全国 花の名所のよりみち案内

花の名所のTOP USER
平岩蘭さん
90f799c2 68be 4938 9ef4 1542a9df0c99

日付指定

日付を指定する
490bb46d 6f5e 4cfc a06c 2cbd12ee0fe8
5f582a76 9dec 4038 a069 a2e434ad3347
Ad61a22a fc58 4246 9c37 5eae8dfecbe1
昭和48年「埼玉県秩父高原牧場」として開場した埼玉県営の高原牧場。標高270mから767mの高さにあり、広さは約355ha、ほとんどが牧草地。その牧草地の一部に平成9年に7haを整備して、「彩の国ふれあい牧場」を開場し、ヤギ、ヒツジ、ウサギ を飼育して県民に親しまれている。その牧草地の皆野町三沢側には、毎年5月には広さ3haにポピーの花畑が誕生する。標高は500mの起伏のあるなだらかな高原で、ボリュームのある約1,500万本ものポピーが大地を赤く染め上げる姿は、心が洗われるように美しい。また、青空の下での雄大な雰囲気を魅せてくれる
45134116 26f1 4ef3 9c67 c368edee4274
天空のポピー 秩父の天空のポピーです。一面のポピーは素晴らしいです。
3.0
by Takahiro TsujiBronzeイベント
2019年1月31日

68baadc5 4dbb 4253 8566 d828b4f93826
718b7d06 c538 47d8 9bc1 49b81c68fc78
Fe7cd7cd fdfd 42ca b862 6b01b724e8a3
大阪府大阪市北区の中之島公園。大阪駅からも近く、都会の中心にあり、堂島川と土佐掘川に挟まれた約1.5kmの細長い公園です。「大阪みどりの百選」にも選定されています。 中之島公園は、大阪市のバラの名所でもあります。初夏と秋の年2回、公園の中央、東西約500m、面積約13,000平方メートルにわたって、約310品種、約3,700株の色鮮やかなバラが咲き誇る光景は、都会のオアシス。
User default image
都会のオアシス。 ビルとバラの組み合わせ、中之島公会堂のような歴史的建造物との組み合わせが一度に味わえます。
4.0
by ムラサキBronzeイベント
2018年5月6日
中之島公園
大阪府大阪市北区中之島1丁目1 中之島公園
堂島川と土佐堀川に挟まれた約3kmの中州「中之島」。水の都・大阪の象徴として知られ、その東側は大きな公園として整備されています。中之島公園の中央付近にあるのは、東西500mの広大なバラ園。毎年5月〜10月に様々な品種のバラが咲き誇り、可憐な姿に心癒されることでしょう。 また、川沿いには遊歩道が整備されており、長閑な川面を眺めながらゆっくりとリバーサイドウォーキングを楽しめます。遡ること江戸時代から、大名の蔵屋敷や商人の店が立ち並んでいた中之島界隈。その影響は現代においても色濃く表れており、日本銀行の大阪支店をはじめ、数々の商業ビルが立ち並んでいます。 また、「大阪市中央公会堂」や「大阪府立中央図書館」など、明治から大正にかけてのレトロな建築物も並んでおり、歴史・建築巡りとしてもおすすめです。特に夜間は美しくライトアップされ、ロマンチックな雰囲気に。「難波橋」や「ばらぞの橋」、「中之島ガーデンブリッジ」など、数多くの橋も綺麗なので、デートコースにもぴったりですよ。
F5023ea4 a636 449c b086 23f5635d9649
関連記事あり
入賞者発表!「バラの名所」フォトコンテスト
A7fc37e0 cbde 487d b2b4 cb15123d0421
関連記事あり
【関西】春バラの名所・見ごろおすすめ12選!
9bd4d10c 2817 4a7a b36b fa726cf06d9f

