全国 花の名所のよりみち案内

花の名所のTOP USER
平岩蘭さん
90f799c2 68be 4938 9ef4 1542a9df0c99

日付指定

日付を指定する
C939fca7 7e58 447f 9f59 60697bcb9f59
38fda589 3fa3 4fb8 8b8e 970c6a68b4a6
4c1cd045 26d4 45ca b9d2 7f94ab632e9c
東京・調布市、京王線の調布駅からバスで20分ほどの場所にある「神代植物公園」。約1万5,000坪の敷地には約4,800種類、10万本・株の樹木が植えられていて、四季を通じて草木の姿や花の美しさを味わうことができます。もともとこの場所は街路樹を育てるための苗園でしたが、戦後に緑地として公開された後、1961年(昭和36年)10月20日に都内唯一の植物公園として開園しました。バラ園、つつじ園、うめ園、サクラ、水生植物園のほか、裏山の雑木林に、2016年にリニューアルした熱帯植物の大温室など見どころが豊富です。
57da8da4 36fe 4de2 8c23 2cf9c33af8b6
薔薇と雫
5.0
by りり
2018年7月27日

82d87d12 c037 4b33 ab8a 6cb124c85206
Df4a41e7 6c65 4af0 a6c1 ad8de328cb5f
Bcd042c3 6b59 4541 aaaa e7c683289000
平成2年に「国際花と緑の博覧会(花博)」が開催された会場跡地にある公園。公園の面積は約122.56haで東京ドーム約26個分もの広大な広さで、大阪を代表する公園。園内には日本庭園、国際庭園、乗馬園、球技場、運動場、温水プールのスポーツ施設などのほか、バーベキュー広場やキャンプ場なども備わっています。花博記念公園鶴見緑地のシンボルの風車前の広場には、春にはチューリップ、ネモフィラが広がり、鮮やかな彩りを見せてくれる。また、夏はひまわり、彼岸花、サルビア、秋はコスモスと花が次々と咲く。花の万博の際にパビリオンとして建設された「咲くやこの花館」(大人500円、中学生以下無料)には日本最大の温室があり、植物約2,600種、約15,000株を温室、冷室8つのゾーンにわけて栽培展示する総合植物館で、世界各地の植物が一年中見られる。さらに緑の中でバーベキューやキャンプを楽しむことができる設備が整い、家族や仲間同士で気軽にアウトドア気分を味わうこともできる。
User default image
花博鶴見緑地公園。
4.0
by へなちょこTop userシャクナゲ
2018年6月28日
花博記念公園鶴見緑地の桜
3月下旬〜4月上旬
昭和47年(1972年)4月に開園。1990年に開催された通称「花の万博」のメイン会場となった花博記念公園鶴見緑地。公園の面積は約122.56haで東京ドーム約26個分もの広大な広さです。園内には日本庭園、国際庭園、乗馬園、球技場、運動場、温水プールのスポーツ施設などのほか、バーベキュー広場やキャンプ場なども備わっています。また、温室栽培展示する「咲くやこの花館」には約2,600種、約15,000株の植物、そのほかにも、春には桜やチューリップ、ネモフィラ、夏にはひまわり、彼岸花、秋にはコスモスや紅葉など1年を通じて四季を感じられるスポットです。 花博記念公園鶴見緑地の桜はソメイヨシノやヨウコウザクラが植えられています。約1,400本咲いていますが、その過半数以上がソメイヨシノ。傘状になる大きな樹形に、淡いピンク色の花が園内に咲き乱れます。
1323d289 71c2 41fd 93d1 43f107d76962
花博記念公園鶴見緑地のチューリップ
4月上旬〜4月中旬
平成2年に「国際花と緑の博覧会(花博)」が開催された会場跡地にある公園。園内は、約126haという大阪市と守口市にまたがる広大さで、大阪を代表する公園。シンボルの風車前の広場には、春にはチューリップが広がり、鮮やかな彩りを見せてくれる。また、夏はサルビア、秋はコスモスと花が次々と咲く。花の万博の際にパビリオンとして建設された「咲くやこの花館」(大人500円、中学生以下無料)には日本最大の温室があり、植物約2,600種、約15,000株を温室、冷室8つのゾーンにわけて栽培展示する総合植物館で、世界各地の植物が一年中見られる。さらに緑の中でバーベキューやキャンプを楽しむことができる設備が整い、家族や仲間同士で気軽にアウトドア気分を味わうこともできる。
C36fef7d 5fa7 4357 bdaa b87cfec7498a
花博記念公園鶴見緑地のネモフィラ
4月中旬〜5月上旬
平成2年に「国際花と緑の博覧会(花博)」が開催された会場跡地にある公園。園内は、約126haという大阪市と守口市にまたがる広大さで、大阪を代表する公園。シンボルの風車前の広場には、春にはネモフィラ、チューリップが広がり、鮮やかな彩りを見せてくれる。また、夏はサルビア、秋はコスモスと花が次々と咲く。花の万博の際にパビリオンとして建設された「咲くやこの花館」(大人500円、中学生以下無料)には日本最大の温室があり、植物約2,600種、約15,000株を温室、冷室8つのゾーンにわけて栽培展示する総合植物館で、世界各地の植物が一年中見られる。さらに緑の中でバーベキューやキャンプを楽しむことができる設備が整い、家族や仲間同士で気軽にアウトドア気分を味わうこともできる。
61f37e32 52e5 42d2 928d dc38725c93eb

