全国 花火大会のよりみち案内

花火大会のTOP USER
なべ一号さん
456f748e 9e2b 447a b576 8282ffda50e8
D3f52c0e 773d 4ca7 a672 0758e259b1ae

2018年に開催される花火大会の一覧です。特に、高い技術を持った花火師達の力作が見られる日本三大花火大会は必見です。内閣総理大臣杯が授与され、全国の花火師たちが優勝をかけてその技術を競いあう茨城県の「土浦全国競技花火大会」、「花火の街」大曲が誇る日本一の芸術花火が見られる秋田県の「大曲の花火」、明治12年に始まった長い歴史を持ち、直径650mもの大輪や信濃川にかかる幻想的なナイアガラが見どころな新潟県の「長岡まつり花火大会」など、それぞれ違った仕掛けで人々を魅了します。 日本の夏の風物詩でもある花火大会。古くから伝わる職人技で繊細に作られた見事な花火を会場が一体となって楽しめるのが醍醐味。花火大会行くにあたって知りたい「日時」、「アクセス」はもちろん、快適に過ごすためにも「トイレの有無」、「雨天決行かどうか」などの細かい情報も気になりますね。またデートなどでは「有料席」でロマンティックに楽しむのもいいですね。しかし例年大混雑がつきものの花火大会。都合の合いそうな花火大会を見つけたら気になる情報をチェックしましょう。当日は、お酒とおつまみを用意して、存分に楽しみましょう!

E96132b2 16f1 493c 92b0 49d4e5d381d9
0db112fd f81f 47ce 984d d0b0a8acc0b0
B681a56a c2a1 449e b688 fdab68440569
台風12号の接近に伴い、30日(月)に延期となっていた「桑名水郷花火大会」は、中止となりました ================================================================= 豪華絢爛!東海地区最大級の二尺玉が20連発で打ち上がる桑名水郷花火大会。 水郷のまち桑名として知られる三重県桑名市で開催される「桑名水郷花火大会」は、昭和9年に伊勢大橋の完成を記念してはじめられた花火大会です。 1,000発以上のスターマインをはじめ、 水中花火、ナイアガラ、東海地区最大級を誇る二尺玉花火など約10,000発の花火が揖斐川中州から打ち上げられ、視界全体を光で包み込みます。水中スターマインは観客の眼の前まで迫ってくる人気プログラムで、河川敷からの観覧がおすすめです。 【おすすめスポット】 ①揖斐川河畔(市街地側) ・住所:三重県桑名市 揖斐川河畔 ・桑名水郷花火大会を観賞するベストスポット!目前で楽しみたい方におすすめです ・場所取りは、午前中にしなければ確保が難しくなります 【穴場スポット】 ①なばなの里 ・住所:三重県桑名市長島町駒江漆畑270 ・例年桑名水郷花火大会の当日にはなばなの里の夜間営業時間が22:00まで延長されます。 ・水中スターマインなどは木々が邪魔になるの多少見づらいですが、打上花火は大迫力で楽しめます。 ②バロー桑名東店の屋上駐車場 ・住所:三重県桑名市太一丸687-1 ・例年花火観賞のために屋上駐車場を無料開放しています。 ・花火の打上地点からも距離が近いので、大迫力の花火を楽しめます。また、飲みもの・食べ物の調達やトイレにも困りません。 ③吉之丸コミュニティパーク ・住所:三重県桑名市吉之丸7 ・桑名城址北側にある公園。花火会場からも近く水上スターマインがよく見える穴場スポットです。
揖斐川の中州を舞台に7月下旬に開催され、約1万発の花火が約1時間半かけて打ち上げられます。クライマックスに登場する二尺玉は、東海地区最大級の迫力で夜空を彩ります。
by なべ一号Top user
2018年5月19日