Green banner

全国のエンタメ・周辺情報

93780dea f5d7 45f3 888f 82f5b82a0ed3
6079efc4 e81f 4041 8359 ae46258e8cc1
C5469bd4 08d1 4564 b010 940aba8f30bc
2011年9月3日に開館した藤子・F・不二雄ミュージアムは、川崎市に深いゆかりがある漫画家、藤子・F・不二雄(藤本弘)の作品原画やその関連資料を中心に展示する博物館です。開館日(9月3日)は藤子・F・不二雄氏の代表作「ドラえもん」の誕生日であり、施設内の至る所にはドラえもんのキャラクターが隠れています。 3階建てのミュージアムには、「ドラえもん」「パーマン」「キテレツ大百科」など様々な作品のカラー原画を常設展示している展示室Ⅰ、期間限定の企画展を開催している展示室Ⅱのほか、実際にまんがが読める「まんがコーナー」などがあり、まるごと藤子・F・不二雄作品の世界を体感できる場所になっています。 3階にあるミュージアムカフェの窓の外には屋上庭園が広がり、開放感たっぷりのカフェとなっています。ドラえもんのハンバーグやロールケーキなど、作品にちなんだオリジナルのメニューが楽しめます。 また、屋上スペースの「はらっぱ」は、キャラクター達に出会える絶好のフォトスポット。森に囲まれたお土産ショップもあり、ドラえもんの大好物「どら焼き」をはじめ様々なミュージアム限定商品が揃っています。1階のミュージアムショップでも来館記念にお土産を購入することができます。
魔界大冒険。石になったドラえもん
by airkingBronze
2017年10月30日
93825956 1170 4abb 8a2e a69e3172808a
B8283819 229b 460c a4bf 4eb9be5845bf
434b116e d2f1 4de2 b2d0 78f435c9e951
こどもの国は都心から約30キロに位置し、多摩丘陵の雑木林をそのまま生かした自然の遊び場です。広さ約100ヘクタール(約30万坪)の園内には、芝生広場、ミニSL、横浜一長いローラー滑り台、湖、ミニアスレチック、せせらぎ、つり橋、サイクリングコース(1.6キロ)などがあり、湖ではボートやドラム缶いかだで遊ぶことができます。 「こどもの国の屋外プール」は夏期のみのオープンいたします。水深の浅い幼児向けから泳ぎ専用の25mプール、2本の滑り台や大人気のチューブスライダーまで盛りだくさん。泳ぎ疲れたら大きな屋根の下で休憩してください。夏の強い日差しをさえぎってくれるから安心!レジャーシートがあると便利です。オムツが取れていないお子様でも水遊び用パンツでプールに入ることができます。プール場内に授乳室もございます。
こどもの国の梅
2月上旬~3月上旬
多摩丘陵の雑木林を生かし、約100万平方mの広大な敷地を誇る自然の遊び場として親しまれている場所がこどもの国。敷地内にある梅は入口から園内を奥へと進み、動物園コーナーに至るまでの坂道にウメが植えられており、約300本の白梅、紅梅、豊後梅がある。2月下旬~3月上旬の花の季節にはウメの香りが辺り一面に漂う。梅まつり2月中旬から3月上旬に開催され、週末には「梅のかざぐるまづくり」「梅林で探そう!スタンプビンゴ」などの各種のイベントを開催。また、敷地内にはウメだけではなく、ロウバイ、ツバキ、ネコヤナギ、カワズザクラ、マンサク、タチツボスミレなど四季を通じて各種の植物が目を楽しませてくれる。その他、動物園や牧場、遊具広場、スポーツ施設も充実し、なかでも無料で楽しめる白鳥湖の「ドラム缶いかだ」は1艘で小学生なら4人位まで一緒乗ることができる人気遊具のひとつになっている。平日シルバー割引もあり、65歳以上の方は免許証や身分証明書などの本人の年齢が確認できるものを提示すると入園料が半額になる。
こどもの国の桜
3月下旬~4月上旬
横浜市青葉区と東京都町田市にまたがる多摩丘陵の自然を生かした100万平方メートルの広大な遊び場。さまざまな遊具を配した広場の他、動物園や牧場があり、乳しぼりなどの体験イベントが好評。ファミリーはもちろん、オトナのカップルも楽しめるスポットだ。春にはソメイヨシノをはじめシダレザクラ、ギョイコウなど約40種約1,000本の桜が咲き競うが、なかでも中央広場のシダレザクラが圧巻。また、白鳥湖西側の山全体が桜で、開花期には一面がピンク色に染まる。桜の木の下にシートを広げてお弁当を食べるもよし、2人乗りのサイクルボートや3人乗りのローボートで水面に枝を伸ばすシダレザクラを間近に鑑賞するもよし。広々とした空間で思い思いの花見が楽しめる。
993d0829 a192 489c 8960 b9c46701a908
関連記事あり
【2018年】東京近郊のおすすめプール8選!屋外レジャープールからリーズナブルなプールまで紹介!
