全国 史跡のよりみち案内

史跡のTOP USER
ちぇりさん
801428b1 3038 4abc 8a6e f07e1a0b0aed
B5c6bfd3 43d4 481e a499 b79ceab4aa9b
74a6fad9 98ed 47eb 855b ecd8e87350e3
9f79109d 520a 4a4d 9e8e 2afb3c792138
京都府宇治市にある藤原一族ゆかりの平等院。世界遺産にも登録されている平等院は「古都京都」を代表する歴史的建造物といて大変有名な観光名所でもあります。2012年9月から2014年9月までの2年間にわたり国宝「平等院鳳凰堂」の修復作業を行い、今では建立当時の姿で甦りました。
Bffa1759 9a33 4b19 bcfa 6183770bd9dd
平等院鳳凰堂 10玉でお馴染みの平等院鳳凰堂です。
5.0
by カメラ小僧
2018年8月29日
平等院の桜
3月下旬〜4月上旬
京都府宇治市にある藤原一族ゆかりの平等院。世界遺産にも登録されている平等院は「古都京都」を代表する歴史的建造物といて大変有名な観光名所でもあります。2012年9月から2014年9月までの2年間にわたり国宝「平等院鳳凰堂」の修復作業を行い、今では建立当時の姿で甦りました。 例年、3月下旬から4月上旬になると、平等院の桜は、国宝の鳳凰堂の周りを囲む阿字池の周辺にソメイヨシノ、シダレザクラが咲き誇ります。2018年から桜と鳳凰堂のライトアップの一般公開が開始、阿字池に映える鳳凰堂、桜の美しい光景を観に多くの観光客で賑わっています。
0ec5a6a5 74b9 48da a735 f1aa19ceb76c
平等院の藤
4月中旬〜5月中旬
京都府宇治市にある藤原一族ゆかりの平等院。世界遺産にも登録されている平等院は「古都京都」を代表する歴史的建造物といて大変有名な観光名所でもあります。2012年9月から2014年9月までの2年間にわたり国宝「平等院鳳凰堂」の修復作業を行い、今では建立当時の姿で甦りました。 平等院は「藤」の名所でもあります。主なところで平等院には2ヶ所の藤棚があります。一つ目は鳳凰堂を正面に見て左手、鳳凰堂の周りを囲む阿字池の北側。樹齢250年とも言われる「野田藤」の古木は、地面の砂にすれそうなぐらい長く花穂が伸びることから「砂ずりの藤」とも呼ばれていて、毎年4月下旬から5月上旬にかけて、流れ落ちる滝のような、美しい紫色の花房を咲かせます。二つ目は、表門の左側。紫と白色の藤がコントラストを奏でる大変美しい情景を観賞できます。
34bb8f79 eeb9 4c4a 88cf fe1e5c163249
平等院の紅葉
11月下旬~12月上旬
京都府宇治市にある「平等院」は、「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されている、平安時代に栄華を誇った藤原氏ゆかりの古寺です。10円硬貨のデザインにも使用されて広く知られている鳳凰堂をはじめ、阿弥陀如来坐像など多くの国宝が存在しています。阿字池周辺に沿って植えられたカエデ、イチョウが鮮やかな赤に色づき、鳳凰堂とともに水面に映り込む様は訪れた人々を魅了します。見頃の11月下旬~12月上旬の期間中には、紅葉と鳳凰堂をライトアップする夜間特別拝観も行われます。
2b52aa09 519c 4084 b991 06e317fe1f9f
関連記事あり
【京都 宇治市 観光】おすすめ5選!平等院に宇治上神社、三室戸寺
9499dd32 8f20 433f a03e 773e30f3f619

2659162b 3458 475c 899d 56615dddb8b9
81a9c862 6617 4ae0 ba7b e6c1dfc5c589
0c569930 ff6c 416a bef7 bd39527b1a33
長野県長野市の無宗派の単立寺院である善光寺。創建年は不明なものの、約1400年前の皇極天皇3年(644年)とも言われている由緒あるお寺です。平安時代の末期には、有名なお寺は決まって女人禁制でしたが、善光寺は男女関係なく庶民を救う寺として知られていました。身分も性別なく、お参りすれば誰でも極楽往生できると信じられていたそうです。江戸時代末には「一生に一度は善光寺詣り」と言われていたほど、庶民からも大変な人気のあるお寺でした。 また、国宝である本堂は仏堂の前面に長大な礼堂を配した撞木造と呼ばれる独特の構造を持ち、東日本最大の規模を誇る江戸中期仏教建築の傑作となっています。 さらに、善光寺は、日本最古と伝わる「一光三尊阿弥陀如来」を本尊とし、現在でも、7年目ごとに1度(6年間隔の丑年と未年)「善光寺前立本尊御開帳」が行われています。秘仏の本尊「一光三尊阿弥陀如来」の代りである「前立本尊」が開帳される。御開帳の時期には全国から多くの参拝者が訪れ、大変な賑わいとなっています。
User default image
善光寺ライトアップ 真冬の長野は寒いです
3.0
by kiki姫
0001年1月16日

