全国の国宝・周辺情報

国宝のTOP USER
ちぇりさん
801428b1 3038 4abc 8a6e f07e1a0b0aed
F160de68 972b 40e9 a5c9 a7c10174e81f
Ba45eeae da9f 438c 9c49 28b3793bc207
D3c98850 4a13 457b 856a be21a2a2d87d
戦国時代の永正年間(1504〜1520年)、信濃守護家小笠原氏が深志城を築城したものが、松本城の土台となっています。天正18年(1590年)の豊臣秀吉による小田原征伐の結果、徳川家が関東に入府。当時の徳川家家臣の松本城主小笠原秀政は下総古河(現在の茨城県古河市)3万石を与えられ転封。その後、石川数正が入城し、石川数正とその子康長が、天守、乾小天守のある石垣造の近世城郭に改築しました。 現在の黒漆塗りの下見板張りの天守は国宝に指定、城跡は国の史跡に指定されています。 本丸正門の復元された黒門は侵入者が直進できないよう桝形門になっており、一の門が櫓門、二の門が高麗門になっています。
カラス城 天気は良く、風は少し吹いてたぐらいだったため、水面反射が綺麗でした
by たいまる
2018年8月18日
松本城の紅葉
11月上旬~11月中旬
長野県松本市にある松本城は、国宝に指定されている城です。戦国時代の永正年間に造られた深志城が始まりで、現存する五重六階の天守の中で日本最古とされています。秋になると紅葉の鮮やかな色づきが美しく、黒と白の天守のコントラストが映え素晴らしい景観です。例年11月上旬から11月中旬に見頃を迎えます。通年ライトアップも実施しているので、幻想的な城の雰囲気を楽しむこともできます。
松本城の桜
4月中旬
松本城は、室町時代末期の永正元年(1504)、この地方に大きな勢力を持っていた小笠原貞朝が一族の島立貞永に命じて築城。国宝にも指定されている。城内には約300本の桜が本丸庭園内や中央公園、堀沿いの歩道に桜並木が続き、遠く北アルプスを背に咲き誇う。4月中旬には「夜桜祭」が行われ本丸庭園が無料開放される。天守閣のライトアップも美しいが、場内には一本桜として熊本城主加藤清正公が江戸からの帰り立ち寄った際の伝承が残るシダレザクラも有名。城の名前の由来は、小笠原氏が武田信玄によって深志城を追われ、武田氏が一時期ここを信濃を治める拠点とするが、武田氏が滅亡すると1582年に徳川家康の家臣となった小笠原貞慶が、占拠して名を「松本城」へと改めたことで以後、松本城と言われる。
Aff151c0 8e15 49fd a651 5f4e8534bc3f
4a8af1a7 5c76 4246 9912 9590969f764f
E75a3a80 4e98 4c80 8ab0 6736bed37405
652c27c9 7776 4c01 9b10 3060cc32e187
京都観光の中でも、特に人気の高い清水寺。清水寺の参道である二年坂、三年坂にはたくさんのお店が軒を連ねます。清水の舞台で有名な国宝の本堂はもちろんのこと、重要文化財に定められた国内最大級の三重塔や、寺名の由来となった「音羽の瀧」など多くの見どころがあります。 毎年8月9日~16日には一日の参詣が千日分の功徳に相当するとされる「千日詣り」が行われ、普段は見ることのできない本堂の内々陣が特別公開されます。 桜や紅葉の名所でもあり、舞台から眺める景色はまさに絶景!定期的に夜間特別拝観も行われていて、昼間とはまた違った幻想的な姿に出会えます。
これが日本!! 3月の京都での2枚 3月に訪れたということもあり1枚目の写真には満開の桜をバックに 2枚目では寄りで建物の駒金所を意識しました。
by だい
2018年3月31日
74a6fad9 98ed 47eb 855b ecd8e87350e3
67280b1e f57f 4a40 83b0 f61ccb9369c7
6e61e011 ecf2 4603 9e88 7cdb4f388ac5
