Green banner

全国のツツジ・周辺情報

ツツジのTOP USER
ちぇりさん
801428b1 3038 4abc 8a6e f07e1a0b0aed
06f48d18 800b 4bf5 91ac 97d5d0bf8576

万葉集の歌にも登場し、古くから多くの人に親しまれるツツジ。子供の頃には、ツツジを摘んで蜜を吸ったり押し花にして遊んだ方も多いのではないでしょうか。そんな懐かしい時代を思い出させてくれる妖艶な香りを持つのも魅力的です。満開の時期になると何千株ものツツジが庭園を埋め尽くすように咲き乱れ、その様子は圧巻です。ピンクだけでなく赤、紫、白など色とりどりに咲き乱れ、写真映えするスポットがあるのも魅力の一つ。また見頃の時期には、ツツジの名所で名高い伝統芸能の演奏が行われたり、多くの露店が立ち並び、お花見を一層盛り上げてくれます。見頃やアクセスをはじめ、ツツジの種類や色を知って、一味違ったお花見に出かけてみませんか。

日付指定

日付を指定する
9d3c9c2c 2e02 4be5 b1cd c5e883c6b77c
783964d9 38b1 44c0 b05e f51a5e0706df
36b05a86 29c8 416e 9c45 7a1cb696a297
江戸時代に造られた大名庭園の中でも代表的な庭園とされる六義園。徳川五代将軍 徳川綱吉の信任が厚かった川越藩主 柳沢吉保が元禄15年(1702年)が築園。和歌の趣味を基調とした「回遊式築山泉水」の庭園となっています。六義園は、明治時代に入り、土佐藩出身の三菱財閥創始者である岩崎彌太郎の別邸となり、その後、昭和13年(1938年)に岩崎家より東京に寄付されました。昭和28年(1953年)には国の特別名勝に指定されています。 園内の中央に大泉水を設け、その中央の中の島には妹山、背山の築山が設けられています。また、大泉水を見下ろす形の標高35mの藤代峠、周囲の新緑や秋の紅葉との一体感が美しい渡月橋など、見所が沢山あるのも六義園の特徴のひとつです。 【庭園内の見所】 つつじ茶屋 明治年間、つつじの古木材を用いて建てられたつつじ茶屋が現存しています。秋には周辺のモミジとの景色が大変美しい場所です。 滝見茶屋 滝や石組みなどで作られた渓流があります。日本の和を感じられる景観や渓流の水の音を楽しめます。 石柱 庭園内の88ヶ所に景勝地(六義園八十八境)が設けられており、各景勝地には石柱が建てられています。残念ながら現存している石柱の数は32ヶ所となっていますが、庭園内で見つけてみましょう。 蓬莱島 大泉水の中に浮かぶ蓬莱島。中国の神仙思想を主題とした石組みの一種で、洞窟石組みの島となっています。 藤代峠 紀州にある同名の峠から名付けられました。園内で一番高い築山で標高は35メートルあります。頂上は富士見山と呼ばれ、園内を一望できるスポットです。 妹の山・背山 中の島にある築山。古くは女性のことを妹(いも)、男性のことを背(せ)と呼びました。六義園の中の島は男女の間柄を表現しています。 出汐湊 大泉水の池畔の名のひとつ。右手に中の島、左手に蓬莱島、対岸に吹上浜が望めます。 内庭大門 六義園の正門を入ってすぐの場所にある内庭大門。周辺に満開の時期は大変綺麗な枝垂れ桜の大木が植えられています。
権勢を誇った幕府重臣の庭園。秋の紅葉は絶景だった!
