Green banner
素敵に、よりみち

全国のバーベキュー・周辺情報

バーベキューのTOP USER
ずんだもちさん
71fa6c3b 3f2b 49ca 8fdd ebccaa790ed2
93825956 1170 4abb 8a2e a69e3172808a
B8283819 229b 460c a4bf 4eb9be5845bf
434b116e d2f1 4de2 b2d0 78f435c9e951
こどもの国は都心から約30キロに位置し、多摩丘陵の雑木林をそのまま生かした自然の遊び場です。広さ約100ヘクタール(約30万坪)の園内には、芝生広場、ミニSL、横浜一長いローラー滑り台、湖、ミニアスレチック、せせらぎ、つり橋、サイクリングコース(1.6キロ)などがあり、湖ではボートやドラム缶いかだで遊ぶことができます。 「こどもの国の屋外プール」は夏期のみのオープンいたします。水深の浅い幼児向けから泳ぎ専用の25mプール、2本の滑り台や大人気のチューブスライダーまで盛りだくさん。泳ぎ疲れたら大きな屋根の下で休憩してください。夏の強い日差しをさえぎってくれるから安心!レジャーシートがあると便利です。オムツが取れていないお子様でも水遊び用パンツでプールに入ることができます。プール場内に授乳室もございます。
こどもの国の梅
2月上旬~3月上旬
多摩丘陵の雑木林を生かし、約100万平方mの広大な敷地を誇る自然の遊び場として親しまれている場所がこどもの国。敷地内にある梅は入口から園内を奥へと進み、動物園コーナーに至るまでの坂道にウメが植えられており、約300本の白梅、紅梅、豊後梅がある。2月下旬~3月上旬の花の季節にはウメの香りが辺り一面に漂う。梅まつり2月中旬から3月上旬に開催され、週末には「梅のかざぐるまづくり」「梅林で探そう!スタンプビンゴ」などの各種のイベントを開催。また、敷地内にはウメだけではなく、ロウバイ、ツバキ、ネコヤナギ、カワズザクラ、マンサク、タチツボスミレなど四季を通じて各種の植物が目を楽しませてくれる。その他、動物園や牧場、遊具広場、スポーツ施設も充実し、なかでも無料で楽しめる白鳥湖の「ドラム缶いかだ」は1艘で小学生なら4人位まで一緒乗ることができる人気遊具のひとつになっている。平日シルバー割引もあり、65歳以上の方は免許証や身分証明書などの本人の年齢が確認できるものを提示すると入園料が半額になる。
こどもの国の桜
3月下旬~4月上旬
横浜市青葉区と東京都町田市にまたがる多摩丘陵の自然を生かした100万平方メートルの広大な遊び場。さまざまな遊具を配した広場の他、動物園や牧場があり、乳しぼりなどの体験イベントが好評。ファミリーはもちろん、オトナのカップルも楽しめるスポットだ。春にはソメイヨシノをはじめシダレザクラ、ギョイコウなど約40種約1,000本の桜が咲き競うが、なかでも中央広場のシダレザクラが圧巻。また、白鳥湖西側の山全体が桜で、開花期には一面がピンク色に染まる。桜の木の下にシートを広げてお弁当を食べるもよし、2人乗りのサイクルボートや3人乗りのローボートで水面に枝を伸ばすシダレザクラを間近に鑑賞するもよし。広々とした空間で思い思いの花見が楽しめる。
993d0829 a192 489c 8960 b9c46701a908
関連記事あり
【2018年】東京近郊のおすすめプール8選!屋外レジャープールからリーズナブルなプールまで紹介!
