Banner

全国の百選

日付指定

日付を指定する

六本木ヒルズ

東京都港区六本木6丁目10−1
FF展と、Media Ambition Tokyo 2018 に来ました!
by めるTop user
2018年2月21日
関連記事あり
東京「六本木・赤坂」周辺の桜の名所5選!桜の開花情報から見頃などを紹介!
7eebfe3d 908d 4c4c aca2 285ccf81a829
六本木ヒルズ・毛利庭園・六本木さくら坂の桜
3月下旬~4月中旬
回遊式の日本庭園である毛利庭園では、毛利池をはじめ、滝や川のせせらぎなど、自然を感じながら夜桜が楽しめます。また、約400mの桜並木が続く六本木さくら坂は、六本木ヒルズの再開発で植えられた桜が15年を経て道を覆うほどの桜並木に成長しました。美しくライトアップされた夜の桜並木は、日中とは異なった景観を楽しむことができます。
7ded0712 9588 48e7 ad6f 6a6942f9ab47
関連記事あり
「六本木駅発、展望台と庭園散歩」六本木ヒルズと東京ミッドタウンを探検気分で散歩する。
75c18f5c 547f 47ef 8800 e91a4c148316
ベルギービールウィークエンド東京
2018年9月19日(水)〜2018年9月24日(月) 16:00〜21:00
定番からレアものまで、極上ビールがラインナップ。また、美食王国ベルギーにふさわしく充実したフードメニューは、ビールとのペアリングにぴったり。洗練された大人の「週末」を過ごせそうです。ベルギービールウィークエンドは、まるで巨大なオープンビアテラスです。仲間と飲んだり、新しい出会いを楽しんだり、音楽を聴いたり、ベルギービールをじっくり味わったり、一人一人思うままに様々な楽しみ方ができます。普段なかなか味わう機会の少ないベルギービールをぜひこの機会に楽しんでみてはいかがでしょうか?
A1b7a8ca 4632 4e23 af77 5384473f5ff5
関連記事あり
【六本木】アートにグルメ、お土産も!「六本木」で見つけた楽しいよりみちスポット
3bd88dbe 1994 4090 8995 d1ed60beaeef
関連記事あり
新感覚スナック「Cream Deli」発売記念 「CreamDeli Cafe by おやつカンパニー」六本木に期間限定オープン!!
29a91d25 cbcd 4b4e 954c ddbe89bbe197
関連記事あり
2月2日から3日間の限定オープン 「ティファールクレープカフェ」でフランス流クレープを楽しもう!
20c9d188 a8b4 4783 8694 c4c056439055
関連記事あり
SNS映え間違いなしのバレンタイン限定スイーツが登場!六本木ヒルズで素敵なバレンタイン
01a033f1 06db 4444 aa9d be38bd46ea00
A4a32ea4 d987 4240 a7ad 90c4f498bc1f814e19ea aef2 4a59 9317 7292b2a8a99f9f2b791b 4942 493a 9f9a e673061a36a3Aafb1da3 9312 4b46 81d9 77c1d6105bec

大阪城

大阪府大阪市中央区大阪城
安土桃山時代に豊臣秀吉により築城され、江戸時代に修築された大阪城。現在の大阪城の天守は築城から三代目のもの。初代は豊臣秀吉が築いた大阪城の天守で五重六階地下二階、黒漆塗りの下見板張り、金箔瓦の望楼型(ぼうろうがた)天守。二代目の徳川秀忠が再建させた大阪城は豊臣時代の城跡に盛土をして建設され、五重五階地下一階、白漆喰塗籠、瓦葺(かわらぶき)の層塔型(そうとうがた)天守。現在の天守は大阪市民の寄付金により昭和6年(1931年)11月7日に竣工したもので五層八階(入口のある一階部分は地下)の造りとなっており、復興天守閣では初層から四層までは徳川時代風の白漆喰壁、五層目は豊臣時代風に黒漆に金箔のものとなっています。 天守の中は「大阪城天守閣」として重要文化財の「大坂夏の陣図屏風」(通称黒田屏風)などの所蔵品を展示しています。 ※望楼型は上下層が一体型ではない構造。層塔型は上下層が一体となっている構造。
最高にキレイでした。色々な種類があり、感動しました。
by mika
2018年4月29日
2f3ea382 0501 45c8 8112 f02b52adfcb97dee6ec5 7fb4 4e73 83d9 2de775d260344e6f5ba2 2145 4288 b979 27403753bdf4Ad085531 6bad 4f87 9ed8 6b92d4a1556f

