈は、御所の内裏清涼殿を移築したとされるもので、大小いくつかの部屋からなる入母屋造、こけら葺の歴史的建造物。小方丈は伏見城の遺構で「虎の間」と呼ばれる三室からなり、狩野探幽の作と伝えられる「水呑みの虎図」が納められてる。
Aaaa1434 5d4c 463c 93f7 a982365a1b2e