Ba20e9bc 42ac 4986 aec2 34afa6e5b48c
5f08d57b 86a4 409c a641 2fe6ed635c33
747ebf8b 9966 4d83 8d0b 7ac3bc7f3929
江戸幕府初代将軍徳川家康が、慶長8年(1603年)に京都での宿泊所として築いた二条城。第3代家光が御水尾天皇を迎えるにあたり大規模な整備を行い、今の姿になりました。数々の歴史の舞台となった二条城は、第15代将軍慶喜が大政奉還を発表した場所としても有名です。貴重な歴史的遺構として、城内全域が史跡に指定されているほか、世界遺産にも登録されています。 二条城の一番の見どころは、国宝の二の丸御殿。武家風書院造りの遺構として大変貴重な建物で、各部屋は美しい欄間彫刻や狩野派の絵師たちによる豪華絢爛な襖絵などに彩られ、見ごたえがあります。 ほかにも国の特別名勝に指定された二の丸庭園や,重要文化財に指定された門や櫓など見どころ満載の二条城。ライトアップやイベントにも力を入れていて、何度も訪れる楽しみがあります。 庭園や古建築に歴史に思いを馳せながら、散策を楽しんでみてはかがでしょうか。
396fa66f c5cd 4c19 aa54 b26dd961c5ce
幻想的な世界 二条城のライトアップがとても綺麗でカメラ越しからの風景はカラフルで時が止まったように魅力的でした。
5.0
by なえ🦖
2018年11月23日
二条城の梅
2月中旬~3月中旬
徳川家康が上洛の際に、宿泊のために築いた城。3代家光が増築を行い1626年(寛永3)に現在の規模になる。また慶応3(1867)年には、15代将軍慶喜が大政奉還を発表した場所としても知られている。場内には奥の丸御殿の南西にある梅苑は、昭和29年に植えられた事が始まり。ここには1本の木に紅白の花をつける珍種「源平咲き分け(げんぺいさきわけ)」をはじめ、しだれ梅や紅梅、白梅、は50種約130本 が植えれ、さまざまなウメの花が楽しめる。見ごろは2月中旬~3月上旬頃。梅苑からは内堀や天守閣跡を望むこともできる。ウメの季節が終わると城内はサクラが開花して、吉野、枝垂桜、山桜、里桜など50品種約400本の桜が3月下旬~4月中旬まで人の目を楽しませてくれる。そのほかにも、ツバキ、トサミズキ、サザンカ、サルスベリなど四季を彩る花木に数多く出会うことができる場所となっている。
C7af8eb7 0e7d 4830 a086 eb996ab69f78
二条城の桜
3月下旬~4月中旬
徳川家康が上洛の際に、宿泊のために築いた城。城内にはヤマザクラ、ソメイヨシノ、シダレザクラなど約50種400本の桜が植栽されているが、大半は昭和30年代後半から40年前半に植えられたもの。また、本丸南の桜園には、アズマニシキ、フクロクジュ、シロタエと色々な種類のサトザクラ、ヤマザクラが植樹されている。見頃の時期には、桜と庭園をライトアップし、竹や陶器での光りのオブジェクトなどで幽玄の世界へと誘う。
9bea5ade 5ae9 447a 98c1 45b3aac499d9
関連記事あり
【京都 中京区 観光】おすすめ5選!二条城、六角堂に錦市場
C28356a8 07ef 41bd 8aab 639fd02db9b5

