Green banner

全国の商店街・周辺情報

Fef18a48 23a7 45fc a75d 5e31d34e18c7
Cf1b29c6 3b4b 46ce 8ff1 f2d9f8055119
Spot noimage
東北地方への交通の拠点である日光街道の宿場町「千住宿」。千住宿の宿場町周辺は、今では「宿場町通り」という商店街になっています。商店街の目抜き通りだけでなく、わきに残る細かな路地も街歩きの楽しみの一つ。レストランや居酒屋、衣料品店など、たくさんの店が並んでいます。宿場町通りの街歩きにぜひ立ち寄りたいのが、お休み処「千住 街の駅」。元は大正12年創業の魚屋さんだというレトロな店内には、街歩きに役立つマップや足立区をちょっと知ることのできるパネル展示などがあります。スタッフから街歩きのお役立ち情報を聞くこともできるので、初めて訪れた際にはぜひ利用してみましょう。また、無料でお茶をいただいたりトイレを貸してもらえたりするほか、持ち込み飲食もできるので、街歩きで買ったものを中で食べながら休憩するのもおすすめです。 旧日光街道を歩いていると、宿場町として栄えていた当時の名残を見ることができます。例えば旧日光街道の東側にある趣のある建物、「横山家住宅」。安政2年(1855年)に建てられた横山家の住宅で、現在の建物は昭和11年(1936年)に改修されてはいるものの、ほぼ建築当初の姿を保っており、足立区の有形文化財に指定されています。そのほか、代々千住絵馬を作り続けている「吉田屋」や江戸時代から続く骨接ぎの名医として知られる整形外科「名倉医院」。外観のみの見学にはなりますが、宿場町として栄えていた当時に思いを馳せながら街歩きを楽しんでみてはいかがでしょうか。
46303fed 9ab5 4c0c 9f69 5bbc4751856a
5c07fe1a cd0f 42ff a926 5fb7a7fa2b63
Spot noimage
東京都、武蔵野市。吉祥寺駅北口を出てすぐの細い路地にある商店街はハーモニカ横丁(通称ハモニカ横丁)と呼ばれています。変わった名前の由来は、狭い間口の商店が並ぶ様子がハーモニカの吹き口に似ていることから名付けられたとのこと。1945年(昭和20年)に駅前マーケットが出現したのが始まりで、いわゆる戦後の「闇市」と言われたものがハーモニカ横丁のルーツとされています。 横丁に並ぶ約100件の店は小さな古い店が多く、飲食店、居酒屋、和菓子屋、洋服屋、魚屋など様々なジャンルのお店が軒を連ねています。昼間のお散歩でぜひ訪れたいのは、「たいかしの天音」。ここではカリッとした羽根つきのたい焼きを味わうことができます。たい焼きの他にもわらび餅やお団子も人気です。手土産に買っていってもいいですし、たい焼きを頬張りながら街歩きするのも楽しそうです。 ハモニカ横丁には立ち飲み屋も多く、一人でも立ち寄りやすい場所です。夜はもちろん、昼飲みができるお店もたくさん!庶民的な焼き鳥屋さんからオシャレなバルまで、幅広いジャンルのお店があります。
マンガのワカコ酒っぽい、落ち着くお店が並ぶ横町です✨🍶
by ずんだもちTop user
2017年9月7日