by ペー助
2018年6月26日
六義園の紅葉
11月下旬~12月上旬
小石川後楽園ともに、江戸時代を代表する2大名園に数えられていた六義園。造ったのは、五代将軍徳川綱吉の側近として絶大な権力をふるった柳沢吉保。将軍より与えられた下屋敷の土地に7年の歳月を費やし、築造させた回遊式築山山水の大名庭園である。園内には紀州和歌の浦や渡月橋、吹上浜など、万葉集や古今和歌集に詠まれた名勝が再現され、初夏の緑、秋の紅葉はもちろん、冬の雪景色も格別の美しさを見せる。園内にはモミジ445本、ハゼの木149本 、イチョウ13本、トウヤカエデ約20本があり、山や池が配された園内のいたるところでモミジが赤く染まり、甘味を食べさせてくれるつつじ茶でひと休みしながら楽しめる。中央の池を一周するのに30分ほど。深紅に染まったモミジが池に映る姿もみごとだ。また、11月下旬から12月上旬まで「紅葉と大名庭園のライトアップ」も開催される。
4a67577a c1ae 4257 b2ef 5ef9d2ad95d4
六義園の紅葉
11月下旬~12月上旬
東京都文京区にある六義園は、造園当時から小石川後楽園とともに江戸の二大庭園に数えられており、国の特別名勝に指定されました。文学的造詣の深さを反映した繊細で温和な日本庭園で、例年、11月下旬から12月上旬に紅葉の見頃を迎え、イロハカエデ、ハゼノキ、イチョウなど計約560本が庭園を鮮やかに彩ります。夜には庭園がライトアップされるので、幻想的な空間を楽しむことができます。
Cdd44e1b 1054 4097 b15f 9ea16206924f
六義園の桜
3月中旬~4月上旬
春の風物詩として親しまれている、高さ15m・幅20mの大きなしだれ桜は滝のように流れ落ちる花の様子が圧巻です。開園時間を21時まで延長し、しだれ桜はもちろんのこと、松の迫力ある枝振りや石組をライトアップします。幽玄で幻想的な景色が皆様をお迎えします。
2e1e5311 c474 40a6 b789 00ae291d9a13
六義園のつつじ
4月中旬~5月上旬
小石川後楽園とともに江戸時代を代表する二代名園に数えられ、造ったのが五代将軍徳川綱吉の側近として絶大な権力をふるった柳沢吉保。将軍より与えられた下屋敷の土地に七年もの歳月をかけて築造したもの。園内は万葉集や古今和歌集に詠まれた名勝が再現され、紀州和歌の浦や渡月橋、吹上浜などがある。名前の由来は中国の古典「詩経」の六儀(賦、比、興、風、雅、頌)に由来するもので、古今和歌集の序文にも出てくる詩歌の心を表現した言葉と伝われている。また、同園は昭和十三年に東京市に岩崎弥太郎氏より寄贈され、のちに六本のシダレザクラが植樹される。季節を通し、初夏の緑、秋の紅葉、冬の雪景色も格別な美しさを見せるが、春の名物となっているのが、正門を入ってすぐのシダレザクラ。樹齢60年で樹高15m、枝張り20m、幹回り5m。ボリューム感があり、その姿にしばし足が釘付けになって立ちつくすほど。満開の時には、枝いっぱいに見事な花を咲かせ、薄紅色の滝のような姿はまさに圧巻。またライトアップされ、園内の緑を背景に、浮かび上がる姿は昼とはまた異なった趣で、その壮麗さをきわだたせている。
C3fc90f0 266c 4bb9 8c1a 724e227f9f7d
関連記事あり
【東京 文京区】おすすめ観光・名所5選!六義園に湯島天満宮、東京ドームシティ
E4123f60 42e1 4715 843c d894fbb3d477
関連記事あり
都立9庭園〜春の開園時間延長のお知らせ〜
533cea7f 8463 4f91 b639 306b77ec1a23
関連記事あり
東京「後楽園」周辺の桜の名所5選!桜の開花情報から見頃などを紹介!
Cdbc1f8b 1d10 442b 8626 2069d99191c9
関連記事あり
「駒込駅発、桜と富士の散歩道」銭湯や商店街など、懐かしい日本の風景との出合いが待っている!