De96dd94 e7f8 4961 adcc de1a61520c49
2e927d5f c262 4215 ba01 bd3baa6087e2
D36e3e8e fee4 4999 8bd8 2faab132a6e9
Aca29dc1 6f79 4b23 a183 b56e0185be8c
東京を代表するプールと遊園地の一大レジャー施設 東京サマーランドは、東京あきる野市にある、遊園地やプール、バーベキューにキャンプにドッグランなど、さまざまなレジャーを楽しめるアミューズメント施設。「アドベンチャードーム」は、全天候型の屋内プールなので一年中遊ぶことができます。中心となる「コバルトビーチ」に加え、流れ落ちる滝や岩のトンネルの「ロックビーチ」ほかアトラクションも満載。夏には屋外ウォーターエリア「アドベンチャーラグーン」もオープンし、全長650mの日本一長い流れるプールや、5種類・8機ものウォータースライドを楽しめ、特にウォーターアトラクション「DEKASLA」などは子どもも大人も大興奮。屋内以上に多くのアトラクションがあり、魅力いっぱいです。
E3877637 cd15 476f 97ae 524ec639adec
763cd5af 97dc 41d3 8b12 58e55e0a00cd
8a61be86 3c84 4d82 95d6 799826ad29af
長崎県佐世保市 ハウステンボスで行われる「ハウステンボス 光の王国」は、夜景鑑賞士が選ぶ、全国イルミネーションランキング」に5年連続1位入賞を果たし、世界最大の1300万球のという壮大なイルミネーションの世界を楽しむことができます。園内各所にはフォトジェニックなスポットも登場し、個性豊かな光のエンターテインメントを思いっきり満喫することができます。
6d187b99 252a 40ab b45d 5987478f8638
072a0fed 1dd8 4716 9c6a 2196bd7cd8dd
885d785f 5dc4 4773 8117 1ff34c566cc4
JR東日本創立20周年記念事業のメインプロジェクトとしてさいたま市に建設された鉄道博物館。小さな子供からコアな鉄道ファンまでが満足できる施設として人気です。施設内の車両ステーションでは、日本の鉄道の歴史をテーマや時期ごとに紹介しています。鉄道歴史年表や実物の鉄道車両36両の展示など、鉄道の今と昔を知ることができます。科学ステーションは、鉄道を科学的視点で探求する実験型ミュージアムです。鉄道ジオラマ、運転士体験教室、メモリアルフォトスタジオなど体験しながら鉄道を学べます。
Af74ff85 e933 4057 bd96 1199362b25b7
454e74a4 5d18 4c8f 8829 2d96dc70e8ad
1091b221 d9d5 4519 bc52 2828ab8db520
スヌーピーミュージアムはアメリカ・カリフォルニア州サンタローザからはじまりました。 その世界初のサテライトとして、2016年、東京・六本木に誕生しました。
スヌーピーミュージアム😍❣️予想以上に大満足👏🏻あまりよく知らなかったけど最後はスヌーピーが大好きになりました🤣❤️これは初期のスヌーピー😼
by ともちゃん
2017年9月16日
B1d37214 d60c 4991 b0a2 dde7f75c469d
4e5ac6ab b630 44b3 929c bea09881c5f9
265c31ad f234 49e0 9e7f 59aca107b79c