Ef77042d bddc 4ea1 8235 892adf582326
E1df816e dfb1 482b bb8c e80006b9ccc0
783ab058 f536 49e8 8de8 7be0753b0b2a
旧古河庭園は、大正初期の庭園の原型をとどめる貴重な存在で、和洋の見事な調和を実現した代表的な事例です。現存する近代の庭園の中でも良好に保存されているため、芸術・観賞上価値の高い庭園として、平成18年(2006年)1月26日に文化財保護法によって国の名勝に指定されました。 元は明治の政治家、陸奥宗光の邸地。次男が古河家の養子になった時より古河家の所有となりました。 毎年4月下旬頃から5月下旬にかけて旧古河庭園内では約100種200株ものバラが華やかに咲き誇ります。洋風庭園と重厚な洋館とバラのコラボレーションは大変美しい光景。また、毎年5月のバラの見頃の時期には「春のバラフェスティバル」が開催されており、「バラと洋館・日本庭園のライトアップ」や「春バラの音楽会」、「春バラ人気投票」、「いけばな体験」など訪れた人も参加できるイベントが企画されています。特に「バラと洋館・日本庭園のライトアップ」は昼間とは違った幻想的な光景が観賞でき、毎年多くの人が訪れます。
587af585 6cbd 4d38 adb8 a6f4be42a12d
薔薇に恋して、都内のバラ園へ 雅子皇后陛下に捧げられたエグランタイン(マサコ)。 素敵な薔薇ですね。
3.0
by moonriverTop user夜桜
2019年5月7日
旧古河庭園
東京都北区西ケ原1丁目27−39 都立旧古河庭園
旧古河庭園は、大正初期の庭園の原型をとどめる貴重な存在で、和洋の見事な調和を実現した代表的な事例です。現存する近代の庭園の中でも良好に保存されているため、芸術・観賞上価値の高い庭園として、平成18年(2006年)1月26日に文化財保護法によって国の名勝に指定されました。 元は明治の政治家、陸奥宗光の邸地。次男が古河家の養子になった時より古河家の所有となりました。 英国ルネサンス風の洋館と洋風庭園は、鹿鳴館、ニコライ堂、旧岩崎邸庭園洋館などの設計を手がけたイギリス人ジョサイア・コンドル(1852年〜1920年)最晩年の設計で大正6年5月に竣工しました。 日本庭園の作庭者は、京都の庭師・植治こと小川治兵衛(1860年〜1933年)で、洋風庭園にも勝るとも劣らない名園です。 【庭園内の見所】 石造りの洋館(大谷美術館) 英国貴族の邸宅にならった古典様式で、天然スレートぶきレンガ造り。外壁は真鶴産の赤味をおびた新小松石(安山岩)で仕上げられています。洋館1階部分はホール、ビリヤード場、書斎、応接室、ブレックファストルーム、会食場など、2階部分はホール、仏間、ゲストルーム、和室、子供部屋、洋室、トイレ、お風呂などの間取りとなっています。 洋風庭園 テラス式の庭園に植えられたバラは春と秋に見事な大輪の花を咲かせ、洋館の風情と相まって異国情緒を満喫させてくれます。 日本庭園 日本庭園の中心は心宇池。優雅な曲線が心を癒してくれます。大滝、枯れ滝などが周囲の緑に映えて、日本庭園の風情を演出しています。 枯滝 水を使用しないで山水の景観を表現する「枯山水」の道具立てのひとつが枯滝。心字池の州浜の奥の渓谷の水源を模した景観として枯滝石組があります。 心字池 「心」の草書体を形取り、鞍馬平石や伊予青石などで造られた池。池を眺める要となる「船着石」があり、正面には「荒磯」、雪見灯篭、枯滝、石組みなどが設けられています。 大滝 十数メートルの高所から落ちる滝。園内のもっとも勾配の急な所を削って断崖とし、濃い樹林でおおって深山幽谷の趣があります。
115bb730 c3bb 4502 a776 f6ab50f96c4b
関連記事あり
【関東】美しい春バラの名所・見頃おすすめ14選!
7ce63152 516f 4fa1 8d78 fce5e2ca746a