21fb55ff 4f42 4c01 bc2b c143b5139ad7
3cddc93b f9ef 4ed2 babe bd94d3969370
5910e3dd 9655 4255 a0da 7e22f431ef73
1614e39c 73fc 4b68 b812 fda9820585dc
東京都文京区の小石川植物園。正式名称は「東京大学大学院理学系研究科附属植物園本園」で東京大学の附属施設として植物の研究が行われています。国の名勝および史跡。園内は約16万㎡の広大な敷地に約4,000種の植物を栽培。実際に訪れてみると、周囲は木々に囲われて、山の中を散策しているようで、都会にいながら自然に触れ合える貴重なスポットです。正門の入口から一番奥に進むと、古くは徳川5代将軍綱吉が幼少の頃住んでいた白山御殿の庭園に由来する庭園と旧東京医学校の本館(明治9年に建築)があり、木々の中とは別の景観を伺えます。
小石川植物園の桜
4月中旬~4月下旬
同植物園は、正式には東京大学理学部付属植物園。昔は五代将軍徳川綱吉の下屋敷、白山御殿があったところで、後に幕府の薬草園となり、青木昆陽がここでサツマイモの試作を行った史実は有名。明治十年には東京大学の管理となった。ここの入口付近のソメイヨシノの巨木には、この植物園の重みを垣間見ることができる。ソメイヨシノのルーツは、江戸末期から明治にかけて、江戸、染井村の植木職人が売り出したのが最初といわれている。その後、明治三十四年上野公園の桜を開花調査した本草学者、藤野奇命が吉野の山桜との混合を避けるために「染井吉野」と命名。それから約百年たらずで全国の八割を占めるほどになった。この桜のルーツは最新の説だと千七百二十~三十五年頃、将軍家の植木職人伊藤兵衛政武が交配、育成したものと考えられている。この植物園には、明治初年には樹齢百年にも達する老樹があったという。植えられた年代を考えれば現在、確認されているなかで最も古いソメイヨシノといえそうだ。だが、残念ながら枯れてしまい、その子孫が樹齢百二十年を越える巨木に生え変わっている。この桜にソメイのルーツを想い、じっくりと仰ぎ見れば、その美しさに感激もひとしおといえる。
C5a6f80d 4da3 4077 a6e9 fb20d8f55dfc
関連記事あり
「茗荷谷駅発、お茶大・拓大の学生街散歩」池袋から2駅、文化的で落ち着く街はファミリーにも!
Fbe2f0a5 5e5a 4159 8013 9906a9c736a8
Ae8cd576 347b 43ec a64b 3edbbe8acdd3
580126c3 02f3 4079 883b 4bf3f08ba63e
8be23e94 05c3 45c7 a6b2 247edd39ac13
江戸時代には江戸城の出城としての機能を果たしていた徳川将軍家の庭園、浜離宮恩賜庭園。海水を引き入れ、潮の干満によって池の趣を変える様式で、都内にある江戸の庭園では唯一現存する海水の池(潮入の池)があります。 浜離宮恩賜庭園は徳川三代将軍の徳川家光の三男であり、甲斐甲府藩主の松平綱重が海を埋め立て甲府浜屋敷と呼ばれる別邸を建てたことがはじまりです。その後、綱重の子、松平綱豊(後の徳川六代将軍 徳川 家宣)が将軍になったのを機に、甲府浜屋敷は徳川将軍家の別邸となり「浜御殿」と呼ばれるようになりました。明治維新によって徳川政権が崩壊すると、皇室の離宮となり「浜離宮」と名称を変更し、現在に至ります。昭和27年(1952年)には旧浜離宮庭園として国の特別名称、特別史跡に指定されてています。 【庭園内の見所】 中島の御茶屋 宝永4年(1707年)に造られて以来、徳川将軍、奥方、公家たちが利用した休憩所。昭和58年(1983年)に再建。現在でも中島の御茶屋では、抹茶、和菓子セットなどを供していて、浜離宮恩賜庭園を訪れた人の休憩所となっています。 松の御茶屋・燕の御茶屋 徳川11代将軍 徳川家斉の時代に造られましたが、戦災で焼失。その後平成22年(2010年)に松の御茶屋が、平成27年(2015年)に燕の御茶屋が復元されました。 お伝い橋 汐入の池の岸から小の字島と中島を結ぶ延長118メートルの総ヒノキ造りの橋。平成24年(2012年)に改修されました。 新樋の口山 浜離宮恩賜庭園の大手門入口を入り左手の東京湾に面した水門近くの山。レンボーブリッジやお台場などを一望できるスポットです。 水上バス発着場 浅草、両国、お台場海浜公園、葛西臨海公園などへの水上バス発着場。浅草方面に上って行くと、隅田川に架かる沢山の橋を水上から見上げることができます。