京都府宇治市にある藤原一族ゆかりの平等院。世界遺産にも登録されている平等院は「古都京都」を代表する歴史的建造物といて大変有名な観光名所でもあります。2012年9月から2014年9月までの2年間にわたり国宝「平等院鳳凰堂」の修復作業を行い、今では建立当時の姿で甦りました。
平等院鳳凰堂 iPhoneの本気
by 井村智史
2018年6月29日
平等院の紅葉
11月下旬~12月上旬
京都府宇治市にある「平等院」は、「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されている、平安時代に栄華を誇った藤原氏ゆかりの古寺です。10円硬貨のデザインにも使用されて広く知られている鳳凰堂をはじめ、阿弥陀如来坐像など多くの国宝が存在しています。阿字池周辺に沿って植えられたカエデ、イチョウが鮮やかな赤に色づき、鳳凰堂とともに水面に映り込む様は訪れた人々を魅了します。見頃の11月下旬~12月上旬の期間中には、紅葉と鳳凰堂をライトアップする夜間特別拝観も行われます。
2b52aa09 519c 4084 b991 06e317fe1f9f
平等院の桜
3月下旬〜4月上旬
京都府宇治市にある藤原一族ゆかりの平等院。世界遺産にも登録されている平等院は「古都京都」を代表する歴史的建造物といて大変有名な観光名所でもあります。2012年9月から2014年9月までの2年間にわたり国宝「平等院鳳凰堂」の修復作業を行い、今では建立当時の姿で甦りました。 例年、3月下旬から4月上旬になると、平等院の桜は、国宝の鳳凰堂の周りを囲む阿字池の周辺にソメイヨシノ、シダレザクラが咲き誇ります。2018年から桜と鳳凰堂のライトアップの一般公開が開始、阿字池に映える鳳凰堂、桜の美しい光景を観に多くの観光客で賑わっています。
0ec5a6a5 74b9 48da a735 f1aa19ceb76c
平等院の藤
4月中旬〜5月中旬
京都府宇治市にある藤原一族ゆかりの平等院。世界遺産にも登録されている平等院は「古都京都」を代表する歴史的建造物といて大変有名な観光名所でもあります。2012年9月から2014年9月までの2年間にわたり国宝「平等院鳳凰堂」の修復作業を行い、今では建立当時の姿で甦りました。 平等院は「藤」の名所でもあります。主なところで平等院には2ヶ所の藤棚があります。一つ目は鳳凰堂を正面に見て左手、鳳凰堂の周りを囲む阿字池の北側。樹齢250年とも言われる「野田藤」の古木は、地面の砂にすれそうなぐらい長く花穂が伸びることから「砂ずりの藤」とも呼ばれていて、毎年4月下旬から5月上旬にかけて、流れ落ちる滝のような、美しい紫色の花房を咲かせます。二つ目は、表門の左側。紫と白色の藤がコントラストを奏でる大変美しい情景を観賞できます。
34bb8f79 eeb9 4c4a 88cf fe1e5c163249
関連記事あり
【京都 宇治市】おすすめ観光・名所5選!平等院に宇治上神社、三室戸寺
8859fc7c ae2a 47ec 9dd9 347e3154e3cf
B8eb9839 136c 4571 bb8d a42c54fcfb07
34d4c0e8 8420 4cee b0b7 9825f1477c23
7cbca5e9 f5d2 4b8e ba61 a7a5010380f8
日本を代表する世界遺産「日光の社寺」。その中でももっとも有名な「日光東照宮」は徳川家康がまつられた神社で、現在の社殿群は、そのほとんどが寛永13年3代将軍家光による「寛永の大造替」で建て替えられたもの。境内には国宝8棟、重要文化財34棟を含む55棟の建造物が並び、その豪華絢爛な美しさは圧巻です。全国各地から集められた名工により、建物には漆や極彩色がほどこされ、柱などには数多くの彫刻が飾られています。
日光東照宮 小雨の中歩くのもまたいい雰囲気だった。
by うなぎ
2018年9月17日
832dfa50 1f41 4549 94d2 d6e7a227cea7
6b4aa693 db41 4bb5 a29a 6264e3731788
Ca072c37 2d18 48aa b5ee f129ad641fdd
彦根城 彦根城の天守の写真
by フツカ
2018年9月11日
彦根城の紅葉
