全国 子供・キッズのよりみち案内

子供・キッズのTOP USER
ちぇりさん
801428b1 3038 4abc 8a6e f07e1a0b0aed
93825956 1170 4abb 8a2e a69e3172808a
B8283819 229b 460c a4bf 4eb9be5845bf
434b116e d2f1 4de2 b2d0 78f435c9e951
こどもの国は都心から約30キロに位置し、多摩丘陵の雑木林をそのまま生かした自然の遊び場です。広さ約100ヘクタール(約30万坪)の園内には、芝生広場、ミニSL、横浜一長いローラー滑り台、湖、ミニアスレチック、せせらぎ、つり橋、サイクリングコース(1.6キロ)などがあり、湖ではボートやドラム缶いかだで遊ぶことができます。 「こどもの国の屋外プール」は夏期のみのオープンいたします。水深の浅い幼児向けから泳ぎ専用の25mプール、2本の滑り台や大人気のチューブスライダーまで盛りだくさん。泳ぎ疲れたら大きな屋根の下で休憩してください。夏の強い日差しをさえぎってくれるから安心!レジャーシートがあると便利です。オムツが取れていないお子様でも水遊び用パンツでプールに入ることができます。プール場内に授乳室もございます。
こどもの国の梅
2月上旬~3月上旬
多摩丘陵の雑木林を生かし、約100万平方mの広大な敷地を誇る自然の遊び場として親しまれている場所がこどもの国。敷地内にある梅は入口から園内を奥へと進み、動物園コーナーに至るまでの坂道にウメが植えられており、約300本の白梅、紅梅、豊後梅がある。2月下旬~3月上旬の花の季節にはウメの香りが辺り一面に漂う。梅まつり2月中旬から3月上旬に開催され、週末には「梅のかざぐるまづくり」「梅林で探そう!スタンプビンゴ」などの各種のイベントを開催。また、敷地内にはウメだけではなく、ロウバイ、ツバキ、ネコヤナギ、カワズザクラ、マンサク、タチツボスミレなど四季を通じて各種の植物が目を楽しませてくれる。その他、動物園や牧場、遊具広場、スポーツ施設も充実し、なかでも無料で楽しめる白鳥湖の「ドラム缶いかだ」は1艘で小学生なら4人位まで一緒乗ることができる人気遊具のひとつになっている。平日シルバー割引もあり、65歳以上の方は免許証や身分証明書などの本人の年齢が確認できるものを提示すると入園料が半額になる。
こどもの国の桜
3月下旬~4月上旬
横浜市青葉区と東京都町田市にまたがる多摩丘陵の自然を生かした100万平方メートルの広大な遊び場。さまざまな遊具を配した広場の他、動物園や牧場があり、乳しぼりなどの体験イベントが好評。ファミリーはもちろん、オトナのカップルも楽しめるスポットだ。春にはソメイヨシノをはじめシダレザクラ、ギョイコウなど約40種約1,000本の桜が咲き競うが、なかでも中央広場のシダレザクラが圧巻。また、白鳥湖西側の山全体が桜で、開花期には一面がピンク色に染まる。桜の木の下にシートを広げてお弁当を食べるもよし、2人乗りのサイクルボートや3人乗りのローボートで水面に枝を伸ばすシダレザクラを間近に鑑賞するもよし。広々とした空間で思い思いの花見が楽しめる。
993d0829 a192 489c 8960 b9c46701a908
こどもの国 梅まつり
2018年2月17日(土)〜2018年2月25日(日) 09:30〜23:59
春を呼ぶ「梅まつり」 こどもの国の梅林では約300本の白梅、紅梅、豊後梅が1月~3月にかけて徐々に咲く。2月中旬から3月上旬にかけてがもっともきれいな時期で、天気の良い日にはあたり一面に梅の花の香りが漂う。期間中の土日には、様々な催しが予定されている。
02b4397a 1bb1 4733 bd4d ef0f5189f9d5
関連記事あり
【東京近郊】のおすすめプール8選!屋外レジャープールからリーズナブルなプールまで紹介!(2018年)
3049da41 b425 416d bafa 291ed6140aa0

Fd516932 34bd 4417 ab2a aeefde247033
40965501 fdb6 4b33 b544 d1e9a5e7c630
3d23c021 ad3d 4138 b77c 7190c3a2fd41
