全国 桜のよりみち案内

桜のTOP USER
平岩蘭さん
90f799c2 68be 4938 9ef4 1542a9df0c99
A5982fc4 1099 4fea ba69 8ee59726a360

日本の春と言えば、やっぱり桜。毎年何気なく見ている桜ですが、知れば知るほど奥深いもの。桜の種類が分かるといつものお花見もより一層楽しくなりそうです。 一年に一度の貴重な季節。うっかりして、「もう桜の見頃が終わってた!」なんてことがないよう、開花情報を確認して、一番見頃の時期に楽しみたいですよね。 桜の見頃やアクセスをはじめ、ライトアップ情報など、お花見に行く際に必要な情報も気になるところ。 また、期間限定で桜をモチーフにしたお祭り情報も目白押し。桜の名所、絶景お花見スポットはもちろん、ロマンチックな夜桜、イルミネーションも必見です。 桜の開花状況の確認やお花見計画をして、春を存分に満喫しましょう!

日付指定

日付を指定する
32a03aa3 6076 4689 a154 570a239e30db
6cf15c17 63f5 434d 8f62 fbc559a463b0
D6f7f504 2fad 4395 bc64 fd23ed19f6ba
津軽統一を果たした津軽氏の居城。弘前城天守や櫓、城門が当時の姿を伝える。津軽統一を果たした初代藩主、為信(ためのぶ)が慶長8年(1603)に計画、2代藩主 信枚(のぶひら)が慶長16(1611)に完成させた城。広さ約49.2ha、東京ドーム10個分以上の敷地は、三重の濠と土塁に囲まれ、6つの郭で構成されている。現在の天守は文化8年(1811)に再建され、弘前城史料館として藩の史料を展示し、当時の風情を偲ばせている。園内の桜は、正徳5年(1715)、西の郭に25本の桜を植えたのが最初と伝えられる。現在の桜は、明治維新後、荒れ放題のお城を見た旧藩士が少しずつ植えていき、昔の姿を取り戻そうと大部分は明治以降に植えられたもの。天守閣を中心にソメイヨシノをはじめシダレザクラ、ヤエザクラなど約50種2600本の桜が咲き誇り、春は大勢の人出で賑わう。
E53a5fa7 0da9 494e a700 6387f684e5b6
弘前公園の桜 圧巻の一言です
5.0
by ほそかわ
2018年4月27日

Dc8b7482 8b7c 42bb a7e9 7f19e73d8e52
Bb901520 9870 463b a1e4 4040edc190c6
6769dc10 ae86 402b aa83 404c1d21ee2e
新宿御苑は例年約100万人もの人出で賑わう定番お花見スポットです。東京ドーム約12個分の敷地に約1,000本の桜があり、天正18年からある古き良き桜の名所。酒類の持ち込みが禁止されているため、小さいお子さま連れでも安心してお花見が楽しめます。2月中旬~3月中旬は早咲きの「寒桜」や「河津桜」が見頃を迎えます。この時期は花見客も少なく、花の撮影・お散歩には特におすすめです。3月下旬にはヤマザクラなどの一重咲き桜、4月上旬にはソメイヨシノ、イチヨウやカンザンなどの八重咲き桜が次々とつぼみを開き、園内を鮮やかに彩ります。
A9fdf7ad 97a7 46e4 9383 3906c9d1c707
新宿御苑にて 池にうつった桜も趣きがあってきれいでした。
4.0
by zona
2019年3月21日

755ad772 47ae 4ab6 9dc3 6149e94632ea
4f03e854 06ae 419e bc1c 92c765d4c41e
B0d3af90 690e 4a6f a43f 9166ae08835f
国指定の史跡である山形城址にできた公園で、入口には復元された二の丸東大手門、二の丸跡には11代城主の最上義光の騎馬像が立っています。約1500本のサクラが咲く山形県随一の桜の名所でもあり、日露戦争の戦勝記念として植樹された1400本のソメイヨシノは100年を越す樹形も立派な古木ばかりです。ほかにも樹齢600年を越すエドヒガンをはじめ、オオシマザクラ、シダレザクラ、サトザクラ、新品種のヤマガタカレンなど多種多彩な桜を見ることができます。満開の時期には、大茶会など風流なイベントも行われ、堀に映る桜並木とともに日本の春を美しく彩ります。
7151907b 1926 41e7 bea7 c05829ac881b
山形新幹線と桜
5.0
by 大塚 雅史
2018年4月13日

