全国 花の名所のよりみち案内

花の名所のTOP USER
平岩蘭さん
90f799c2 68be 4938 9ef4 1542a9df0c99

日付指定

日付を指定する
D96f521b e343 4aaf 886e 5f01c8793a1f
B2846b49 4807 48cc a3af ffbd78cfa10d
7773d48f e29f 4711 b61f 8fcbcb28e84f
矢田丘陵の中心矢田山の中腹にあり、日本最古の延命地蔵菩薩を安置し、天武天皇の勅願寺として知られる。境内付近一帯は、県立矢田自然公園に指定されており、矢田丘陵ハイキングコースとしても親しまれている。境内には石仏が多く、通称「矢田のお地蔵さん」が出迎えてくれる。25,000㎡の境内にあるあじさい園では、約60種類、1万株が植えられ見事に咲き誇る。あじさいの丸い花は、お地蔵さんの手に持っておられる宝珠の形でもあり、本尊様であるお地蔵さんにちなんで、昭和40年頃から植え始めたという。また、境内には石仏が多く、自家製の味噌を口元に塗ると味がよくなるという、「味噌なめ地蔵」は特に有名で知られる。また、寺よりバスで5~6分の所に「奈良県立民俗公園」があり、広い自然公園の中に奈良県内の古民家(国重文を含む)が多数移築されており、 6月上旬~中旬頃には園内の花しょうぶ園も楽しめる。
7f7186c8 baef 4bf3 bae9 1b5e79576e24
奈良県の矢田寺へ行ってきました。 ちょうど雨上がり、満開のとてもタイミングの良いときに行けました!
5.0
by muumimuu
2018年6月24日

