Green banner
素敵に、よりみち

全国の花火・周辺情報

79ba4422 7430 4ea3 b4e1 544d98c3b7bc

2018年に開催される花火大会の一覧です。特に、高い技術を持った花火師達の力作が見られる日本三大花火大会は必見です。内閣総理大臣杯が授与され、全国の花火師たちが優勝をかけてその技術を競いあう茨城県の「土浦全国競技花火大会」、花火師日本一決定戦とも言われており、「花火の街」大曲が誇る日本一の芸術花火が見られる秋田県の「大曲の花火」、明治12年に始まった長い歴史を持ち、直径650mもの大輪や信濃川にかかる幻想的なナイアガラが幻想的な新潟県の「長岡まつり花火大会」など、それぞれ違った仕掛けで人々を魅了します。 日本の夏の風物詩でもある花火大会。古くから伝わる職人技で繊細に作られた見事な花火を会場が一体となって楽しめるのが醍醐味。花火大会行くにあたって知りたい「日時」、「アクセス」はもちろん、快適に過ごすためにも「トイレの有無」、「雨天決行かどうか」などの細かい情報も気になりますね。またデートなどでは「有料席」でロマンティックに楽しむのもいいですね。しかし例年大混雑がつきものの花火大会。都合の合いそうな花火大会を見つけたら気になる情報をチェックしましょう。当日は、お酒とおつまみを用意して、存分に楽しみましょう!

F8857c28 09a0 4680 a770 044050364158
8つのテーマで構成される圧巻のプログラム! 毎年8月上旬に江戸川区花火大会と合同開催される市川市民納涼花火大会。例年趣の異なる8つのテーマでプログラムを構成されます。恒例の5秒で1,000発を打ち上げるオープニングにはじまり、金色の線が垂れ下がるような金冠でエンディングを迎えるまでの約75分間、次々と切り替わる演出が観客を魅了します。2009年には市川市側と江戸川区側の合計観客動員数が139万人を記録し、花火大会の観客動員数が日本最大となりました。江戸川区花火大会側では混雑緩和のために屋台・露店が規制されているのに対し市川市民納涼花火大会側では規制がないため、例年たくさんの屋台・露店が出ています。また大洲防災公園の広場ではバーベキューをしながら花火を楽しむこともできるので、「美味しく」花火を楽しみたい方には必見の花火大会です。 市川市民納涼花火大会(江戸川区花火大会と合同開催) ・花火の打上地点 江戸川区側の江戸川河川敷 ・市川会場(市川市側の江戸川河川敷) ・行徳会場 ・大洲防災公園
毎年友達と見に来ている市川市民納涼花火大会!花火が色鮮やかで美しく、人ごみを忘れるくらい見入ってしまいました!特に、最初の5秒で1000発打ち上げる演出は圧巻です!他にもダイヤモンド富士など様々な演出がありました~ また来年も行こうと思います!
by しのみー
2017年8月5日
Ddaa9910 1bb8 4bc4 999a fad594143c99
A69dc598 07db 4e91 944d e6dab096b4bc
A166c78b 7eaa 4dd4 b39f 41e419da95da
レーシングコースで「音と花火のシンフォニー」 国内外のトップレースを開催するツインリンクもてぎの、国際レーシングコースを舞台に開催される花火イベントです。コースを見下ろすように設置された観覧席から、目線の高さと上空の2つの視点を切り替えることにより、他の会場では表現できないオリジナルの演出が楽しめます。場内には乗り物や自然体験のできる森などがあり、ファミリーで1日中楽しむことができます。
ツインリンクもてぎ
栃木県芳賀郡茂木町桧山120
(株)モビリティランドが運営する栃木県茂木町のツインリンクもてぎ。敷地内は本格的なサーキットだけでなく、子供も楽しめるモビリティテーマパークとなっています。森を楽しむ「ハローウッズ」ではキャストと一緒に森をまわり植物や昆虫を観察したり、クラフト工房でもの作り体験をしたり、日本最大級(往復561m~)のジップラインを楽しんだり大自然の中で沢山の体験ができます。 2018年にオープンした「森感覚アスレチック DOKIDOKI」は、どんぐりの木をモデルにした地上5階建ての新感覚・木登り型アスレチック。小学生以上が対象で、ボルダリングウォールといった体力が必要なクライムゾーン、勇気が必要な空中ゾーンなど39ヶ所のアスレチックに親子で挑戦することができます。巨大などんぐりの木をモチーフに、地中の根からスタートし、太い幹を登り、枝を渡っててっぺんのゴールを目指します。樹木空間を表現したアトラクション内部にはどんぐりやカブトムシなどといった、植物や昆虫のオブジェが設置されており、まるで森の中を冒険しているかの気分を味わうことができます。 またオートキャンプ場、バーベキュー設備なども充実しています。その他、遊園地「モビパーク」ではミニバイクから本格的なカートまで子供でも沢山の乗り物体験ができ、ツインリンクもてぎは、ファミリー層に人気のスポットです。
B1d37214 d60c 4991 b0a2 dde7f75c469d
20fc6c05 e37b 4a33 98b0 43abf25d52b7
7e72ee77 4ae4 411d 92f1 4a5f40c31b58
Bfbdcc90 49a1 4dcf 9319 11209f3c2ca9
「映画のまち」ならでは!映画×花火のコラボレーション 調布花火大会は、東京都調布市を流れる多摩川河川敷を舞台にした関東屈指の花火大会です。調布市は、東京都のほぼ中央、多摩地区の南東部に位置し、新宿から特急で15分と都心へのアクセスが良く、自然豊かなまちです。調布市内にはたくさんの映画・映像関連企業が集まっていることから「映画のまち 調布」とも呼ばれています。「調布花火大会」では、大玉を中心とした大スターマインやキャラクターを描いた花火など、約10,000発のバラエティ豊かな花火が次々と打上がります。見どころはやはり調布が元祖といわれる「ハナビリュージョン」です。コンピュータ制御により音楽と花火が完全にシンクロし、映画音楽を基調としたプログラムが繰り広げられます。映画好きにはたまらない「映画×花火のコラボレーション」をお楽しみに! 東京都調布市と神奈川県川崎市の間を流れる多摩川。東京都調布市側の多摩川河川敷のベストポジションは有料指定席となっています。しかし、神奈川県川崎市側の多摩川河川敷には有料指定席などはありません。そのため、無料で大迫力の花火を楽しむことができるおすすめスポットになっています。神奈川県川崎市側の多摩川河川敷へのアクセス方法は、南武線「稲田堤駅」から徒歩で約10分、京王相模原線「京王稲田堤駅」から徒歩で約15分です。 【穴場スポット】 ①川崎市側の多摩川河川敷 ・住所:神奈川県川崎市多摩区 ・調布市側は有料席ですが、川崎市側は無料で鑑賞できます。 ②稲田公園 ・住所:神奈川県川崎市多摩区菅稲田堤2-9-1 ・川崎市側の多摩川河川敷付近にある公園。敷地面積の大きな公園なので、ゆったりと花火を楽しむことができます。