Eca84ec3 bdd2 4ce2 85f6 9d71ff63555d
01fd1618 9d9f 4f52 afd9 fbc70dd5b367
Eda5c5f6 a68b 4242 a67a 67a3f73b7db8
大峰連山の北の端から南に8キロつづく尾根が吉野山。修験道の寺などに南北朝時代の史跡も多く、2004年には吉野山を含む「紀伊山地の霊場と参詣道」が、ユネスコの世界遺産に認定された。古来より桜の名所として知られ、シロヤマザクラを中心に約200種およそ3万本もの桜が植えられている。「一目に千本見える豪華さ」という意味で「一目千本」とも言われている。桜が咲く場所を下千本(しもせんぼん)、中千本(なかせんぼん)、上千本(かみせんぼん)、奥千本(おくせんぼん)と呼ばれており、例年4月上旬から末にかけて約1カ月に渡り、下、中、上、奥千本の順番に山下から山上へと順に開花して優雅な彩りを見せてくれる。山の斜面になるが桜並木が続く、散策コースが豊富なのが魅力。また、最近では、桜の開花に合わせて夜桜のライトアップも行われている。
45134116 26f1 4ef3 9c67 c368edee4274
吉野山の桜 吉野山の桜です。初めて行きましたが広い範囲で桜を楽しめました。
3.0
by Takahiro Tsuji
2019年2月13日

1d28c19c aeca 47f6 9302 b28200d32e4f
5234013e 834d 43d5 9a2b bf51e1a54a67
B43f6ef1 7f0a 4b41 938f cce8ecac9dcc
福島県の郡山市の北東部に位置する三春町。城下町で春になると梅、桃、桜の花がいっせいに咲くところから三つの春が来るので三春と名付けられたという。町の南側に春を告げるように咲くベニシダレザクラの巨木は、樹齢千年以上といわれている。大正十一年、十月、わが国の桜を代表する巨樹として国の天然記念物にも指定され、岐阜県の淡墨桜、山梨県の山高神代桜とともに日本三大桜といわれる。名木として愛され、室町時代の殿様は早馬を立てて開花の様子を日々待ったといい、三春藩は手厚く保護し、周辺の畑の年貢を免除して柵を設けたほど。当時のことを三春盆踊歌では「滝の桜に手は届けども、殿の桜で折らない」と歌われている。また、江戸時代後期の天保年間、三春藩士草川次栄が上京し、公爵などとの会談の折り滝桜が話題にのぼり、この時に詠んだ桜の賛歌が世に名を知らせたという。桜の樹高十二メートル。幹回り十一メートル、枝張りは東西へ約二十五メートルもある。滝桜の名前の由来だが、四方に伸びた枝から紅色の滝がほとばしるように小さな花を無数に咲かせ、その模様は滝が流れ落ちるように見えることから。艶やかな花姿に訪れる人々は、しばし立ちすくんでしまうほどだ。
Ae0b3f15 3843 4b65 a73e f2efd9f86ffa
幽玄の美 ライトアップされた滝桜は、昼間とは一味違う雰囲気を醸し出していました。
4.0
by sakikazukiBronze名所
2017年4月15日

632b2eb9 b763 4073 8909 faf1978ec816
56ad3f39 6d02 440e 98d7 a72680d714ea
08e1538a bc03 4f32 ba17 e214822ca420
会津若松市のシンボル鶴ヶ城は約600年前に芦名氏によって築かれ、1381年黒川城築城以来伊達、上杉、加藤など戦国大名の居城。戊辰戦争の時に1ヶ月の籠城の末落城。その時の白虎隊の悲話で知られる。現在の天守閣は昭和40年の再建。平成16年3月には天守閣内部がリニューアルされ、会津のシンボルとしての鶴ヶ城で会津の歴史を「学び、遊び、体験」できる「お城ミュージアム」として好評を博している。城内にはソメイヨシノを主に、大小約1,000本の桜が植えられ、春は夜桜見物客で賑わう。
User default image
春の鶴ヶ城 美しい。
5.0
by ちぴ
2019年4月20日