全国 桜のよりみち案内

桜のTOP USER
平岩蘭さん
90f799c2 68be 4938 9ef4 1542a9df0c99
A5982fc4 1099 4fea ba69 8ee59726a360

日本の春と言えば、やっぱり桜。毎年何気なく見ている桜ですが、知れば知るほど奥深いもの。桜の種類が分かるといつものお花見もより一層楽しくなりそうです。 一年に一度の貴重な季節。うっかりして、「もう桜の見頃が終わってた!」なんてことがないよう、開花情報を確認して、一番見頃の時期に楽しみたいですよね。 桜の見頃やアクセスをはじめ、ライトアップ情報など、お花見に行く際に必要な情報も気になるところ。 また、期間限定で桜をモチーフにしたお祭り情報も目白押し。桜の名所、絶景お花見スポットはもちろん、ロマンチックな夜桜、イルミネーションも必見です。 桜の開花状況の確認やお花見計画をして、春を存分に満喫しましょう!

日付指定

日付を指定する
F4c42aa9 c437 4aed 8215 ffbc58942705
鎌倉宮では、毎年1月中旬から2月中旬にかけて、大鳥居前に河津桜が花を咲かせます。境内に咲く河津桜の本数は多くありませんが、全国の河津桜の中でも約1ヶ月程度早く開花する河津桜として知られているスポットです。
鎌倉宮
神奈川県鎌倉市二階堂154 鎌倉宮
鎌倉宮」が創建されたのは明治2年、1869年と比較的最近です。別名を「大塔宮(おおとうのみや)」といい、後醍醐天皇の皇子である護良親王(もりながしんのう)を祭神として祀っています。 護良親王は延慶元年(1308年)に後醍醐天皇の第3皇子として誕生しました。 後醍醐天皇の鎌倉幕府倒幕の動きに呼応して幕府軍と戦うなど貢献をしてきました。鎌倉幕府が滅亡し天皇親政が復活すると征夷大将軍に任じらましたが、足利尊氏と対立して捕らえられてしまい、28歳という若さで最後を遂げることになります。 鎌倉宮明治時代に入ると、明治天皇は非業の最期を遂げられた護良親王を祀るために鎌倉宮を建設しました。 明治天皇は南朝を天皇家の正統としていたため、倒幕の貢献者・護良親王の悲劇の死を悼み、この地に神社を壮健し「鎌倉宮」と名付けたのです。 長い歴史において、この鎌倉宮が唯一「天皇自らが創建」した神社です。 鎌倉宮の村上社前に置かれているのは、元弘3年(1333年)、窮地に立った護良親王の身代わりとなって自刃した村上義光の像。「撫で身代わり」と呼ばれ、病気や厄除けの身代わりにご利益があるといわれています。
E7ede8c4 167f 4c37 885f cc4eb9aac0f6
関連記事あり
【神奈川】早咲き桜/河津桜おすすめ5選!見頃を紹介
Cfd2701d ce83 45b8 ab3c b7b844eeee36

B82052d6 b72b 4af1 84ca 30342175511a
日本で一番早く開花する桜とも言われている土肥桜。伊豆半島の西伊豆方面でしか見られない貴重な桜を佐渡金山に次ぐ国内生産量を誇った伊豆最大の金山として知られる静岡県伊豆市の土肥金山で観賞することができます。土肥桜は、河津桜よりも開花が早く、12月中旬頃からつぼみがつきはじめ、1月中旬頃から開花をします。その後、2月中旬までの約2ヶ月間もの間、濃いピンク色の花びらをつけた花が咲き続けます。土肥金山では夜桜ライトアップも開催されているので、ライトアップされた幻想的な土肥桜を楽しむことができます。