11月下旬~12月上旬
滋賀県彦根市にある彦根城。彦根城は、天守が国宝に指定されていて、現存する天守として現存天守12城にも指定されています。彦根城一帯は常緑樹を中心とした深い森に囲まれ、美しい城と四季折々の風景を楽しめます。紅葉は、例年11月下旬から12月上旬に見頃を迎え、特に彦根城の北東に位置し、国の名勝にも指定されている、旧大名庭園の玄宮楽々園が見どころです。例年紅葉シーズンにはライトアップが実施され、多くの人々が訪れます。
彦根城の桜
4月上旬~4月中旬
彦根城は、初代の井伊直政から14代にわたり彦根藩主を務めた井伊氏の居城。天守が現存する12城のうちのひとつで、天守が国宝に指定されている他、重要文化財の各櫓、下屋敷の庭園である「玄宮園」、内堀・中堀が当時の美観を留めていることから、城域一帯は国の特別史跡とされている。城が最も美しい彩りを見せるのが春。内堀、中堀と二重に巡らされたお堀沿いを中心に1,200本ものソメイヨシノが城を包み込むように咲き誇る。天守の最上階からは、桜の海に染まる西の丸とその先に広がる琵琶湖が一望のもとに。夜間はお堀沿いを中心にぼんぼりでライトアップ。夜空に浮かび上がる桜が、櫓の白壁や石垣とともに鏡面のような水面にくっきり映り込む幽玄の美を堪能できる。屋形船や人力車を利用してのお花見もおすすめ。特に、井伊家ゆかりのクラシカルな「御好屋形船」で、枝を伸ばす桜を間近に見る「お堀巡り」は、大名の優雅な気分を味わえて人気。
95ae9f79 498d 49f9 acf8 b14fb3b751c7
E820e6d8 6349 4669 92a1 52e7db6e09bb
37fdb689 c218 4b61 ab90 69b972f5ccc4
8af9e7c1 fab2 40fd 8991 9bf6ca96417d
臨済宗南禅寺派の大本山で京都屈指の観光名所。正応4年(1291年)、大明国師を開山に迎え、亀山上皇の離宮を寺に改めた。応仁の乱などで創建時の建物は焼失し、現在の伽藍のほとんどは桃山時代の再建。琵琶湖疎水の分線にある、レンガと花崗岩で作られた「水路橋」が敷地内を通っており、その風格ある佇まいが純和風な風情に不思議とマッチした独自の景観でも知られている。京都三大門の一つ三門(重文)、方丈(国宝) 。さらに、高さ22メートルの三門に上ったところで眼下に広がるのは、一面薄紅色に染まった京都の町。歌舞伎「楼門五三桐」で石川五右衛門が「絶景かな、絶景かな」と桜を見下ろす名場面を思い描きながら、古都の春を満喫するのも一興だ。
京都南禅寺の南禅寺水路閣。1888(明治21)年にレンガで作られたアーチ型の水道橋です。全長93.2m、高さ9mもあるようです。
by ちぇりTop user
2018年5月9日
南禅寺の紅葉
11月中旬~11月下旬
京都府京都市にある「南禅寺」。臨済宗南禅寺派の大本山で約45,000坪という広大な敷地を有しています。11月中旬から色づき、11月中旬~11月下旬に見頃を迎えると約300本ものカエデが広大な境内を鮮やかに彩ります。日本3大門の一つに数えられる重厚な三門や小堀遠州が作庭した方丈庭園に映える紅葉は圧巻の美しさです。また、ライトアップも実施され、ライトアップ期間中は普段上がることのできない書院から南庭を見ることができます。
南禅寺の桜
3月下旬~4月上旬
臨済宗南禅寺派の大本山で京都屈指の観光名所。正応4年(1291年)、大明国師を開山に迎え、亀山上皇の離宮を寺に改めた。応仁の乱などで創建時の建物は焼失し、現在の伽藍のほとんどは桃山時代の再建。琵琶湖疎水の分線にある、レンガと花崗岩で作られた「水路橋」が敷地内を通っており、その風格ある佇まいが純和風な風情に不思議とマッチした独自の景観でも知られている。知恩院の三門(国宝)、仁和寺の二王門(重要文化財)と並び、京都三大門のひとつ南禅寺の三門(重要文化財)。また、高さ22メートルの三門に上ったところで眼下に広がるのは、一面薄紅色に染まった京都の町。歌舞伎「楼門五三桐」で石川五右衛門が「絶景かな、絶景かな」と桜を見下ろす名場面を思い描きながら、古都の春を満喫するのも一興だ。 さらに、山門と並び、南禅寺の見所である方丈庭園も忘れてはならない。桃山時代建築の国宝建造物「方丈」は一見の価値がある。「方丈」とは禅宗以外では金堂や本堂のこと。大方丈と小方丈から構成されており、大方丈は、御所の内裏清涼殿を移築したとされるもので、大小いくつかの部屋からなる入母屋造、こけら葺の歴史的建造物。小方丈は伏見城の遺構で「虎の間」と呼ばれる三室からなり、狩野探幽の作と伝えられる「水呑みの虎図」が納められてる。