5f7227dc a447 4214 a9df f12056d85937
6e58c4f6 ccb3 44b8 9644 56719ea94e66
2ab4a4a7 9874 438f 81f5 774beb493a5b
春に咲き誇っていた「チューリップの花園」(五千平方メートル)に、夏には22種約1万株のヒマワリが咲き誇る。同園では2005年から特定非営利法人の会員によるヒマワリの植え付けを実施し、ボランティアが苗を植え付けを行っている。ヒマワリは、一重咲き、半八重咲き、八重咲きがあり、花の色もイエロー系、オレンジ系など多彩。また、さわやかなレモンイエローの「ゴッホのひまわり」、ココアのような赤褐色の花びらが特徴の「ココア」など様々なヒマワリが楽しめる。また、開花期間には他にムクゲ、花菖蒲、フヨウ、サルスベリ、ミソハギ、オミナエシなども見られる。
9ff042f2 2c94 4916 8ab1 d15bb7987c96
大阪府 万博記念公園にて。
5.0
by しょへお
2018年6月26日
万博記念公園の梅
2月中旬~3月中旬
万博公園内には、5500㎡の敷地の自然文化園があり花の名所としても知られる。この自然文化園内には、日本庭園の梅林と、珍しい品種も見ることができる梅林、合せて2ヶ所の梅林があり合計143品種約680本のウメに出会える。また、万博記念公園は、世界一のウメ品種を誇る梅林を目指し、毎年新しい品種のウメを収集している。そのため、「桃山」、「月の光」、「朱鷺の舞」、「黄金梅」、「邦彦紅」、「茶筅」といった珍しいウメにも出会うことができる。見頃の時期には、毎年恒例の『万博記念公園梅まつり』を開催。また梅林で採れたウメの実も、実る時期には販売されている。ちなみに、ウメの原産地は中国の長江中流、湖北省の山岳部。中国では、3000年以上前からすでにウメは薬用として用いられ、日本には青梅を薫製・乾燥した「烏梅(うばい)」という形で伝えられたという。
万博記念公園の桜
3月下旬〜4月上旬
昭和45年(1970)に開催された日本万国博覧会会場跡地を文化公園として整備した公園で、約260万㎡もの広大な敷地には、緑豊かな自然文化園や日本庭園をはじめ、スポーツ、文化施設が揃い、市民の憩いの場となっている。また「日本さくら名所100選」に選ばれているように桜の名所としての顔も持つ。3月中旬には自然文化園付近のシダレザクラが開花を始め、4月下旬からは5,500本のうちの約半数を占めるソメイヨシノが一斉に開花し、園内をピンク色に染め上げる。さらに4月上旬になると太陽の塔付近でオオシマザクラが、中旬になると日本庭園でヤエザクラが咲き誇るというように、長い期間に渡って桜を楽しめるのも万博記念公園の特徴だ。桜まつり期間中は夜間ライトアップもあり、桜の美しさをたっぷりと満喫できる。日中の華やかな桜、ライトに照らされた艶やかな夜桜、どちらも見応え十分で、昼と夜で全く違う桜を見ることができるのも、万博記念公園のお花見の楽しみ方の一つだ。
6e56d9a8 6a24 434f 98c2 63cff741d050
万博記念公園のポピー
4月上旬〜5月下旬
1970年に開催された「日本万国博覧会」の跡地に「緑に包まれた文化公園」として、「日本庭園」「自然文化園」さらに文化・スポーツ・レジャー・宿泊施設群が整備された、総面積約260haの公園。万博記念公園の花畑に咲くポピーはアイスランドポピーとシャーレーポピー。自然文化園花の丘では約38万本ものアイスランドポピーが丘一面を覆うように咲き誇ります!アイスランドポピーの見ごろが終わると、今度は入れ替わるようにシャーレーポピーが花畑に登場します。
481cc5b0 be4a 49b4 aea4 dc1519ce28f3
万博記念公園のポピー
4月上旬~5月下旬
大阪・関西のみならず世界中からのべ6,400万人を超える入場者が訪れ、成功裏にその幕を閉じた1970年の大阪万博。その跡地に整備されたのが総面積260haの「万博記念公園」です。 万博記念公園の花畑に咲くポピーはアイスランドポピーとシャーレーポピー。自然文化園花の丘では約38万本ものアイスランドポピーが丘一面を覆うように咲き誇ります!アイスランドポピーの見ごろが終わると、今度は入れ替わるようにシャーレーポピーが花畑に登場します。
12056ade e58e 48b7 9ceb f9d0db922ad6
万博記念公園平和のバラ園のバラ
5月中旬〜6月中旬
1970年に開催された「日本万国博覧会」の跡地に「緑に包まれた文化公園」として、「日本庭園」「自然文化園」さらに文化・スポーツ・レジャー・宿泊施設群が整備された、総面積約260haの公園。その中でも「自然文化園」は岡本太郎氏による博覧会のシンボル「太陽の塔」の裏側の日本庭園前にあるのが「平和のバラ園」。敷地面積、約6,000平方メートルあり、万博開催時に世界9カ国より寄贈されたバラを中心に84品種約5,600株が植えられている。寄贈を受けたのは、ベルギー、カナダ、ドイツ、フランス、ニュージーランド、デンマーク、イギリス、アメリカ、日本の9カ国。見頃の期間にはローズフェスタが開催され、コンサートなどイベントも楽しめる。
5356161a 1cd4 4689 8bc0 61cbca290a59
万博記念公園のあじさい
6月上旬〜6月下旬
865eb6ed 9be6 4428 8e23 e31f46a12dd3
万博記念公園の蓮・睡蓮
5月中旬~8月下旬
1970年開催の「日本万国博覧会」の跡地に整備された、総面積約260haの公園の「万博記念公園」。園内にある日本庭園の「はす池」では26種・1,200株の蓮が咲き、睡蓮も日本庭園の「はす池」と自然文化園の「水車茶屋」で見られる名所になります。 特に蓮が見頃を迎える時期の6月下旬~7月中旬にかけては、早朝から蓮の開花を見る「観蓮会(かんれんかい)」が催されます。 また同期間に開催される、穴を開けた蓮の葉を持ち上げてお酒を注いで長い茎の先から飲む「象鼻杯(ぞうびはい)とハス酒の試飲会」というイベントもおすすめです。
3f51dbb9 3d2e 466a 8d1a d0e15bca9d00
関連記事あり
【大阪 吹田市 観光】おすすめ5選!万博記念公園にスキュルチュール江坂
94fc4123 c702 4520 99f1 da7464b791dc
関連記事あり
【関西】コスモス畑の名所・見頃おすすめ14選(2018)
Bcac32d4 8edf 4b9e 9b90 69e8fdd16a89
関連記事あり
夏の朝に見に行こう!【関西】蓮や睡蓮の名所・見頃おすすめ5選
7ae6106a eb1e 4141 9910 1b06ce0d7a09
関連記事あり
日帰りで行ける!【関西】バラの名所・見頃おすすめ7選
4768ffbd 6605 49ad a6c2 2673c6358025
関連記事あり
大阪から日帰りで行ける!【関西】ポピーの花畑の名所・見頃5選!
5031ec2e 4349 4b37 8f09 e37e7733a4c3