De96dd94 e7f8 4961 adcc de1a61520c49
8b2fba7d 0414 407c 98ec 819950cd7b5e
47f96782 2800 4412 9483 1acc382631a2
40330d92 f9e8 45e0 8aa8 54faf95a8702
東京都立川市と昭島市にまたがる日本の国営公園。 日本を代表する国営公園で東京ドーム約40個分の広さを誇ります。園内はドックラン、フットサルコート、レインボープール、バーベキューガーデンなど多くの施設を有しています。植物も豊富で秋の300mのイチョウ並木は絶景です。その他にもソメイヨシノ(3月下旬から4月上旬)、睡蓮(見頃6月)、紫陽花(6月中旬から7月上旬)、ヒマワリ(7月下旬から8月上旬)など四季を通じて数々の植物の景観を楽しめる公園です。
昭和記念公園の秋は、イチョウ並木がとても綺麗で毎年のように行っています。
by やまぴー
2018年6月27日
国営昭和記念公園レインボープール
2018年7月14日(土)〜2018年9月2日(日)
東京ドームの1.4倍の面積に9種類のプールは首都圏最大級! 国営昭和記念公園レインボープールは、東京都立川市にある首都圏最大級の屋外レジャープールです。東京ドームの約1.4倍の水面積に9つのプールが広がります。1周360m(水深1.1m)の流水プールをはじめ、30cm~40cmの高さの波が打ち寄せる「大波プール」(水深1.2m)、大小5つの滝に打たれる「大滝プール」(水深0.6m)、大滝プールからつながる「渓流プール」(水深0.3m)、すべり台や噴水などがある「冒険プール」(水深0.6m)、四つ葉のクローバーの形をした「クローバープール」(水深1.0m)、幼児プール(水深0.1m~0.15m)、噴水で水車が回る「モニュメントプール」(水深0.25m)と盛りだくさん!さらに4つのレーンのウォータースライダーがあり、一番短くて長さ27m、最も長いもので98mも滑り降りることができます。さらに、温水シャワー、ヘアドライヤー、脱水機、浮き輪用の空気入れがすべて無料で利用可能!毎年大賑わいのプールです。
E24e53f8 beb3 422c 8403 0f8c85a52aee
国営昭和記念公園のコスモス
9月上旬~11月上旬
東京都立川市と昭島市にまたがる日本の国営公園。 日本を代表する国営公園で東京ドーム約40個分の広さを誇ります。園内はドックラン、フットサルコート、レインボープール、バーベキューガーデンなど多くの施設を有しています。 植物も豊富で秋の300mのイチョウ並木は絶景です。その他にもソメイヨシノ(3月下旬から4月上旬)、睡蓮(見頃6月)、紫陽花(6月中旬から7月上旬)、ヒマワリ(7月下旬から8月上旬)など四季を通じて数々の植物の景観を楽しめる公園です。 毎年9月上旬頃から11月上旬にかけて、園内の3ヶ所に約550万本のコスモスが咲き誇ります。9月上旬~10月上旬から「ハッピーリング」約70万本が「原っぱ東花畑」で最初の見頃を迎え、次いで10月下旬~11月上旬から「イエローキャンパス」他2種のコスモス約80万本が「原っぱ西花畑」で見頃を迎えます。そして圧巻は、10月上旬~10月下旬に咲くピンク色の「ドワーフセンセーション」400万本。「花の丘」が一面ピンク色に染まる景観は絶景です。
Bf7eef4c 85cc 4343 a650 fe9088445cc2
国営昭和記念公園の桜
3月下旬~4月中旬
国営昭和記念公園は立川市と昭島市にまたがる国営公園で、広さはなんと東京ドーム約40個分を誇っています。園内には1500本の桜があり、例年3月下旬から4月中旬にかけて見頃を迎えます。「桜の園」には200本のソメイヨシノがあり、大木が多く、枝が目線まで垂れているので、間近で観賞できます。また、大きな原っぱやドックラン、BBQガーデンなどたくさんの施設があるので、お花見だけではなく、様々な楽しみ方ができます。自転車をレンタルできるので、広い園内をサイクリングしながら満開の桜の景色を楽しむのもオススメです。
69f9071b 7fbc 4af6 ad63 cb5f9fafbf78
国営昭和記念公園のチューリップ
4月中旬〜5月上旬
東京都立川市と昭島市にまたがる日本の国営公園。 日本を代表する国営公園で東京ドーム約40個分の広さを誇ります。園内はドックラン、フットサルコート、レインボープール、バーベキューガーデンなど多くの施設を有しています。 植物も豊富で秋の300mのイチョウ並木は絶景です。その他にもソメイヨシノ(3月下旬から4月上旬)、睡蓮(見頃6月)、紫陽花(6月中旬から7月上旬)、ヒマワリ(7月下旬から8月上旬)など四季を通じて数々の植物の景観を楽しめる公園です。 例年4月中旬頃、昭和記念公園内の小川の両岸に約23万本の色鮮やかなチューリップが咲き誇ります。ピンク、赤、黄色、オレンジなどのカラフルなチューリップが一面に広がる光景は圧巻です。
