Green banner
素敵に、よりみち

全国の子供・キッズ・周辺情報

子供・キッズのTOP USER
ちぇりさん
801428b1 3038 4abc 8a6e f07e1a0b0aed
93825956 1170 4abb 8a2e a69e3172808a
B8283819 229b 460c a4bf 4eb9be5845bf
434b116e d2f1 4de2 b2d0 78f435c9e951
こどもの国は都心から約30キロに位置し、多摩丘陵の雑木林をそのまま生かした自然の遊び場です。広さ約100ヘクタール(約30万坪)の園内には、芝生広場、ミニSL、横浜一長いローラー滑り台、湖、ミニアスレチック、せせらぎ、つり橋、サイクリングコース(1.6キロ)などがあり、湖ではボートやドラム缶いかだで遊ぶことができます。 「こどもの国の屋外プール」は夏期のみのオープンいたします。水深の浅い幼児向けから泳ぎ専用の25mプール、2本の滑り台や大人気のチューブスライダーまで盛りだくさん。泳ぎ疲れたら大きな屋根の下で休憩してください。夏の強い日差しをさえぎってくれるから安心!レジャーシートがあると便利です。オムツが取れていないお子様でも水遊び用パンツでプールに入ることができます。プール場内に授乳室もございます。
こどもの国の梅
2月上旬~3月上旬
多摩丘陵の雑木林を生かし、約100万平方mの広大な敷地を誇る自然の遊び場として親しまれている場所がこどもの国。敷地内にある梅は入口から園内を奥へと進み、動物園コーナーに至るまでの坂道にウメが植えられており、約300本の白梅、紅梅、豊後梅がある。2月下旬~3月上旬の花の季節にはウメの香りが辺り一面に漂う。梅まつり2月中旬から3月上旬に開催され、週末には「梅のかざぐるまづくり」「梅林で探そう!スタンプビンゴ」などの各種のイベントを開催。また、敷地内にはウメだけではなく、ロウバイ、ツバキ、ネコヤナギ、カワズザクラ、マンサク、タチツボスミレなど四季を通じて各種の植物が目を楽しませてくれる。その他、動物園や牧場、遊具広場、スポーツ施設も充実し、なかでも無料で楽しめる白鳥湖の「ドラム缶いかだ」は1艘で小学生なら4人位まで一緒乗ることができる人気遊具のひとつになっている。平日シルバー割引もあり、65歳以上の方は免許証や身分証明書などの本人の年齢が確認できるものを提示すると入園料が半額になる。
こどもの国の桜
3月下旬~4月上旬
横浜市青葉区と東京都町田市にまたがる多摩丘陵の自然を生かした100万平方メートルの広大な遊び場。さまざまな遊具を配した広場の他、動物園や牧場があり、乳しぼりなどの体験イベントが好評。ファミリーはもちろん、オトナのカップルも楽しめるスポットだ。春にはソメイヨシノをはじめシダレザクラ、ギョイコウなど約40種約1,000本の桜が咲き競うが、なかでも中央広場のシダレザクラが圧巻。また、白鳥湖西側の山全体が桜で、開花期には一面がピンク色に染まる。桜の木の下にシートを広げてお弁当を食べるもよし、2人乗りのサイクルボートや3人乗りのローボートで水面に枝を伸ばすシダレザクラを間近に鑑賞するもよし。広々とした空間で思い思いの花見が楽しめる。
993d0829 a192 489c 8960 b9c46701a908
関連記事あり
【2018年】東京近郊のおすすめプール8選!屋外レジャープールからリーズナブルなプールまで紹介!
