全国 菖蒲のよりみち案内

菖蒲のTOP USER
なべ一号さん
456f748e 9e2b 447a b576 8282ffda50e8
B6a437ba ea65 4642 81f4 615474cc9002

梅雨から初夏にかけて見頃を迎える菖蒲。花言葉の「優雅」を象徴するように垂れ下がるように咲く姿はまるで絵画のよう。白・紫など上品な色味が特徴です。見頃は梅雨ですので、雨が降ってもよく映えます。中でも代表的なハナショウブは、色が多様で、紫や紅紫の花を咲かせます。関東には一箇所で150万株が一斉に咲く名所もあり、その姿は圧巻です。梅雨の時期は家に引きこもりがちになりますが、この時期しか見れない菖蒲を見にお出かけするのもいいですね。

日付指定

日付を指定する
Cd01154b 1502 4d54 9f05 8af96b96c8cf
6e1aa19d efcc 4322 8245 82723d1a5f25
019625e4 2e78 447d b015 d96caaf2a99d
南蔵院のすぐ裏手にある水元公園は、小合溜に沿って造られた、都内で唯一水郷の景観をもった公園です。水元公園は小合溜に沿って造られた、都内で唯一水郷の景観をもった公園です。昭和50年まで、このあたりは都立江戸川水郷自然公園に指定されていました。小合溜から引いた大小の水路が園内を走り、水郷景観を作りだしています。園内にはポプラ並木やメタセコイアの森、ハンノキなど水辺に強い樹木が生育し、ハナショウブ、スイレン、コウホネといった水生植物を多く見ることができます。 水元公園は桜や花菖蒲の名所としても有名です。3月下旬から4月上旬にかけては美しい遊歩道の桜を、6月上旬から下旬には約100品種20万本の花菖蒲を楽しむことができます。また、花菖蒲の季節には菖蒲祭りも開催されます。 桜や花菖蒲の咲く季節はもちろんですが、水元公園では一年を通して美しい景観が楽しめます。釣り場、ポプラ並木、「生きた化石」メタセコイヤの森、中央広場、フィールドアスレチックス、バードサンクチュアリーがあり、都の天然記念物「オニバス」や絶滅危惧種「アサザ」の自生地としても知られています。
4ef81397 36ae 4132 9342 dc05f2c9eae9
外国みたい 日本なのに外国にいるかのように思えてくる お気に入りの公園。 メタセコイアの紅葉は見事です!
5.0
by moss-green-mihoTop user星空
2018年12月8日