82d87d12 c037 4b33 ab8a 6cb124c85206
Df4a41e7 6c65 4af0 a6c1 ad8de328cb5f
374452d1 959b 4166 89a2 7737fffeb63d
平成2年に「国際花と緑の博覧会(花博)」が開催された会場跡地にある公園。公園の面積は約122.56haで東京ドーム約26個分もの広大な広さで、大阪を代表する公園。園内には日本庭園、国際庭園、乗馬園、球技場、運動場、温水プールのスポーツ施設などのほか、バーベキュー広場やキャンプ場なども備わっています。花博記念公園鶴見緑地のシンボルの風車前の広場には、春にはチューリップ、ネモフィラが広がり、鮮やかな彩りを見せてくれる。また、夏はひまわり、彼岸花、サルビア、秋はコスモスと花が次々と咲く。花の万博の際にパビリオンとして建設された「咲くやこの花館」(大人500円、中学生以下無料)には日本最大の温室があり、植物約2,600種、約15,000株を温室、冷室8つのゾーンにわけて栽培展示する総合植物館で、世界各地の植物が一年中見られる。さらに緑の中でバーベキューやキャンプを楽しむことができる設備が整い、家族や仲間同士で気軽にアウトドア気分を味わうこともできる。
D658d270 8a1f 4f6a ab13 45f5628dbd6f
ネモフィラとチューリップ オランダにも負けないこの風景。大阪しないです。
5.0
by mika chan
2019年4月20日
花博記念公園鶴見緑地のヒマワリ
8月下旬〜10月下旬
平成2年に「国際花と緑の博覧会(花博)」が開催された会場跡地にある公園。園内は、約126haという大阪市と守口市にまたがる広大さで、大阪を代表する公園。シンボルの風車前の広場には、春にはチューリップが広がり、鮮やかな彩りを見せてくれる。また、夏はサルビア、秋はコスモスと花が次々と咲く。花の万博の際にパビリオンとして建設された「咲くやこの花館」(大人500円、中学生以下無料)には日本最大の温室があり、植物約2600種、約15,000株を温室、冷室8つのゾーンにわけて栽培展示する総合植物館で、世界各地の植物が一年中見られる。さらに緑の中でバーベキューやキャンプを楽しむことができる設備が整い、家族や仲間同士で気軽にアウトドア気分を味わうこともできる。
68bfecaa 8dfa 4118 a050 5b351ac4889b
花博記念公園鶴見緑地の桜
3月下旬〜4月上旬
昭和47年(1972年)4月に開園。1990年に開催された通称「花の万博」のメイン会場となった花博記念公園鶴見緑地。公園の面積は約122.56haで東京ドーム約26個分もの広大な広さです。園内には日本庭園、国際庭園、乗馬園、球技場、運動場、温水プールのスポーツ施設などのほか、バーベキュー広場やキャンプ場なども備わっています。また、温室栽培展示する「咲くやこの花館」には約2,600種、約15,000株の植物、そのほかにも、春には桜やチューリップ、ネモフィラ、夏にはひまわり、彼岸花、秋にはコスモスや紅葉など1年を通じて四季を感じられるスポットです。 花博記念公園鶴見緑地の桜はソメイヨシノやヨウコウザクラが植えられています。約1,400本咲いていますが、その過半数以上がソメイヨシノ。傘状になる大きな樹形に、淡いピンク色の花が園内に咲き乱れます。
1323d289 71c2 41fd 93d1 43f107d76962
花博記念公園鶴見緑地のチューリップ
4月上旬〜4月中旬
平成2年に「国際花と緑の博覧会(花博)」が開催された会場跡地にある公園。園内は、約126haという大阪市と守口市にまたがる広大さで、大阪を代表する公園。シンボルの風車前の広場には、春にはチューリップが広がり、鮮やかな彩りを見せてくれる。また、夏はサルビア、秋はコスモスと花が次々と咲く。花の万博の際にパビリオンとして建設された「咲くやこの花館」(大人500円、中学生以下無料)には日本最大の温室があり、植物約5,500種15,000株を栽培展示する総合植物館で、世界各地の植物が一年中見られる。さらに緑の中でバーベキューやキャンプを楽しむことができる設備が整い、家族や仲間同士で気軽にアウトドア気分を味わうこともできる。
C36fef7d 5fa7 4357 bdaa b87cfec7498a
花博記念公園鶴見緑地のネモフィラ
4月中旬〜5月上旬
平成2年に「国際花と緑の博覧会(花博)」が開催された会場跡地にある公園。園内は、約126haという大阪市と守口市にまたがる広大さで、大阪を代表する公園。シンボルの風車前の広場には、春にはネモフィラ、チューリップが広がり、鮮やかな彩りを見せてくれる。また、夏はサルビア、秋はコスモスと花が次々と咲く。花の万博の際にパビリオンとして建設された「咲くやこの花館」(大人500円、中学生以下無料)には日本最大の温室があり、植物約2,600種、約15,000株を温室、冷室8つのゾーンにわけて栽培展示する総合植物館で、世界各地の植物が一年中見られる。さらに緑の中でバーベキューやキャンプを楽しむことができる設備が整い、家族や仲間同士で気軽にアウトドア気分を味わうこともできる。
61f37e32 52e5 42d2 928d dc38725c93eb

07352cf3 fe54 4390 94ca ea04b346d415
C57e3986 e5d7 4fbd a384 ba9aa5d2308d
4c833cc6 3c8a 423e b0bd 2ecfa635a15b
テレビドラマ「北の国から」で知られるのが富良野のラベンダー畑。60年代から北海道のラベンダーは、一時は富良野地に適した花として次々と農家が生計の為に植えていた。だが、時代と共に値段の安い化学香料に押され、ほとんどの農家が作物栽培へと転換して姿を消してしまう。そんな中で、今では富良野の代表的な花畑として知られる『ファ−ム富田』の富田忠雄氏は、こんな状況の中でも孤軍奮闘して栽培を続けていた。だが、「もう来年はラベンダー畑をやめて整地しよう」と、思ったが、妻の助言もあり、1年だけ延期した。そして翌年の75年6月、ラベンダー畑がたまたま当時の国鉄のカレンダーに載り、その光景の美しさは魅せられ全国の人々が訪れ始めた。 そんな人たちが感動する姿に、富田氏は励まされて再度、栽培に打ち込んだ。そして何とかラベンダーを生かそうと家族総出で作ったラベンダーの匂い袋や香水が富良野のお土産として評判になり、植物性香料の優秀性が見直された。一度は、あきらめようと思ったラベンダー畑には、遠くアジアなど海外からも含めて年間100万人以上の人々が訪れている。ラベンダーに打ち込んだ富田氏の熱意が生んだ、美しい花畑の風景に多くの人々は魅了されている。また、ファーム富田ラベンダー栽培50周年の2008年に「ラベンダーイースト」がオープン。ファーム富田より東へ約4キロメートルの場所にある。東には十勝岳連峰、南には夕張山地がそびえ立ち目の前には一面のラベンダー畑が広がり、ここでしか見られない贅沢な眺めが楽しめる。
B83682a9 16c6 420e 852e 492016ed1941
花園 多くの花がいっぱいに咲きほこる花園はまるでパラダイス。 写真で見慣れた風景の中にも新たな発見に出会う。
3.0
by なかよし
2017年7月16日