82d87d12 c037 4b33 ab8a 6cb124c85206
Df4a41e7 6c65 4af0 a6c1 ad8de328cb5f
374452d1 959b 4166 89a2 7737fffeb63d
平成2年に「国際花と緑の博覧会(花博)」が開催された会場跡地にある公園。公園の面積は約122.56haで東京ドーム約26個分もの広大な広さで、大阪を代表する公園。園内には日本庭園、国際庭園、乗馬園、球技場、運動場、温水プールのスポーツ施設などのほか、バーベキュー広場やキャンプ場なども備わっています。花博記念公園鶴見緑地のシンボルの風車前の広場には、春にはチューリップ、ネモフィラが広がり、鮮やかな彩りを見せてくれる。また、夏はひまわり、彼岸花、サルビア、秋はコスモスと花が次々と咲く。花の万博の際にパビリオンとして建設された「咲くやこの花館」(大人500円、中学生以下無料)には日本最大の温室があり、植物約2,600種、約15,000株を温室、冷室8つのゾーンにわけて栽培展示する総合植物館で、世界各地の植物が一年中見られる。さらに緑の中でバーベキューやキャンプを楽しむことができる設備が整い、家族や仲間同士で気軽にアウトドア気分を味わうこともできる。
D658d270 8a1f 4f6a ab13 45f5628dbd6f
ネモフィラとチューリップ オランダにも負けないこの風景。大阪しないです。
5.0
by mika chan
2019年4月20日
花博記念公園鶴見緑地のヒマワリ
8月下旬〜10月下旬
平成2年に「国際花と緑の博覧会(花博)」が開催された会場跡地にある公園。園内は、約126haという大阪市と守口市にまたがる広大さで、大阪を代表する公園。シンボルの風車前の広場には、春にはチューリップが広がり、鮮やかな彩りを見せてくれる。また、夏はサルビア、秋はコスモスと花が次々と咲く。花の万博の際にパビリオンとして建設された「咲くやこの花館」(大人500円、中学生以下無料)には日本最大の温室があり、植物約2600種、約15,000株を温室、冷室8つのゾーンにわけて栽培展示する総合植物館で、世界各地の植物が一年中見られる。さらに緑の中でバーベキューやキャンプを楽しむことができる設備が整い、家族や仲間同士で気軽にアウトドア気分を味わうこともできる。
68bfecaa 8dfa 4118 a050 5b351ac4889b
花博記念公園鶴見緑地の桜
3月下旬〜4月上旬
昭和47年(1972年)4月に開園。1990年に開催された通称「花の万博」のメイン会場となった花博記念公園鶴見緑地。公園の面積は約122.56haで東京ドーム約26個分もの広大な広さです。園内には日本庭園、国際庭園、乗馬園、球技場、運動場、温水プールのスポーツ施設などのほか、バーベキュー広場やキャンプ場なども備わっています。また、温室栽培展示する「咲くやこの花館」には約2,600種、約15,000株の植物、そのほかにも、春には桜やチューリップ、ネモフィラ、夏にはひまわり、彼岸花、秋にはコスモスや紅葉など1年を通じて四季を感じられるスポットです。 花博記念公園鶴見緑地の桜はソメイヨシノやヨウコウザクラが植えられています。約1,400本咲いていますが、その過半数以上がソメイヨシノ。傘状になる大きな樹形に、淡いピンク色の花が園内に咲き乱れます。
1323d289 71c2 41fd 93d1 43f107d76962
花博記念公園鶴見緑地のチューリップ
4月上旬〜4月中旬
平成2年に「国際花と緑の博覧会(花博)」が開催された会場跡地にある公園。園内は、約126haという大阪市と守口市にまたがる広大さで、大阪を代表する公園。シンボルの風車前の広場には、春にはチューリップが広がり、鮮やかな彩りを見せてくれる。また、夏はサルビア、秋はコスモスと花が次々と咲く。花の万博の際にパビリオンとして建設された「咲くやこの花館」(大人500円、中学生以下無料)には日本最大の温室があり、植物約5,500種15,000株を栽培展示する総合植物館で、世界各地の植物が一年中見られる。さらに緑の中でバーベキューやキャンプを楽しむことができる設備が整い、家族や仲間同士で気軽にアウトドア気分を味わうこともできる。
C36fef7d 5fa7 4357 bdaa b87cfec7498a
花博記念公園鶴見緑地のネモフィラ
4月中旬〜5月上旬
平成2年に「国際花と緑の博覧会(花博)」が開催された会場跡地にある公園。園内は、約126haという大阪市と守口市にまたがる広大さで、大阪を代表する公園。シンボルの風車前の広場には、春にはネモフィラ、チューリップが広がり、鮮やかな彩りを見せてくれる。また、夏はサルビア、秋はコスモスと花が次々と咲く。花の万博の際にパビリオンとして建設された「咲くやこの花館」(大人500円、中学生以下無料)には日本最大の温室があり、植物約2,600種、約15,000株を温室、冷室8つのゾーンにわけて栽培展示する総合植物館で、世界各地の植物が一年中見られる。さらに緑の中でバーベキューやキャンプを楽しむことができる設備が整い、家族や仲間同士で気軽にアウトドア気分を味わうこともできる。
61f37e32 52e5 42d2 928d dc38725c93eb

Dce12a61 b845 4dbd 880d 607c289ac5eb
55dd1a22 1fe7 47cc 9f23 1ae94f31e0cc
59c9746f b745 4433 9b6b ff9a6c105046
鎌倉観光において、鎌倉の大仏と並ぶ有名な観光スポットでもある「長谷寺」。長谷寺の創建は8世紀、中臣鎌足の孫の藤原房前によって、十一面観音像を本尊として創建されたといわれています。長谷寺は四季を通じて様々な花が見られることから「鎌倉の西方極楽浄土」と称されます。 境内には、鎌倉の海と街並みが一望できる「見晴台」、傾斜地を利用した「眺望散策路」があり、鎌倉でも有数の景勝地です。最奥にある「見晴台」と「眺望散策路」の周辺、長谷寺の経蔵(輪蔵)の背後にある斜面に植えられたあじさいは、40種以上約2,500株の多様な品種のあじさいが群生しており、「アジサイの小径(こみち)」として散策も楽しめます。あじさいの時期は休日だけでなく平日も込み合うのが長谷寺ですが、鎌倉を訪れた際にはぜひよりたい必須の名所です。
User default image
鎌倉の長谷寺のあじさいは印象的でした。
4.0
by おとのすけ
2018年7月22日