今日浜離宮恩賜庭園に初めて寄りました。 けっこう松の木が300年の松の木のようでした その他お伝い橋とか昔江戸時代に暮らしていた故郷などがありました ものすごく広いため。 またみにいってみたいです。 こちらはお土産やさんです。
by ささらぎ 梅子
2018年8月11日
浜離宮恩賜庭園のコスモス
9月中旬〜10月上旬
江戸時代の代表的な大名庭園。ここに屋敷を建てたのは、四代将軍家綱の弟で甲府宰相の松平綱重。その後、綱重の子供の綱豊(家宣)が六代将軍になったのを契機に、この屋敷は将軍家の別邸となり、名称も浜御殿と改められた。十一代将軍家斉のときにほぼ現在の姿の庭園が完成。明治維新ののちは皇室の離宮となり、名前も浜離宮となったが昭和20年に東京都に下賜され、整備のうえ昭和21年4月から公開。
7f4cd722 8fbb 4646 8c46 aea857f1fa18
浜離宮恩賜庭園の紅葉
11月中旬~12月上旬
国の特別名勝及び特別史跡に指定されている浜離宮恩賜庭園では、毎年11月中旬頃から12月上旬にかけて紅葉した園内を見ることができます。潮入の池や園内各所ではサクラやトウカエデ、ハゼノキ、モミジなどが鮮やかに色づいた景観を楽しむことができ、池の水面に映る光景も見事です。
浜離宮恩賜庭園の菜の花
3月下旬〜4月上旬
江戸時代の代表的な大名庭園。ここに屋敷を建てたのは、四代将軍家綱の弟で甲府宰相の松平綱重。その後、綱重の子供の綱豊(家宣)が六代将軍になったのを契機に、この屋敷は将軍家の別邸となり、名称も浜御殿と改められた。十一代将軍家斉のときにほぼ現在の姿の庭園が完成。明治維新ののちは皇室の離宮となり、名前も浜離宮となったが昭和20年に東京都に下賜され、整備のうえ昭和21年4月から公開。園内の大手門近くにはお花畑があり、内堀広場前のお花畑3,000㎡には、春のおとずれとともに約30万本の菜の花が咲き乱れ、周辺は黄色い絨毯で彩られ、高層ビルを背景に美しく咲き誇る。
10e2d575 7dcb 4b1a ad50 7e8bd14ecf6a
浜離宮恩賜庭園の桜
3月下旬〜4月中旬
浜離宮恩賜庭園は徳川将軍家ゆかりの庭園です。4月初旬はソメイヨシノが、中旬はヤエザクラが満開になるほか、ウコンザクラやギョイコウ等のめずらしい品種の桜が堪能できます。また、美しい桜の見ごろとなるこの時期には、開園時間を1時間延長して18時まで開園します。伝統ある浜離宮恩賜庭園と美しい桜を夕暮れまでお楽しみください。
1b5154ac 7cee 4a26 aa82 c4113520c4f9
関連記事あり
ただの移動でもプチ旅行気分に!都内の船での移動ルート5選
Ed538de9 8706 4bfa a9da 170d9e210939
関連記事あり
【東京 中央区】おすすめ観光・名所5選!浜離宮に水天宮、コレド室町
303c5910 1265 4b5d 8057 61d6abfd75ed
関連記事あり
都立9庭園〜春の開園時間延長のお知らせ〜
533cea7f 8463 4f91 b639 306b77ec1a23
関連記事あり
東京「芝・浜松町」周辺の桜の名所5選!桜の開花情報から見頃などを紹介!
D9ce6036 781f 4066 8e08 8773bdb2e651
関連記事あり
「浜松町発、今日はゆっくり街散歩」空路と海路をつなぐ街の魅力再発見。
D2b4155a 788a 4acf 9f13 f4bf688495a3
3e43de2a 6c55 481a b815 350515fb54c7
28baad1f d10b 4546 8d68 1e1b2aede48b
D12e72a1 4626 4d0e ae7e c55d13e18334
埼玉県立美の山公園。 秩父市と皆野町にまたがる標高581.5mの蓑山(みのやま)山頂にある、広さ41haの公園です。 四季折々の自然に囲まれた公園では、4月には桜、5月にはヤマツツジ、6~7月にはあじさいが斜一面を鮮やかに彩ります。また、日本夜景100選にも選ばれている絶景の夜景スポットや雲海スポットとして人気を集めています。 和銅黒谷駅をスタートし、山頂の美の山公園を経て、皆野駅、親鼻駅に降りるハイキングコース(約3時間)がおすすめです。
紫陽花と光芒のコラボ、とても綺麗でした。
by junp_photo
2018年7月13日
美の山公園の桜
4月中旬~5月上旬