78458cdd 0e51 4203 92c6 e604a6e5b995
E820e6d8 6349 4669 92a1 52e7db6e09bb
14430e8c bb6d 4ef3 b540 2ef33cc71e9b
臨済宗南禅寺派の大本山で京都屈指の観光名所。正応4年(1291年)、大明国師を開山に迎え、亀山上皇の離宮を寺に改めた。応仁の乱などで創建時の建物は焼失し、現在の伽藍のほとんどは桃山時代の再建。琵琶湖疎水の分線にある、レンガと花崗岩で作られた「水路橋」が敷地内を通っており、その風格ある佇まいが純和風な風情に不思議とマッチした独自の景観でも知られている。京都三大門の一つ三門(重文)、方丈(国宝) 。さらに、高さ22メートルの三門に上ったところで眼下に広がるのは、一面薄紅色に染まった京都の町。歌舞伎「楼門五三桐」で石川五右衛門が「絶景かな、絶景かな」と桜を見下ろす名場面を思い描きながら、古都の春を満喫するのも一興だ。
F73aee75 3238 477a 8ab4 3e6f845059f6
南禅寺の湯豆腐 南禅寺の湯豆腐は水の違い、もちろん豆腐の違いなど他では食べられない京都のグルメです。
5.0
by コニタンTop user伝統芸能・大衆芸能
2013年8月17日
南禅寺の桜
3月下旬~4月上旬
臨済宗南禅寺派の大本山で京都屈指の観光名所。正応4年(1291年)、大明国師を開山に迎え、亀山上皇の離宮を寺に改めた。応仁の乱などで創建時の建物は焼失し、現在の伽藍のほとんどは桃山時代の再建。琵琶湖疎水の分線にある、レンガと花崗岩で作られた「水路橋」が敷地内を通っており、その風格ある佇まいが純和風な風情に不思議とマッチした独自の景観でも知られている。知恩院の三門(国宝)、仁和寺の二王門(重要文化財)と並び、京都三大門のひとつ南禅寺の三門(重要文化財)。また、高さ22メートルの三門に上ったところで眼下に広がるのは、一面薄紅色に染まった京都の町。歌舞伎「楼門五三桐」で石川五右衛門が「絶景かな、絶景かな」と桜を見下ろす名場面を思い描きながら、古都の春を満喫するのも一興だ。 さらに、山門と並び、南禅寺の見所である方丈庭園も忘れてはならない。桃山時代建築の国宝建造物「方丈」は一見の価値がある。「方丈」とは禅宗以外では金堂や本堂のこと。大方丈と小方丈から構成されており、大方丈は、御所の内裏清涼殿を移築したとされるもので、大小いくつかの部屋からなる入母屋造、こけら葺の歴史的建造物。小方丈は伏見城の遺構で「虎の間」と呼ばれる三室からなり、狩野探幽の作と伝えられる「水呑みの虎図」が納められてる。
Aaaa1434 5d4c 463c 93f7 a982365a1b2e
南禅寺の紅葉
11月中旬~11月下旬
京都府京都市にある「南禅寺」。臨済宗南禅寺派の大本山で約45,000坪という広大な敷地を有しています。11月中旬から色づき、11月中旬~11月下旬に見頃を迎えると約300本ものカエデが広大な境内を鮮やかに彩ります。日本3大門の一つに数えられる重厚な三門や小堀遠州が作庭した方丈庭園に映える紅葉は圧巻の美しさです。また、ライトアップも実施され、ライトアップ期間中は普段上がることのできない書院から南庭を見ることができます。
関連記事あり
【京都 左京区】おすすめ観光・名所5選!銀閣寺、南禅寺に京都市動物園
Bad5917e c1c0 4d72 8d3f db1c6ad9a70a

Ba9674f9 6626 4106 bc6b e99d64b91b33
4299c604 7375 4684 917c 6660dddc4d59
Bf9e7a49 155e 494e bb01 34decf65bffa
世界遺産に登録されている「下鴨神社」。豊かな自然が残る「糺の森(ただすのもり)」やみたらし団子の発祥の地として知られる「御手洗池」など、見どころが多く京都屈指の人気を誇る観光スポットです。 そんな下鴨神社で今回ご紹介するのは、本殿前にある「言社(ことしゃ)」という小ぢんまりとした社。言社に祀られる大国主命(おおくにぬしのみこと)は、働き別に異なる7つの名前を持つとされ、その名前ごと7つの社が鎮座しています。 言社は干支の守護神として有名で、「大国さま」と呼び親しまれ古くから信仰を集めてきました。7つの社はそれぞれ1~2つの干支を守護。亥年の守護神は二言社に祀られる大物主命(おおものぬしのかみ)なので、ぜひチェックしてみて下さいね。 毎年1月には「初えと祭り」も開催される言社。その年の干支や自分の干支にお参りしてみてはいかがでしょうか。
User default image
紅葉季節の朝の糺の森 朝日差しが指してきた時点、この古い森が突然目覚めたみたいで、幻想的で素敵な感じがします。
5.0
by john_summer
2018年12月2日