C6d8d4d5 af56 4af3 8b36 54492e2cbbe1
121d450a 2612 4ae6 b04b fc101c97fd16
9b6cd491 8c78 4bc5 822a 53c227cec53a
鳥取県の西部に位置する「とっとり花回廊」は、東京ドーム約11個分に相当する総面積50haの広大な敷地に400種類、200万本の花を咲かせ、国内でも有数のフラワーランド。園内には、雨の日でも傘を持たずに散策できる日本初の屋根付き展望回廊やフラワードームなどの魅力あふれる施設があり、四季折々の美しい草花を満喫できる。なかでも日本原産のユリ全15種をはじめ、国内外の原種ユリ約20種が楽しめ、総合計9万球のゆりが順次開花。スカシユリ、オーレリアン、ハイブリッド、テッポウユリ、ダブル、オリエンタルの6つの種類ごとに森をつくり、それぞれの魅力を伝える。国内では同園でしか見られない原種ユリを一堂に集めた「原種ゆり展」もゆりの館で開催される。土日祝日を中心に実施しているムーンライトフラワーガーデンでは、ユリ園の開園期間中は日本を代表する照明デザイナー石井幹子さんのデザインによる月明かりをイメージした柔らかい照明で、園内の木々や花の色を美しく引き立たせ、昼間とはひと味違うライトアップされた幻想的な世界を魅せてくれる。
3f447e15 f206 41c9 b756 200c1211b04f
見る方向から姿を変える大山と、青い空。木陰でしばらく休んでいました。都会では目にすることができない、味わえない一時でした。
5.0
by リフトマンの休日写真Top user百合
2018年6月21日