秩父市にある美の山公園は、皆野町と秩父市にまたがる標高587mの蓑山山頂にある自然公園です。春には、ソメイヨシノ、ヤマザクラ、サトザクラなど約70種類、約8,000本の桜が咲き誇り、山全体がピンク色に染まります。「関東の吉野山」とも呼ばれる桜の名所です。4月中旬にソメイヨシノが開花してから、5月上旬にサトザクラが開花するまで、約1ヶ月の間お花見を楽しむことができるスポットです。ベンチや芝生もあるため、座りながらゆっくりお花見を楽しむことができます。
92d2c8d4 b67c 4c61 aa37 deffc252a551
美の山公園の山つつじ
5月上旬~5月中旬
埼玉県立美の山公園。 秩父市と皆野町にまたがる標高581.5mの蓑山(みのやま)山頂にある、広さ41haの公園です。 四季折々の自然に囲まれた公園では、4月には桜、6~7月にはあじさいが斜一面を鮮やかに彩ります。 また、美の山公園内のツツジ園地では、毎年5月上旬から中旬になると、3,500株の山つつじが、林の中に赤いじゅうたんを敷いたように咲き誇ります。
美の山公園のあじさい
6月下旬~7月上旬
埼玉県立美の山公園。 秩父市と皆野町にまたがる標高581.5mの蓑山(みのやま)山頂にある、広さ41haの公園です。 四季折々の自然に囲まれた公園では、4月には桜、5月にはヤマツツジが咲き誇る花の名所です。 また、毎年6月下旬から7月上旬の時期には、美の山公園のあじさい園地ほかで、約4,500株のあじさいの花が、眺望素晴らしい美の山の斜面に色鮮やかに咲き誇ります。
1a2a23d5 3029 45f0 95a5 82eeef584f4a
関連記事あり
埼玉の桜の名所15選!桜の開花情報から見頃などを紹介!
9275e2eb b049 43ba b661 38f145e81586
F8fe3992 aa45 4e86 9d0b e5741a71d061
6987423e 57e7 434a bf2c b16b6d17d783
1ccc1825 4aa8 4e52 bf76 d50a3c5bdadc
日光三名瀑の一つとされる奥日光を代表する滝の竜頭ノ滝。男体山の噴火によってできた溶岩の上を210メートルにわたって流れ落ちる滝。幅10mほどの階段状の岩場を勢いよく流れる渓流爆。滝つぼ近くが大きな岩によって二分され、その様子が竜の頭に似ていることからこの名がついたといわれています。5月~6月は赤紫色のトウゴクミツバツツジが咲き誇るオススメの季節。また9月下旬ごろからは紅葉の名所として人気が高く、モミジやシナノキなどに彩られた美しい景観が楽しめます。観爆台から眺める紅葉に彩られた滝つぼの眺めは最高です。
93d9f9f5 a1a6 4973 a480 4ec9f4f139bb
Aaf36c41 2f76 4b59 b559 de3f7b890001
2d728057 0847 4527 b859 dca6a9458e4f
昔は、根津権現と呼ばれていた神社で祭神はスサノオノミコト、オオクニヌシノミコト、菅原道真など数神。社伝によればヤマノタケルノミコトが創建したというから、その歴史はかなり古い。 現在の社殿は、宝永3年(1706年)に五代将軍綱吉が諸大名に命じて造営したもので、戦火をまぬがれた江戸の名建築がそっくりそのまま楽しめる。境内はつつじの名所だが、綱吉の父で甲府宰相・徳川綱重の下屋敷が、ここにあった時に造られた庭園がすでに「つつじヶ岡」と呼ばれていたというから、花の名所としても300年以上の歴史を持つ。園内には、赤黒色のカラフネや黄色のキレンゲ、米粒みたいな小さい花のウンゼンなど珍しい品種も含めて約50種3,000株のつつじが咲く。いつもは境内の丘に並んだ赤い鳥居が目立つのだが、花どきはつつじの華やかさが勝り、景色の中に静かに溶け込んでいる。また、祭り期間中には骨董市、植木市、露天が並び、土日祭日には箏曲、和太鼓、奉納演芸等、各種行事がが行われる。
根津神社の鳥居付近のつつじの様子です。 鳥居の傍から見ていると神聖さを感じました。
by ソラジロー
2018年6月26日
115bb730 c3bb 4502 a776 f6ab50f96c4b
23b4c109 7f52 4537 9685 6252ee419fe5
26df5ee4 e7bf 41dd 9f24 342b79d0123d
