全国のキャンプ場・周辺情報

キャンプ場のTOP USER
れこばさん
765fcacd 8ce5 4920 8caa 246a895ea43c
2ffaa703 0eae 4565 a8c4 c185fcdefa73
9195472a 084e 4e4f 8d8e 1d6e9ce6dbe1
6483210b 6350 4197 bbf6 6a985be644a1
広大な園内には芝生広場、デイキャンプ施設、じゃぶじゃぶ池、野球やサッカーの練習にも使用できるグラウンド(要申込で試合は不可)があり、早朝より散歩やジョギングを楽しむ人が多く見られます。 巨樹や珍しい樹木には一つ一つプラカードがついており、少し立ち止まって見るのもオススメです。春には桜、秋には紅葉と四季を通して楽しめます。 毎年2回、春と秋にはボランティア団体による「林試の森フェスタ」が開催されます。コンサートやお抹茶席、自然体験等多くの人が楽しめる催し満載の祭りとなっています。
B1d37214 d60c 4991 b0a2 dde7f75c469d
6c4cb62b 3f55 4211 befc 98e2d8dfb2b9
39d105a8 253a 4c82 a215 d0d5c0ba7492
(株)モビリティランドが運営する栃木県茂木町のツインリンクもてぎ。敷地内は本格的なサーキットだけでなく、子供も楽しめるモビリティテーマパークとなっています。森を楽しむ「ハローウッズ」ではキャストと一緒に森をまわり植物や昆虫を観察したり、クラフト工房でもの作り体験をしたり、日本最大級(往復561m~)のジップラインを楽しんだり大自然の中で沢山の体験ができます。 2018年にオープンした「森感覚アスレチック DOKIDOKI」は、どんぐりの木をモデルにした地上5階建ての新感覚・木登り型アスレチック。小学生以上が対象で、ボルダリングウォールといった体力が必要なクライムゾーン、勇気が必要な空中ゾーンなど39ヶ所のアスレチックに親子で挑戦することができます。巨大などんぐりの木をモチーフに、地中の根からスタートし、太い幹を登り、枝を渡っててっぺんのゴールを目指します。樹木空間を表現したアトラクション内部にはどんぐりやカブトムシなどといった、植物や昆虫のオブジェが設置されており、まるで森の中を冒険しているかの気分を味わうことができます。 またオートキャンプ場、バーベキュー設備なども充実しています。その他、遊園地「モビパーク」ではミニバイクから本格的なカートまで子供でも沢山の乗り物体験ができ、ツインリンクもてぎは、ファミリー層に人気のスポットです。
スーパーGTテスト走行(ツインリンクもてぎ) 2018.10.8(体育の日) テスト走行でもファミリー層でも楽しめるイベントがたくさんあります。例えばテスト走行中のコースの中をバス5台でめぐるサーキットサファリが実施されていました。
by fn2
2018年10月8日
C95892e7 a31c 42c7 b638 11241e7496b0
14e91372 aa96 4cb9 83ce ef07b11dd146
Spot noimage
神奈川県相模原市緑区のさがみ湖リゾート プレジャーフォレスト。 ファミリーで楽しめる遊園地だけでなく、キャンプ(パディントンベア・キャンプグラウンド)やバーベキュー(ワイルドクッキングガーデン)などのアウトドア施設、標高370mの山頂にそびえ巨大クライミングアトラクション「マッスルモンスター」などのアスレチック、サバイバルゲームフィールドやラジコンコースなど、沢山の遊びを組み合わせた雄大なレジャーエリアです。また「さがみ湖温泉うるり」も併設されているので、温泉で1日の疲れを癒したい。
「マッスルモンスター」という空中アスレチックに行きました! 4階建てのアスレチックでスリル満点でした!!
by みっきーTop user
2018年9月6日
さがみ湖イルミリオン 2018
2018年11月3日(土)〜2019年4月7日(日) 16:00〜23:59
神奈川県相模原市 さがみ湖リゾート プレジャーフォレストで行われる「さがみ湖イルミリオン」は、関東最大600万球の圧倒的なスケール感に加えて、見るだけの鑑賞型イルミネ ーションから、光の中で遊べる“体験型”のイルミネーションリゾートとへと生まれ変わりました。“体験型“イルミネーションスポットはでは、乗り物に乗って光り輝くイルミネーションの上を走行したり、光のトンネルの中から光の生き物たちを探したりといった、光と遊べる体験要素が満載です。
Eb49dbcb 7f37 4899 998b c3327e8cc5cc
さがみ湖リゾートプレジャーフォレストの桜
3月下旬~4月中旬
さがみ湖リゾートプレジャーフォレストは相模湖東部の自然豊かな遊園地で、園内にはソメイヨシノ・ヤエザクラ・ヤマザクラなど約2,500本の桜が咲き誇ります。カワヅザクラなども植栽されているため、長期間お花見を楽しむことができます。また、開花時期には「さがみ湖さくら祭り」が開催され、夜になると約600万球の光が桜を照らし、桜とイルミネーションの競演も楽しめます。
20a8c586 23dc 4bb7 847e ee7d855bafe2
関連記事あり
【神奈川】アスレチックおすすめ11選!大人も子供も楽しめる
1f3cb111 06b3 44d8 a170 8f0d93bf0175
関連記事あり
【さがみ湖イルミリオン】に行ってきた!2018体験記
48e07ccb 6c79 4fd7 9435 9ec07ae19277
C5afdf1b 71c6 4567 861f 4616ccab380f
東京にありながら広がる空と多様な自然が楽しめる都立公園、舎人公園。緑と水に恵まれた敷地は現在、約61.2ヘクタールに及びます。園内には噴水広場、バーベキュー広場、キャンプ場、じゃぶじゃぶ池、野球場、陸上競技場、テニスコ—ト等があり、目的に応じて楽しめる公園です。自然環境に恵まれた舎人公園は動植物の宝庫。園内の北東側にある大池にはガマやアシが自生し、カルガモなどの鳥類をはじめ、さまざまな魚、昆虫たちの格好のすみかになっています。春は桜、初夏には菖蒲など、四季の花が楽しめるのも魅力です。特に春には1,000本以上の桜を見に来るお花見客で賑わい、毎年開催される「舎人公園千本桜まつり」ではイベントや屋台、桜のライトアップなどが実施されます。また、日米友好の証としてレーガン大統領夫人から贈られた「レ−ガン桜」は見どころのひとつです。
人もそこまで多くなく、ゆっくり、広く遊べる公園
by airkingBronze
2017年10月15日