アートは、部屋から出て移動し始め、他の作品とコミュニケーションし、他の作品と境界がなく、時には混ざり合う。そのような作品群による、境界のない1つの世界、「チームラボボーダレス」。 境界のないアートに自らの身体を没入させ、作品群からできた世界を自らの身体で探索し、他者と共に新しい体験を創り出していきます。520台のコンピューター、470台のプロジェクター、10,000平方メートルの圧倒的なスケール感と、複雑で立体的な空間が特徴の世界に類を見ない全く新しい世界です。
Be5c88b6 a2fe 4f35 baf4 e6ed5b594a5d
大人も子どもも楽しい 広くて回り切れなかったので、また行きたいスポット。家族でもデートでも楽します
5.0
by ポムポム
2018年7月16日
季節とともに移ろう、【春】にだけ見られる作品群が登場!(森ビル デジタルアートミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス)
2019年3月1日(金)〜2019年5月31日(金)
森ビルとチームラボが共同で運営する常設ミュージアム「森ビルデジタルアートミュージアム:エプソン チームラボボーダレス」に、春の季節にだけ見られる作品群が加わります。境界なくつながっていく世界は一年を通して移ろい、3月からは、季節とともに変化した春の作品を体験することができます。 春の季節のあいだ、作品「花の精霊」には沈丁花(3月)や蓮華草(4月)、「積層された空間に咲く花々」には梅(2月~3月)や牡丹(4月~5月)、「地形の記憶」には春の景色(3月~5月)が広がります。 また、3月から4月にかけて「呼応するランプの森」には、桜(さくら)の1色でランプが輝く「呼応するランプの森 - ワンストローク、桜」が。更に、山吹(やまぶき)、裏山吹(うらやまぶき)、青山吹(あおやまぶき)、花山吹(はなやまぶき)、桃(もも)の、5色の春の野山の色で輝く「呼応するランプの森 - ワンストローク、春の野山」が登場。 いずれも体験できるのは、春の季節のみ、3月から5月まで。 ※期間中でも、時期によって見られる花の種類・作品が異なります。
05a30946 d7f2 44a5 b0a9 112e15be9bea
関連記事あり
2018年行ってよかったベスト5スポット!歴史・アートを巡る
1b83549b 0561 41f6 a675 b63e235d3ef6
関連記事あり
東京・お台場「チームラボ ボーダレス」でクリスマスや冬限定の作品群を展示
F55c23da 8198 4cdc b3c5 3c8457ce6988

B1d37214 d60c 4991 b0a2 dde7f75c469d
6c4cb62b 3f55 4211 befc 98e2d8dfb2b9
39d105a8 253a 4c82 a215 d0d5c0ba7492
(株)モビリティランドが運営する栃木県茂木町のツインリンクもてぎ。敷地内は本格的なサーキットだけでなく、子供も楽しめるモビリティテーマパークとなっています。森を楽しむ「ハローウッズ」ではキャストと一緒に森をまわり植物や昆虫を観察したり、クラフト工房でもの作り体験をしたり、日本最大級(往復561m~)のジップラインを楽しんだり大自然の中で沢山の体験ができます。 2018年にオープンした「森感覚アスレチック DOKIDOKI」は、どんぐりの木をモデルにした地上5階建ての新感覚・木登り型アスレチック。小学生以上が対象で、ボルダリングウォールといった体力が必要なクライムゾーン、勇気が必要な空中ゾーンなど39ヶ所のアスレチックに親子で挑戦することができます。巨大などんぐりの木をモチーフに、地中の根からスタートし、太い幹を登り、枝を渡っててっぺんのゴールを目指します。樹木空間を表現したアトラクション内部にはどんぐりやカブトムシなどといった、植物や昆虫のオブジェが設置されており、まるで森の中を冒険しているかの気分を味わうことができます。 またオートキャンプ場、バーベキュー設備なども充実しています。その他、遊園地「モビパーク」ではミニバイクから本格的なカートまで子供でも沢山の乗り物体験ができ、ツインリンクもてぎは、ファミリー層に人気のスポットです。
6ae9ffb2 5156 4c71 8aa1 7f8760877de7
ツインリンクもてぎのアスレチックに行きました!子供が多く最初入るのにためらいましたが、入ってみると意外とハードで大人でも楽しめました!家族連れにぴったりだと思います!
