全国の動物園・周辺情報

93825956 1170 4abb 8a2e a69e3172808a
B8283819 229b 460c a4bf 4eb9be5845bf
434b116e d2f1 4de2 b2d0 78f435c9e951
こどもの国は都心から約30キロに位置し、多摩丘陵の雑木林をそのまま生かした自然の遊び場です。広さ約100ヘクタール(約30万坪)の園内には、芝生広場、ミニSL、横浜一長いローラー滑り台、湖、ミニアスレチック、せせらぎ、つり橋、サイクリングコース(1.6キロ)などがあり、湖ではボートやドラム缶いかだで遊ぶことができます。 「こどもの国の屋外プール」は夏期のみのオープンいたします。水深の浅い幼児向けから泳ぎ専用の25mプール、2本の滑り台や大人気のチューブスライダーまで盛りだくさん。泳ぎ疲れたら大きな屋根の下で休憩してください。夏の強い日差しをさえぎってくれるから安心!レジャーシートがあると便利です。オムツが取れていないお子様でも水遊び用パンツでプールに入ることができます。プール場内に授乳室もございます。
こどもの国の梅
2月上旬~3月上旬
多摩丘陵の雑木林を生かし、約100万平方mの広大な敷地を誇る自然の遊び場として親しまれている場所がこどもの国。敷地内にある梅は入口から園内を奥へと進み、動物園コーナーに至るまでの坂道にウメが植えられており、約300本の白梅、紅梅、豊後梅がある。2月下旬~3月上旬の花の季節にはウメの香りが辺り一面に漂う。梅まつり2月中旬から3月上旬に開催され、週末には「梅のかざぐるまづくり」「梅林で探そう!スタンプビンゴ」などの各種のイベントを開催。また、敷地内にはウメだけではなく、ロウバイ、ツバキ、ネコヤナギ、カワズザクラ、マンサク、タチツボスミレなど四季を通じて各種の植物が目を楽しませてくれる。その他、動物園や牧場、遊具広場、スポーツ施設も充実し、なかでも無料で楽しめる白鳥湖の「ドラム缶いかだ」は1艘で小学生なら4人位まで一緒乗ることができる人気遊具のひとつになっている。平日シルバー割引もあり、65歳以上の方は免許証や身分証明書などの本人の年齢が確認できるものを提示すると入園料が半額になる。
こどもの国の桜
3月下旬~4月上旬
横浜市青葉区と東京都町田市にまたがる多摩丘陵の自然を生かした100万平方メートルの広大な遊び場。さまざまな遊具を配した広場の他、動物園や牧場があり、乳しぼりなどの体験イベントが好評。ファミリーはもちろん、オトナのカップルも楽しめるスポットだ。春にはソメイヨシノをはじめシダレザクラ、ギョイコウなど約40種約1,000本の桜が咲き競うが、なかでも中央広場のシダレザクラが圧巻。また、白鳥湖西側の山全体が桜で、開花期には一面がピンク色に染まる。桜の木の下にシートを広げてお弁当を食べるもよし、2人乗りのサイクルボートや3人乗りのローボートで水面に枝を伸ばすシダレザクラを間近に鑑賞するもよし。広々とした空間で思い思いの花見が楽しめる。
993d0829 a192 489c 8960 b9c46701a908
関連記事あり
【東京近郊】のおすすめプール8選!屋外レジャープールからリーズナブルなプールまで紹介!(2018年)
3049da41 b425 416d bafa 291ed6140aa0
1283b731 502a 4e3b 9a17 fe88ce9e7ec4
Fe55e7fa 76b9 4eca be5d 2b6e340e8d14
82dce5db b3c6 4860 a499 2fe03d4b4403
東山動植物園は動物園と植物園、そして遊園地からなる名古屋屈指の観光スポットです。 動物園エリアでは、キリンやゾウなど約500種の動物に出会えます。展示動物の種類数は日本一、入園者数は東京の上野動物園についで2番目に多く、日本を代表する動物園です。世界のメダカを集めた「世界のメダカ館」、可愛いコアラがいる「コアラ舎」などたくさんの見どころがあります。   動物園エリアの人気者といえば、イケメンゴリラとして有名な「シャバーニ」。シャバーニをはじめとするニシローランドゴリラとチンパンジーは、2018年9月から新しく公開されるゴリラ・チンパンジー舎に引っ越し、オープンに備えているため現在展示休止中。「アフリカの森エリア」につくられたゴリラ・チンパンジー舎では、高さ日本一のゴリラタワーなどが設置され、ゴリラの樹上生活の様子を観察できるようになるそうです。 植物園エリアには約7,000種もの植物が展示され、温室や季節ごとに様々な花を楽しめるお花畑などがあります。植物以外にも昭和 31 年に岐阜県白川村から移築された「合掌造りの家」や、旧尾張藩の武家屋敷から移された門など、趣ある古建築なども見ることができます。 2006年に制定された「東山動植物園再生プラン」に基づき、リニューアル工事が進められている東山動植物園。新しい見どころも増え、ますます楽しみなスポットです。
名古屋市千種区にある東山動植物園は、動物園、植物園、遊園地がある名古屋市営のレジャー施設ですが、四季折々の花が楽しめます。
by GAYOSHITop user
2018年7月24日
852d1c84 3982 42fa bb10 4d56d72712c2
9e1014b8 cd43 44b9 b91c 165ac922d587
3c5e8371 ecf9 46ba 99d6 e5ced1849f20
静岡県富士宮市のまかいの牧場。 富士山のふもとの広大な敷地で動物とのふれあい体験、農業体験が行えます。 乗馬などの動物とのふれあい、乳搾り、バター作り、アイスクリーム作りなどの食の体験のほか、ネイチャークラフト、陶芸教室、ウールを使った体験など、体験の種類は様々です。また、貸し農園の設置や芋や野菜などの収穫体験もできるので親子で農業体験を味わいましょう!ちなみに、まかいの牧場の「まかいの」はオーナーの苗字だそうです!
