Banner
素敵に、よりみち

全国の神社仏閣・周辺情報

神社仏閣のTOP USER
ちぇりさん
801428b1 3038 4abc 8a6e f07e1a0b0aed

浅草寺

東京都台東区浅草2丁目3 聖観音宗金龍山浅草寺本堂
東京都台東区の浅草寺。東京都内最古の寺で645年創建とされている。 東京の観光名所として有名で年間約3,000万人が訪れるそうです。また、表参道入口の門の通称「雷門」はよく知られているが、向かって右に風神像、左に雷神像を安置し正式には「風雷神門」と言います。雷門と本堂をつなぐ「仲見世」は浅草の土産になる雑貨やもんじゃ焼き、浅草名物のすき焼き屋などが並び、多くの人で賑わっています。
浅草寺 何度も観光で行きます!!何度いっても賑やかでいい場所ですが、年々外国人さんが多くなっているきがします。
by 平岩蘭Top user
2018年4月2日
8f80b0d6 1b14 4909 b7f6 a074fba3b71196675a7c a6a5 4b5b baa7 3cd1e6421cc78f17bc57 d979 47b4 b62f 7403c58f60ed9e7ade50 9ede 49e7 8b06 f0672b580795

根津神社

東京都文京区根津1丁目28−9 乙女稲荷神社
東京都文京区の根津神社。 1900年近く前に創建されたと伝えられている歴史ある神社です。楼門は江戸時代に造られたもので、都内で江戸時代の楼門が残るのは根津神社だけだそうです。4月上旬から5月上旬にかけて行われるツツジ祭りは境内約100種3,000株のツツジを存分に観賞することができ、とても綺麗です。 根津神社のご利益は「災厄除け」「縁結び」「商売繁盛」「合格祈願」など言われています。
賑やかな名物つつじまつり!
by Riru
2018年5月1日
根津神社のつつじ
4月上旬〜5月上旬
昔は、根津権現と呼ばれていた神社で祭神はスサノオノミコト、オオクニヌシノミコト、菅原道真など数神。社伝によればヤマノタケルノミコトが創建したというから、その歴史はかなり古い。 現在の社殿は、宝永3年(1706年)に五代将軍綱吉が諸大名に命じて造営したもので、戦火をまぬがれた江戸の名建築がそっくりそのまま楽しめる。境内はつつじの名所だが、綱吉の父で甲府宰相・徳川綱重の下屋敷が、ここにあった時に造られた庭園がすでに「つつじヶ岡」と呼ばれていたというから、花の名所としても300年以上の歴史を持つ。園内には、赤黒色のカラフネや黄色のキレンゲ、米粒みたいな小さい花のウンゼンなど珍しい品種も含めて約50種3,000株のつつじが咲く。いつもは境内の丘に並んだ赤い鳥居が目立つのだが、花どきはつつじの華やかさが勝り、景色の中に静かに溶け込んでいる。また、祭り期間中には骨董市、植木市、露天が並び、土日祭日には箏曲、和太鼓、奉納演芸等、各種行事がが行われる。
2d728057 0847 4527 b859 dca6a9458e4f
根津・千駄木下町まつり
10月
古き良き下町風情が色濃く残る根津・千駄木地区で開催される「根津・千駄木下町まつり」では、地域の活気が感じられる催しが多数行われます。メイン会場は、つつじの名所としても知られる「根津神社」です。境内では、模擬店・物産展やフリーマーケット、和太鼓や地元の小中学校の生徒による演奏などが催されます。サブ会場は、不忍通りふれあい館、藍染大通り、宮永仲通り、根津銀座通り、千駄木二丁目会場、よみせ通り延命地蔵尊、須藤公園および文京区立森鴎外記念館の8会場。サブ会場でも様々な催しが行われ、各会場間を無料シャトルバスが走ります。
関連記事あり
「東大前駅発、最高学府のお膝元の散歩道」さすが東大、歴史も景色も超一流!
12dc6289 3972 479c 9dbd 08b9e6f60fce
F4898cdf 24be 45d7 81ae 8daaa341fb015e0f2c70 0e81 4ebc 88be d3c87fb0c0e3108a5c27 52f0 4bae 9a37 180647ef903a844e9a94 e5d9 41f5 99e5 3ea3e22ce956

南禅寺

京都市左京区南禅寺福地町
臨済宗南禅寺派の大本山で京都屈指の観光名所。正応4年(1291年)、大明国師を開山に迎え、亀山上皇の離宮を寺に改めた。応仁の乱などで創建時の建物は焼失し、現在の伽藍のほとんどは桃山時代の再建。琵琶湖疎水の分線にある、レンガと花崗岩で作られた「水路橋」が敷地内を通っており、その風格ある佇まいが純和風な風情に不思議とマッチした独自の景観でも知られている。京都三大門の一つ三門(重文)、方丈(国宝) 。さらに、高さ22メートルの三門に上ったところで眼下に広がるのは、一面薄紅色に染まった京都の町。歌舞伎「楼門五三桐」で石川五右衛門が「絶景かな、絶景かな」と桜を見下ろす名場面を思い描きながら、古都の春を満喫するのも一興だ。
京都南禅寺の南禅寺水路閣。1888(明治21)年にレンガで作られたアーチ型の水道橋です。全長93.2m、高さ9mもあるようです。
by ちぇりTop user
2018年5月9日
南禅寺の桜
3月下旬~4月上旬
臨済宗南禅寺派の大本山で京都屈指の観光名所。正応4年(1291年)、大明国師を開山に迎え、亀山上皇の離宮を寺に改めた。応仁の乱などで創建時の建物は焼失し、現在の伽藍のほとんどは桃山時代の再建。琵琶湖疎水の分線にある、レンガと花崗岩で作られた「水路橋」が敷地内を通っており、その風格ある佇まいが純和風な風情に不思議とマッチした独自の景観でも知られている。知恩院の三門(国宝)、仁和寺の二王門(重要文化財)と並び、京都三大門のひとつ南禅寺の三門(重要文化財)。また、高さ22メートルの三門に上ったところで眼下に広がるのは、一面薄紅色に染まった京都の町。歌舞伎「楼門五三桐」で石川五右衛門が「絶景かな、絶景かな」と桜を見下ろす名場面を思い描きながら、古都の春を満喫するのも一興だ。 さらに、山門と並び、南禅寺の見所である方丈庭園も忘れてはならない。桃山時代建築の国宝建造物「方丈」は一見の価値がある。「方丈」とは禅宗以外では金堂や本堂のこと。大方丈と小方丈から構成されており、大方丈は、御所の内裏清涼殿を移築したとされるもので、大小いくつかの部屋からなる入母屋造、こけら葺の歴史的建造物。小方丈は伏見城の遺構で「虎の間」と呼ばれる三室からなり、狩野探幽の作と伝えられる「水呑みの虎図」が納められてる。
Aaaa1434 5d4c 463c 93f7 a982365a1b2e
E820e6d8 6349 4669 92a1 52e7db6e09bb661f657d 976c 4557 bff5 32a3875489df8af9e7c1 fab2 40fd 8991 9bf6ca96417d37fdb689 c218 4b61 ab90 69b972f5ccc4