1606fdcf 3feb 4dcd 9a9b 8cad6e870023
1aa610c5 62a9 453a 812f 75bd627b2838
E12c21f5 2ee8 4e57 8b8f cf6823102307
愛知県蒲郡市の形原温泉。蒲郡市内の西浦温泉、三谷温泉と共に蒲郡温泉郷のひとつです。毎年6月になると、形原温泉にある補陀ヶ池周辺に整備された「あじさいの里」遊歩道沿いに約5万株のあじさいが咲き誇ります。あじさいの里は、山肌の傾斜地に整備されており、斜面には約120種の色鮮やかなあじさいが所狭しと咲いています。形原温泉あじさいの里は、6月の約1ヶ月間に渡り「形原温泉あじさい祭り」が開催。毎年、約10万人の来訪者があり、期間中は臨時バスも運行されているほど人気のあるスポットです。「形原温泉あじさい祭り」では、夜間にライトアップも開催。青い空と太陽の下のあじさいとはまた違った幻想的な光景を目にすることができます。また、あじさいの里からは蒲郡の夜景が一望できる絶景ポイントも。さらに、あじさいガーデン ほたるの宿まで進むと、20時前後にゲンジボタルを観賞できるチャンスがあります。気象条件にもよりますが、ゲンジボタルとあじさいのコラボレーションを楽しみに是非訪れたいスポットですね。
User default image
蒲郡市にあるあじさいの里 あじさいが一面に広がってる景色を初めて見ました。 夜が近づきライトアップも始まり幻想的でした。 あじさいと海と夕暮れがとてもきれいでした!
5.0
by あやみん
2018年6月16日

6ab5cc19 ad2c 4991 b425 90fc7dffe14e
5b558232 c71c 480f b664 db762c494467
Abf532d2 5ce9 40b0 94fc 3fb568c1e657
花をテーマにした施設とした東海地区最大級の花畑のなばなの里。約13,000坪の敷地に春の梅、桜、チューリップ、バラ、夏のあじさい、花しょうぶ、秋のコスモス、ダリアなどを観賞することができます。国内最大級スケールのあじさい・花しょうぶ園では、50種類70,000株のあじさいと、50種8,000株の花しょうぶが植えられ、5月下旬頃から見頃を迎えます。中央の棚田では様々な品種の花しょうぶが見られ、他にも200m続くあじさい棚「あじさいロード」は必見です。珍しい品種も並び楽しませてくれる他、夜はライトアップもあり静かな雰囲気の中、夕涼みを満喫できます。
User default image
なばなの里へ梅雨空の下はなしょうぶを見に行きました。
3.0
by kk
2018年6月10日

07352cf3 fe54 4390 94ca ea04b346d415
C57e3986 e5d7 4fbd a384 ba9aa5d2308d
4c833cc6 3c8a 423e b0bd 2ecfa635a15b
テレビドラマ「北の国から」で知られるのが富良野のラベンダー畑。60年代から北海道のラベンダーは、一時は富良野地に適した花として次々と農家が生計の為に植えていた。だが、時代と共に値段の安い化学香料に押され、ほとんどの農家が作物栽培へと転換して姿を消してしまう。そんな中で、今では富良野の代表的な花畑として知られる『ファ−ム富田』の富田忠雄氏は、こんな状況の中でも孤軍奮闘して栽培を続けていた。だが、「もう来年はラベンダー畑をやめて整地しよう」と、思ったが、妻の助言もあり、1年だけ延期した。そして翌年の75年6月、ラベンダー畑がたまたま当時の国鉄のカレンダーに載り、その光景の美しさは魅せられ全国の人々が訪れ始めた。 そんな人たちが感動する姿に、富田氏は励まされて再度、栽培に打ち込んだ。そして何とかラベンダーを生かそうと家族総出で作ったラベンダーの匂い袋や香水が富良野のお土産として評判になり、植物性香料の優秀性が見直された。一度は、あきらめようと思ったラベンダー畑には、遠くアジアなど海外からも含めて年間100万人以上の人々が訪れている。ラベンダーに打ち込んだ富田氏の熱意が生んだ、美しい花畑の風景に多くの人々は魅了されている。また、ファーム富田ラベンダー栽培50周年の2008年に「ラベンダーイースト」がオープン。ファーム富田より東へ約4キロメートルの場所にある。東には十勝岳連峰、南には夕張山地がそびえ立ち目の前には一面のラベンダー畑が広がり、ここでしか見られない贅沢な眺めが楽しめる。
B83682a9 16c6 420e 852e 492016ed1941
花園 多くの花がいっぱいに咲きほこる花園はまるでパラダイス。 写真で見慣れた風景の中にも新たな発見に出会う。
3.0
by なかよし
2017年7月16日

