全国 イベントのよりみち案内

イベントのTOP USER
平岩蘭さん
90f799c2 68be 4938 9ef4 1542a9df0c99
B1db82d9 65a1 4bf6 9ddd ab94206257f1
西武プリンスドームとなり西武池袋線「西武球場前」駅から徒歩3分の近さにあるゆり園は、狭山丘陵の地形を生かした約3万平方メートルの自然林に50種・約45万株のゆりが咲き誇り、花と森林浴の散策が楽しめます。園内は、早咲きのすかしゆり種と遅咲きのハイブリッド種がカラフルな色と優雅な香りに満ちあふれた癒しの空間を演出。早咲きのすかしゆり種は香りが無く、目で楽しむユリです。対象的に、遅咲きのハイブリッド種は甘い香りを漂わせます。この「ところざわのゆり園」は、2005年6月4日『ユネスコ村自然散策園・ゆり園』としてオープン。当時はユネスコ村大恐竜探検館との並行営業だったため、ユネスコ村の名前を冠していた。2006年9月30日にユネスコ村大恐竜探検館が閉館になるとともに、2007年よりユネスコ村の冠名称がとれ「ところざわのゆり園」としてオープン。園内は、「自然散策コース」(約1,000m)と、気軽な「らくらく観賞コース」(約100m)、混色のユリを見ることのできる回遊エリア(約200m)に分かれてみることができ、園内3か所に休憩所が設置してあります。毎年営業期間中は、ユリの販売も行っています。

D43326bd c411 45cd a0be 340453e67f0e
836065c5 af27 4f13 94e0 9e0c2f4185b2
71efd9c8 9750 493f a202 b262f98d362d
神奈川県鎌倉市にある寺院。1160年創建の明月庵を起源とする寺で、境内全域が国指定の史跡となっています。鎌倉で最大級の大きさを誇るやぐらや、北条時頼の墓と伝わる宝篋印塔など、歴史的に貴重な見どころが多い寺院です。明月院は、紫陽花の名所としても有名で、「紫陽花寺」とも呼ばれて親しまれています。澄んだ青色が特徴的な日本古来の品種「ヒメアジサイ」が主に植えられ、「明月院ブルー」と称される約2,500株の紫陽花を見るために多くの人で賑わいます。開花時期は例年5月下旬〜7月上旬。6月中旬頃から下旬にかけて最盛期を迎え、参道を埋めつくすように咲き誇る様子は息を飲む美しさです。
Bee83bf9 bd65 4cf6 93b5 574490eb066c
明月院のあじさい。ステキな色でした。
5.0
by 岳人
2018年6月23日

79e84367 be0b 4045 b413 da7dd265ad1e
2230796e 040e 4c7c b6dc 05cb6a23e349
Ce38cc75 9dfd 4d5c b453 1cd327a71f8e
可睡斎に隣接した丘陵地にある「可睡ゆりの園」。 毎年、5月下旬〜7月上旬にのみ開園する、東海道を代表するユリの名所として知られています。 約3万坪の広大な敷地面積を誇る、可睡ゆりの園。趣深い日本庭園として整備されており、約150万種・約200万本のユリを観ることができます。園内はいくつかのエリアに区分されています。黄色や赤色のユリが一面に敷き詰めされ、まるで絨毯のようになっているエリアもあれば、5色が入り混じったカラフルな色彩のエリアもあります。 色合いだけでなく、植栽されている品種も豊富で、開花する時期が違うので、長い期間、様々なユリの姿を観察できるようになっています。お気に入りのユリの花が開く時期を狙って、訪れることもできます。一番人気の「黄色エリア」と「五色帯エリア」の開花時期は6月上旬〜中旬頃です。 また、大きな池の周辺には茶室や休憩所、食事処も併設。日本の風情と華やかなユリが見事に調和し、豊かなひと時を過ごすことができます。食事処では名物「ゆりの天ぷら」がおすすめです。そのほか、「ゆり苗直売所」では、豊富な種類の中からユリの鉢をお土産として購入することができます。

D96f521b e343 4aaf 886e 5f01c8793a1f
B2846b49 4807 48cc a3af ffbd78cfa10d
7773d48f e29f 4711 b61f 8fcbcb28e84f
矢田丘陵の中心矢田山の中腹にあり、日本最古の延命地蔵菩薩を安置し、天武天皇の勅願寺として知られる。境内付近一帯は、県立矢田自然公園に指定されており、矢田丘陵ハイキングコースとしても親しまれている。境内には石仏が多く、通称「矢田のお地蔵さん」が出迎えてくれる。25,000㎡の境内にあるあじさい園では、約60種類、1万株が植えられ見事に咲き誇る。あじさいの丸い花は、お地蔵さんの手に持っておられる宝珠の形でもあり、本尊様であるお地蔵さんにちなんで、昭和40年頃から植え始めたという。また、境内には石仏が多く、自家製の味噌を口元に塗ると味がよくなるという、「味噌なめ地蔵」は特に有名で知られる。また、寺よりバスで5~6分の所に「奈良県立民俗公園」があり、広い自然公園の中に奈良県内の古民家(国重文を含む)が多数移築されており、 6月上旬~中旬頃には園内の花しょうぶ園も楽しめる。
7f7186c8 baef 4bf3 bae9 1b5e79576e24
奈良県の矢田寺へ行ってきました。 ちょうど雨上がり、満開のとてもタイミングの良いときに行けました!
5.0
by muumimuu
2018年6月24日