全国 ハスのよりみち案内

2a8cae87 2035 42f8 929c 6d3b216eb930

ハスは地中に根を下ろし、そこから茎を伸ばして水面に花を咲かせる植物です。泥の中から生まれ出る水生植物で、美しい花を咲かせることから、花言葉は「清らかな心」で、中国や日本で「ハスは泥より出でて、泥に染まらず」と言われ、たくましい花としてよく知られています。古くからあるお寺の優美な建築と、明るい庭園の蓮池の調和は圧巻で、まるで極楽浄土を思わせる幻想的な世界が広がります。また、夜になると蓮池がライトアップされる名所も。歴史的な雰囲気と現代アートとの融合は思わず息をのんで見入ってしまいます。

日付指定

日付を指定する
Cd01154b 1502 4d54 9f05 8af96b96c8cf
6e1aa19d efcc 4322 8245 82723d1a5f25
019625e4 2e78 447d b015 d96caaf2a99d
南蔵院のすぐ裏手にある水元公園は、小合溜に沿って造られた、都内で唯一水郷の景観をもった公園です。水元公園は小合溜に沿って造られた、都内で唯一水郷の景観をもった公園です。昭和50年まで、このあたりは都立江戸川水郷自然公園に指定されていました。小合溜から引いた大小の水路が園内を走り、水郷景観を作りだしています。園内にはポプラ並木やメタセコイアの森、ハンノキなど水辺に強い樹木が生育し、ハナショウブ、スイレン、コウホネといった水生植物を多く見ることができます。 水元公園は桜や花菖蒲の名所としても有名です。3月下旬から4月上旬にかけては美しい遊歩道の桜を、6月上旬から下旬には約100品種20万本の花菖蒲を楽しむことができます。また、花菖蒲の季節には菖蒲祭りも開催されます。 桜や花菖蒲の咲く季節はもちろんですが、水元公園では一年を通して美しい景観が楽しめます。釣り場、ポプラ並木、「生きた化石」メタセコイヤの森、中央広場、フィールドアスレチックス、バードサンクチュアリーがあり、都の天然記念物「オニバス」や絶滅危惧種「アサザ」の自生地としても知られています。
4ef81397 36ae 4132 9342 dc05f2c9eae9
外国みたい 日本なのに外国にいるかのように思えてくる お気に入りの公園。 メタセコイアの紅葉は見事です!
5.0
by moss-green-mihoTop user日本の滝百選
2018年12月8日

Ce06137c d8f7 42f5 a277 878763ddf84e
C97e1624 363f 4fa3 a899 4fc31a26e610
Af82d2b1 98ff 4d66 a1e4 be8334b7270e
六甲山系は明治中期までは、大部分がはげ山だったが、それが先人の努力により、現在の緑豊かな森林に育ってきた。昭和15年から整備がすすめられてきた森林植物園は、六甲山の緑化をすすめるためのシンボルとして建設されたもので甲子園球場の35倍以上という国内最大級の植物園。園内には六甲山をはじめ日本の代表的な樹木や世界各地の樹木を、原産地別に約1,200種が植栽されている。また、六甲山系にはたくさんのあじさいが自生していることもあり、園内にある「あじさい園」は名所としても有名でヤマあじさい、エゾあじさいなど20種類以上、約5万株のあじさいを栽培。西日本では、もっとも人気のあるあじさいスポットでもある。
User default image
カラフルな紫陽花が咲き乱れます。 ちょっと遠いけど・・
5.0
by へなちょこTop userシャクナゲ
2018年6月26日