5f7227dc a447 4214 a9df f12056d85937
6e58c4f6 ccb3 44b8 9644 56719ea94e66
2ab4a4a7 9874 438f 81f5 774beb493a5b
春に咲き誇っていた「チューリップの花園」(五千平方メートル)に、夏には22種約1万株のヒマワリが咲き誇る。同園では2005年から特定非営利法人の会員によるヒマワリの植え付けを実施し、ボランティアが苗を植え付けを行っている。ヒマワリは、一重咲き、半八重咲き、八重咲きがあり、花の色もイエロー系、オレンジ系など多彩。また、さわやかなレモンイエローの「ゴッホのひまわり」、ココアのような赤褐色の花びらが特徴の「ココア」など様々なヒマワリが楽しめる。また、開花期間には他にムクゲ、花菖蒲、フヨウ、サルスベリ、ミソハギ、オミナエシなども見られる。
User default image
桜花爛漫 満開の桜に癒しと春への愛おしさを感じた1日でした。記憶に残る、桜の絶景スポットでした。
5.0
by ともみ
2019年4月11日
万博記念公園のあじさい
6月上旬〜6月下旬
865eb6ed 9be6 4428 8e23 e31f46a12dd3
万博記念公園の蓮・睡蓮
5月中旬~8月下旬
1970年開催の「日本万国博覧会」の跡地に整備された、総面積約260haの公園の「万博記念公園」。園内にある日本庭園の「はす池」では26種・1,200株の蓮が咲き、睡蓮も日本庭園の「はす池」と自然文化園の「水車茶屋」で見られる名所になります。 特に蓮が見頃を迎える時期の6月下旬~7月中旬にかけては、早朝から蓮の開花を見る「観蓮会(かんれんかい)」が催されます。 また同期間に開催される、穴を開けた蓮の葉を持ち上げてお酒を注いで長い茎の先から飲む「象鼻杯(ぞうびはい)とハス酒の試飲会」というイベントもおすすめです。
3f51dbb9 3d2e 466a 8d1a d0e15bca9d00
万博記念公園の紅葉
11月中旬~11月下旬
大阪府吹田市にある「万博記念公園」は、1970年に開催された日本万国博覧会の跡地を整備した公園です。 約260万㎡に広がる総合公園で文化施設、アメフト競技場などのスポーツ施設、バーベキューコーナーなどのレジャー施設が整備されています。イロハモミジ、ヤマモミジ、プラタナス、ラクウショウ、イチョウ、トウカエデなど日本庭園と自然文化園を合わせて約20種、計10,000本が赤や黄色に美しく紅葉します。11月上旬から色づきが始まり、見頃は11月中旬~11月下旬です。
7ae6f1d9 6244 4900 a702 b7afb8f41330
万博記念公園の梅
2月中旬~3月中旬
万博公園内には、5500㎡の敷地の自然文化園があり花の名所としても知られる。この自然文化園内には、日本庭園の梅林と、珍しい品種も見ることができる梅林、合せて2ヶ所の梅林があり合計143品種約680本のウメに出会える。また、万博記念公園は、世界一のウメ品種を誇る梅林を目指し、毎年新しい品種のウメを収集している。そのため、「桃山」、「月の光」、「朱鷺の舞」、「黄金梅」、「邦彦紅」、「茶筅」といった珍しいウメにも出会うことができる。見頃の時期には、毎年恒例の『万博記念公園梅まつり』を開催。また梅林で採れたウメの実も、実る時期には販売されている。ちなみに、ウメの原産地は中国の長江中流、湖北省の山岳部。中国では、3000年以上前からすでにウメは薬用として用いられ、日本には青梅を薫製・乾燥した「烏梅(うばい)」という形で伝えられたという。
万博記念公園の桜
3月下旬〜4月上旬