Aaaa1434 5d4c 463c 93f7 a982365a1b2e
関連記事あり
植物園に動物園、紅葉の名所まで!「京都 左京区」おすすめ観光・名所5選
0db892cf 719a 4927 95d9 1ebaaf248468
Fe06ef12 bf18 44ac b858 c22f65cbec37
E7bcb0ee 6544 417b bda3 b0cbe7e04ef4
A97105cd dba1 4c70 a13d c7f1d2cccf75
東大寺の始まりは、天平19年(747)。桓武天皇の命令により、大仏の起工が開始されました。竣工したのは5年後。さらに、大仏が収める国宝「東大寺大仏殿」は789年に完成。幾度も焼失・再建が施されてきました。 日本最大の木造建築とも称される、東大寺大仏殿。その大きさに圧倒されてしまいますが、創建当初は現在の1.5倍もあったと考えられています。大仏殿内には、奈良を象徴する御本尊「東大寺盧舎那仏像」。「宇宙全体を統括するもの」という意味が込められているそうです。また、大仏の両脇に鎮座する「虚空蔵菩薩坐像」と「如意輪観音坐像」の神々しさに息を飲むことでしょう。 また、東大寺の境内はとても広く、時間がゆる限り周囲を散策するのがおすすめ。かつては四里四方まで音が響いたとされる日本三大名鐘や鑑真和上が設けた「戒壇院」もあります。
世界遺産東大寺 奈良の東大寺大仏殿。お寺の周りに芝生が植えられていて爽快な場所に佇む東大寺大仏殿。中には有名な大仏様が祀られています。大きさもありますが、やっぱり存在感がすごいですね。
by ちぇりTop user
2018年8月21日
Ea11d54b 69b9 4536 a3ae 1d80952f6d2e
D5a63e26 b9b7 4163 94c7 6c91019aba83
8c579191 5dcc 4a76 858d cca400b5e0bc
大仏殿の東側に佇む、国宝「東大寺 二月堂」。752年、大仏開眼供養と同じ年に創建されました。 毎年、早春の「お水取り」が行われる場所として有名です。大仏殿を横目に脇道を抜け、趣ある参拝道を登っていく。その先の小高い場所に鎮座する二月堂は、奈良の夕日スポットで必ず名前が挙がります。 大仏殿の先には奈良市街地が広がり、さらに向こう側には地平線に沿う生駒山。太陽が山の向こうへとゆっくりと沈んでいき、周辺がひっそりと静まり返っていく様子は感動的です。周囲に吊り下げられた灯籠が、より一層の雰囲気を掻き立ててくれるでしょう。
絶景スポット‼️ 東大寺の二月堂。高台にある二月堂から眺める奈良市はまさに絶景!そして、二月堂自体がとても素敵な造りになっていて、絶景を目の前にして、腰がかけられる椅子や休憩所が設置されています。素晴らしいスポットです。東大寺の大仏殿から少し登った場所にありますが、大仏殿周辺は人で溢れていますが、二月堂まで来るという大分人が減り、ゆっくりとした空気が流れています。
by ちぇりTop user
2018年8月21日
D13d00f0 2aae 446b 9543 c5c6ae0432c9
32bb7b4d 535d 4e51 a730 964a5cc4f719
Aff2d5e6 27ac 45d6 bc6d 192686f7d0de
