全国 ラベンダーのよりみち案内

ラベンダーのTOP USER
Hiroaki Fujiiさん
36e24ccc 3fa7 4a4b a636 159106890ac4
1b9b279b da33 4c50 a143 8e4fddd96391

爽やかな香りを放ち、可憐な花を咲かせるラベンダー。一面にしきつめられたラベンダーが創り出す紫色の絨毯は圧巻です。中にはラベンダーの摘み取り体験ができるところもあるそうで、夢のようですね。ラベンダーが見ごろを迎えるのは7月中旬と夏の暑い時期ですが、ラベンダー畑は比較的高度の高い位置にあることが多く、比較的気温も低く、気持ちよくお出かけできそうです。また、さっぱりした味わいが人気なラベンダーソフトもおすすめ。いつもと違う、新しい夏の楽しみ方を見つけられそうです。

日付指定

日付を指定する
3c695c8f ead4 4e9f b89a c1ef97de9063
2996fba7 5f20 49c9 96ea 05677ac152ee
E87d2d58 4fe2 4310 8994 788fb916d73d
テレビドラマ「北の国から」で知られるのが富良野のラベンダー畑。60年代から北海道のラベンダーは、一時は富良野地に適した花として次々と農家が生計の為に植えていた。だが、時代と共に値段の安い化学香料に押され、ほとんどの農家が作物栽培へと転換して姿を消してしまう。そんな中で、今では富良野の代表的な花畑として知られる『ファ−ム富田』の富田忠雄氏は、こんな状況の中でも孤軍奮闘して栽培を続けていた。だが、「もう来年はラベンダー畑をやめて整地しよう」と、思ったが、妻の助言もあり、1年だけ延期した。そして翌年の75年6月、ラベンダー畑がたまたま当時の国鉄のカレンダーに載り、その光景の美しさは魅せられ全国の人々が訪れ始めた。 そんな人たちが感動する姿に、富田氏は励まされて再度、栽培に打ち込んだ。そして何とかラベンダーを生かそうと家族総出で作ったラベンダーの匂い袋や香水が富良野のお土産として評判になり、植物性香料の優秀性が見直された。一度は、あきらめようと思ったラベンダー畑には、遠くアジアなど海外からも含めて年間100万人以上の人々が訪れている。ラベンダーに打ち込んだ富田氏の熱意が生んだ、美しい花畑の風景に多くの人々は魅了されている。また、ファーム富田ラベンダー栽培50周年の2008年に「ラベンダーイースト」がオープン。ファーム富田より東へ約4キロメートルの場所にある。東には十勝岳連峰、南には夕張山地がそびえ立ち目の前には一面のラベンダー畑が広がり、ここでしか見られない贅沢な眺めが楽しめる。
User default image
富良野 北海道観光の王道、富良野、しかもファーム富田でした。
5.0
by masamasa
2018年7月8日
9f7d468e 4aa0 4ae5 b8d1 1c8c74c9624d
8f4d6d94 2b7f 4596 817f 77e4475c4486
291cf004 83b1 4f9b aa57 d303dd2a9293
相模原北公園は、年間を通じて四季折々の花や野草・樹木などを楽しむことができる、植物園のような雰囲気の公園です。敷地内の雑木林には散策路が整備され、そのほか園内には芝生広場、多目的広場、小さな子どもや家族連れに人気のアスレチック設備などがあります。相模原北公園の園内には梅、あじさい、花菖蒲、薔薇などのほか、多彩な樹木が植栽されており、木や花の名前を当てたり、珍しい植物を観察したりして、たくさんの植物に親しむことができます。相模原北公園はあじさいの名所としても有名で、ガクあじさいや真っ白い花を咲かせるアメリカ原産のアナベルなど、和、洋種あわせて200種、1万株のあじさいが植えられています。様々な植物に親しみながら、散策を楽しめる公園です。
F3235119 02ec 43ad b209 22f034bfa369
紫陽花の白色が印象的で、夏に綿雪が積もったかのようでした。
3.0
by マッコーBronzeイベント
2018年7月8日
相模原北公園のあじさい
6月中旬〜7月上旬
相模原市の北西の端にあり、北総合体育館や広い芝のグラウンドを有するのが相模原北公園。園内は、雑木林を利用しながら、公園全体に植物園のような雰囲気が感じられるように造られている。あじさい園は、1974年に相模原市の市制20周年を記念して「市の花」に制定され相模原市の人口が60万人を越えたことを記念して開園。花の種類は多く現在では200種、1万株が起伏のある公園内で大輪の花が咲き乱れる。品種に応じてそれぞれ区画が設けられ、あじさいの丘の南西側の斜面が西洋あじさい、丘の北西側が外国種、丘の東側が和品種と分かれており、散策しながら楽しめる。6月には、市内にある麻溝公園とあじさいまつりが行われ、多くの市民でにぎわう。
1163c7a8 2f11 4fd8 90e7 6a2fbcd17f26
相模原北公園のラベンダー
6月下旬~7月上旬
あじさいはガクあじさいや真っ白い花を咲かせるアメリカ原産のアナベルなど、和、洋種あわせて200種、1万株のあじさいが植えられている。園内は、敷地内の雑木林を利用しながら、公園全体に植物園のような雰囲気が感じられるように造られている。木や花の名前を当てたり、珍しい植物を観察したりして、たくさんの植物に親しむことができ、四季折々の花や野草・樹木など、季節感あふれる散策が楽しめる。また、例年6月下旬頃から相模原北公園のハーブ園で、ラベンダーが辺り一面に咲き始めます。ピークは7月上旬頃。爽やかな紫色のラバンディン系ラベンダーの「グロッソ・ラベンダー」が楽しめます。
A5eb794a 930e 46c7 883f a8e98e822f8c
関連記事あり
【神奈川 相模原 観光】おすすめ5選!相模原北公園に相模原麻溝公園
Eb1698b9 c489 4aed 87b0 e8b62c262296
F1c0dca2 887c 4aa3 bce5 21ee9a717430
18ff0a5b 4178 4268 87c9 18092070aaee
Bf1b47e5 1613 4e06 ad36 3900ef22c9d6
名称の由来になっている「すずらん」をはじめ、約800種の草花が四季折々に美しさをみせてくれる北海道で唯一の国営公園です。アシリベツの滝を含む敷地は400ヘクタールと広大で、中心ゾーン、渓流ゾーン、滝野の森ゾーン(東エリア・西エリア)の4つに分かれています。中心ゾーンでは美しく整備されたガーデン、渓流ゾーンでは滝や川が、森では山野草が中心になっています。公園は四季を通じて花に溢れ、春はチューリップ、秋はコスモスが丘陵一面を彩ります。また、参加無料の「花のみどころガーデンツアー」も開催されます。東エリアには、バリアフリーの園路や遊具もあり、誰もが森林浴と森遊びを楽しむことができます。西エリアの「自然博物館」には、貴重な動植物の保全と再生により、北国の生態系が維持されています。
84947c34 7b53 4314 bf8d 248bd6e70485
国営滝野すずらん公園は北海道の大自然を満喫できる広大な公園です。 複数の滝・広い花畑・子供が安心して遊べる広場・キャンプ場等々と誰でも存分に楽しめるところです。 最近は、海外からの観光客も多く国際色豊かなネイチャーランドです。
5.0
by elfinTop user日本の歴史公園100選
2018年6月26日