Ef67cf75 1105 48bd 965d 617cbfc23b9d
国営昭和記念公園のネモフィラ
4月下旬〜5月中旬
東京都立川市と昭島市にまたがる日本の国営公園。 日本を代表する国営公園で東京ドーム約40個分の広さを誇ります。園内はドックラン、フットサルコート、レインボープール、バーベキューガーデンなど多くの施設を有しています。 植物も豊富で秋の300mのイチョウ並木は絶景です。その他にもソメイヨシノ(3月下旬から4月上旬)、睡蓮(見頃6月)、紫陽花(6月中旬から7月上旬)、ヒマワリ(7月下旬から8月上旬)など四季を通じて数々の植物の景観を楽しめる公園です。 例年4月下旬から5月中旬、ゴルーデンウィーク頃に見頃を迎えるネモフィラ。空色のネモフィラ約20,000本があたり一面に咲き誇ります。
0c0e728e c738 4114 9f02 e3609ae292fa
国営昭和記念公園のポピー
5月中旬〜6月上旬
東京都立川市と昭島市にまたがる日本の国営公園。 日本を代表する国営公園で東京ドーム約40個分の広さを誇ります。園内はドックラン、フットサルコート、レインボープール、バーベキューガーデンなど多くの施設を有しています。 植物も豊富で秋の300mのイチョウ並木は絶景です。その他にもソメイヨシノ(3月下旬から4月上旬)、睡蓮(見頃6月)、紫陽花(6月中旬から7月上旬)、ヒマワリ(7月下旬から8月上旬)など四季を通じて数々の植物の景観を楽しめる公園です。 例年5月中旬から6月上旬、昭和記念公園内の11,000㎡という広大な敷地に、約180万本のシャーレーポピーがに緩やかな斜面に真っ赤な花を咲かせます。
C0232489 3050 42cd ac52 b9751d5ce590
国営昭和記念公園のあじさい
6月上旬〜7月上旬
東京都立川市と昭島市にまたがる日本の国営公園。 日本を代表する国営公園で東京ドーム約40個分の広さを誇ります。園内はドックラン、フットサルコート、レインボープール、バーベキューガーデンなど多くの施設を有しています。 植物も豊富で秋の300mのイチョウ並木は絶景です。その他にもソメイヨシノ(3月下旬から4月上旬)、睡蓮(見頃6月)、紫陽花(6月中旬から7月上旬)、ヒマワリ(7月下旬から8月上旬)など四季を通じて数々の植物の景観を楽しめる公園です。 6月上旬から7月上旬にかけて、ガクアジサイ、西洋アジサイ、ヤマアジサイ、タマアジサイ、アナベルなどの約60種、9,300株のあじさいが園内に咲き誇ります。
立川まつり国営昭和記念公園花火大会 2018【中止】
2019年7月28日(日) 19:20〜20:20
台風12号の影響により中止となりました 大会当日、翌日の予備日を含めて関東地方に最接近、上陸が予測されているため順延もされません 都内では珍しい1尺5寸玉が見られます! 国営昭和記念公園は東京都立川市と昭島市にまたがる日本の国営公園で、東京ドーム約40個分の広さを誇ります。立川まつり国営昭和記念公園花火大会では、全国の花火大会において優秀な成績を得た花火を再現する芸協玉、1尺5寸玉〜3尺玉(30号玉)の5発以上の打ち上げと見所満載な花火大会となっています。1尺5寸玉の他にも、ワイドスターマインなど迫力ある演出が魅力です。メイン観覧会場の「みんなの原っぱ」は東京ドーム約2個分の広大な芝生なので、趣向を凝らした花火をゆったりと観覧できます。
3148f4da 82b0 4d6d 83bc 8b3a6cc4e524
国営昭和記念公園のひまわり
7月下旬~8月中旬
東京都立川市と昭島市にまたがる日本の国営公園。 日本を代表する国営公園で東京ドーム約40個分の広さを誇ります。園内はドックラン、フットサルコート、レインボープール、バーベキューガーデンなど多くの施設を有しています。 植物も豊富で秋の300mのイチョウ並木は絶景です。その他にもソメイヨシノ(3月下旬から4月上旬)、睡蓮(見頃6月)、紫陽花(6月中旬から7月上旬)、ヒマワリ(7月下旬から8月上旬)など四季を通じて数々の植物の景観を楽しめる公園です。 昭和記念公園の「ひまわり畑」は、約50,000本が植えられており、首都圏でも有数のひまわりスポット。園内の「花の丘」には、40,000本の「ヒマワリ迷路」、10,000本の「画家の愛したひまわり畑」(ゴッホやモネが愛した種類のひまわり)が植えられているの2ヶ所で観賞できます。
Ab8956bb 7428 4b1b 96a3 1cd250d9292d
関連記事あり
秋の絶景を見に行こう!東京で紅葉が美しい名所5選
67e51b1c e574 4016 82ce cbb380a8ee1d
関連記事あり
初夏と言ったら屋台飯!都内で開催のグルメイベント・フードフェス5選!