Cd01154b 1502 4d54 9f05 8af96b96c8cf
6e1aa19d efcc 4322 8245 82723d1a5f25
019625e4 2e78 447d b015 d96caaf2a99d
南蔵院のすぐ裏手にある水元公園は、小合溜に沿って造られた、都内で唯一水郷の景観をもった公園です。水元公園は小合溜に沿って造られた、都内で唯一水郷の景観をもった公園です。昭和50年まで、このあたりは都立江戸川水郷自然公園に指定されていました。小合溜から引いた大小の水路が園内を走り、水郷景観を作りだしています。園内にはポプラ並木やメタセコイアの森、ハンノキなど水辺に強い樹木が生育し、ハナショウブ、スイレン、コウホネといった水生植物を多く見ることができます。 水元公園は桜や花菖蒲の名所としても有名です。3月下旬から4月上旬にかけては美しい遊歩道の桜を、6月上旬から下旬には約100品種20万本の花菖蒲を楽しむことができます。また、花菖蒲の季節には菖蒲祭りも開催されます。 桜や花菖蒲の咲く季節はもちろんですが、水元公園では一年を通して美しい景観が楽しめます。釣り場、ポプラ並木、「生きた化石」メタセコイヤの森、中央広場、フィールドアスレチックス、バードサンクチュアリーがあり、都の天然記念物「オニバス」や絶滅危惧種「アサザ」の自生地としても知られています。
4ef81397 36ae 4132 9342 dc05f2c9eae9
外国みたい 日本なのに外国にいるかのように思えてくる お気に入りの公園。 メタセコイアの紅葉は見事です!
5.0
by moss-green-mihoTop user日本の滝百選
2018年12月8日