昭和45年(1970)に開催された日本万国博覧会会場跡地を文化公園として整備した公園で、約260万㎡もの広大な敷地には、緑豊かな自然文化園や日本庭園をはじめ、スポーツ、文化施設が揃い、市民の憩いの場となっている。また「日本さくら名所100選」に選ばれているように桜の名所としての顔も持つ。3月中旬には自然文化園付近のシダレザクラが開花を始め、4月下旬からは5,500本のうちの約半数を占めるソメイヨシノが一斉に開花し、園内をピンク色に染め上げる。さらに4月上旬になると太陽の塔付近でオオシマザクラが、中旬になると日本庭園でヤエザクラが咲き誇るというように、長い期間に渡って桜を楽しめるのも万博記念公園の特徴だ。桜まつり期間中は夜間ライトアップもあり、桜の美しさをたっぷりと満喫できる。日中の華やかな桜、ライトに照らされた艶やかな夜桜、どちらも見応え十分で、昼と夜で全く違う桜を見ることができるのも、万博記念公園のお花見の楽しみ方の一つだ。
6e56d9a8 6a24 434f 98c2 63cff741d050
万博記念公園のポピー
4月上旬〜5月下旬
1970年に開催された「日本万国博覧会」の跡地に「緑に包まれた文化公園」として、「日本庭園」「自然文化園」さらに文化・スポーツ・レジャー・宿泊施設群が整備された、総面積約260haの公園。万博記念公園の花畑に咲くポピーはアイスランドポピーとシャーレーポピー。自然文化園花の丘では約38万本ものアイスランドポピーが丘一面を覆うように咲き誇ります!アイスランドポピーの見ごろが終わると、今度は入れ替わるようにシャーレーポピーが花畑に登場します。
481cc5b0 be4a 49b4 aea4 dc1519ce28f3
万博記念公園のポピー
4月上旬~5月下旬
大阪・関西のみならず世界中からのべ6,400万人を超える入場者が訪れ、成功裏にその幕を閉じた1970年の大阪万博。その跡地に整備されたのが総面積260haの「万博記念公園」です。 万博記念公園の花畑に咲くポピーはアイスランドポピーとシャーレーポピー。自然文化園花の丘では約38万本ものアイスランドポピーが丘一面を覆うように咲き誇ります!アイスランドポピーの見ごろが終わると、今度は入れ替わるようにシャーレーポピーが花畑に登場します。
12056ade e58e 48b7 9ceb f9d0db922ad6
万博記念公園平和のバラ園のバラ
5月中旬〜6月上旬
1970年に開催された「日本万国博覧会」の跡地に「緑に包まれた文化公園」として、「日本庭園」「自然文化園」さらに文化・スポーツ・レジャー・宿泊施設群が整備された、総面積約260haの公園。その中でも「自然文化園」は岡本太郎氏による博覧会のシンボル「太陽の塔」の裏側の日本庭園前にあるのが「平和のバラ園」。敷地面積、約6,000平方メートルあり、万博開催時に世界9カ国より寄贈されたバラを中心に84品種約5,600株が植えられている。寄贈を受けたのは、ベルギー、カナダ、ドイツ、フランス、ニュージーランド、デンマーク、イギリス、アメリカ、日本の9カ国。見頃の期間にはローズフェスタが開催され、コンサートなどイベントも楽しめる。
5356161a 1cd4 4689 8bc0 61cbca290a59
関連記事あり
【大阪 吹田市 観光】おすすめ5選!万博記念公園にスキュルチュール江坂
94fc4123 c702 4520 99f1 da7464b791dc
関連記事あり
【関西】コスモス畑の名所・見頃おすすめ14選(2018)
Bcac32d4 8edf 4b9e 9b90 69e8fdd16a89
関連記事あり
夏の朝に見に行こう!【関西】蓮や睡蓮の名所・見頃おすすめ5選
7ae6106a eb1e 4141 9910 1b06ce0d7a09
関連記事あり
【関西】春バラの名所・見ごろおすすめ12選!
9bd4d10c 2817 4a7a b36b fa726cf06d9f
関連記事あり
大阪から日帰りで行ける!【関西】ポピーの花畑の名所・見頃5選!
5031ec2e 4349 4b37 8f09 e37e7733a4c3