Green banner
素敵に、よりみち

全国のグルメ・カフェ・周辺情報

C300f3bb fc17 446a b074 a371f4f1b256
45f8e4de 3d2d 4fe3 aef3 0b0de6789158
Cc799971 dbc6 4535 a93d 008a0514e572
世界で最も読まれている絵本「はらぺこあおむし」がカフェになって2018年1月中旬より期間限定で銀座にオープン。カフェではカラフルな絵本の世界を思わせるメニューが登場し“色彩の魔術師”と評される絵本作家、エリック・カールが創り出す鮮やかな色彩の魅力を“食”で表現するという世界初の試みに挑戦しています。
はらぺこあおむしカフェの内見会に行ってきました!試食では、はらぺこプレートの一部をいただきました。ほうれん草のマフィンが個人的におすすめ!!!(いちごが載っているやつ。キャンディー風のは、ハンバーグです。ずっしりしていて、肉肉しい感じでした。チーズ乗せだから、子供も好きそう!)野菜が結構使われていて、コラボカフェには珍しい感じ🐛他のメニューも美味しそうだった!また行きたい。
by シャルルTop user
2018年1月17日
209101f5 cc54 41cd a232 6a1c14910d8a
E5efcf3a 592d 4af8 a690 50f941d21793
Afda93ed c0c8 402c a7af 725cb8b0ac8f
岡田美術館は2013年10月、箱根・小涌谷に開館しました。全5階、展示面積約5,000㎡という屋内展示面積としては箱根随一を誇る広大な館内に、日本・東洋の陶磁器や絵画などの美術品を常時約 450 点展示しています。日本で受け継がれてきた美術品を大切に守り、美と出会う楽しさを分かち合い、次代に伝え遺したい、との願いから、美術館が構想されました。美術館の正面を飾るのは、現代日本画家・福井江太郎氏によって描かれた縦 12m、横 30mに及ぶ風神・雷神の大壁画「風・刻(かぜ・とき)」(2013年)です。他にも深見陶治、諸井謙司、樂雅臣といった現代作家の作品が屋内外に展示され来館者をお迎えします。その他付帯施設もお楽しみいただけます。 【大壁画】 琳派の祖ともいえる俵屋宗達の「風神雷神図屏風」をもとに、日本画家福井江太郎氏が現代に甦らせました。構想も含め 5 年の歳月を掛けて制作した大壁画「風・刻」が、皆様をお迎えします。 【開化亭】 昭和初期の日本家屋を改装した風流な飲食施設「開化亭」は、明治半ば、この地にあった外国人向けホテルにちなんで名づけられました。趣ある古いガラス戸の向こうには、2 か所に滝が流れ落ち鯉が回遊する池と、季節によって表情を変える庭園の木立が広がっています。「名物豆アジ天うどん」をはじめ、各種ドリンクなどをご用意しています。 【足湯カフェ】 風神・雷神の大壁画を前にした 100%源泉かけ流しの足湯カフェでは、静岡県産の茶葉を使用した和紅茶や、コーヒー、ビール、おしるこなどをお楽しみいただけます。 【ミュージアムショップ】 「美術館の感動を日常でも楽しめる」をコンセプトに、普段の生活に彩りを添える、温かみのあるオリジナルグッズをご用意しております。定番のポストカードや一筆箋をはじめとする文具、温泉地には欠かせない手ぬぐいや雑貨など、幅広い年代にお使いいただけるラインナップとなっております。
箱根の岡田美術館。2013年に開業した美術館です。こちらは入場料は大人2,800円と他の美術館と値段だけを単に比べると高いのですが、本当に行く価値のある美術館。美術館や開花亭というとても素敵な和の食事処などを体験し、最後に帰る満足感からしたら全く高くありません。作品も日本人が誇るべき日本の素晴らしい作家の作品ばかり。何回も行きたくなる美術館です。
by ちぇりTop user
2018年3月1日