松本城

長野県松本市丸の内4−1
戦国時代の永正年間(1504〜1520年)、信濃守護家小笠原氏が深志城を築城したものが、松本城の土台となっています。天正18年(1590年)の豊臣秀吉による小田原征伐の結果、徳川家が関東に入府。当時の徳川家家臣の松本城主小笠原秀政は下総古河(現在の茨城県古河市)3万石を与えられ転封。その後、石川数正が入城し、石川数正とその子康長が、天守、乾小天守のある石垣造の近世城郭に改築しました。 現在の黒漆塗りの下見板張りの天守は国宝に指定、城跡は国の史跡に指定されています。 本丸正門の復元された黒門は侵入者が直進できないよう桝形門になっており、一の門が櫓門、二の門が高麗門になっています。
松本城 夜のライトアップ松本城もやはりステキ。 夜でもたくさんの人がいました。 風のない日は水面の写り込み松本城もステキです。
by 平岩蘭Top user
2017年8月15日
2792d677 001f 4778 9d87 d99ff7187f0dB46dadc2 9bf2 48df 9a44 e6bdeb6bcc458d5de17c 1596 4206 9ede 5d6059730f94E12f5835 ddab 4b76 8433 2ec0bd9f7bc9

浜離宮恩賜庭園

東京都中央区浜離宮庭園1−1 都立浜離宮恩賜庭園
江戸時代には江戸城の出城としての機能を果たしていた徳川将軍家の庭園、浜離宮恩賜庭園。海水を引き入れ、潮の干満によって池の趣を変える様式で、都内にある江戸の庭園では唯一現存する海水の池(潮入の池)があります。 浜離宮恩賜庭園は徳川三代将軍の徳川家光の三男であり、甲斐甲府藩主の松平綱重が海を埋め立て甲府浜屋敷と呼ばれる別邸を建てたことがはじまりです。その後、綱重の子、松平綱豊(後の徳川六代将軍 徳川 家宣)が将軍になったのを機に、甲府浜屋敷は徳川将軍家の別邸となり「浜御殿」と呼ばれるようになりました。明治維新によって徳川政権が崩壊すると、皇室の離宮となり「浜離宮」と名称を変更し、現在に至ります。昭和27年(1952年)には旧浜離宮庭園として国の特別名称、特別史跡に指定されてています。 【庭園内の見所】 中島の御茶屋 宝永4年(1707年)に造られて以来、徳川将軍、奥方、公家たちが利用した休憩所。昭和58年(1983年)に再建。現在でも中島の御茶屋では、抹茶、和菓子セットなどを供していて、浜離宮恩賜庭園を訪れた人の休憩所となっています。 松の御茶屋・燕の御茶屋 徳川11代将軍 徳川家斉の時代に造られましたが、戦災で焼失。その後平成22年(2010年)に松の御茶屋が、平成27年(2015年)に燕の御茶屋が復元されました。 お伝い橋 汐入の池の岸から小の字島と中島を結ぶ延長118メートルの総ヒノキ造りの橋。平成24年(2012年)に改修されました。 新樋の口山 浜離宮恩賜庭園の大手門入口を入り左手の東京湾に面した水門近くの山。レンボーブリッジやお台場などを一望できるスポットです。 水上バス発着場 浅草、両国、お台場海浜公園、葛西臨海公園などへの水上バス発着場。浅草方面に上って行くと、隅田川に架かる沢山の橋を水上から見上げることができます。