「松江城」は日本国内で天守が現存している12城の内の1つで、2015年7月に国宝に指定されました。別名「千鳥城」とも呼ばれています。 歴史的にも重要な松江城ですが、城山公園内の散歩道では松や竹林、桜や椿、梅などの四季折々の自然や景色を楽しめることでも人気のスポットです。その景観は、周辺を含めて「日本さくら百選」や「都市景観百選」にも選ばれるほど。また、最上階の天守では、壁がなく手スリの巡らされた望楼が広がっているので、その風景や松江市街、宍道湖が一望できる絶景を楽しむことができます。 隣接している松江歴史館に足を伸ばせば、映像や音声などを使った展示で松江の歴史を学ぶことができますよ。
国宝である松江城です。形状など個人的には全国で一番好きな城です。
by youth-k
2018年6月25日
松江城山公園(松江城)の紅葉
11月上旬~11月下旬
島根県松江市にある「松江城山公園」。城山公園として整備されている松江城周辺は、秋になると、多数のモミジが植えられているもみじ谷や、「椿まつり」の開催場所である椿谷などを散策しながら紅葉狩りを楽しむことができます。モミジ、ハゼノキ、イチョウなどが11月上旬から色づき、見頃は11月上旬~11月下旬です。松江城を囲む堀川沿いの紅葉と国宝天守との競演は見応え十分です。また、堀川遊覧船から見る紅葉も、水辺の景観と相まって風情ある光景を楽しめます。
松江城山公園(松江城)の桜
3月下旬~4月上旬
公園内には、ソメイヨシノ、ヤエザクラ、シダレザクラなど約190本の桜があり、満開時には、最上階の望楼から360度にわたる松江城下の街並みとともに桜を楽しむことができ「日本さくら名所100選」にも選ばれた桜の名所。開花期間中はボンボリの点灯やライトアップが実施されるため、夜桜を楽しみに毎年多くの人が訪れている。千鳥城とも呼ばれる松江城は、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の三代に仕えた堀尾吉晴、忠氏の親子によって築城されたが、明治時代の廃城令により天守を除く建物全てが撤去されてしまった。天守閣も売却されることになったが、元藩士など地元有志の働きかけで買い戻され、今もなお当時の天守閣を見ることができる数少ない城だ。国宝の天守閣だけでなく、石垣と櫓も公園全体の勇壮なたたずまいを醸し出し、都市景観100選にも選ばれている美しい景観が評判の城で、その城跡を整備し、歴史公園として多くの人に親しまれている。
11493ada 0413 4796 bce8 a520d59a02a0
松江だんだん夏踊り
2019年8月25日(日) 12:00〜20:00
島根県松江市の松江城で、8月25日に開催される松江だんだん夏踊り。
関連記事あり
【島根 松江市周辺】おすすめ観光・名所5選!玉造温泉に水木しげるロード
Bf158ba1 e518 4915 80e4 08a7bcac4b4c
81a9c862 6617 4ae0 ba7b e6c1dfc5c589
28ef2c3a ba02 40e6 a053 c0b55bf1d1c4
A3370496 c3bb 4740 a990 f326d7edfc7b
長野県長野市の無宗派の単立寺院である善光寺。創建年は不明なものの、約1400年前の皇極天皇3年(644年)とも言われている由緒あるお寺です。平安時代の末期には、有名なお寺は決まって女人禁制でしたが、善光寺は男女関係なく庶民を救う寺として知られていました。身分も性別なく、お参りすれば誰でも極楽往生できると信じられていたそうです。江戸時代末には「一生に一度は善光寺詣り」と言われていたほど、庶民からも大変な人気のあるお寺でした。 また、国宝である本堂は仏堂の前面に長大な礼堂を配した撞木造と呼ばれる独特の構造を持ち、東日本最大の規模を誇る江戸中期仏教建築の傑作となっています。 さらに、善光寺は、日本最古と伝わる「一光三尊阿弥陀如来」を本尊とし、現在でも、7年目ごとに1度(6年間隔の丑年と未年)「善光寺前立本尊御開帳」が行われています。秘仏の本尊「一光三尊阿弥陀如来」の代りである「前立本尊」が開帳される。御開帳の時期には全国から多くの参拝者が訪れ、大変な賑わいとなっています。
長野の絶対外せない観光名所と言えば善光寺。古くから「一生に一度は善光寺参り」と言われるように、日本人ならいつかは訪れてみたい名刹です。
by yuki
2018年6月26日