旧古河庭園は、大正初期の庭園の原型をとどめる貴重な存在で、和洋の見事な調和を実現した代表的な事例です。現存する近代の庭園の中でも良好に保存されているため、芸術・観賞上価値の高い庭園として、平成18年(2006年)1月26日に文化財保護法によって国の名勝に指定されました。 元は明治の政治家、陸奥宗光の邸地。次男が古河家の養子になった時より古河家の所有となりました。 英国ルネサンス風の洋館と洋風庭園は、鹿鳴館、ニコライ堂、旧岩崎邸庭園洋館などの設計を手がけたイギリス人ジョサイア・コンドル(1852年〜1920年)最晩年の設計で大正6年5月に竣工しました。 日本庭園の作庭者は、京都の庭師・植治こと小川治兵衛(1860年〜1933年)で、洋風庭園にも勝るとも劣らない名園です。 【庭園内の見所】 石造りの洋館(大谷美術館) 英国貴族の邸宅にならった古典様式で、天然スレートぶきレンガ造り。外壁は真鶴産の赤味をおびた新小松石(安山岩)で仕上げられています。洋館1階部分はホール、ビリヤード場、書斎、応接室、ブレックファストルーム、会食場など、2階部分はホール、仏間、ゲストルーム、和室、子供部屋、洋室、トイレ、お風呂などの間取りとなっています。 洋風庭園 テラス式の庭園に植えられたバラは春と秋に見事な大輪の花を咲かせ、洋館の風情と相まって異国情緒を満喫させてくれます。 日本庭園 日本庭園の中心は心宇池。優雅な曲線が心を癒してくれます。大滝、枯れ滝などが周囲の緑に映えて、日本庭園の風情を演出しています。 枯滝 水を使用しないで山水の景観を表現する「枯山水」の道具立てのひとつが枯滝。心字池の州浜の奥の渓谷の水源を模した景観として枯滝石組があります。 心字池 「心」の草書体を形取り、鞍馬平石や伊予青石などで造られた池。池を眺める要となる「船着石」があり、正面には「荒磯」、雪見灯篭、枯滝、石組みなどが設けられています。 大滝 十数メートルの高所から落ちる滝。園内のもっとも勾配の急な所を削って断崖とし、濃い樹林でおおって深山幽谷の趣があります。
大都会の中の庭園。
by ペー助
2018年6月26日
旧古河庭園の紅葉
11月中旬~12月上旬
東京都北区の武蔵野台地に建てられた旧古河庭園は、国の名勝にも指定されている和洋の見事な庭園です。低地の地形を活かし、北側の小高い丘には洋館が建てられており、現存する近代の庭園の中でも保存状態の良い数少ない文化財です。園内の紅葉は例年11月上旬から12月上旬で、モミジ、ハゼノギ、イヌビワなどの紅葉を見ることができます。
旧古河庭園の桜
3月下旬〜4月中旬
旧古河庭園にはレンガ造りの洋館と洋風庭園、日本庭園が配している庭園です。バラの名所として知られていますが、桜の時期になるとシダレザクラ、ソメイヨシノ、ヤマザクラなどが咲き誇ります。桜の本数は14本と少ないですが、レンガ造りの洋館と桜の共演は、旧古河庭園ならではの眺めです。
72638ea7 a42a 4ca9 82e0 2ae5f43ae98e
旧古河庭園のバラ
4月下旬〜5月下旬
旧古河庭園は、大正初期の庭園の原型をとどめる貴重な存在で、和洋の見事な調和を実現した代表的な事例です。現存する近代の庭園の中でも良好に保存されているため、芸術・観賞上価値の高い庭園として、平成18年(2006年)1月26日に文化財保護法によって国の名勝に指定されました。 元は明治の政治家、陸奥宗光の邸地。次男が古河家の養子になった時より古河家の所有となりました。 毎年4月下旬頃から5月下旬にかけて旧古河庭園内では約100種199株ものバラが華やかに咲き誇ります。洋風庭園と重厚な洋館とバラのコラボレーションは大変美しい光景。また、毎年5月のバラの見頃の時期には「春のバラフェスティバル」が開催されており、「バラと洋館・日本庭園のライトアップ」や「春バラの音楽会」、「春バラ人気投票」、「いけばな体験」など訪れた人も参加できるイベントが企画されています。特に「バラと洋館・日本庭園のライトアップ」は昼間とは違った幻想的な光景が観賞でき、毎年多くの人が訪れます。
0a0edec3 0d73 45eb 8278 4acc6cd9bd2d
関連記事あり
【東京 北区】おすすめ観光・名所5選!紙の博物館に旧古河庭園、北とぴあ
E20751a3 d2b5 4f77 9d41 5bf71c381556
関連記事あり
都立9庭園〜春の開園時間延長のお知らせ〜
533cea7f 8463 4f91 b639 306b77ec1a23
関連記事あり
東京「北区・足立区・葛飾区・荒川区」周辺の桜の名所5選!桜の開花情報から見頃などを紹介!