58513d0f 8cdb 4483 9dc7 495ac8f57ff1
Afc18b0c a71d 40c4 8f71 0185a097f6d8
4049b5b0 2861 4586 a3ea ced004824e3e
37280add 04b4 49bd b8fc cc621f50caac
竹林を歩む 高台寺 秋の夜間特別拝観経路途中にある竹林がライトアップされて綺麗だったの切り取ってみました。
4.0
by Katsumi IshibashiTop user特別史跡
2018年11月23日
高台寺の桜
3月下旬〜4月中旬
八坂神社からほど近い場所にある高台寺は、1606年(慶長11年)豊臣秀吉の正室北政所ねねが秀吉の菩提を弔うため創建。寺号は高台寿聖禅寺。伏見城の一部を移築、壮観を極めたが、応仁の乱などで火災に遭い、今は表門、開山堂、霊屋(おたまや)と茶室傘亭・時雨亭(いずれも重文)等を残す。秀吉と北政所の坐像を安置する霊屋内部に施された蒔絵文様は、「高台寺蒔絵」として有名。茶室傘亭の天井は、丸太と竹とで組んだ珍しいもので、時雨亭とともに桃山時代茶室建築の代表とされるが、春の境内には、その絢爛豪華な文化を象徴するかのような桜の花が咲き誇る。古くからコウダイジザクラが見られる寺として知られていたが、江戸後期から方丈の前に広がる「波心庭」のシダレザクラが有名となり、現在のシダレザクラは4代目。開花時にはライトアップされ夜間特別拝観もできるので、白砂に薄桃色が映えるたおやかな趣きを、心静かに鑑賞してみたい。
5ae20046 9ce3 4d92 ae16 f6f9d3127541
高台寺の紅葉
11月中旬~12月上旬
京都府京都市にある「高台寺」。1606年(慶長11)、豊臣秀吉の正室である北政所(ねね)が、秀吉の菩提を弔うために建立されたことで有名な寺です。ヤマモミジ、イロハモミジなどが11月中旬から色づき始め、11月中旬~12月上旬に見頃を迎えます。紅葉シーズン中に実施されるライトアップの演出が人気で、方丈前庭「波心庭」に映し出されるプロジェクションマッピングなど光のアートが見どころです。その他、鏡のような水面に紅葉が映り込む臥龍池などもおすすめです。
0b73cac2 10f5 4c64 a23f 0ff9e06c8430
関連記事あり
【関西】除夜の鐘をつける場所17選
Bde24f80 43fe 4927 afc1 80bb78c1cac1
関連記事あり
【京都】除夜の鐘をつける場所7選
478a6d68 77cb 48c1 9cd8 289b3f4c56db

8304143e 0d96 4bb7 92d3 b64e07155d4f
D9f1048e 458a 46e3 a0b4 f41a91b9c25f
9f110a77 39ce 4091 afe7 252b6d401e81
嵐電嵐山駅のすぐ近くに位置する天龍寺。世界遺産にも登録され、渡月橋とともに嵐山観光の定番スポットです。夢窓国師によって開かれた臨済宗天龍寺派大本山で、正しくは霊亀山天龍資聖禅寺といいます。暦応2年(1339年)、足利尊氏が奈良吉野で亡くなった後醍醐天皇の菩提を弔うために創建されました。一番の見どころは、夢窓国師が手掛けた曹源池(そうげんち)庭園。池と石組みを中心とした庭園は、約700年前の作庭当時の面影をとどめ、日本で初めて史跡・特別名勝に指定されました。嵐山や亀山を借景に取り入れたスケールの大きなお庭は、建物の中から眺めたり、池の周りを散策したりと色々な楽しみ方ができます。庭園を彩る四季折々の花も美しい天龍寺。紅葉の名所としても有名なので、ぜひ訪れてみてください。
E8dbd489 151b 49cc ac6d ac80e4b0dfb4
京都 天龍寺 嵐山・天龍寺です。嵐山といえば京都の紅葉の名所のひとつです。天龍寺といえば池と紅葉が見事にマッチしています。1枚目は池の鯉と紅葉を合わせてみました。
5.0
by hazuki@カメラ初心者
2018年11月20日