F4788413 0d95 4d53 bd8e e17c3f088ed9
関連記事あり
東京「立川」周辺の桜の名所5選!桜の開花情報から見頃などを紹介!
0fe678e6 4323 4674 b690 f07de5751d6c
4bc9ca0c b398 4712 b6b3 22859a31925a
6fce6f6d d273 4ddb 96a0 cb027e3e92b6
Afffd72b ec95 4611 a5e6 fa2bca53b459
埼玉県比企郡の国営武蔵丘陵森林公園。東京ドーム65個分の規模を持つ国営公園です。緑豊かな自然の中で、武蔵野の面影を残す丘陵地帯の地形を活かした様々な施設が配置され、お子さまからご年配の方までレクリエーションが楽しめます。そのほか、日本一大きなエアートランポリンぽんぽこマウンテンや沢山のアスレチック施設など、体を使って遊べる施設が盛り沢山。
4月下旬、ネモフィラの青い絨毯がきれいです!
by TETSUTop user
2018年4月22日
国営武蔵丘陵森林公園の紅葉
11月中旬~12月上旬
埼玉県滑川町にある国営武蔵丘陵森林公園の紅葉は、例年11月中旬から12月上旬に見頃を迎えます。
国営武蔵丘陵森林公園の梅
1月下旬~3月上旬
明治百年記念事業の一環として造られた国営武蔵丘陵森林公園は、日本初の国営公園で「森林公園」と呼ばれて親しまれている。南口エリアにある花木園の梅林では、120品種約600本のウメが2月下旬~3月上旬まで中咲き品種から遅咲き品種へと順次開花し、咲き続ける。梅林の足元には約15,000株のフクジュソウも咲き、さらにナノハナ、スイセンなど早春の便りを見ることができる場所でもある。もちろん、ウメ以外にも他の季節にはサクラ、ポピー、オニバス、コキア、サルスベリ、コスモスなどの花で溢れ、花フェスタなどのイベントも開催される。チョウ、トンボなどの生物にも数多く出会うことができる場所でもある。ちなみに、園内は東京ドーム約65個分の広さがあり、日本一大きなエアートランポリンのぽんぽこマウンテンやアスレチックコースなどもあり家族で体を思いっきり動かして遊べる遊具などもあり、子様連れでも十分楽しむことができる施設である。
国営武蔵丘陵森林公園の桜
3月下旬〜4月上旬
武蔵丘陵森林公園は広さ304haを誇る国営公園で、広大な園内にはヤマザクラなど約1,000本の桜が点在しています。南口ゲートから徒歩で約5分の花木園では、ソメイヨシノを中心とした約500本の桜が咲き誇ります。隣接する野外炊飯広場では予約をすれば花見をしながらのバーベキューが楽しめるのでおすすめです。3月上旬からは寒緋桜、ヤマザクラ、ソメイヨシノ、カスミザクラ、サトザクラなど園内各所で桜の開花リレーが続くのは見所の一つです。
A1b96b10 4427 4b69 b23f d622cd942dc1
国営武蔵丘陵森林公園のネモフィラ
4月上旬〜5月上旬
武蔵丘陵森林公園は広さ304haを誇る国営公園です。東京ドームの約65倍の広さがあり、日本一大きなエアートランポリンのぽんぽこマウンテン、冒険コースのアスレチックコースなどのアウトドアフィールドが充実しているほか、多くの花を観賞できるスポットとしても有名です。園内の西口ひろば花畑では、4月上旬から5月上旬にかけて約10万株のネモフィラが花を咲かせます。青空に広がる空色のネモフィラ畑は圧巻の一言。ゴールデンウィークには園内の西口広場で様々なイベントが開催されるので、ネモフィラと一緒に楽しみたい。
E7dda851 5874 477c 8d54 2097c561776a
関連記事あり
【埼玉】アスレチックおすすめ6選!大人も子供も楽しめる
E1579aba 8475 4183 8b20 25618f3f1a07
関連記事あり
埼玉の桜の名所15選!桜の開花情報から見頃などを紹介!