都会の真ん中で、都会の喧騒を忘れることができました🌿🍃お昼休みにマイナスイオンを浴びたい時にも気軽に行けるアクセスが嬉しいですね☺️
by ちなってぃTop user
2018年5月14日
関連記事あり
都立9庭園 〜春の開園時間延長のお知らせ〜
6ae44430 4282 4177 93c4 a10b1253052e
浜離宮恩賜庭園の桜
3月下旬〜4月中旬
浜離宮恩賜庭園は徳川将軍家ゆかりの庭園です。4月初旬はソメイヨシノが、中旬はヤエザクラが満開になるほか、ウコンザクラやギョイコウ等のめずらしい品種の桜が堪能できます。また、美しい桜の見ごろとなるこの時期には、開園時間を1時間延長して18時まで開園します。伝統ある浜離宮恩賜庭園と美しい桜を夕暮れまでお楽しみください。
1b5154ac 7cee 4a26 aa82 c4113520c4f9
関連記事あり
東京「芝・浜松町」周辺の桜の名所5選!桜の開花情報から見頃などを紹介!
29c5ad80 d2b1 434b b2d1 bf1ac74e7724
浜離宮恩賜庭園の菜の花
3月下旬〜4月上旬
江戸時代の代表的な大名庭園。ここに屋敷を建てたのは、四代将軍家綱の弟で甲府宰相の松平綱重。その後、綱重の子供の綱豊(家宣)が六代将軍になったのを契機に、この屋敷は将軍家の別邸となり、名称も浜御殿と改められた。十一代将軍家斉のときにほぼ現在の姿の庭園が完成。明治維新ののちは皇室の離宮となり、名前も浜離宮となったが昭和20年に東京都に下賜され、整備のうえ昭和21年4月から公開。園内の大手門近くにはお花畑があり、内堀広場前のお花畑3,000㎡には、春のおとずれとともに約30万本の菜の花が咲き乱れ、周辺は黄色い絨毯で彩られ、高層ビルを背景に美しく咲き誇る。
10e2d575 7dcb 4b1a ad50 7e8bd14ecf6a
関連記事あり
「浜松町発、今日はゆっくり街散歩」空路と海路をつなぐ街の魅力再発見。
D2b4155a 788a 4acf 9f13 f4bf688495a3
浜離宮恩賜庭園のコスモス
7月下旬〜9月上旬
江戸時代の代表的な大名庭園。ここに屋敷を建てたのは、四代将軍家綱の弟で甲府宰相の松平綱重。その後、綱重の子供の綱豊(家宣)が六代将軍になったのを契機に、この屋敷は将軍家の別邸となり、名称も浜御殿と改められた。十一代将軍家斉のときにほぼ現在の姿の庭園が完成。明治維新ののちは皇室の離宮となり、名前も浜離宮となったが昭和20年に東京都に下賜され、整備のうえ昭和21年4月から公開。
7f4cd722 8fbb 4646 8c46 aea857f1fa18
Baf36005 d657 4709 87ea 340171d89637Bd453567 1495 4e67 a1b2 9a67b2a1cb7c30a47c63 daa9 4ce9 b65e 8cd0aad543b18be23e94 05c3 45c7 a6b2 247edd39ac13