5776074d 8dae 46e0 b1b7 7d34093e4157
関連記事あり
「田端駅発、文学と鉄道の聖地をぶらり散歩」鉄道ファンならずとも必見の田端駅の魅力に迫る!
187ec34c a649 4f90 afca 5b30801f8247
1aa29d89 c254 4c56 9aff c9cb4a71d17e
B05b7dd9 280a 4e54 a785 0da37c68d744
270bfe70 83db 48a5 94aa b2684811db9a
館林といえば童話「文福茶釜」のタヌキを連想する人も多いと思うが、関東を代表するつつじの名所でもある。市内の東側の丘陵地が、地元の人たちに“花山”と呼ばれるのが「つつじが岡公園」。ここにつつじが植えられるようになったのは、戦国時代の末期に第7代館林城主だった榊原康政が、側室お辻の方が城沼へ身を投げたことを嘆き悲しみ、その霊を慰めるために彼女にちなんだつつじを城沼の南岸に植えたのがはじまり。その後、次第に増殖して名園になったと語り継がれている。だが、実際に歴代城主もつつじの保護には相当な力を尽くした。今では約12.6haの広大な園内には、ヤマつつじ、キリシマつつじ、リュウキュウつつじなど150余品種、約1万株が植えられている。とにかく数も多いが、それよりその大きさの方にビックリ。何しろほとんどが5mくらいあって、下をくぐり抜けて観賞できる。樹齢800年を越す古木もあり、花盛りには本当に花の山のように咲き誇る姿は、まさに圧巻。こんなに歳月を経ても美しく咲きつづけられるのは、もしかするといにしえの伝説に出てくる城主の深い愛が、今でも花々に息づいているのかもしれない。
群馬県館林市の館山つつじが岡に来ました‼️国の名勝にも選定されているだけあって、今までみたことのないつつじが密集して咲いていました。正直つつじがこんなに綺麗な花だとは思いませんでした😵 館林つつじが岡は100品種10,000株のつつじと規模もおおきく、さらに樹齢800年のつつじにも出会えます。見頃は月末までみたいですが、オススメです。
by ちぇりTop user
2018年4月22日
E6c57a4f 86d8 49b7 b5e6 cf0cfbdbf2b0
Dcb1ee21 8997 402c be4a 732ebf6b7ca4
0c593f56 fb8d 442c 9a9d fb4d7a9f04ea
水戸徳川藩第9代藩主徳川斉昭(江戸幕府第15代将軍 徳川慶喜の実父)が自ら造園構想を練り、創設した偕楽園。岡山市の後楽園や金沢市の兼六園と並んで日本三名園の一つと言われています。偕楽園内には約100種、3,000本の梅が植えられており、梅の開花時期の梅まつりは特に多くの人出で賑わいます。また園内の「烈公梅(れっこうばい)」、「江南所無(こうなんしょむ)」、「白難波(しろなにわ)」、「柳川枝垂(やながわしだれ)」、「虎の尾(とらのお)」、「月影(つきかげ)」の梅の品種は花の形・香り・色などが特に優れているとされ、昭和9年「水戸の六名木」に選定。そのほか、偕楽園は国の史跡、名勝に指定されています。 【庭園の見所】 好文亭(こうぶんてい) 徳川斉昭自らが設計。木造2層3階建ての好文亭本体と木造平屋建ての奥御殿から成っている歴史ある貴重な建物。
茨城県水戸の偕楽園。偕楽園は国の史跡、名勝に指定されていて、岡山市の後楽園や金沢市の兼六園と並んで日本三名園のひとつとされている名所です。徳川斉昭が作った広大な敷地は、ニューヨークのセントラルパークに次ぎ世界第2位の面積だそうです。偕楽園は梅の名所として知られていますが、園内には本当に梅の木がいたるところにありました。また、左近の桜という大変な幹の太さの桜も植えられています。今の時期は萩が見頃で水戸の萩まつりが開催中です。
by ちぇりTop user
2018年9月18日
偕楽園・千波湖の紅葉
11月中旬~11月下旬
