全国 菖蒲のよりみち案内

菖蒲のTOP USER
なべ一号さん
456f748e 9e2b 447a b576 8282ffda50e8
B6a437ba ea65 4642 81f4 615474cc9002

梅雨から初夏にかけて見頃を迎える菖蒲。花言葉の「優雅」を象徴するように垂れ下がるように咲く姿はまるで絵画のよう。白・紫など上品な色味が特徴です。見頃は梅雨ですので、雨が降ってもよく映えます。中でも代表的なハナショウブは、色が多様で、紫や紅紫の花を咲かせます。関東には一箇所で150万株が一斉に咲く名所もあり、その姿は圧巻です。梅雨の時期は家に引きこもりがちになりますが、この時期しか見れない菖蒲を見にお出かけするのもいいですね。

日付指定

日付を指定する
Cd01154b 1502 4d54 9f05 8af96b96c8cf
6e1aa19d efcc 4322 8245 82723d1a5f25
019625e4 2e78 447d b015 d96caaf2a99d
南蔵院のすぐ裏手にある水元公園は、小合溜に沿って造られた、都内で唯一水郷の景観をもった公園です。水元公園は小合溜に沿って造られた、都内で唯一水郷の景観をもった公園です。昭和50年まで、このあたりは都立江戸川水郷自然公園に指定されていました。小合溜から引いた大小の水路が園内を走り、水郷景観を作りだしています。園内にはポプラ並木やメタセコイアの森、ハンノキなど水辺に強い樹木が生育し、ハナショウブ、スイレン、コウホネといった水生植物を多く見ることができます。 水元公園は桜や花菖蒲の名所としても有名です。3月下旬から4月上旬にかけては美しい遊歩道の桜を、6月上旬から下旬には約100品種20万本の花菖蒲を楽しむことができます。また、花菖蒲の季節には菖蒲祭りも開催されます。 桜や花菖蒲の咲く季節はもちろんですが、水元公園では一年を通して美しい景観が楽しめます。釣り場、ポプラ並木、「生きた化石」メタセコイヤの森、中央広場、フィールドアスレチックス、バードサンクチュアリーがあり、都の天然記念物「オニバス」や絶滅危惧種「アサザ」の自生地としても知られています。
4ef81397 36ae 4132 9342 dc05f2c9eae9
外国みたい 日本なのに外国にいるかのように思えてくる お気に入りの公園。 メタセコイアの紅葉は見事です!
5.0
by moss-green-mihoTop user日本の滝百選
2018年12月8日

332b7331 22bf 4d01 b563 f81d61d62b2b
8cb10e34 c864 4d1e 91ad 2a4773de2bf5
Spot noimage
生田緑地は昭和16年(1941年)に都市計画決定された都市計画緑地で、約180haの面積を誇る川崎市内最大の都市公園です。多摩丘陵の起伏がある地形にクヌギ・コナラを中心とした雑木林や、谷戸部の湿地、湧水等の貴重な自然資源が残されており、かつての里山環境や、周辺の農地、樹林等と一体となった美しい風景が今に引き継がれています。 生田緑地内では、春には桜、初夏にはハナショウブ、秋には美しい紅葉など、四季折々の自然を感じることができます。見どころの一つは、春と秋に開園するバラ園。春は約530種4700株、秋は約440種4000株のバラが咲き誇り、訪れる人々の目を楽しませています。また、6月中旬には約2,800株のハナショウブが見ごろを迎える、ショウブ園もおすすめです。 そのほか敷地内には岡本太郎美術館、日本民家園、青少年科学館という個性ある文化施設やゴルフ場など多様な施設があり、見どころ満載です。
User default image
花菖蒲 見頃を狙ってみました。
4.0
by ブルーライオン
2018年6月3日