六義園

東京都文京区本駒込6丁目16−3 六義園
江戸時代に造られた大名庭園の中でも代表的な庭園とされる六義園。徳川五代将軍 徳川綱吉の信任が厚かった川越藩主 柳沢吉保が元禄15年(1702年)が築園。和歌の趣味を基調とした「回遊式築山泉水」の庭園となっています。六義園は、明治時代に入り、土佐藩出身の三菱財閥創始者である岩崎彌太郎の別邸となり、その後、昭和13年(1938年)に岩崎家より東京に寄付されました。昭和28年(1953年)には国の特別名勝に指定されています。 園内の中央に大泉水を設け、その中央の中の島には妹山、背山の築山が設けられています。また、大泉水を見下ろす形の標高35mの藤代峠、周囲の新緑や秋の紅葉との一体感が美しい渡月橋など、見所が沢山あるのも六義園の特徴のひとつです。 【庭園内の見所】 つつじ茶屋 明治年間、つつじの古木材を用いて建てられたつつじ茶屋が現存しています。秋には周辺のモミジとの景色が大変美しい場所です。 滝見茶屋 滝や石組みなどで作られた渓流があります。日本の和を感じられる景観や渓流の水の音を楽しめます。 石柱 庭園内の88ヶ所に景勝地(六義園八十八境)が設けられており、各景勝地には石柱が建てられています。残念ながら現存している石柱の数は32ヶ所となっていますが、庭園内で見つけてみましょう。 蓬莱島 大泉水の中に浮かぶ蓬莱島。中国の神仙思想を主題とした石組みの一種で、洞窟石組みの島となっています。 藤代峠 紀州にある同名の峠から名付けられました。園内で一番高い築山で標高は35メートルあります。頂上は富士見山と呼ばれ、園内を一望できるスポットです。 妹の山・背山 中の島にある築山。古くは女性のことを妹(いも)、男性のことを背(せ)と呼びました。六義園の中の島は男女の間柄を表現しています。 出汐湊 大泉水の池畔の名のひとつ。右手に中の島、左手に蓬莱島、対岸に吹上浜が望めます。 内庭大門 六義園の正門を入ってすぐの場所にある内庭大門。周辺に満開の時期は大変綺麗な枝垂れ桜の大木が植えられています。
六義園の紅葉ライトアップ‼️ 昼の六義園も素晴らしいスポットですが紅葉ライトアップも綺麗です。12月頭までみたいです👍
by ちぇりTop user
2017年11月19日
関連記事あり
都立9庭園 〜春の開園時間延長のお知らせ〜
6ae44430 4282 4177 93c4 a10b1253052e
六義園の桜
3月中旬~4月上旬
春の風物詩として親しまれている、高さ15m・幅20mの大きなしだれ桜は滝のように流れ落ちる花の様子が圧巻です。開園時間を21時まで延長し、しだれ桜はもちろんのこと、松の迫力ある枝振りや石組をライトアップします。幽玄で幻想的な景色が皆様をお迎えします。
2e1e5311 c474 40a6 b789 00ae291d9a13
関連記事あり
東京「後楽園」周辺の桜の名所5選!桜の開花情報から見頃などを紹介!
4b79067a 6c85 47b6 9425 e82deb308281
六義園のつつじ
4月中旬~5月上旬
小石川後楽園とともに江戸時代を代表する二代名園に数えられ、造ったのが五代将軍徳川綱吉の側近として絶大な権力をふるった柳沢吉保。将軍より与えられた下屋敷の土地に七年もの歳月をかけて築造したもの。園内は万葉集や古今和歌集に詠まれた名勝が再現され、紀州和歌の浦や渡月橋、吹上浜などがある。名前の由来は中国の古典「詩経」の六儀(賦、比、興、風、雅、頌)に由来するもので、古今和歌集の序文にも出てくる詩歌の心を表現した言葉と伝われている。また、同園は昭和十三年に東京市に岩崎弥太郎氏より寄贈され、のちに六本のシダレザクラが植樹される。季節を通し、初夏の緑、秋の紅葉、冬の雪景色も格別な美しさを見せるが、春の名物となっているのが、正門を入ってすぐのシダレザクラ。樹齢60年で樹高15m、枝張り20m、幹回り5m。ボリューム感があり、その姿にしばし足が釘付けになって立ちつくすほど。満開の時には、枝いっぱいに見事な花を咲かせ、薄紅色の滝のような姿はまさに圧巻。またライトアップされ、園内の緑を背景に、浮かび上がる姿は昼とはまた異なった趣で、その壮麗さをきわだたせている。
C3fc90f0 266c 4bb9 8c1a 724e227f9f7d
関連記事あり
「駒込駅発、桜と富士の散歩道」銭湯や商店街など、懐かしい日本の風景との出合いが待っている!
21fb55ff 4f42 4c01 bc2b c143b5139ad7
9d3c9c2c 2e02 4be5 b1cd c5e883c6b77c4320a5fc 5c7c 42e6 ba4f 7b047f02c67803fe541c ecb8 4d69 8e47 63d89c3cb02fC4ef6e3b c3ca 48ba 9848 fb519871222a