(株)モビリティランドが運営する栃木県茂木町のツインリンクもてぎ。敷地内は本格的なサーキットだけでなく、子供も楽しめるモビリティテーマパークとなっています。森を楽しむ「ハローウッズ」ではキャストと一緒に森をまわり植物や昆虫を観察したり、クラフト工房でもの作り体験をしたり、日本最大級(往復561m~)のジップラインを楽しんだり大自然の中で沢山の体験ができます。 2018年にオープンした「森感覚アスレチック DOKIDOKI」は、どんぐりの木をモデルにした地上5階建ての新感覚・木登り型アスレチック。小学生以上が対象で、ボルダリングウォールといった体力が必要なクライムゾーン、勇気が必要な空中ゾーンなど39ヶ所のアスレチックに親子で挑戦することができます。巨大などんぐりの木をモチーフに、地中の根からスタートし、太い幹を登り、枝を渡っててっぺんのゴールを目指します。樹木空間を表現したアトラクション内部にはどんぐりやカブトムシなどといった、植物や昆虫のオブジェが設置されており、まるで森の中を冒険しているかの気分を味わうことができます。 またオートキャンプ場、バーベキュー設備なども充実しています。その他、遊園地「モビパーク」ではミニバイクから本格的なカートまで子供でも沢山の乗り物体験ができ、ツインリンクもてぎは、ファミリー層に人気のスポットです。
家族連れに最適なスポットです。 キャンプ場や幼児向けの遊園地が併設されているので、子供を遊ばせながらカーレースを観戦する事ができます。
by Ryohei Koike
2017年11月11日
C5f76908 437f 4df7 b617 1e5d25c4d1c0
D7720dd8 cc96 4ce9 891f 886b68b0c312
8f075aab dc67 43a4 a8a9 d30ffca59c04
小田原こどもの森公園わんぱくらんどは、遊びに熱中できる感動と発見の公園です。公園内には、子どもたちに大人気の大型遊具が多数あり、動物たちと身近に触れ合えるふれあい広場や、スリル満点の長さ67mの吊り橋など魅力的な遊び場が満載です。また、見晴らしの丘からは、小田原市を見下ろす美しい景色が望めます。 「ターザン広場」では小学生くらいの子どもたちを対象としたアスレチックが楽しめます。高さが10メートルにもなる「木登りネット」は別名「スパイダーネット」と呼ばれ、登りきった頂上からの眺めはバツグン。ほかにも全長44メートルの「ローラー滑り台」や長さ20メートルの「ターザンロープ」はスリル満点です。 ふれあい広場ではヤギ・ヒツジへのえさやりを体験できたり、芝滑りなどもあるので大人も子供も全力で遊ぶことができます。入場料も無料で利用したいところだけ必要な料金を払えばいいので、気軽に訪れることができますよね。また、夏には「うなぎ沢」自然の沢水を利用した水遊び場もあるので、子供たちの水遊びにおすすめ。 夏におすすめな期間限定のイベントが、大きな虫かごのような「カブトムシハウス」です。このカブトムシハウスの中に入って、カブトムシとの触れ合いを楽しめる他であまり見ないおもしろい企画です。
9edf8ff9 74a7 42b1 ae1a bb9f03135fcb
20f64fde 650d 4745 8979 3335b87664ec
52219423 f39e 44ef a9bc c61d2e9cc791
「見るだけの展望台」から「体感する展望台」へと生まれかわった「SKY CIRCUS サンシャイン60展望台」。展望台は天空251エリア、カレイドスケープエリア、SKYブリッジエリア、SKY PARTYエリア、CAFE Quu Quu Quu、SKY CIRCUS TENT、SKY CIRCUS SHOPの7つのエリアから構成。 SKY CIRCUS サンシャイン60展望台の目玉アトラクションのひとつでもある「SKYブリッジエリア」は今話題のVR体験エリア。デバイス「HTC Vive」を使用した体感型コンテンツ「TOKYO弾丸フライト」「スウィングコースター」「SKYエスケープ~高所恐怖体験~」は映像と音声によって本物と錯覚してしまうほどのスリルが味わえます!
夕焼けと母 夕焼けとシルエットが映えるサンシャイン60の展望台。
by ありく
2018年9月5日