5.0
by みっきーTop user動物園
2018年10月20日
ツインリンクもてぎ ゴールデンウィークドキドキフェスタ 働くクルマ大集合!
2018年4月28日(土)〜2018年5月6日(日) 09:30〜17:30
日本最大級!働くクルマ100台が競演! 日本最大級の台数を誇る働くクルマを見て触れて乗って楽しめる「働くクルマ大集合」、この春新登場のアトラクション「森感覚アスレチックDOKIDOKI」、のりものをリニューアルしたモビパーク、場内の新スポットを巡る謎解きスタンプラリー、3歳からチャレンジできるふあふあアスレチックなどツインリンクもてぎならではの様々なイベントを開催。緑溢れるツインリンクもてぎで、は親子で身体を動かしながら楽しめる。
9aec01c2 9e6c 4a1d ba2a dfa87fb54670
音と光のシンフォニー ツインリンクもてぎ花火の祭典 夏のPremium Night
2018年8月14日(火) 19:00開演
レーシングコースで「音と花火のシンフォニー」 国内外のトップレースを開催するツインリンクもてぎの、国際レーシングコースを舞台に開催される花火イベントです。コースを見下ろすように設置された観覧席から、目線の高さと上空の2つの視点を切り替えることにより、他の会場では表現できないオリジナルの演出が楽しめます。場内には乗り物や自然体験のできる森などがあり、ファミリーで1日中楽しむことができます。
Ddaa9910 1bb8 4bc4 999a fad594143c99
関連記事あり
日本最大級の屋内ネットアスレチック「巨大ネットの森 SUMIKA」が2019年3月新登場!
4de97103 4ddb 4ea2 8e4e 70870f60a2d4
関連記事あり
【栃木】アスレチックおすすめ6選!大人も子供も楽しめる
6c27e97b 5b87 433f 8671 9847befec0df
関連記事あり
特別な空間であなたと。外で映画が見れる、関東の野外映画フェス・イベントまとめ
19b31ddf f31f 4ea8 81c6 c19333f55be3

Dfcab7b1 973b 48ad 8f45 4216a8a59e04
F2ca3100 e2a3 472c 9275 24873974e9ba
19755ba0 1f7a 4de1 9283 75518ece47c3
広島市唯一の水族館「マリホ水族館」は、マリーナホップというショッピングモールの中にある水族館です。 日本唯一の水族館プロデューサー中村元さんが携わっているとあって、コンパクトながらも見どころが満載!中村さんが「水塊」と表現する水の存在感、水中にいるような感覚が存分に味わえる、最先端の水塊展示を行っているのが「マリホ水族館」なんです。水流や照明にも工夫をしており、海の中にいるような感覚を楽しむことができます。 館内には、「瀬戸内の海」「渓流」「珊瑚礁の海」など6つのゾーンに分かれていて、全部で約150種類、5,000匹もの魚たちが展示されています。イワシの大群やクラゲをはじめ、天然記念物のゴキという魚も見ることができます。 広島高速3号線「吉島IC」より約15分と広島市街からも遊びに行きやすいスポットですので、ぜひ海の中の世界を体感してみてはいかがでしょうか。
2a2c5db3 326e 4383 9da1 8915e83b2943
規模が小さいかな 最初は近場に水族館が出来た! と思って喜びましたが 1周するのに30分あれば十分足ります あっという間に終わってしまったので 値段の割には規模が小さいかなという印象でした
2.0
by 頼朝Top user女子
2017年9月25日

2e927d5f c262 4215 ba01 bd3baa6087e2
D36e3e8e fee4 4999 8bd8 2faab132a6e9
Aca29dc1 6f79 4b23 a183 b56e0185be8c