9275e2eb b049 43ba b661 38f145e81586
8c90e477 7dce 4f53 964c 144320b91859
576182e5 72d9 49fb be02 abed1b13a159
094c02bd a73f 460e a1a2 5229d3c4bd3c
豊富なビタミンCが女性に人気のキウイフルーツ。「キウイフルーツカントリーJAPAN」では、年間を通して完熟キウイの食べ放題を楽しめることで有名です。 昭和51年(1976年)、アメリカの友人からもらったティースプーン1杯の種が始まり。国内最大級の敷地面積を誇る農園には、約80種類のキウイフルーツを栽培。旬を迎える10月〜1月にかけては、国内でも珍しいキウイ狩りも実施しています。食べ放題会場の「なかよしハウス」に並ぶのは、園内で熟成させたキウイフルーツたち。果肉が黄色い「ゴールデンイエロー」、一般のスーパーでは見かけない面長の「ブルーノ」、園内オリジナルの「ピュアカウントリー」など、様々な品種を味比べすることができます。それぞれの特徴についての解説書きもあるので、より一層の美味しさを感じられます。 キウイ狩りの時期以外でも、園内は散策可能。除草剤を一切使わない自然農法を採用しており、手摘み、または、ヒツジやウサギを放し飼いにして雑草の処理を行っています。遠くに富士山を望める場所もあり、豊かな自然のなかでゆったりとした時間を過ごせること間違いなしです。園内にある売店では、様々な品種のキウイフルーツはもちろん、ジャムなどの加工品も販売。お土産にもおすすめす。
B1d37214 d60c 4991 b0a2 dde7f75c469d
4e5ac6ab b630 44b3 929c bea09881c5f9
265c31ad f234 49e0 9e7f 59aca107b79c
(株)モビリティランドが運営する栃木県茂木町のツインリンクもてぎ。敷地内は本格的なサーキットだけでなく、子供も楽しめるモビリティテーマパークとなっています。森を楽しむ「ハローウッズ」ではキャストと一緒に森をまわり植物や昆虫を観察したり、クラフト工房でもの作り体験をしたり、日本最大級(往復561m~)のジップラインを楽しんだり大自然の中で沢山の体験ができます。 2018年にオープンした「森感覚アスレチック DOKIDOKI」は、どんぐりの木をモデルにした地上5階建ての新感覚・木登り型アスレチック。小学生以上が対象で、ボルダリングウォールといった体力が必要なクライムゾーン、勇気が必要な空中ゾーンなど39ヶ所のアスレチックに親子で挑戦することができます。巨大などんぐりの木をモチーフに、地中の根からスタートし、太い幹を登り、枝を渡っててっぺんのゴールを目指します。樹木空間を表現したアトラクション内部にはどんぐりやカブトムシなどといった、植物や昆虫のオブジェが設置されており、まるで森の中を冒険しているかの気分を味わうことができます。 またオートキャンプ場、バーベキュー設備なども充実しています。その他、遊園地「モビパーク」ではミニバイクから本格的なカートまで子供でも沢山の乗り物体験ができ、ツインリンクもてぎは、ファミリー層に人気のスポットです。
家族連れに最適なスポットです。 キャンプ場や幼児向けの遊園地が併設されているので、子供を遊ばせながらカーレースを観戦する事ができます。
by Ryohei Koike
2017年11月11日
A92c7218 e6ab 4942 9c5f a397eca06dc6
7e7baa5a 7cc5 41d2 8bae 1c9cf85ae019
86592b1e 841a 470a ba65 e1bf176b0547
東京都小金井市、小平市、西東京市、武蔵野市にまたがる、都立小金井公園。敷地面積は約80haと都立公園の中でも最大規模で、日比谷公園の4.9倍、上野公園の1.5倍にあたります。公園内には6箇所の広い芝生広場、コナラ、クヌギ、アカマツなどで構成された16haの雑木林、桜の園、子どもの広場、SL(C57)展示、16面のテニスコートなどがあり、誰もが楽しめるお出かけスポットになっています。 小金井公園は「日本さくら名所100選」にも選ばれた、お花見の名所としても有名です。園内には、ヤマザクラ、サトザクラ、ソメイヨシノなどのサクラが約1,700本植えられ、そのうち「桜の園」(2.9ha)では430本が一か月にわたり春を彩ります。また、隣接する玉川上水の堤のサクラ並木はヤマザクラが中心で、当初は元文~寛保年間(1736~1744年)八代将軍徳川吉宗の時代に植えられました。大正13年(1924年)、小金井の桜は国の名勝に指定されています。 その他、園内には広々としたバーベキュー広場やドッグラン、弓道場などもあり、また雑木林を中心に、四季を通じ多くの野鳥が飛来するためバードウォッチングにも最適です。四季折々の草花を鑑賞したり、スポーツで体を動かしたり、バーベキューを楽しんだりと様々な楽しみ方ができます。
紅葉綺麗でした。
by airkingBronze
2017年11月26日