茨城県水戸市にある偕楽園・千波湖の紅葉は、例年11月中旬から11月下旬に見頃を迎えます。
偕楽園の梅
2月下旬〜3月下旬
金沢の兼六園、岡山の後楽園とともに日本三名園の一つとして知られ、天保13年(1842)、第九代水戸藩主徳川斉昭公が自ら構想を練り、建てた公園であり「民と偕に楽しむ」という意図からこの名が付けられた。斉昭公は藩民の健康にも関心を注ぎ、観賞用だけでなく、ウメの健康食品としての効用をみとめ「種梅記」という書物にまとめている。水戸が日本を代表するウメの名所となったのもこのためだ。約13万の広い園内には3000本のウメが植えられているが、品種の数100余りと、その種類の多さで も名高い。
162e0e68 5bbf 47eb b785 05c2182f94e9
偕楽園の桜
4月上旬〜4月中旬
偕楽園は、金沢の兼六園・岡山の後楽園に並び、日本三名園のひとつです。水戸藩第9代藩主徳川斉昭公により造られ、梅・桜・つつじ・萩・二季咲桜と四季折々の花を楽しむことができます。2月下旬から3月にかけての「水戸の梅まつり」が有名ですが、桜の名所としても有名です。園内に約130本の桜が植えられ、春になると、梅だけでなく桜のお花見も楽しむことができます。見どころは、好文亭の前にある、左近の桜です。美しく咲き誇り、とても大きい迫力のある姿を見せてくれます。
Fc63de6a fa0b 4b4f 8bc8 42fd7dd67825
関連記事あり
白鳥のいる公園に日本三名園の偕楽園「茨城 水戸市」おすすめ観光・名所5選
55694e5f 9b9d 4da0 afbc e954d6107c79
関連記事あり
【茨城】おすすめ紅葉スポット11選 偕楽園、筑波山、花貫渓谷も!
77c36bce 0b2c 4987 bbc0 1b62b33b4f29
関連記事あり
茨城の桜の名所10選!桜の開花情報から見頃などを紹介!
Ff4967ec a332 4ce9 825c 4224892d77bb
E18f5b74 d094 4d65 ac91 4cbfea84f42e
763c0e0d 8fe0 4f39 b317 9729de389f53
8628f8cb f7b8 4218 bb17 25e568f29657
東京に残る江戸初期の大名庭園の一つ旧芝離宮恩賜庭園。池泉を中心に庭園の区画や石がバランスよく配置された回遊式泉水の庭園です。 江戸時代の大名・老中「大久保忠朝」(肥前唐津藩第2代藩主)の上屋敷の庭園「楽寿園」が旧芝離宮恩賜庭園の始まりとされています。この地はかつて海面であったそうですが、明暦(1655年〜1658年)の頃に埋め立てられ、延宝6年(1678年)に大久保忠朝が邸地を建てたとされています。 幕末には紀州徳川家の芝御屋敷となり、明治4年(1871年)に有栖川宮家の所有になりました。その後、明治8年(1875年)に宮内省がこれを買い上げ、大正13年(1924年)に昭和天皇のご成婚記念として東京に下賜されました。また、昭和54年(1979年)には文化財指定名勝として国の名勝に指定されています。 【庭園内の見所】 西湖の堤 中国の杭州にある西湖の堤を模した石造りの堤。堤の先にある中島の石組みは大久保忠朝の上屋敷があるころからのものだそうです。小石川後楽園の西湖の堤も中国の杭州の西湖を模したものですので両庭園でそれぞれ見比べるのも楽しみのひとつです。 中島 旧芝離宮恩賜庭園の要となる箇所。池の中央にある中島です。中国で仙人が住み不老不死の池と言われる霊山を模した蓬莱石組となっています。 枯滝 豪快かつ繊細な石組みで造られている枯滝。滝の河床が園路になっており、景観の変化を楽しめます。 大山 庭園内の最も高い築山。頂上から観賞する大泉水は大変綺麗な光景です。 大泉水 庭園の要となる約9,000㎡の池。以前は海水を引き入れた潮入の池でしたが、現在は淡水の池となっています。
庭園で散歩最高です。春の訪れも感じました🌸
by さかもと⊿Top user
2018年3月10日