東京を代表するプールと遊園地の一大レジャー施設 東京サマーランドは、東京あきる野市にある、遊園地やプール、バーベキューにキャンプにドッグランなど、さまざまなレジャーを楽しめるアミューズメント施設。「アドベンチャードーム」は、全天候型の屋内プールなので一年中遊ぶことができます。中心となる「コバルトビーチ」に加え、流れ落ちる滝や岩のトンネルの「ロックビーチ」ほかアトラクションも満載。夏には屋外ウォーターエリア「アドベンチャーラグーン」もオープンし、全長650mの日本一長い流れるプールや、5種類・8機ものウォータースライドを楽しめ、特にウォーターアトラクション「DEKASLA」などは子どもも大人も大興奮。屋内以上に多くのアトラクションがあり、魅力いっぱいです。

9b1e2d60 4011 44ad a7f6 0b420ad090f2
Da718866 f24a 47de bb40 8e939a0fbcc1
385da1a3 61ce 4ec1 8a1e b79560fd6c4b
上野動物園は1882年3月20日に開園した日本で最初の動物園。正式名称は「恩賜上野動物園」だが、「上野動物園」の名称で長年親しまれています。敷地は西園と東園に分かれており、総面積14.2ha、約350種類、約2,500頭もの動物に出会うことができる。東園は上野動物園の代名詞ともいえるジャイアントパンダをはじめ、ゴリラ、トラ、ゾウなどが近距離で観覧でき迫力満点。西園はキリン、カバ、サイなどアフリカ産の動物や50種以上の小型の動物を展示する小獣館、家畜動物が観覧できる。
B3c72151 336c 4188 80f6 886da0a7f609
ニワトリに夢中😆 今回は参加しなかったのですが、 子供の体験プログラムがあるみたいです😳 http://www.tokyo-zoo.net/zoo/ueno/childrenszoostep/index.html
5.0
by じゅんBronzeデート
2018年3月31日
「においでめぐる動物園 ―くんくんPlanetに出かけよう」開催(上野動物園)
2019年3月3日(日)
動物園にいる生きものの食べ物とうんちのにおいからその生態を探る新感覚イベント『においでめぐる動物園 -くんくんPlanetに出かけよう』を、においのワークショップのスペシャリスト井上尚子氏の協力を得て、上野動物園(東京都台東区)にて、3月3日(日)の世界野生生物の日に開催いたします。 本イベントでは、生きものの特徴が現れる「におい」から、その生きものの生態に興味を持ち理解を深めてもらうことを目的としています。「におい」の対象となるのは、上野動物園で飼育されているジャイアントパンダ、アジアゾウ、スマトラトラ、ニシゴリラなどIUCNのレッドリストにも掲載されている絶滅の恐れのある動物たちです。参加者は、カップに入った対象となる動物のうんちのにおいを嗅いで言葉で表現します。スタート地点で配られたハンドブックには動物の糞の形をかたどったスタンプを押しながら園内を回り、楽しく動物の生態について学びます。 ゴール地点ではその動物が野生で生息する環境で今何が起きているのかをWWFのスタッフからの解説とコミュニケーションを通じ、知識偏重となりがちな環境問題について、体感と表現を深めてもらうプログラムです。
255258c2 04bb 471a 9c73 37766dc1c050
関連記事あり
【上野 観光】おすすめ15選!穴場から定番まで
5de9bd98 973d 411c bf34 c701873f8ebe
関連記事あり
上野動物園も入園無料!【都内の動物園・水族館】などの無料公開日5選
5c796854 5684 442c 9ab0 0345ac9fef16
関連記事あり
「上野駅発、動物園・美術館よくばり散歩」パンダだけじゃない、アートで文化的な魅力に迫る。
96bd113c 2695 4617 b9c5 6176488837b5