四季折々の季節の対象物と富士山で撮れる! いつも何かステキな事がある!
by Takashi Shinkai
2018年7月6日
C5f76908 437f 4df7 b617 1e5d25c4d1c0
D7720dd8 cc96 4ce9 891f 886b68b0c312
8f075aab dc67 43a4 a8a9 d30ffca59c04
小田原こどもの森公園わんぱくらんどは、遊びに熱中できる感動と発見の公園です。公園内には、子どもたちに大人気の大型遊具が多数あり、動物たちと身近に触れ合えるふれあい広場や、スリル満点の長さ67mの吊り橋など魅力的な遊び場が満載です。また、見晴らしの丘からは、小田原市を見下ろす美しい景色が望めます。 「ターザン広場」では小学生くらいの子どもたちを対象としたアスレチックが楽しめます。高さが10メートルにもなる「木登りネット」は別名「スパイダーネット」と呼ばれ、登りきった頂上からの眺めはバツグン。ほかにも全長44メートルの「ローラー滑り台」や長さ20メートルの「ターザンロープ」はスリル満点です。 ふれあい広場ではヤギ・ヒツジへのえさやりを体験できたり、芝滑りなどもあるので大人も子供も全力で遊ぶことができます。入場料も無料で利用したいところだけ必要な料金を払えばいいので、気軽に訪れることができますよね。また、夏には「うなぎ沢」自然の沢水を利用した水遊び場もあるので、子供たちの水遊びにおすすめ。 夏におすすめな期間限定のイベントが、大きな虫かごのような「カブトムシハウス」です。このカブトムシハウスの中に入って、カブトムシとの触れ合いを楽しめる他であまり見ないおもしろい企画です。
F27c8c64 65c7 404a a4e5 245df02f752e
E49dc4de 730b 497b b5bd dc2f1aec7fcd
4381a4df a024 456d 9efd 6c6cc4913c78
千葉県袖ケ浦市の東京ドイツ村。 敷地面積27万坪、東京ドームの約19倍と広大な敷地に様々な施設が設置されている複合型テーマパークです。 観覧車やバイキング、釣り堀、パターゴルフなど約20種類の有料アトラクションのアミューズメントエリア、約6.7haの広大な芝生の広場、すべり台、ブランコ、ターザンロープ、砂場などが設置されているわんぱく広場、ボルダリング場、バスケット・サッカー・ストラックアウトなど、人気のスポーツを楽しめるスポーツランド、ミニブタをはじめ、モルモット・ヤギ・ヒツジ達と触れ合えるこども動物園、野菜・果物の収穫体験、約200種5,000株のローズガーデンや、芝桜、あじさい、コスモス、コキアなど四季折々の花が美しいフラワーガーデンなど見所が満載です。
東京ドイツ村のコキア
9月上旬~10月下旬
千葉県袖ケ浦市の東京ドイツ村。 敷地面積27万坪、東京ドームの約19倍と広大な敷地に様々な施設が設置されている複合型テーマパークです。 観覧車やバイキング、釣り堀、パターゴルフなど約20種類の有料アトラクションのアミューズメントエリア、約6.7haの広大な芝生の広場、すべり台、ブランコ、ターザンロープ、砂場などが設置されているわんぱく広場、ボルダリング場、バスケット・サッカー・ストラックアウトなど、人気のスポーツを楽しめるスポーツランド、ミニブタをはじめ、モルモット・ヤギ・ヒツジ達と触れ合えるこども動物園、野菜・果物の収穫体験、約200種5,000株のローズガーデン、約25万株の芝桜、コスモス、コキアなど四季折々の花が美しいフラワーガーデンなど見所が満載です。 9月上旬から10月下旬にかけて「コキアの谷」の約2万株のコキアが見頃を迎えます。場所は、東京ドイツ村のパターゴルフ場の裏の斜面。9月中は緑色の爽やかなコキア、10月中旬頃になると真っ赤な色に染まった美しいコキアを目にすることができます。
東京ドイツ村ウインターイルミネーション2018〜2019
11月上旬〜4月上旬