De96dd94 e7f8 4961 adcc de1a61520c49
2e927d5f c262 4215 ba01 bd3baa6087e2
D36e3e8e fee4 4999 8bd8 2faab132a6e9
Aca29dc1 6f79 4b23 a183 b56e0185be8c
東京を代表するプールと遊園地の一大レジャー施設 東京サマーランドは、東京あきる野市にある、遊園地やプール、バーベキューにキャンプにドッグランなど、さまざまなレジャーを楽しめるアミューズメント施設。「アドベンチャードーム」は、全天候型の屋内プールなので一年中遊ぶことができます。中心となる「コバルトビーチ」に加え、流れ落ちる滝や岩のトンネルの「ロックビーチ」ほかアトラクションも満載。夏には屋外ウォーターエリア「アドベンチャーラグーン」もオープンし、全長650mの日本一長い流れるプールや、5種類・8機ものウォータースライドを楽しめ、特にウォーターアトラクション「DEKASLA」などは子どもも大人も大興奮。屋内以上に多くのアトラクションがあり、魅力いっぱいです。
A985f18a 0dde 4058 bb2f 5a31b9d88183
19713df5 966f 4ade 8b86 e8ec0fb8638a
0c386551 c0b4 463e bfab 9cf2c9d46764
新潟県上越市の「上越市立水族博物館 うみがたり」。地上3階建ての施設は、青空に映える白を基調としたスタイリッシュな外観が特徴です。施設の中には60もの水槽があり、展示は「日本海が語る」(3階〜2階)・「生きものと語り合りあう」(2階)・「未来へ語りつぐ」(2階〜1階)の3つのゾーンで構成しています。「日本海が語る」ゾーンの「日本海テラス」は上越市の新しい絶景スポット!日本海の波音や水面を彩る陽の光を感じながら雄大な日本海と夕やけの空を一望できます。その他にも、日本初のサケとブリの混泳が見れる「うみがたり大水槽」や360°アクリルガラスの海中トンネルは必見です!「生きものと語り合りあう」ゾーンには、新潟県内初の「シロイルカ」や「ゴマフアザラシ」を鑑賞できる「フレンドプール」があります。他にも、4頭のバンドウイルカが圧巻のパフォーマンスを魅せる「イルカスタジアム」などがあります。「未来へ語りつぐ」ゾーンには、飼育数世界一のマゼランペンギンミュージアムがあり、一大生息地「アルゼンチン共和国」の野生環境を再現しています。エリア内にあるウォークスルーには、ガラスなどの隔たりがなく、圧倒的な近さでマゼランペンギンを鑑賞できます。
B4d04273 01cb 41be a99b 8fc6fb86ad09
06b32e32 a52c 407e 9c0a 51b7de6e8d9e
713e2341 dbb9 4ac7 b34e 9935ddd38ce1
「えのすい」の愛称でも知られている新江ノ島水族館。駅からのアクセスも良いので、海水浴など海に遊びに行く人はその行き帰りに気軽に寄ることもできます。新江ノ島水族館の展示は珍しいものもたくさんあります。相模湾ゾーンには2014年4月に江ノ島の特産品でもある「シラス」の生体の常設展示を世界で初めて行って以来、シラスの水槽を新たに増やして拡大リニューアルをしたり、日本初の本格的な有人潜水調査船「しんかい2000」の常設展示もあります。他では見られないものを見ることができるのは魅力的ですね。 また、新江ノ島水族館で特に人気があるのは、クラゲの展示です。クラゲファンタジーホールに入ると、半ドーム式の空間の壁面に大小13個の水槽と、ホール中央には球型水槽「クラゲプラネット~海月の惑星~」があります。3Dプロジェクションマッピングを利用したクラゲショーも必見です。幻想的で、クラゲを眺めているだけで癒される空間になっています。他にもイルカショーやかわいいペンギンの姿も見ることができますので、大人も子供も楽しめる水族館です。
おそらく全国でも珍しい水槽に咲く紫陽花です。 とても美しく泳ぐ魚たちも和気あいあいとしてるようでした。
by N男
2018年7月28日
2ffaa703 0eae 4565 a8c4 c185fcdefa73
9195472a 084e 4e4f 8d8e 1d6e9ce6dbe1
6483210b 6350 4197 bbf6 6a985be644a1
広大な園内には芝生広場、デイキャンプ施設、じゃぶじゃぶ池、野球やサッカーの練習にも使用できるグラウンド(要申込で試合は不可)があり、早朝より散歩やジョギングを楽しむ人が多く見られます。 巨樹や珍しい樹木には一つ一つプラカードがついており、少し立ち止まって見るのもオススメです。春には桜、秋には紅葉と四季を通して楽しめます。 毎年2回、春と秋にはボランティア団体による「林試の森フェスタ」が開催されます。コンサートやお抹茶席、自然体験等多くの人が楽しめる催し満載の祭りとなっています。
C300f3bb fc17 446a b074 a371f4f1b256
45f8e4de 3d2d 4fe3 aef3 0b0de6789158
Cc799971 dbc6 4535 a93d 008a0514e572
世界で最も読まれている絵本「はらぺこあおむし」がカフェになって2018年1月中旬より期間限定で銀座にオープン。カフェではカラフルな絵本の世界を思わせるメニューが登場し“色彩の魔術師”と評される絵本作家、エリック・カールが創り出す鮮やかな色彩の魅力を“食”で表現するという世界初の試みに挑戦しています。
はらぺこあおむしカフェの内見会に行ってきました!試食では、はらぺこプレートの一部をいただきました。ほうれん草のマフィンが個人的におすすめ!!!(いちごが載っているやつ。キャンディー風のは、ハンバーグです。ずっしりしていて、肉肉しい感じでした。チーズ乗せだから、子供も好きそう!)野菜が結構使われていて、コラボカフェには珍しい感じ🐛他のメニューも美味しそうだった!また行きたい。
by シャルルTop user
2018年1月17日