東京ドイツ村ウインターイルミネーションは千葉県袖ケ浦市の「東京ドイツ村」で行われるイルミネーションです。約300万球のイルミネーションを楽しむことができます。関東三大イルミネーションに認定され、「レインボートンネル」や「光と音のショー」、「3Dイルミネーション」が毎年大好評です。点灯時間は日没~20:00です。
東京ドイツ村のバラ
5月中旬~6月中旬
千葉県袖ケ浦市の東京ドイツ村。 敷地面積27万坪、東京ドームの約19倍と広大な敷地に様々な施設が設置されている複合型テーマパークです。 観覧車やバイキング、釣り堀、パターゴルフなど約20種類の有料アトラクションのアミューズメントエリア、約6.7haの広大な芝生の広場、すべり台、ブランコ、ターザンロープ、砂場などが設置されているわんぱく広場、ボルダリング場、バスケット・サッカー・ストラックアウトなど、人気のスポーツを楽しめるスポーツランド、ミニブタをはじめ、モルモット・ヤギ・ヒツジ達と触れ合えるこども動物園、野菜・果物の収穫体験、約25万株の芝桜、あじさい、コスモス、コキアなど四季折々の花が美しいフラワーガーデンなど見所が満載です。 毎年5月中旬から6月中旬になると入場ゲートを入ってすぐの左側にあるローズガーデンで約200種5,000株のバラを堪能できます。ドイツ原産のバラ80種類が並ぶ「ドイツのバラコーナー」や多様な種類のバラをゆっくりと観賞できるスポットです。
E482fc05 d483 471d bc0c c22144ffb2d9
東京ドイツ村のあじさい
6月中旬~7月上旬
千葉県袖ケ浦市の東京ドイツ村。 敷地面積27万坪、東京ドームの約19倍と広大な敷地に様々な施設が設置されている複合型テーマパークです。 観覧車やバイキング、釣り堀、パターゴルフなど約20種類の有料アトラクションのアミューズメントエリア、約6.7haの広大な芝生の広場、すべり台、ブランコ、ターザンロープ、砂場などが設置されているわんぱく広場、ボルダリング場、バスケット・サッカー・ストラックアウトなど、人気のスポーツを楽しめるスポーツランド、ミニブタをはじめ、モルモット・ヤギ・ヒツジ達と触れ合えるこども動物園、野菜・果物の収穫体験、約200種5,000株のローズガーデン、約25万株の芝桜、コスモス、コキアなど四季折々の花が美しいフラワーガーデンなど見所が満載です。 6月中旬から7月上旬にかけて、広大な5万㎡の敷地「あじさいの森」に約3万株のあじさいが咲き誇ります。東京ドイツ村のあじさいは関東最大級のスケール。あじさいの品種も中心の花を飾る額縁のように花が咲く「ガクアジサイガクアジサイ(額紫陽花)」、花火のような星形の花が美しい「墨田の花火」など様々な品種があります。また、「あじさいの森」は徒歩で約20分の「墨田の花火コース」、約30分の「楽々コース」、約40分の「見所コース」、約70分の「全周コース」があり、その日の体調や気分で周遊できるコースを選びましょう。
関連記事あり
【千葉】アスレチックおすすめ11選!大人も子供も楽しめる
59afef8a 0647 444e 8424 de2de6c1e9e3
14a75ba4 2673 4c2f 8e46 13c05b738474
1efa1d08 bef6 4108 bb2e f4e70ef9f3ca
Spot noimage
釧路市の中心部から北西約18kmのところにある「釧路市動物園」は、国内最大級の敷地面積の動物園です。ホッキョクグマやゼニガタアザラシ、エゾシカなど約57種の哺乳類と鳥類を見ることができます。 広い園内には、北海道に住む動物達を集めた「北海道ゾーン」があります。まず出迎えてくれるのはかわいらしいエゾリスと、色とりどりの花。「タンチョウ観察広場」では特別天然記念物のタンチョウを観察することもできます。気持ちの良い木道散策路を通ってハクチョウ池のハクチョウや、ワシ、タカなどが見られます。そのほかエゾヒグマやエゾクロテン、ふくろうの森など、いかにも北海道らしい自然を満喫できます。 園内には遊園地やバーベキュースペースもありますので、一日中楽しむことができるスポットです。